Connect with us

ゲーム業界ニュース

【2020年7月分】自動運転・MaaS・AIの最新ニュースまとめ | 自動運転ラボ

Mine Sasaki

Published

on

国内では収束傾向にあった新型コロナウイルスがぶり返し、予断を許さない状況となっているが、自動運転分野では米ウェイモとFCAの協業やWILLERとモービルアイの提携など、自動運転技術の社会実装に直結する明るい話題も多く飛び交っている。

関連求人も回復傾向がうかがえ、業界が再加速を始めた印象だ。2020年7月の10大ニュースを振り返ってみよう。

■自動運転関連求人数、コロナ禍による件数減が増加に転じる!2020年5月末調査(2020年7月3日付)

コロナ禍で減少傾向にあった自動運転関連の求人数が、早くも復調傾向にあるようだ。自動運転ラボの定期調査により、主要6転職サイトにおける2020年5月末時点の自動運転関連求人数が前月比3.6%増の1万8240件と上昇に転じたことが明らかとなった。

主要転職6サイトのうち、5サイトで件数が増加する結果となった。5月は緊急事態宣言が解除されたばかりの月で、自粛傾向にあった事業活動をいち早く取り戻そうという気構えがうかがえる。

収束傾向にあったコロナが7月に入って再び猛威を振るおうとしており、今後の推移には波がありそうだが、自動運転技術を活用したコンタクトレス配送や無人警備ロボットなどが注目を集める面もあり、今後の研究開発に期待したいところだ。

■自動運転とテスラ、「近くレベル5実現」宣言は国抜きで語れない(2020年7月12日付)

米EV大手テスラのイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)が中国・上海で開催された「世界人工知能(AI)カンファレンス」の場で、完全自動運転となる自動運転レベル5の実現に言及した。

マスク氏は、同社の自動運転技術がレベル5に限りなく近づいている旨を説明したようだ。実際の技術レベルの真偽については何とも言えないところだが、記事ではレベル5実現に向け必要となるだろう法整備やインフラ整備などに触れ、国の取り組みの重要性も指摘している。

テスラは、多くの自動運転開発企業が採用するLiDAR(ライダー)を使用せず、高精度3次元マップも必要としない技術開発を進めている。AIとカメラを主力としたセンサー群のみで自動運転を成し得るといった外部環境に頼らないシステム構成は、いかなる場所、いかなる状況下でも自動運転を可能とするレベル5の実現において1つの理想像と言える。

ただし、現実的にはシステムに冗長性を持たせるため3Dマップや外部インフラ・サーバーとの通信など、あらゆるシステムを活用して一切の間違いも起こさない、より確実な自動運転システムを構築する必要がある。果たして、テスラの技術はどれほどのレベルに達しているのか。続報を待ちたい。

■トヨタ市販車史上最高の技術!レクサス新型LS、自動運転につながる「Lexus Teammate」とは?(2020年7月12日付)

レクサスはこのほど、2020年初冬に国内で発売予定の新型「LS」を世界初公開した。トヨタの市販車史上最高のADASとなる「Lexus Teammate」を搭載する見込みで、その技術に注目が集まっている。

Lexus Teammateは、技術的特徴として「Perceptive(高い認識性能)」「Intelligent(知能化)」「Interactive(ドライバーとクルマの対話)」「Reliable(信頼性)」「Upgradable(ソフトウェアアップデート)」の5点を備えており、ディープラーニングを中心としたAI技術が取り入れられている。

ADASでは、高速道路においてハンズフリー運転を可能にする「Advanced Drive」や、駐車操作を強力にサポートする「Advanced Park」が目玉となりそうなほか、ソフトウェアアップデートによってADASが進化する可能性もありそうだ。

また、一部メディアではセンサー群の一つとして複数のLiDARが搭載されると報じられており、この点も注目を集めるところだ。

■WILLERとMobileye、自動運転タクシー「日本第1号」候補に!?(2020年7月13日付)

移動サービスの開発や運用を手掛けるWILLERと米インテル系の自動運転開発企業Mobileye(モービルアイ)が戦略的パートナーシップを結んだことを発表した。MaaS分野で攻勢をかけるインテル勢のアジア圏戦略の一環と見られる。

