Connect with us

ゲーム業界ニュース

「Surgeon Simulator 2」を生み出したBossa Studiosはどんな開発チームなのか? –

Mine Sasaki

Published

on

 おそらく本サイトをご覧になる皆さんは「Surgeon Simulator 2013」をご存知だろう。Global Game Jam 2013での登場以降,世界中で大ヒットした「ゆるゆる物理」系ゲームだ。のちにSteamで完全版が公開され,実に多くのプレイヤーがその奇想天外な残虐性に大笑いした。

 先日,開発チームであるBossa Studiosは正当続編として「Surgeon Simulator 2」を発表した。小規模なチームから始まったBossaも,現在はこうした規模の大きなゲームを作るスタジオに成長し,投資家からの支援も多数受けている。



 そんなBossa StudiosのCo-Founder & Gamer-in-ChiefであるHenrique Olifiers氏に,Bossaの成功とSurgeon Simulator 2についてインタビューを行った。Bossaの沿革をはじめ,投資企業からのサポートや英国のゲーム産業への支援,インディコミュニティや最大4人のマルチプレイとレベルエディタを搭載して大きく変貌を遂げたSurgeon Simulator 2での技術的な挑戦について,じっくりヒアリングした。

Bossa Studiosが成功するまでの道のり

Henrique Olifiers氏
「Surgeon Simulator 2」を生み出したBossa Studiosはどんな開発チームなのか?

――Bossa Studiosの沿革を教えてください。

Olifiers氏:
 Bossa Studiosは2010年にRoberta Lucca,Henrique Olifiers,そしてImre Jeleによりクリエイティビティを最優先にしたゲーム開発をするという理念をもとに設立されました。80年代や90年代に心から楽しんだ,可笑しくて,ルールに縛られないゲームを作るのがその目的です。たとえば,我々がMSX時代に楽しんだゲームは,ペンギンがお姫様を救うためにドラゴンと戦う「夢大陸アドベンチャー」や,「Qバート」「パックマン」など,よく考えれば不思議なキャラクターが活躍するゲームだったわけです。
 最近のゲーム業界は少しシリアスになりすぎており,そこに風穴を開けてみたかったのです。

 Bossa Studiosとして初めて作ったゲームはマルチプレイヤーの「Monstermind」で,これはSNSにおいてリアルタイムで遊べる最初のゲームであり,BAFTA(英国アカデミー賞:ヨーロッパで最も権威のある賞)を含むいくつもの賞を受賞しました。このサンドボックスタイプのゲームは,プレイヤーが自分たちの都市を作り,B級映画に付きものの巨大なゴジラやキングコングのような怪獣を育て,その怪獣で友達の都市を攻撃して,その防衛網を破壊しまくるというものです。
 Monstermind後はSNSプラットフォームから離れ,最初のPCゲーム,「Surgeon Simulator」を作りました。その後,それほど時期を置かずにパンがトーストになるために冒険する「I Am Bread」を作り,そのどちらも販売数累計数百万を超える大成功をしたのです。
 Bossa Studiosの特徴は,どのゲームも奇想天外で,他で見かけることのない独自路線のクリエイティブなゲームであることだと思います。Surgeon Simulatorがリリースされた当初,このようなゲームはありませんでした。今でもI Am Breadのようなゲームはありません。我々は,新しくて,ちょっと変わったゲームを作り,ゲーム業界を少しでも変えていけたらと思っています。

「Surgeon Simulator 2」を生み出したBossa Studiosはどんな開発チームなのか?

――Bossa Studiosが今の人数まで成長するにあたり,どのような道をたどりましたか。

Olifiers氏:
 この会社の創業時には,創業者と4人の従業員しかいませんでした。創業チームメンバーの1人は「Thomas Was Alone」や「Volume」を作ったMike Bithellです。MonsterMindのリリース時には,それが12人に増えました。2013年にSurgeon Simulatorがリリースされた時にはそれが35人になっていましたが,Surgeon Simulatorのチーム自体はたった4人で構成されていました。Global Game Jam 2013にはスタジオから2チーム送り,そのうちの1チームが作ったのがSurgeon Simulatorでした。
 クリエイティブが中核となっているスタジオですから,我々は毎月社内か,あるいはGlobal Game Jamのような社外でゲームジャムを行っています。年に100程度(毎月7から10)新ゲームのプロトタイプが作られますが,プロダクションに乗るのはそのうち2,3のゲームで,最終的なリリースに繋がるのは1つか2つのゲームだけです。
 こういったゲームジャムを通して,多くのアイデアをテストし,人々にユニークだと思われる楽しいゲームを作り出しています。今ではスタジオは100人体制となり,3つのプロジェクトを同時に動かしています。

――会社を大きくしていく中で,英国政府や地域,業界団体などからのサポートは受けましたか。

Olifiers氏:

「Surgeon Simulator 2」を生み出したBossa Studiosはどんな開発チームなのか?

