Connect with us

ゲーム業界ニュース

Oculus Questの公式ストア外アプリ配信は2021年導入か、マイクロソフトがMR特化の公式カンファレンスを開催 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース | Mogura VR

Mine Sasaki

Published

on

「週間振り返りVR/AR/MRニュース」では、Mogura VR News / MoguLiveで掲載したニュースの中から見逃せない注目記事をピックアップ。読者の皆さんに、VR/AR/MRの最新情報をギュッと縮めてお届けします。

目次

1.フェイスブック、Quest向けアプリの公式ストア外配信システムを準備中 2021年に(11.26)
2. マイクロソフト、MRに特化した公式カンファレンスを開催(11.26)
3.京都発VRゲームのスタートアップが約1億円調達、開発体制を拡充(11.26)
4.米VRトレーニング企業が1,200万ドル調達、大手企業や学術機関でも導入(11.26)
5.岡山県職員がVTuber化 マイナンバー情報など県政広報動画を公開(11.26)

フェイスブック、Quest向けアプリの公式ストア外配信システムを準備中 2021年に(11.26)



フェイスブックは公式アプリストアである「Oculus Store」の他に、Oculus Quest向けアプリを配信できるシステムを発表、2021年第1四半期の実装を予定しています。

公式ストアで審査落ちしたコンテンツが、正規ストア外でダウンロードされるサイドローディングアプリ「SideQuest」が人気を博す状況に対処したもので、2020年12月、一部デベロッパー向けにシステムのベータテストを実施する模様です。

フェイスブック、Quest向けアプリの公式ストア外配信システムを準備中 2021年に | Mogura VR

フェイスブック、Quest向けアプリの公式ストア外配信システムを準備中 2021年に | Mogura VR

MoguraVR

マイクロソフト、MRに特化した公式カンファレンスを開催(11.26)


2020年12月16日(水)マイクロソフトは、MRに関する開発者向けカンファレンス「Mixed Reality Dev Days Japan」をオンライン開催します。 開催時間は10:00から18:00まで。事前登録制となっており、参加費は無料です。カンファレンスでは、「HoloLens 2」のアプリ開発やMRの活用事例紹介などに関するセッションが行われます。

マイクロソフト、MRに特化した公式カンファレンスを開催 | Mogura VR

マイクロソフト、MRに特化した公式カンファレンスを開催 | Mogura VR

MoguraVR

京都発VRゲームのスタートアップが約1億円調達、開発体制を拡充(11.26)

京都のVR/AR企画・開発・運営CharacterBankは、総額約1億円の資金調達を行いました。同社は2020年内にVR人狼ゲーム「ANSUZ -アンスズ-」をSteam、VIVEPORT、Oculus Storeで配信予定。今回の調達では、開発と体制強化を図る見通しです。

2020年末はVRゲーム開発企業の新作リリースが続き、Oculus Quest 2発売に沸くVRゲーム市場拡大の後押しとなるかが注目されています。

京都発VRゲームのスタートアップが約1億円調達、開発体制を拡充 | Mogura VR

京都発VRゲームのスタートアップが約1億円調達、開発体制を拡充 | Mogura VR

MoguraVR

米VRトレーニング企業が1,200万ドル調達、大手企業や学術機関でも導入(11.26)

米VR職業トレーニング開発のTRANSFRVRは、シリーズAラウンドで1,200万ドル(約12.5億円)の資金を調達しました。同社のVRトレーニングは、自動車・建設現場でVRを使った実務習得のためのカリキュラムを提供。米学術機関や大学、航空・自動車大手に採用されており、今後も展開を続ける見通しです。

米VRトレーニング企業が1,200万ドル調達、大手企業や学術機関でも導入 | Mogura VR

米VRトレーニング企業が1,200万ドル調達、大手企業や学術機関でも導入 | Mogura VR

MoguraVR

岡山県職員がVTuber化 マイナンバー情報など県政広報動画を公開(11.26)

岡山県職員VTuber「おかやまVTuberももことキビト」の動画が公開されました。声は声優陣と岡山県職員が担当し、マイナンバーカードの取得促進やアプリ機能といった、県の行政情報を紹介しています。