日本や台湾、ASEAN(東南アジア諸国連合)地域における自動運転タクシーや自動運転シャトルの商用化を目指す内容で、まず日本でモービルアイの自動運転技術を用いた実証実験に着手し、サービス展開を進めていく方針だ。

WILLERはシンガポールで自動運転シャトル「NAVYA ARMA」を活用して有償の運行サービスを提供しているほか、北海道富良野市や千葉県芝山町などとモビリティサービス・MaaS分野で提携を交わすなど取り組みを加速しており、今回の提携で国内自動運転分野にも本格進出する可能性が高く、要注目だ。

■ついに!国内初の自治体自動運転バス、2020年秋に走行開始 ソフトバンク子会社BOLDLY(2020年7月16日付)

ソフトバンク子会社のBOLDLY(ボードリー)や茨城県境町などが取り組んでいた自動運転バスが、2020年秋に実現する見込みとなった。自治体の定時・定路線バスに本格的に自動運転技術を導入する初の取り組みで、多方面から大きな注目を集めそうだ。

当初は2020年4月の運行開始を目指していたが、新型コロナウイルスの影響で半年間の延期とし、感染対策とともに着々と準備を進めていた。3月までに3台の「NAVYA ARMA」の輸入や、走行予定ルートの3Dマッピング化、セーフティドライバーの訓練・運転操作審査などを完了している。

BOLDLYはこれまでさまざまなタイプの車両で自動運転の実証を重ねているが、その中でも主力として活躍しているのが「NAVYA ARMA」だ。世界各国で走行実績があり、操作はゲーム機のコントローラーでおこなうタイプの自動運転システムとなっている。

同町での運用に成功すれば、他の自治体の導入にも一気に弾みが付く可能性が高く、しばらくの間熱い視線が注がれることになりそうだ。

■公道では中国初!WeRide、「完全無人」の自動運転実証を開始(2020年7月18日付)

中国スタートアップWeRideは、同国初となる完全無人での自動運転公道実証をスタートしたことを発表した。セーフティドライバーなしの実証に着手したことで、自動運転タクシーの実現にまた一歩近づいた印象だ。

設立から丸3年を過ぎたばかりの新進気鋭のスタートアップながら積極的に実証を積み、2019年11月には広州市でパイロットプログラムの実施にこぎつけた。これまではセーフティドライバー乗車のもと有償サービスを提供していたが、広州市の各局が許可を出したことで無人での運転が可能となった。

中国ではこのほかにもBaidu(百度)やPony.ai、AutoX、DiDiら自動運転タクシーの実用化を目指す企業が集中しており、開発競争がますますヒートアップしそうだ。

■世界で議論を呼ぶ「自動運転」表記、テスラ広告には禁止命令(2020年7月18日付)

自動運転を想起させる米EV大手テスラの広告に「待った」がかかった。消費者に自動運転と誤解を生じさせる可能性があるため、独地方裁判所が「Autopilot(オートパイロット)」などの表現を用いないよう命じた。

ドイツでは2016年にも政府が「Autopilot」という単語が誤解を生じさせる可能性があるとして使用を控えるよう要請を出しているが、航空業界においてAutopilotが補助的なシステムとして広く用いられている名称であることを理由にテスラは応じていない。

こうした議論は世界各国共通のものであり、日本国内でも「自動ブレーキ」など、「全自動」を思わせる表現に待ったがかかり、国や自動車公正取引協議会が誤解を生じさせない名称の使用を広く呼び掛けているところだ。

システム名としてAutopilotを長く使用し続けているテスラだが、今後こうした動きが世界各国に広がった場合、厳しい対応を求められる可能性もありそうだ。

■【資料解説】官民ITS構想・ロードマップ2020案のポイントは?(2020年7月22日付/23日付)

高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部・官民データ活用推進戦略会議が、モビリティ分野の将来像や実現に向けた取り組みなどを網羅した「官民ITS構想・ロードマップ」の2020年度版の案を発表した。

ロードマップは、モビリティ分野の将来像をはじめ、将来像の実現に向けた取り組み、今後の進め方・体制、ロードマップの各章で構成され、モビリティ分野の将来課題とニーズや2030年の将来像、自動運転に係る戦略、市場化に向けた取り組み、MaaSなどの新たなモビリティサービスの取り組みの方向性、スマートシティとの連携などに関し、国としての考え方や事業の進め方などが明記されている。