 イギリスには,「VGTR(Video Game Tax Relief)」という税金扶助があり,これにより開発コストを20%削減できます。また,UKIE(The Association for UK Interactive Entertainment)という組織が政府や政策担当者と掛け合い,業界をきちんと認めてもらえるようサポートしてくれています。政府が法令や政策を決めるうえでこの業界の必要事項を認識してもらうためにも,これは非常に大切なことです。

――BossaにはベンチャーキャピタルのMakers Fundが投資しています。どのようなきっかけで投資が決まったのでしょうか?

Olifiers氏:
 Makers FundのJayson ChiさんとMichael Cheungさんには,「Worlds Adrift」という壮大なサンドボックスMMOを開発していた2017年に初めてお会いしました。これはUGC(ユーザー制作コンテンツ)を基本とするゲーム戦略としては最初のもので,他のプレイヤーと共にゲームの未来を作っていくゲームでした。

 ゲームのリリース前に,ゲームプラットフォーム上に空に浮かぶ数千もの島を用意し,プレイヤーがそのプラットフォームやツールを駆使してゲームの世界を作れるようにしました。

 このUGC戦略が成功した背景にはBossa Studiosの方向性を信じてくれたMakers Fundが大きく貢献しています。このゲームで得た戦略や技術は,次にリリースするSurgeon Simulator 2にも引き継がれており,このゲームでは4人までのプレイヤーが協力し合ってレベルやゲームメカニクスを同じ環境で同時に制作できるようになっており,UGCがさらにレベルアップされています。

――ベンチャーキャピタルからは資金提供のほか,どのようなサポートがありましたか?

Olifiers氏:

「Surgeon Simulator 2」を生み出したBossa Studiosはどんな開発チームなのか?

 Bossa Studiosの投資家たちは,ゲーム業界での経験値の高いプロフェッショナルで,投資家である以前にアドバイザーとしていろいろと相談に乗ってくれています。彼らが窓口となり,いろいろな人に紹介してもらったり,戦略やプラットフォーム,市場に関するアドバイスなどももらっています。スタジオとしての大きな決断をする前には彼らにもその情報を共有していますが,それは彼らが会社に出資しているからではなく,ゲームや業界のことを熟知しており,洞察力のある方々だからです。

 投資家とそういった関係を保っていられるのは,珍しいことなのかもしれませんが,投資家のMakers Fund, LVP, Atomico,そしてNetEaseは常にその洞察力を駆使して相談に乗り,サポートしてくれています。取締役会もいつもスムーズに運び,さらにスタジオを良い方向に導くための話し合いを行う良い機会となっています。

――VCからの投資を受けるまでに,どのくらいピッチを行いましたか? 

Olifiers氏:
 Bossa Studiosではたいてい,提案から6か月以内に出資を受けています。最初のゲームがリリースされる前に,すでに多額の出資を受けることができました。これはクリエイティビティを中核にする方向性と創業者チームの過去の成功を認めてもらったからだと思っています。Bossa Studios の創業者1人1人の過去の実績が,最初のシードラウンドを受ける際には役に立ちました。

 今までの出資を受けるまでのサイクルは早く,だいたい開始してから3〜4か月で出資を受けています。

 出資を受けるための売り込みには労力がいります。毎回,まず40社ほどの投資家たち1人1人に売り込み,その中から会社に合う投資家を選んでいきます。自分達にマッチし,会社の理念を理解し,長期にわたって協力してもらえるパートナーを探すには,多くの時間を割く必要があります。そのためにはたくさんの人と会っていくことになります。

――英国にはインディのためのコミュニティでどのようなものがありますか。また成長中のスタジオがあれば教えてください。

Olifiers氏:
 イギリスには世界で最大規模のインディゲームのエコシステムがあります。たとえば,Team17がリリースしている「Overcooked」のGhost Townや「The Escapists」のMouldy Toofなど,そのほとんどが地元のインディスタジオにより開発されています。ほかにもよく知られたスタジオとしては,FacePunch(「Garry’s Mod」や「Rust」)やHello Games (「No Man’s Sky」)などが挙げられます。

 イギリスのインディコミュニティのネットワークは広く張り巡らされていますが,一大「ハブ」があるわけではなく,小さなコミュニティが会う機会を作ったり,GDCなどのイベント参加の際に落ち合ったりしています。誰もがいつも仲良く,機会があれば協力したり,サポートし合ったりしています。これはおそらく80年代にいわゆる「ベッドルームコーダー」と言われていたクリエイターたちが,少しでも良いゲームを開発するためにノウハウなどを共有し合ってきた過去に帰するものだと思います。

大幅な進化を遂げた「Surgeon Simulator 2」

「Surgeon Simulator 2」を生み出したBossa Studiosはどんな開発チームなのか?