昨今、現在県公認VTuberの茨城の茨城ひよりさん、岩手の岩手さちこさん、岡山市公式VTuber「HINAKO(女優の桜井日奈子さん)」など行政やご当地PRでのVTuber活用が関心を集めています。

岡山県職員がVTuber化 マイナンバー情報など県政広報動画を公開 | Mogura VR

岡山県職員がVTuber化 マイナンバー情報など県政広報動画を公開 | Mogura VR

MoguraVR

毎週の注目ニュースを紹介・解説する「もぐラジオ」毎週月曜日更新!

Mogura VR Newsでは毎週の注目ニュースを解説する「もぐラジオ」を毎週月曜日朝8時に更新。日々のニュースから読み取れるVR/AR業界動向を編集長と副編集長が解説しています!誌面では語れない内容も盛りだくさん! YouTube、各種Podcastで配信中です。

VR/AR業界の「イマ」を分かりやすく解説するニュース番組『もぐラジオ』 | Mogura VR

VR/AR業界の「イマ」を分かりやすく解説するニュース番組『もぐラジオ』 | Mogura VR

MoguraVR



著者: ” — www.moguravr.com

Continue Reading

ゲーム業界ニュース

League of Legends Japan League 2021 Spring

Mine Sasaki

Published

on

世界各地で大規模な大会が行われているPCオンラインゲームリーグ・オブ・レジェンドLeague of Legends、以下:LoL)」の国内プロリーグLJL」(League of Legends Japan League、以下 LJL)[主催:合同会社ライアットゲームズ、運営:吉本興業株式会社株式会社プレイブレーン]について、日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(以下 日本KFC)の「LJL 2021 Spring Split」へのスポンサードを発表致します。
今後の日本KFCとの取り組みに、どうぞご期待頂ければと存じます。

【日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(日本KFC)】

日本KFCより協賛頂きます。大会期間中には、試合中でのCMの放送や、LJL公式Twitterアカウントを通じた、KFC店舗で使用できるお得なクーポンのご提供などを行う予定ですので、是非ご期待ください。

担当者コメント
LJLは、多彩な登場キャラクターの選択から、選手の皆さまの超絶操作、チームワークを活かした戦いなど、最初から最後までスリリングで目が離せません!KFCの商品が、そんな熱い戦いを観戦している皆さまのお供になり、一緒に大会を盛り上げることができたら幸いです。

▼公式サイト
https://www.kfc.co.jp/

League of Legends Japan League (LJL)について
League of Legends Japan League(LJL)』は、PC オンラインゲームリーグ・オブ・レジェンド」の日本公式プロリーグです。2016 年の発足以来、「Spring Split」と「Summer Split」の2 スプリット制で実施され、各スプリットの優勝チームLoL の世界大会「Mid-Season Invitational(MSI)」と「World Championship
(WCS) 」へ、日本代表チームとして参加することができます。国内リーグ含め世界中のプロリーグの試合は動画配信プラットフォームなどでLIVE 放送されており、どなたでも観戦することができます。

各試合は以下の放送プラットフォームでどなたでも無料でご覧頂けます。
Mildom  : https://www.mildom.com/10244404
Twitch  : https://www.twitch.tv/riotgamesjp

公式サイト:https://jp.lolesports.com/
公式YouTubeチャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UCiN3B0QRdL4wn1TMJ_cJyMQ
公式ツイッターhttps://twitter.com/Official_LJL
公式インスタグラムhttps://www.instagram.com/lolesports.jp/
LJL公式ストア:https://official-ljl.stores.jp/