2020年度は、自動運転の社会実装が一部で始まるほか、MaaSの実装も加速度的に進行している。新たな国家戦略に再度注目だ。なお、記事では「モビリティ分野の将来像」と「将来像の実現に向けた取り組み」に分け、2本立てで中身を解説している。

■シンガポール発SWAT Mobilityが日本上陸!MaaS&オンデマンド相乗りサービスに強み(2020年7月25日付)

オンデマンド相乗りサービスを展開するシンガポール企業SWAT Mobilityが、日本国内での事業に本格着手する。同社の日本法人がジュピターテレコム(J:COM)のMaaS実証にアプリケーションを提供することが発表された。ジュピターテレコムが実施する同社営業車を対象にしたライドシェアサービスの実証に導入される。

同社のシステムは、最小の車両台数で乗客を効率良く相乗りさせる高精度のルーティングアルゴリズムが特徴で、公共バスや企業向けのシャトルバスなどのオンデマンドシステムとしてシンガポールやオーストラリアなど6カ国で導入されている。

日本では、地方において路線バスのデマンド化がじわりと進行中のほか、自動運転技術の確立とともにデマンド方式のモビリティサービスが相次いで登場する可能性があり、ルート最適化を図る技術の価値はまだまだ高まりそうだ。

■Google系ウェイモの自動運転レベル4技術、欧米FCAが採用(2020年7月27日付)

米グーグル系ウェイモがFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)とのパートナーシップを拡大し、自社の自動運転技術をFCAの小型商用車に組み込んでいくこととしている。

両社の関係は、2016年にウェイモの自動運転実証に向けFCAが車両100台を供給するところから始まる。翌2017年には500台を追加納入したほか、2018年には最大6万2000台のパシフィカを追加する契約を締結するなど、パートナーシップを徐々に拡大している。

今回の提携では、FCAがウェイモを全製品のポートフォリオにおけるレベル4自動運転技術の独占的かつ戦略的な技術パートナーとして選択したようだ。

FCAは自らの自動運転開発を諦めたわけではないものと思われるが、両社の関係は自動車メーカーと自動運転システム開発企業間の協業の好例と言える。今後、世界各地で自動運転タクシーなどの社会実装が本格化すれば、こうした協業があちこちで進む可能性も高そうだ。

■【まとめ】自動運転技術の社会実装へ大きく前進

国内では、BOLDLYらの自動運転バスの実用化や、WILLERとモービルアイの提携に高い期待が持たれるところだ。移動サービスを対象とした自動運転技術の社会実装が今まさに始まろうとしており、境町以外でも水面下で実用実証に向けた取り組みが進められている。2020年度中に複数の地域で実装されることが見込まれており、他地域の動向にも注目だ。

海外では、ウェイモを猛追する中国勢が変わらず攻勢を続けているようだ。各社のサービスが実用域に達すれば、次はウェイモにおけるFCAのように車両を供給するパートナー企業にも注目が集まる。中国自動車メーカーは当然だが、日本勢も食い込む余地があり、今後こうした話題にも注目していきたいところだ。



著者: ” — jidounten-lab.com

Continue Reading

ゲーム業界ニュース

ACADEMYGamesIndustry.biz ACADEMY1ǯǰ –

Mine Sasaki

Published

on

GamesIndustry.biz ACADEMYǺǤפɤʪҲ𤹤롣

GamesIndustry.biz ACADEMYΩ夲Ƥ1ǯФäϢʸˡϰ衤Υ϶Ƥä

ACADEMYϺǯΥǥ٥åѤ򥵥ݡȤȳδ¸С˥꥽󶡤뤳ȤŪˡӥǥĴãײץ⡼󡤤ƻŻ˴ؤ250ʾΥɤϢˡεϤGamesIndustry.bizबΤʬȤǤ100ͰʾγδƼԤȤⶨϤڡμͭƤ롣