――今回は「マルチプレイ」という大きな変化がありました。技術的なチャレンジは大変でしたか?

Olifiers氏:
 最初に作ったゲーム,Monstermindがマルチプレイヤーであったこともあり,Bossa Studiosではマルチプレイヤーゲームには長く携わってきました。ですが,Surgeon Simulator 2は,マルチプレイヤーであるだけでなく,物理演算も関わってくるため,複雑な要素が加わっています。プレイヤーがハチャメチャなプレイをし,数千ものモノが動き回っている中で,物理演算をシンクロさせるのはとても難しいチャレンジでした。

 Surgeon Simulator 2では,そのゲームデザインを実装できる他社ソリューションがなかったため,マルチプレイヤーのスタックはゼロからの自社開発となりました。これには莫大な投資と作業が必要となりましたが,数千のプレイヤーが同時にプレイできる安定したスケーラビリティのあるシステムを開発することができました。

 信頼できる会社が作った既存の技術システムがあるのなら,それを実装することで,技術ではなくゲームを作ることに専念したいというのが会社の基本方針ですが,どうしても既存のシステムが見つからない場合,Surgeon Simulator 2のように自社開発することになります。

「Surgeon Simulator 2」を生み出したBossa Studiosはどんな開発チームなのか?

――レベルエディタも大きなフィーチャーです。開発で苦労した点はありますか?

Olifiers氏:
 レベルエディタに関しては,すでに数年前にWorld Adriftで作られたものがあったため,その基礎はありましたが,今まで1人のプレイヤーでしか作成できなかったレベルを複数のプレイヤーが同時に制作に関われるエディタを作るのはゲーム業界でも初めての試みだったのでないかと思います。こういったツールにはレベルのオーナーが誰か,誰が制作物を投稿するのか,またそれを変更できるのは誰かなどのロジカルな問題を解決する必要があります。

 このエディタを作るのは大変でしたが,Surgeon Simulator 2でプレイヤーたちが,友達と一緒にクリエイティビティを存分に発揮しながら,楽しく,質の高いコンテンツを制作しているのを見ていると,努力した甲斐があったと思います。将来的に,マルチプレイヤーのUGCがゲーム開発の大きな柱となっていくと信じていますので,その一石を投じることができたことを誇りに思っています。

――発表当時からストリーマーによる動画放送を歓迎しているようですが,動画配信者との付き合い方をどう考えていますか?

Olifiers氏:
 ゲーム実況者や配信者とはSurgeon Simulator 2013のリリースから,とても良い関係を築いてくることができていました。すでに7年が経過した今も,毎日40万人もの人々がYouTubeでSurgeon Simulatorのビデオを視聴しています。Surgeon SimulatorとI Am Breadのビデオは合わせて50億回以上視聴されており,これは長年実況者や配信者と築きあげてきた関係の賜物だと思っています。
 実況者や配信者には,ゲーム開発の初期段階から協力してもらっています。ゲームのアイデアを共有し,意見交換し,彼らのコンテンツやIP を参照し,彼らからの興味深いアイデアをゲームに取り入れていきます。このような関係を築くことで,プレイするだけでなく,視聴するにも楽しいゲームの開発が可能になり,より視聴者に近づいたゲームを作ることができるようになります。また,視聴者に近づくことでゲームのプロモーションに繋がります。
ゲーム開発者以外の方々から意見を収集するというのは今に始まったことではなく,以前は雑誌の編集者やジャーナリストなどとのプレビュー時に多くの意見交換を行い,ゲーム開発に反映させてきました。ですから,新メディアの台頭と共に,伝統的なメディアから,より視聴者に近い実況者や配信者へと協力体制が変わっただけなのです。



――TwitchやYouTubeなどの動画プラットフォームとは,何か協業やマーケティングの協力をしていますか?

Olifiers氏:

「Surgeon Simulator 2」を生み出したBossa Studiosはどんな開発チームなのか?