ライアットゲームズとは

2人のゲーマーマーク・メリルとブランドンベックにより『世界一プレイヤーを大事にするゲーム会社』をモットーに2006年に創業。2009年には、デビュー作『リーグ・オブ・レジェンドLoL)』をリリースし、プレイヤーメディアの双方から高い評価を受ける。毎年開催されるLoLの世界大会「リーグ・オブ・レジェンド World ChampionshipWorlds)」は、世界最大級のeスポーツイベントとして知られている。 LoL10周年となる2019年に『レジェンド・オブ・ルーンテラ』や『リーグ・オブ・レジェンドワイルドリフト』といった、新しいタイトルの開発やモバイルラットフォームへの移植、さらにオリジナルアニメーションなどを同時に発表した。世界20以上のオフィスに2,500人以上のスタッフが在籍。本社はカリフォルニア州ロサンゼルス。(2019年10月現在)-ライアットゲームズhttps://www.riotgames.com/ja
Twitterhttps://twitter.com/riotgamesjapan

吉本興業株式会社

本社は大阪府大阪市中央区難波千日前にあり、所属するタレントマネジメントエージェントを行うと同時にテレビラジオ番組や演芸・演劇の制作・配給・興行を行っている。
吉本興業: https://www.yoshimoto.co.jp/

株式会社プレイブレーン

株式会社プレイブレーンeスポーツ の企画、ブランディングクリエイティブ、制作プロダクションイベント運営、プロダクト開発とマーケティングに特化した会社です。2016年の設立から今に至るまで、ゲーム業界、クリエイティブ業界、マーケティング業界など多岐のフィールドに渡ったバックグラウンドを持つメンバーから構成され、日本が世界のeスポーツシーンと肩を並べられることを目標に取り組んでいます。
2019年1月にプレイブレーンは合同会社ライアットゲームズ吉本興業株式会社と長期的なパートナーシップを結び、League of Legends Japan League(LJL)の運営ならびに、国際大会の日本語配信を行うことを発表しました。その他「FUTAROKU」や「DEKKI」などのサービスも手掛けています。
株式会社 プレイブレーンhttps://playbrain.jp/

リーグ・オブ・レジェンドとは

2009年10月に米国でサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレイヤーが億人を突破し、世界各地で大規模な大会が行われている人気オンラインゲームマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(通称MOBA)と呼ばれる5人対5人の対戦型PCゲームで、プレイヤーが操作する「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターで相手本陣の攻略を競う。RTSリアルタイムストラテジー)のテンポと迫力にRPG要素を加え、スピード感のある展開が特徴で、その競技性の高さから、eSportsの代名詞として世界中でプロリーグが開催されている。毎年行われるeスポーツ最高峰の世界的祭典「League of Legends World Championship(WCS)」は視聴者数9,960万人を記録するなど大きな注目を集める。多彩なキャラクターや作りこまれた世界観、映像や音楽、などゲーム以外のコンテンツも魅力で、コスプレファンアートをはじめとした熱狂的なコミュニティ活動も各地で行われている。
リーグ・オブ・レジェンドhttps://jp.leagueoflegends.com/
Twitterhttps://twitter.com/loljpofficial

配信元企業:吉本興業株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ



著者: ” — news.nicovideo.jp

Continue Reading

ゲーム業界ニュース

DeNA,Game Developers Meeting Vol.44 Onlineを1月29日に開催

Mine Sasaki

Published

on

 DeNAは,2021年1月29日にGame Developers Meeting Vol.44 Onlineを開催する。

 今回はLightning Talksという形で,ゲーム開発者向けに参考になる発表を予定しているという。また,オンラインイベントでのより良いコミュニケーション施策として,「oVice」を活用した懇親会も開催される予定だ。

 また,聴講者だけでなくLightning Talksの登壇者の募集も行われている。

Game Developers Meeting Vol.44 Online

Peatix URL
https://gdm44online.peatix.com/

【イベント概要】
今回のGDMは、Lightning Talksを開催します。
「こんな技術を試してます!」「こんな書籍を発売します!」「ゲーム開発者向けイベント開催します!」などなど・・・ゲーム開発者向けに何か参考となる発表を予定しています。また、イベントがリアル開催できない中、オンラインイベントでのより良いコミュニケーション施策も試したく、懇親会では「oVice」を活用してみたいと思います。

Lightning Talksの登壇者も募集しています。
新年最初のGDMなので、いつもとは違うLightning Talksと懇親会にご参加ください。

■登壇希望者へ
・GDMへ参加するゲーム開発者の皆さまへ何か参考となる発表をお願いします。
 例)
  「こんな技術を試してます!」
  「こんな書籍を発売します!」
  「ゲーム開発者向けイベント開催します!」などなど・・・
・求人や採用活動などの内容はお断りをしています。
・登壇内容は事前に運営事務局にて確認をさせていただきます。
・こんな内容でもいいですか?など、事前相談もお気軽にどうぞ!