10ˤϡCreative AssemblyλٱΤȡѹȥȳȤĤʤǥ륤٥GI Live.Academy򳫺ŤϢʸˡ1000ͰʾγäΥ٥ȤǤϡ1500Ͱʾγ40ΥҤDiscordС˻äв񤤤ȥͥåȥۤ٥ȤͻҤ鸫Ƥ롣

ǯ٤ˤϡEpic GamesAmazon Web ServicesAbstraction GamesLab Caveʤɤ餷ѡȥʡ򸫤Ĥ뤳ȤǤ

ACADEMY1ǯǰơǯ٤ȯɽΥΡ֥ס֥סֶȳƯפȤ3ĤΥƥ꡼ˤޤǤפʥɤ򤤤ĤҲ𤹤롣󥯤ϲˤ롣

ɼԤϤ󡤲桹򤷤ƤΤΤäФ⡤ҸƤۤȳΰոϡACADEMYκꤹ뤦˽פǤΤǡեɥХåƤ򴿷ޤ

[email protected] ޤϢƤۤݥ󥵡åפ˴ؤ䤤碌ϡ[email protected] ޤǤϢ


What are the biggest changes impacting the games industry?
NG20+ե󥹤ǤϡRami Ismail᤬ȳ10ǯ򿶤֤ꡤ줬Υǥΰջ׷ˤɤΤ褦˱ƶͿ뤫ͻ

ʤΥ˺Ŭʥ२󥸥Ϥɤ줫
UnrealUnityGameMakerʤɡ೫ȯ˺Ŭʥ२󥸥򸫤Ĥ뤿ξܺ٤ʥɡ

Steam⤦פ夲ƤʤΤǤϤʤ餱ȤǤ -Rami Ismail

٤ᤰ٤ǸŽͳ
Ludicious XǤϡArenaNetJennifer Scheurle᤬ӥǥ٤ᤰ줿դۤ뤿Υɥޥåפ󶡤

ॷʥꥪ˥饤Բķͳ
LudoNarraConΥѥͥǤϡ饤ƥ󥰤ȥ饤δϢιۤͿƶˤĤƸƤ

A quick guide to readable game text
GDC SummerEA SportsKaren Stevens᤬ɤߤ䤹եȤνComic Sans¸ߤꤹ٤ǤϤʤͳä

ɹۤɤ뤿6Ĥˡ
Kate Edwardsϥǥ٥åѤ˥ɥХȥġ󶡤˼¸줿ۤ롣

VRȯΥ٥ȥץ饯ƥ߷׸
VRǥ٥åѤGamesIndustry.biz ACADEMY˥СꥢƥΥݤβΥ롼ȥǥβˤĤƸäƤ롣

¾ΥȥեƱͤˤޤޤʥȥԥå򥫥С褦ˤʤޤ꡼ȼӳΥƥȤϺĤäƤޤ -Jennifer Scheurle

The four pillars of good representation
GDC 2020ProletariatTori SchaferϡLGBT+ɽिνפʹθ󶡤Ƥ롣

Building Ori and the Will of the Wisps with 80 people working from home
Moon StudiosThomas Mahler᤬ʬȯ뤦ǤβȲ餫ˤ롣

How to apply for Video Games Tax Relief and make a VGTR claim
ӥǥǤθǤϴñˤǤʤVGTRʸŪƥȤ˹ʤ뤿ξܺ٤ʥɤҲ𤹤롣


ǥХХǤνȤ
NovaramaDaniel Sanchez-Clispo᤬ǥǥ٥åѤΤ¸β롼GamesIndustry.biz ACADEMYǶͭƤ롣

Everything you need to know about making and releasing a demo
GamesIndustry.biz ACADEMYǤϡǥ٥åѤǥ٤ͳȥߥ󥰡꡼ؤΥץˡݤɤ뤿ΥݥȤõ롣

The ultimate guide to pitching your game
⽵Investment Summit OnlineơExecution Labs߼ԤǤJason Della Rocca᤬ʤΥˤĤƶȳΤΥɥХ롣

ʤϡΤȤ˴Ƥ衣˴ʤ -Daniel Sanchez-Crespo

Is your indie game ready for funding?
Cassia CurranϡGames Industry Investment Summit OnlineǤιֱǡԾʬϤˡõä