 TwitchとYouTube はゲームの成功には欠かせないパートナーであり,良い協力関係を築いています。彼らをもってしても面白くないゲームを成功させることは難しいですが,すでに好評を博しているゲームをさらに拡散させるためには彼らのサポートは欠かせません。
 Bossa Studiosのマーケティングチームは通常のゲームパブリッシャとは異なり,元ゲーム実況者,ソーシャルメディアのエキスパート,ゲーム開発者などで構成されています。そのためパートナーや情報を受け取る側に応じて臨機応変に応対することができます。ゲームをサポートしてもらうためには,その応対が重要なため,このチームはゲームを成功に導く「潤滑油」であると思っています。

――日本では通常の動画ストリーマーに加え,Virtual YouTuber(VTuber)と呼ばれるアニメスタイルのLet’sPlayが非常に盛んです。そのような文化に興味はありますか?

Olifiers氏:
 Vtuberとは,実況者が自分ではない特別なジャンルやスタイルの他の「誰か」になり切り,視聴者にアプローチする手法だと思います。これは「現実」の実況者が自分では表現しにくい,新しいアイデアや考え方を実況者とキャラクターの間に距離を置くことで表現しているため,ある意味健康的であり,興味深いと思います。
 開発の観点から言っても,彼らは,例えば,ゲーム内キャラクターになりやすいため,協力しやすいように思えます。もし日本のVtuberでBossa Studiosのゲームに興味ある方がいらっしゃるようでしたら,ぜひお声掛けください!

――今作のPC版はEpic Games Storeから発売されます。プラットフォーマーからのサポートはいかがですか?

Olifiers氏:

「Surgeon Simulator 2」を生み出したBossa Studiosはどんな開発チームなのか?

 Epic Gamesからは「ゲームの売り上げの前払い」というビジネスモデルを提示され,その予算を使って開発チームがゲームをより良いものにすることができました。このビジネスモデルはインディゲームの開発者にゲームリリース時のマーケティング予算を確保する術を与えるため,業界を変革させる素晴らしいモデルだと思います。

 このモデルは家庭用ゲーム機器のパブリッシャから提示されることはありましたが,PCのプラットフォームでは皆無でした。このようなモデルが普及すれば,ゲーム開発者はさらにリスクを取ったり,野心的になることが許容されるため,ゲームの質も上がり,プレイヤーにも喜ばれる結果になると思います。

――新型コロナの状況下で,開発現場はどう変わりましたか。

Olifiers氏:
 このパンデミックは我々のスタジオや会社の文化を根本的に変え,今でもそれは変わり続けており,最終的にどうなるのかまったく分かりません。
 4か月以上にわたり,100人の全社員が在宅勤務を続けています。社員からはすでに,皆がスタジオ内で作業するという形態には戻りたくないという声が上がっており,在宅勤務と出社を用途に合わせる形態になりそうです。プロジェクト開始といった開発時の大事な段階には全員が出社し,その後は必要に応じて要員が出社したり在宅勤務を行ったり,という形態になるのではないでしょうか?

 そのためのツールや規則,働き方など,まだトライアルの段階ですが,これを問題とは考えずに良い機会だと思うようにしています。例えば,今までイギリスに引っ越して来ることを前提に考えていた採用を変えることはできないか,また,日々のアウトプットを上げていくコラボレーションのソフトウェアやアプローチはないか,などです。
 答えが出るのはまだ先のことになるとは思いますが,働き方の変革が起こっているのは明らかです。

――実地開催のゲーム展示会がなくなった今,どうやって作品をアピールしていますか。オンラインイベントによってプレイヤーからの関心はどう変わりましたか。

Olifiers氏:

「Surgeon Simulator 2」を生み出したBossa Studiosはどんな開発チームなのか?

 展示会からオンラインイベントに移行するのは難しいことです。展示会開催者の中でも,上手く移行できたケースとそうでないケースが見受けられます。

 残念ながら,今の私たちには選択肢はありません。オンラインに移行するしかないのです。しかし,そういったイベントの内容は開催者任せになるため,自分たちで変えられることは限られており,今まで開催されたイベントでも結果は展示会より良かった場合と悪かった場合に分れています。

 オンラインイベントの良いところは,展示場に実際に行ける人々だけでなく,興味のある人すべてにアプローチできることです。悪いところは,開催者がそのノウハウをオンラインに移行するためにはまだ時間がかかりそうだということです。

 今月末にはGamescomが開催されますが,彼らはオンラインイベントに精通した The Game Awardsに協力を要請しており,それがどう転ぶか興味深いところです。展示会開催者がオンライン開催者と手を取り合っていくのが,今後の手法になるのかもしれません。

――以前の作品I AM BREADでは,日本のクリエイターによる「DEEEER Simulator」とのコラボレーションがありました。Surgeon Simulator 2も,こうした日本のインディとのコラボレーションを望みますか?