■ 開催日時
2021年1月29日(金)19:00 スタート
18:30 〜 受付開始(Zoomオープン)
19:00 〜 GDM趣旨説明
19:05 〜 Lightning Talks
20:05 〜 懇親会 ※oViceにて開催
 〜 21:00終了予定

■ 会場
Lightning Talks:オンライン/@Zoom
懇親会:オンライン/@oVice

■ 参加対象
ゲーム開発職に従事されている方

■ 参加費
無料

■エントリー期間
〜1月28日(木)13:00まで
※参加方法など詳細については開催前日1月28日(木)の夕方頃にご連絡いたします。

■ 主催
株式会社ディー・エヌ・エー
http://dena.com/jp/

【参加者の皆様へ】
■ お願い
・チケットのお申込みは、参加者様ご本人が行ってください。
・本イベントはチケット譲渡をお断りしております。
・当日の代理の方のご参加はお断りしております。
・お申込後参加が出来なくなった場合は、事務局にてキャンセル手続きを行いますので、ご連絡ください。
・当日連絡のないままキャンセルを繰り返された場合、今後の参加をお断りすることがございます。
・勧誘及び求人や採用活動など、趣旨にそぐわないと主催者側で判断した場合にはご退席いただく場合がございます。

■ 注意事項
・内容、ゲストは変更になる可能性がございます。
・当日弊社スタッフによる写真撮影(スクリーンショット)、レコーディングをさせていただきます。
・撮影した写真や動画は、弊社運営のSNS、他社媒体の記事等にアップする事があります。
・懇親会参加者は、ご自身で飲食物をご用意いただきますが、未成年者の方や車を運転される方の飲酒は法律で禁止されています。

■個人情報について
ご応募時に入力いただいた個人情報は、株式会社ディー・エヌ・エー(以下、当社といいます)が取得し、参加者リストの作成、ご本人様確認、お問い合わせ対応のために利用いたします。なお、ご提供いただいた個人情報及びその他情報は、下記プライバシーポリシーに従い取り扱われるものとします。
https://dena.com/privacy/

【Game Developers Meetingとは?】
毎回様々なテーマやゲストをお招きして、最新の技術や情報をシェアするDeNA主催のゲームクリエイター向け勉強会(GDM)
カジュアルに参加・交流できる会を目指しゲームクリエイターの「見たい、知りたい、会いたい」が実現できる場をつくり、ゲーム業界の発展に貢献するための活動として、毎月開催しています。

■ Game Developers Meeting Facebookページ
https://www.facebook.com/GameDevelopersMeeting
シェア、いいね!、フォローをお願いします!

■ハッシュタグ
#GDM #GDM_Online



著者: “jp.gamesindustry.biz編集部 — jp.gamesindustry.biz

Continue Reading

ゲーム業界ニュース

CD Projekt Redの幹部,Cyberpunk 2077のデモは「ほぼ完全な偽物だった」に反論 –

Mine Sasaki

Published

on

CD Projekt Redの幹部,Cyberpunk 2077のデモは「ほぼ完全な偽物だった」に反論

Adam Badowski氏がSFヒット作の開発トラブルの暴露に反論。

 Cyberpunk 2077の開発元CD Projekt Redのスタジオ責任者が,ゲームのE3デモが捏造されていたとの主張に異議を唱えた。

 Adam Badowski氏は,開発チームの匿名メンバーによるE3 2018のデモは「ほぼ完全な偽物」だったと主張するBloombergの詳細なレポートを受けて(参考URL),Twitterを通じてゲーム制作に関する洞察を投稿した。

 同サイトの情報筋は,2018年6月にCyberpunk 2077がプレスなどの業界関係者に向けて限定的に公開されたときには,基礎となるゲームプレイシステムはコード化されておらず,最終的な完成すらされていなかったと主張しており,そのために最終的なゲームに欠けていた機能が含まれていたとのことだ。