Investing for success: a comprehensive guide to raising money
nDreamsCEOPatrick O’LuanaighϡĴãˡȤ򤹤ˡܤƤ롣

Patreonκ
ƥ ꥨ GamesIndustry.biz ACADEMY Patreon ڡݤΥ٥ȥץ饯ƥȥߥ˥ƥĹˡ򶵤Ƥ줿

Steamǥ꡼뤿Υǥ٥åѥ
Steam ǤΥѥ֥å󥰤ˤĤΤɬפ뤹٤ƤξɾΤǥ٥åѤ Valve ľ󶡤롣

ʤƼ⤹ʤ顤桹Ϥʤפʤʤζפޤ -Greg Miller

What I learned about community management from my immigrant parents
Kitfox ߥ˥󡦥ǥ쥯Victoria Tran᤬פοͥ줿ߥ˥ƥĤ濴ˤ뤳Ȥ

Fall Guys: Ultimate KnockoutΥǥά
Oliver Hindleϡǥȥ˥åҥåȥΥĥå100ͤΥե˵ĹаޤƤ롣

ӥǥॳݡ»ͤ6ĤȤ
ƥӥ಻ڤϰˤƿȶˤʤäʲȤδ֤Ǥϥӥͥμ­Ƥ뤿ᡤ⤬ơ֥ξ֤äѤʤˤʤäƤȤ

ȳƯ

Tips for a successful interview in the games industry
Splash Damage’s Jason Tzaidas᤬󥸥˥󥰿ܤǤ롣

How to get a job in the games industry
GamesIndustry.bizACADEMYǤϡǥ󤫤饸㡼ʥꥺࡤPRʤɡʬΥȳλŻ򸫤Ĥ뤿Υɤ󶡤Ƥ롣

Mike BithellᡧȤϤȤΤäƤ
GamesIndustry.biz Live. ACADEMYǤϡMike Bithell᤬ꥢdzؤ6ĤζҲ𤷡ǥ٥åѻ˾Ԥȳ뤿ΥҥȤȤʤ褦ƤҲ𤷤

ͤ˰ϰ򤹤ۤɤϤޤ󤷡ϤˤϤۤȤɲǤޤ -Mike Bithell

ӥǥ饤ˤʤ뤿δʰץ
EGX Rezzed DigitalΥѥͥǤϡȳΥ饤Ǥ뤳ȤΤޤޤ¦̤ˤĤƵƤ롣

Is the games industry open to working class people?
ꥹιĴǡϡǤϤʤȤ򼨺Ƥ롣Ǥϡꥢۤ͡顤ʬȤ˺ǹΥ󥹤Ϳ뤿ΤäƤɬפ뤳ȤҲ𤹤롣

Lifting the barriers for Black professionals in the games industry
GamesIndustry.biz ACADEMYǤϡͺΰݻȾʤ˾ơȳιͿͺबľ̤ƤɤܤƤ롣

Retaining and fostering women in the games industry
Victoria SetianGDCβƤιֱǡǤκŪ٤襤κǽ꡼åפȯǤ褦˰ˡˤĤƸä

ʤκǽϤʤäƤλ񻺤ǤꡤϤʤԤ˻äƤ뤪ǤϤޤ -Kate Edwards

Υ󥿥إ륹˼Ȥˤ
󥿥إ륹ռ륲ॹϡåդδŪʹʡ򥵥ݡȤݸˡˤĤGamesIndustry.bizACADEMYƤ롣

How to identify and avoid unconscious bias
GamesIndustry.biz ACADEMYǤϡ̵ռиͿƶ䡤иæѤ¿ܻؤˤϤɤФΤõ롣

What’s wrong with the games industry, and how to fix it
DevcomǤϡKate Edwards᤬९ꥨ˱ƶͿȡн褹뤿˶ȳǤ뤳ȤĴ

GamesIndustry.biz ACADEMY[email protected]ˤޤǤ䤤碌ݥ󥵡åפ˴ؤ뤪䤤碌ϡ[email protected]