Olifiers氏:

「Surgeon Simulator 2」を生み出したBossa Studiosはどんな開発チームなのか?

 DEEER SimulatorのKickstarterを初めて目にした直後に,開発者(たった1人で開発されていました)に何かサポートできないか連絡を取りました。何をできるか,何をするか,などまったく見当もつかなかったのですが,何らかの協力をしたいと思ったためです。

 今までも,さまざまなインディスタジオと協力しあってきましたが,すべて欧米のスタジオで,日本のパートナーと協力したのは初めてのことでした。

 私たちの大好きなゲームの多くは日本で作られており,日本人のクリエイティビティや開発力には常に尊敬の念を覚えています。今後ももっといろいろと協力関係を築いていけたらと思っています。

――最後に我々日本のクリエイターにアドバイスをください。日本でもさまざまなインディスタジオがあります。成長を目指すスタジオは,作品作りのほかに,どのようなアクションを起こすとよいと思いますか?

Olifiers氏:
 失敗するならなるべく早くに,そして最小限に抑えること,です。アイデアは次から次へと湧いてくるものですが,最初の(または10番めの)アイデアが「絶対に成功する」わけではないため,それにすべてを賭けてはいけません。いくつかのアイデアをプロトタイプとして検証し,その中に宝物を見つけたら,それにすべてを賭けるのです。

 紙に書かれただけのものや頭の中にある素晴らしいアイデアの大半は良いゲームにはなりません。そのアイデアの良し悪しを証明するために開発を開始してしまったら,そのゲームを「素晴らしい」ものにする時間の代わりに「そこそこ良い」ものを作るために時間をかけることになってしまします。

 Bossa Studiosでは,1つの良いゲームを見つけるために,少なくとも100のプロトタイプを作ります。プロトタイプを作る前には,それら100のアイデアは素晴らしいものに見えますが,最終的に製品化できるゲームのみに時間を投じるべきです。

 Surgeon Simulator 2013をある程度まで遊べるプロトタイプにするまでに,4人が48時間を費やしました。そのプロトタイプが楽しかったため,世界中のYouTuberがプレイし始めました。ゲームの開発を正式に始めた時点で,すでにこのゲームが大きな成功を収めることは分っていたのです。

 インディゲームのスタジオが必要なのは,ゲームを開発する前から確実にそのゲームが成功するという確信なのです。

――ありがとうございました。



著者: “jp.gamesindustry.biz編集部 — jp.gamesindustry.biz

Continue Reading

ゲーム業界ニュース

4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

Mine Sasaki

Published

on

画像(001)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 新内閣が発足し,日本人を含む研究チームがヘリウムガスをワニに吸わせて鳴き声の変化を調べる研究でイグ・ノーベル賞の「音響賞」を受賞し,金星の大気から生命の痕跡かと思われるホスフィンが検出されたことが発表されたりした2020年9月13日〜9月19日,4Gamerに掲載された記事は788本でした。ワニの鳴き声って,聞いたことがないんですけど,鳴くんですね。日本人のイグ・ノーベル賞受賞は,14年連続だそうです。
 さて先週は,記事の本数もかなりのものでしたが,内容的に大きめのニュースが連発した週でもありました。9月17日5:00にはソニー・インタラクティブエンタテインメントがPS5の新情報を公開する「PlayStation 5ショーケース」を配信し,PS5の価格や発売日,ファーストパーティのローンチタイトルなど,さまざまな情報をドーンと公開しました。
 同じ9月17日23:00には任天堂が「Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.9」の配信を行い,こちらでも「モンスターハンターライズ」など,いろいろな新作情報が公開されています。
 また,北米時間の9月16日にはFacebookが,昨年まで「Oculus Connect」と呼ばれていた「Facebook Connect 2020」をデジタルで開催し,「Oculus Quest 2」を発表しています。詳しくは下のほうで書くんじゃないかと思いますが,こんな感じで,世の中の「いよいよ感」がいよいよ高まってきた雰囲気です。「東京ゲームショウ2020 オンライン」も今週いよいよ開催ですし,それが終われば次世代コンシューマ機がいよいよ市場投入されますしね。

 さて,お気づきの人もいるかもしれませんが,このタイミングで(どのタイミングなのか分かりませんが),タイトルバナーを切り替えました。先週も同じことを書いた気がするのですが,さすがに先週の新バナーは各方面の関係各位からお叱りを受けました。ですが安心してください,実はちゃんとしたタイトルバナーを用意してあったのです。自分で言うのもなんですが,抜かりありません。
 さらに,筆者には事情がよく分からないのですが,設定画設定資料もあるんです。