 その開発者は「ゲームを作るために費やされるべき数か月の無駄だった」と語っている。

 Badowski氏は,デモが捏造されたという告発から始まる記事の3つの主張に対処する声明をツイートした(参考URL)。

 「ゲーム出荷の2年前の展示会でのゲームデモが,ビジョンのテストや機能テスト版(Vertical Slice)になるのはしかたがないのですが,だからといってそれがフェイクだということではありません」と氏は語る。

 「ゲームは直線的に作られているわけではなく,発売の数か月前には最終製品のように見えるようになっています。今のデモを見れば,確かに違うとは思うでしょうが,それは『work in progress』という透かしが入っているからです。我々の最終的なゲームは,あのデモよりもずっと良い見た目とプレイをしています」

 氏は加えて,「不足している機能」は「制作プロセスの一部」であり,最終製品の一部として機能するかどうかに基づいて削除されるものもあるとしている。

 Badowski氏はまた,記事のCyberpunk 2077の発売は “悲惨なもの “だったという示唆に反論し,PCで達成した批評的な評価を指摘した。

 「旧世代機については,それは別のケースだが,我々はそれを受け入れ,バグを排除するために超ハードワークを行っています(PC版でもそうだが,完全版ではないことは分かっている)。そして,ゲームとしても芸術的ビジョンとしてもCyberpunk 2077を誇りに思っています」

 Bloombergによると,CD Projekt Redは発表前に本特集へのコメントや参加を辞退したとのことだ。

 確かにCyberpunk 2077は発売されて高い評価を得たが(関連英文記事),家庭用ゲーム機版は技術的な問題に悩まされており,プレイできないと言われていたことが報道された直後に反発に直面した。

 このゲームに対する不満から,ソニーはPlayStation Storeからゲームを削除し(関連英文記事),Microsoftは全額返金することになった(関連英文記事)。また,同スタジオは,投資家にゲームの状態を誤って伝えたとして集団訴訟にも直面している(関連英文記事)。

 CD Projekt Redはこれまで何度も修正作業を行っていると述べていたが,今後数か月の間に2つの大規模なパッチを予定しており,共同設立者であるMarcin Iwiński氏は先週,動画で改めて謝罪の意を表明した(関連英文記事)。

 動画の中でIwiński氏は,開発中のテストでは大きな問題が見つかっていないと主張している。Bloombergの報道によると,10月にCyberpunkがゴールドになった際には,大きなバグがまだ発見されていたとのことだ。

 また,エンジニアはどうやらこのゲームがXbox OneやPS4には複雑すぎると経営陣に警告していたようで,その理由の一部にはSF的メトロポリスのにぎやかな光景にあったようだ。しかし,これらの警告は却下され,経営陣はMicrosoftとソニーのデバイスで達成されたThe Witcher 3の成果を指摘している。

 開発チームはリモートで作業し,自宅のコンピュータでゲームをテストしていたため,オフィスで家庭用ゲーム機用開発キットにアクセスすることができず,XboxやPlayStationでの動作を十分に評価することができなかったのだ。

 Bloombergの記事は,20人以上のCD Projektの現役社員と元社員へのインタビューをもとに作成されており,ゲームが2020年のリリースに間に合わないという兆候が多く見られたとしている。

 情報筋によると,開発が本格的に始まったのは2016年の終わり頃で,2012年にゲームが発表されたにも関わらず,CDPが「基本的にリセットボタンを押して」,プロジェクトの多くの基本的な部分を変更し始めたとのことだ。

 E3 2019年の開催中に同社が2020年4月16日のリリース日を発表した際には,当時のゲームの進捗状況を考えるとこれは行き過ぎではないかと考えるメンバーもいた。2022年のほうが可能性が高いと判断されたのだ。

 しかし,Badowski氏は声明の中で,この件に関する20人以上の情報源の意見は,500人以上のチーム全体を示すものではないと述べている。

 また,言語の壁の話もあり,ポーランドのスタジオがアメリカと西ヨーロッパから数人の元駐在員を雇用して,CD Projektはすべての会議を英語で行わなければならないと命じていた。