ܵGamesIndustry.bizȤΥ饤󥹷ΤȤƤޤϤ



著者: “jp.gamesindustry.biz編集部 — jp.gamesindustry.biz

Continue Reading

ゲーム業界ニュース

League of Legends Japan League 2021

Mine Sasaki

Published

on

世界各地で大規模な大会が行われているPCオンラインゲームリーグ・オブ・レジェンドLeague of Legends、以下:LoL)」の国内プロリーグLJL」(League of Legends Japan League、以下 LJL)[主催:合同会社ライアットゲームズ、運営:吉本興業株式会社株式会社プレイブレーン]に、2020年に引き続き、デル・テクノロジー株式会社が、LJL 2021のオフィシャルPC & ディスプレイパートナーとしてご支援いただくことが決まりましたのでお知らせいたします。

昨年に引き続き、LJLの全てのオフライン試合で選手たちが AlienwareのPCおよびディスプレイを使用する他、LJLトップ選手が一堂に集い、普段見られないようなプレイや試合形式が行われるお祭りLJL Allstar Presented by Alienware」を年に2回実施します。「LJL Allstar Presented by Alienware」の詳細情報は追って解禁いたしますので、続報をお待ちください。

Alienware(デル・テクノロジー株式会社)】
Alienwareは、最高の環境でオンラインゲームが楽しめることを目的に製品開発を行っている、デルのプレミアムゲーミングパソコンブランドです。高性能な仕様とあらゆる場面で活躍する豊富なラインアップ、一度見たら忘れないそのユニークデザインは、世界中のゲームユーザーから高い支持と信頼を得ています。
公式サイト:http://alienware.jp

League of Legends Japan League (LJL)について
League of Legends Japan League(LJL)』は、PC オンラインゲームリーグ・オブ・レジェンド」の日本公式プロリーグです。2016 年の発足以来、「Spring Split」と「Summer Split」の2 スプリット制で実施され、各スプリットの優勝チームLoL の世界大会「Mid-Season Invitational(MSI)」と「World Championship
(WCS) 」へ、日本代表チームとして参加することができます。国内リーグ含め世界中のプロリーグの試合は動画配信プラットフォームなどでLIVE 放送されており、どなたでも観戦することができます。

各試合は以下の放送プラットフォームでどなたでも無料でご覧頂けます。
Mildom  : https://www.mildom.com/10244404
Twitch  : https://www.twitch.tv/riotgamesjp

公式サイト:https://jp.lolesports.com/
公式YouTubeチャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UCiN3B0QRdL4wn1TMJ_cJyMQ
公式ツイッターhttps://twitter.com/Official_LJL
公式インスタグラムhttps://www.instagram.com/lolesports.jp/
LJL公式ストア:https://official-ljl.stores.jp/

ライアットゲームズとは

2人のゲーマーマーク・メリルとブランドンベックにより『世界一プレイヤーを大事にするゲーム会社』をモットーに2006年に創業。2009年には、デビュー作『リーグ・オブ・レジェンドLoL)』をリリースし、プレイヤーメディアの双方から高い評価を受ける。毎年開催されるLoLの世界大会「リーグ・オブ・レジェンド World ChampionshipWorlds)」は、世界最大級のeスポーツイベントとして知られている。 LoL10周年となる2019年に『レジェンド・オブ・ルーンテラ』や『リーグ・オブ・レジェンドワイルドリフト』といった、新しいタイトルの開発やモバイルラットフォームへの移植、さらにオリジナルアニメーションなどを同時に発表した。世界20以上のオフィスに2,500人以上のスタッフが在籍。本社はカリフォルニア州ロサンゼルス。(2019年10月現在)-ライアットゲームズhttps://www.riotgames.com/ja
Twitterhttps://twitter.com/riotgamesjapan

吉本興業株式会社

本社は大阪府大阪市中央区難波千日前にあり、所属するタレントマネジメントエージェントを行うと同時にテレビラジオ番組や演芸・演劇の制作・配給・興行を行っている。
吉本興業: https://www.yoshimoto.co.jp/