画像(002)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

性別:女性
年齢:24歳
身長:156cm
スリーサイズ:83cm / 57cm / 83cm
職業:エージェント(国家の秘密業務で働くほう)
性格:生真面目,ドジっ子

 エ,エージェントって何? という気もしますが,とっくにご存じのように,くぬぎちゃんはほとんど仕事を選びません。公序良俗に反さない限り,ファンアートでもコラボでもフィギュア化でもアニメ化でもドラマ化でも映画化でもなんでもこいと胸を叩いているようですが,今のところなんの仕事もないのでヒマしてるっぽいです。なお,この可愛いくぬぎちゃんのタイトルバナーと設定画を描いたのは,先々週までと同じく朝倉ブルーさんです。今後とも,新たなくぬぎちゃんをよろしくお願いします。

 そして,ここで1つお詫びを。9月13日に掲載するはずだった9月6日掲載分のプレゼントの当選者発表を,なんと筆者が掲載し忘れていました。今週のプレゼントコーナーでまとめて掲載していますので,ご確認いただければ幸いです。楽しみに待っていた人,本当にごめんなさい。

 というわけで,今回も4Gamerの世界のゲーム業界の1週間を振り返ってみましょう。

※以下,PlayStationはPS,Nintendo SwitchはSwitch,ニンテンドー3DSは3DS,スマートフォンはスマホと略記します

先週のランキング

【先週のランキング詳細】

 さて,先週のランキング第1位にぶっちぎりで輝いたのは,ソニー・インタラクティブエンタテインメントの次世代コンシューマ機PS5の価格発売日が発表されたというニュースでした。きっと1位になるだろうなあと思ったらそうなったので,筆者の勘もなかなか捨てたものではありません。ふふふ。
 発売は11月12日で,価格は標準モデルが4万9980円,Digital Editionが3万9980円(いずれも税別)とのこと。各販売店では9月18日10:00から周辺機器を含む予約受付がすでに始まってまして,各販売店舗の予約情報をまとめた記事が第3位に入っています。

 予約関連で書きますと,ソニーマーケティングが運営する直販サイト「ソニーストア」で,PS5の抽選販売手続きを9月23日から開始すると発表した,というニュースが第7位にランクインしました。抽選の第1弾に応募できるのは,9月17日までにソニーストアで「My Sony ID」を利用した購入履歴がある人に限られるとのことです。なるほど。

 順番が前後しますが,第4位にはPlayStation Plus加入者向けの新サービス「PlayStation Plusコレクション」が発表されたというニュースが入りました。このサービスは,厳選されたPS4向けタイトルをPS5でダウンロードしてプレイできるというもので,「バットマン:アーカム・ナイト」「Bloodborne」「Fallout 4」「ゴッド・オブ・ウォー」「MONSTER HUNTER: WORLD」「ペルソナ5」など,PS4世代を象徴するタイトルが楽しめるとのこと。

 そして第5位に,はPS5と同時発売されるファーストパーティのタイトルとして「Demon’s Souls」「Marvel’s Spider-Man: Miles Morales」「Destruction AllStars」「リビッツ!ビッグ・アドベンチャー」が発表された,というニュースが入りました。DualSenseのデモプレイで使われた「Astro’s Playroom」はプリインストールです。

画像(036)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 というわけで,PS5の配信関連の記事が都合5本もランク入りするという状況で,日本,いやグローバルでワールドワイドな全世界の注目度の高さがヒシヒシと感じられます。
 11月12日の発売ということは,えーと,残り2か月をきってます? こりゃまた忙しい年末になりそうで,筆者は逃亡したくなってきました。
 主だったものとしては,さらに以下のような関連記事を掲載していますので,未読の人はぜひどうぞ。さあどうぞ。

関連記事




「FINAL FANTASY XVI」がPlayStation 5で発表


 本日(2020年9月17日)行われたPlayStation 5の配信イベントにて,スクウェア・エニックスの「FINAL FANTASY」シリーズ最新作「FINAL FANTASY XVI」が発表された。※9月17日8:20頃追記,プレスリリースの情報を追加しました。


[2020/09/17 05:12]

関連記事




「Hogwarts Legacy」の2021年リリースが発表。1800年代のホグワーツ魔法魔術学校を舞台としたゲーム


 本日行われたPlayStation 5の配信イベントにて,小説「ハリー・ポッター」シリーズなどに登場する学校「ホグワーツ魔法魔術学校」を題材としたタイトル「Hogwarts Legacy」の2021年発売が発表され,トレイラーが公開された。※2020年9月17日19:00頃,日本語アナウンストレイラーとプレスリリースを追加しました。