 Bloombergはこれが一貫して守られていなかったと主張しているが,Badowski氏はこれについても反論しており,スタジオには44カ国の国籍を持つ人々がいるため,ほかに誰もいないときには母国語で会話をする場面もあったと付け加えている。

 「ここでは全員が会議中に英語を話し,全社的なメールや発表はすべて英語で行われています」と氏は語る。「経験則としては,何気ない会話の中で特定の言語を話していない人がいたら,英語に切り替えるようにすることです」

 報告書の執筆者であるJason Schreier氏は,Badowski氏が声明文の中で,非現実的なタイムラインや「残忍なクランチ」の主張を直接取り上げていないことをTwitterで指摘している(参考URL)。

 記事では,元オーディオプログラマのAdrian Jakubiak氏が,週5日,1日最大13時間のクランチを行っていると主張している(関連英文記事)。

 Cyberpunk 2077でのクランチの報告はこれまでにも複数あった。共同CEOのAdam Kiciński氏は2020年1月に,スタッフのメンバーがすでに 「ある程度の残業を要求されている 」ことを確認していたという。

 そして9月には,― 「義務ではないクランチポリシー」という以前の主張にも関わらず(関連英文記事)― 11月の発売に向けてゲームを準備するためにスタジオが残業を義務化していることが報じられた(関連英文記事)。それでもゲームは12月10日まで3週間ずれ込んだ。

 Cyberpunk 2077は昨年も3回遅延しているが(関連英文記事),Bloombergの情報筋によると,経営陣は2020年以前には遅延は選択肢にないと述べていたとのことだ。非現実的なスケジュールにも関わらず,スタジオはXbox Series XやPlayStation 5の発売前や発表前にリリース,ないし次世代機との “二重取り “を可能にするために,後日発表したいと考えていたとのことだ。

 CD Projektの株価は,反発もあって12月中に30%下落したが(関連英文記事),Bloombergは,Iwiński氏の謝罪後は,6%上昇したと報告している。

 このような論争にも関わらず,Cyberpunk 2077は発売から10日間で全世界で1300万本以上のセールスを記録している。

※本記事はGamesIndustry.bizとのライセンス契約のもとで翻訳されています(元記事はこちら



著者: “jp.gamesindustry.biz編集部 — jp.gamesindustry.biz

Continue Reading
ゲームのレビュー動画6時間 ago

PC/PS4無料!UBIが作る話題の新作バトロワのド最低戦術が修正必須レベルで強い!|Hyper Scape【ゆっくり実況】ハイパースケープ

実況じっきょうプレイ6時間 ago

#6【雪ヌタ】おついち,兄者,弟者の「スノーランナー(SnowRunner)」【Live】

ゲーミング7時間 ago

「マッキントッシュ フィロソフィー」が提案するブリティッシュライフスタイルストア「MP STORE」なんばパークス店3月20日オープン|株式会社三陽商会のプレスリリース

実況じっきょうプレイ12時間 ago

FINALLY I MADE HOUSE FOR MY POLAR BEAR | MINECRAFT GAMEPLAY #42

ゲーム業界ニュース12時間 ago

League of Legends Japan League 2021 Spring

ゲーム 評価 ランキング17時間 ago

『原神』App Store、Google Playにてベストゲームを受賞!ログインで原石が合計800個もらえる! [ファミ通App]

ゲームのレビュー動画18時間 ago

【突如発表】キタ━(゚∀゚)━!! 5月 PS4 新作を全て紹介! オープンワールド

実況じっきょうプレイ18時間 ago

「荒野行動」 の 3 周年テーマソング『 向こうへ 』について【ころん】すとぷり

東京ゲームショウ18時間 ago

「Microsoft Flight Simulator」はさらに進化する。部門トップのヨーグ・ニューマン氏にローンチから現在まで,そして今後の展開を聞いた

ゲーム業界ニュース18時間 ago

DeNA,Game Developers Meeting Vol.44 Onlineを1月29日に開催

人気