株式会社プレイブレーン

株式会社プレイブレーンeスポーツ の企画、ブランディングクリエイティブ、制作プロダクションイベント運営、プロダクト開発とマーケティングに特化した会社です。2016年の設立から今に至るまで、ゲーム業界、クリエイティブ業界、マーケティング業界など多岐のフィールドに渡ったバックグラウンドを持つメンバーから構成され、日本が世界のeスポーツシーンと肩を並べられることを目標に取り組んでいます。
2019年1月にプレイブレーンは合同会社ライアットゲームズ吉本興業株式会社と長期的なパートナーシップを結び、League of Legends Japan League(LJL)の運営ならびに、国際大会の日本語配信を行うことを発表しました。その他「FUTAROKU」や「DEKKI」などのサービスも手掛けています。
株式会社 プレイブレーンhttps://playbrain.jp/

リーグ・オブ・レジェンドとは

2009年10月に米国でサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレイヤーが億人を突破し、世界各地で大規模な大会が行われている人気オンラインゲームマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(通称MOBA)と呼ばれる5人対5人の対戦型PCゲームで、プレイヤーが操作する「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターで相手本陣の攻略を競う。RTSリアルタイムストラテジー)のテンポと迫力にRPG要素を加え、スピード感のある展開が特徴で、その競技性の高さから、eSportsの代名詞として世界中でプロリーグが開催されている。毎年行われるeスポーツ最高峰の世界的祭典「League of Legends World Championship(WCS)」は視聴者数9,960万人を記録するなど大きな注目を集める。多彩なキャラクターや作りこまれた世界観、映像や音楽、などゲーム以外のコンテンツも魅力で、コスプレファンアートをはじめとした熱狂的なコミュニティ活動も各地で行われている。
リーグ・オブ・レジェンドhttps://jp.leagueoflegends.com/
Twitterhttps://twitter.com/loljpofficial

配信元企業:吉本興業株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ



著者: ” — news.nicovideo.jp

Continue Reading

ゲーム業界ニュース

2020年,米国のゲーム支出は過去最高となる569億ドルに|米国年次レポート –

Mine Sasaki

Published

on

「Call of Duty: Black Ops Cold War 」が年間ベストセラー,Nintendo SwitchがプラットフォームNo.1に

 アメリカのゲーム売上は2020年に新たな高みに達し,総支出額は569億ドルに達した。調査会社NPDの最新レポートによると,これは前年比27%増となっている

 この数字の大部分(86%)を占めるのがソフトウェアで,2020年のゲームコンテンツ支出は489億ドルに達した。これには,コンソール,クラウド,モバイル,ポータブル,PC,VRプラットフォーム全体でのパッケージゲームとデジタルゲーム,DLC,サブスクリプションが含まれており,ソフトウェアの売上は2019年と比較して26%増加したという。

 2020年に最も売れたゲームは「Call of Duty: Black Ops Cold War」で,別のCoDタイトル「Modern Warfare」がこれに続いた。Call of Dutyフランチャイズがアメリカの年間チャートのトップに立つのは,これで12年連続となる。また,「あつまれ どうぶつの森」は3位となっていた。

 NPDのVG業界アナリストMat Piscatella氏は,「2020年には,『あつまれ どうぶつの森』は,2010年の『Wii Fit Plus』以来,1年の売上が任天堂が出版したゲームとしては最高を記録しました」と述べいる。

 エクスクルーシブタイトルに目を向けると,「The Last of Us: Part II」は2020年にアメリカで最も売れたPlayStation独占タイトルで,「Marvel’s Spider-Man」や2018年の「ゴッド・オブ・ウォー」に続く,3番目に売れたソニーのゲームとなった。

2020年,米国のゲーム支出は過去最高となる569億ドルに|米国年次レポート

 ハードウェアはソフトウェアよりもさらに大きな成長を見せ,昨年のコンソールの売上高は53億ドルに達し,2019年の39億ドルから35%増だった。ハードウェアの売上高は,2011年に56億ドルに達して以来,昨年が最高という結果だ。2011年はXbox 360にとって大きな年であり,数々の大作タイトルやアクセサリー「Kinect」の発売元年でもあり,ニンテンドー3DSが発売された年でもある。

 2020年の最も売れたコンソールはNintendo Switchで,それにPlayStation 5とPlayStation 4の順になっているのは,驚きではないだろう。

 Piscatella氏は,「Nintendo Switchの年間ドル売上高は,単一のプラットフォームとしては米国の歴史上,2番目に高く,その上にあるのはWiiが2008年に記録した売上だけだ。