[2020/09/17 05:49]

関連記事




「デビル メイ クライ 5」のPS5向け“Special Edition”が発表。バージルでのプレイが可能に


 カプコンは本日(2020年9月17日),PlayStation 5の配信イベントにて「Devil May Cry 5 Special Edition」を発表した。本作は,2019年3月に発売された「デビル メイ クライ 5」にプレイヤーキャラクターとしてのバージルなどを追加したものとなる。


[2020/09/17 05:51]

関連記事




「バイオハザード ヴィレッジ」の最新トレイラーが公開


 本日(2020年9月17日)配信されたPlayStation 5の配信イベントにて,カプコンが2021年内の発売を予定している新作「バイオハザード ヴィレッジ」(PS5 / Xbox Series X / PC)の最新トレイラーが公開された。2分半ほどの映像だが,ゲームの雰囲気を感じ取れるものになっているので,シリーズファンはお見逃しなく。


[2020/09/17 05:57]

関連記事




ホラーゲームシリーズ最新作「Five Nights at Freddy’s: Security Breach」のティザートレイラーがPS5の映像イベントで公開に


 PlayStation 5の映像イベントにて,「Five Nights at Freddy’s: Security Breach」ティザートレイラーが公開された。不気味な人形たちの襲撃をかわしながら恐怖の夜を生き延びるというホラーゲーム「Five Nights at Freddy’s」のシリーズ最新作のようだ。


[2020/09/17 06:07]

関連記事




「ゴッド・オブ・ウォー」の新作が発表。2021年にリリース


 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは本日(2020年9月17日),PlayStation 5の配信イベントにて,「ゴッド・オブ・ウォー」の新作となるティザートレイラーを公開した。PlayStation 5対応ソフトで,2021年のリリースが予定されているとのことだ。


[2020/09/17 06:09]

関連記事




「Oddworld: Soulstorm」,宿敵・Molluckにフォーカスした新たなトレイラーが公開。仲間が次々とミンチになるシーンも


 Oddworld Inhabitantsは本日(2020年9月17日),PlayStation 5の配信イベントにて「Oddworld: Soulstorm」の新たなトレイラーを公開した。今回のトレイラーは“Molluck Returns Trailer”と題されており,その名の通り敵のボス・Molluckにフォーカスしたものとなっている。※2020年9月17日8:30頃,画像とトレイラーを追加しました。


[2020/09/17 06:22]

 PS5ムード一色とはいえ,ソニーモバイルコミュニケーションズの新型ハイエンドスマホ「Xperia 5 II」のニュースがさり気なく第2位にランクインしていて,さすがソニー。国内価格や販路は現時点で明らかにされていませんが,日本を含む世界の国と地域で2020年秋以降の出荷が予定されているとのこと。最大リフレッシュレート120Hzにネイティブで対応した有機ELパネルを搭載するほか,タッチパネルのレポートレートが240Hzで,さらに「ゲームエンハンサー」が強化されるなど,どう考えてもゲーマー向け。だって,電話かけたり4Gamerを閲覧したりするのに,これほどの機能はいらないですもんね。そのあたりが,読者の関心を集めたと思われます。まさに「スマホ界のPS5」……なんて適当なことを言うと怒られるので,これでやめる。

 第8位には,バンダイナムコアミューズメントのアーケード向け新作「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2 クロスブースト」の記事が入りました。タイトルの垣根を超えて多数のモビルスーツが集い,2on2のバトルが楽しめるというこのシリーズ。今のところ詳細は明らかになっていませんが,11月上旬にはクローズドβテストの実施が予定されているそうです。続報を楽しみにしましょう。

先週の注目記事

NVIDIA,Armをソフトバンクから買収。買収金額は約4兆2460億円

――9月14日掲載

画像(013)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 業界動向です。NVIDIAがソフトバンクグループの子会社であるArmを400億ドル(約4兆2460億円)で買収すると発表しました。
 NVIDIAはArmの保有する半導体IPのライセンス事業の中立性は今後も維持すると発表していますが,ArmのプロセッサはスマートフォンやIoT機器,サーバ,組み込み機器など広く使われていて,顧客も非常に多いため,半導体業界に与える影響は大きいと考えられているようです。