 ゲームアクセサリに使われるお金も2020年には21%増加し,合計で26億ドルとなっている。2020年に最も売れたゲームパッドはソニーの「DualSense Wireless Controller」で,Xbox用の「Turtle Beach Ear Force Recon 70 Gaming Headset Black for Xbox」が2020年に最も売れたヘッドセットとなった。

 また,NPDのレポートでは2020年12月のベストセラーも取り上げられており,「Call of Duty: Black Ops Cold War」が首位を獲得し,「Cyberpunk 2077」(デジタル版は含まず)と「Assassin’s Creed Valhalla」が続いた。なお,12月の消費者支出は記録を更新し,前年比25%増の77億ドルに達している。

 12月のハードウェア売上高は38%増の13億2000万ドルとなり,2013年以来の高水準を記録した。また,Nintendo Switchは12月に最も売れたプラットフォームでもある。

 以下は売上高でランク付けされた2020年のトップ20のゲーム(パッケージとダウンロード版)で,データはNPDの提供によるもの。

1 Call of Duty: Black Ops Cold War (Activision Blizzard)
2 Call of Duty: Modern Warfare (Activision Blizzard)
3 Animal Crossing: New Horizons (Nintendo)※
4 Madden NFL 21 (EA)
5 Assassin’s Creed: Valhalla (Ubisoft)
6 The Last of Us: Part II (Sony)
7 Ghost of Tsushima (Sony)
8 Mario Kart 8: Deluxe (Nintendo)※
9 Super Mario 3D All-Stars (Nintendo)※
10 Final Fantasy VII: Remake (Square Enix)
11 Marvel’s Avengers (Square Enix)
12 Marvel’s Spider-Man: Miles Morales (Sony)
13 NBA 2K21 (Take-Two Interactive)※
14 Super Smash Bros. Ultimate* (Nintendo)
15 FIFA 21 (EA)
16 Mortal Kombat 11 (Warner Bros)
17 Dragon Ball Z: Kakarot (Bandai Namco)※
18 MLB: The Show 20 (Sony)
19 Cyberpunk 2077 (Warner Bros)※
20 Tony Hawk’s Pro Skater 1 + 2 (Activision Blizzard)

※デジタル版の売上高は含まず

※本記事はGamesIndustry.bizとのライセンス契約のもとで翻訳されています(元記事はこちら



著者: “jp.gamesindustry.biz編集部 — jp.gamesindustry.biz

Continue Reading
実況じっきょうプレイ5時間 ago

【荒野行動】界隈一汚い実況部屋紹介

ゲームのレビュー動画11時間 ago

PS4/Nintendo Switch「キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONS」第4弾トレーラー

実況じっきょうプレイ11時間 ago

元引きこもりがCODキャンペーンやる(縛り)

実況じっきょうプレイ17時間 ago

【ウマすぎ】松屋『ネギたっぷりプレミアム旨辛ネギたま牛めし』特盛つゆだくにしたらネギ消えた事件【UberEats】【ウーバーイーツ】【大食い】

ゲームのレビュー動画23時間 ago

【新作:FPS】PS4でも無料リリースした、バトロワが過疎り過ぎてサービスがヤバい件について…【ハイパースケープ:実況者ジャンヌ】

実況じっきょうプレイ23時間 ago

#38【LABO】弟者,兄者の「タルコフ(EFT)シーズン2」【2BRO.】

実況じっきょうプレイ1日 ago

MINECRAFT VUA HẢI TẶC – TẬP 10 | ĐỔI NGHỀ LÀM NGƯỜI CÁ VÀ MỞ RƯƠNG RA 2 TRÁI ÁC QUỶ MỚI LẠ

ゲームのレビュー動画1日 ago

スイッチとPS4に新登場した話題のR6S系爆破TPSが顔面崩壊レベルの面白さ!(クロスプレイ対応)|Rogue Company【ゆっくり実況】ローグカンパニー

実況じっきょうプレイ1日 ago

The Sims™ 4 【♯1】~はじめてのじっきょう~

実況じっきょうプレイ2日 ago

【ダークソウル3】洞窟の奥にいる謎の痴女がやばすぎる-PART7-【DARK SOULS 3】【実況・初見攻略・縛りプレイ】

人気