PC版「Fortnite」がリアルタイムレイトレーシングとDLSSに対応。パッチの提供予定は9月17日に

――9月15日掲載

画像(014)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 Epic Gamesのバトルロイヤルゲーム「Fortnite」のPC版が,GeForce RTXシリーズのリアルタイムレイトレーシングと,AIベースのアンチエイリアシング技術「DLSS」(Deep Learning Super Sampling)に最新パッチで対応することが明らかになりました。リアルタイムレイトレーシングへの対応は,NVIDIAが9月2日に開催したオンラインイベント(関連記事)で発表されていましたが,これにより,さらにハイグレードなグラフィックスでプレイが可能になるわけです。筆者のグラボはリアルタイムレイトレーシングに対応していないので,読んでいるうちに買い換えたくなってきました。次世代コンシューマ機向けの「Fortnite」も,リアルタイムレイトレーシングやDLSSに対応することになるんでしょうか。

西川善司の3DGE:GeForce RTX 30シリーズのアーキテクチャを探る。CUDA Coreの増量とRT Coreの高性能化に注目だ

――9月14日掲載

画像(015)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 NVIDIAの話題が続きますが,9月2日のオンラインイベントで発表された新世代GPU「GeForce RTX 30」シリーズのアーキテクチャについて,ライターの西川善司氏が詳しく解説しています。ここで簡単にサマライズできるほど筆者の能力は高くありませんので,詳しくは記事を読んでくださいとしか言えませんが,科学技術の進歩には目を見張るものがあります。
 GeForce RTX 3090は280億トランジスタを搭載しており,CUDA Core数は10496とのことですが,数えた人は偉いなあ。

カジュアルにド派手なアクションを楽しめる「WWE 2K バトルグラウンド」のインプレッションをお届け

――9月15日掲載

画像(016)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 2Kが9月18日にリリースしたWWEシリーズの新作,「WWE 2K バトルグラウンド」PC / PS4 / Xbox One / Switch)のプレイレポートを掲載しました。北米のプロレス団体WWEをテーマにした本作は,格闘技シミュレータである「WWE 2K」シリーズとは異なり,デフォルメされた実在のWWEスーパースター達が大乱闘を繰り広げるという,簡単操作のカジュアルな作品です。自動車を相手の頭上に落としたり,腹ペコのワニの口に相手を投げ入れたりなど,いくらデフォルメされてるからって,そこまでやるかといった雰囲気の,「なんでもあり」の戦いが楽しめるようです。

画像(040)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

スマホ版「ワールズエンドクラブ」のレビューをお届け。デスゲームはなくなった? どういうゲームになったの?

――9月16日掲載

画像(017)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 9月4日にイザナギゲームズがリリースしたスマホアプリ「World’s End Club -ワールズエンドクラブ-」(旧名:デスマーチクラブ)のプレイレポートをお届けしています。「ダンガンロンパ」シリーズの小高和剛氏がクリエイティブディレクターを,また,「Ever17」「極限脱出」シリーズなどの打越鋼太郎氏がシナリオ・ディレクションを務めるとあって,発表当初から注目されていた本作は,どんなゲームなのでしょうか。記事には少なからずネタバレが含まれるとのことなので,その点をご了承のうえガンガン読んでください。

シリーズ最新作「MONSTER HUNTER RISE」がNintendo Switchで発売決定。2021年3月26日に発売を予定

――9月17日掲載

画像(018)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 上にも書いたように,任天堂は9月17日,「Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ」を配信して,カプコンのSwitch向け新作タイトル「モンスターハンターライズ」を発表したりしました。ランキング入りした「こちら」の記事でお伝えしたように,「東京ゲームショウ2020 オンライン」で実機プレイの公開も予定されているモンハンシリーズの最新作です。今のところ発表されている情報は多くありませんが,発売は2021年3月26日とのことです。

画像(019)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日
関連記事




「モンスターハンターライズ」の実機プレイ世界初公開も予定。Web特別生番組・CAPCOM TGS LIVE 2020追加情報


 東京ゲームショウ2020 オンラインに合わせて配信されるWeb特別生番組・CAPCOM TGS LIVE 2020。カプコンは本日,同番組で「モンスターハンターライズ」「モンスターハンターストーリーズ2」「デビル メイ クライ 5 スペシャルエディション」を紹介すると発表した。前者2作は実機プレイも披露するという。


[2020/09/18 12:47]

 「Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ」では,ほかにもさまざまな情報が公開されています。主な記事へのリンクを以下に並べてみました。

関連記事




「モンスターハンターストーリーズ2 〜破滅の翼〜」が2021年夏に発売。モンハンシリーズのRPG最新作


 本日配信された「Nintendo Direct mini」で,Nintendo Switch用ソフト「モンスターハンターストーリーズ2 〜破滅の翼〜」が,2021年夏に発売になると発表された。本作は,2016年に発売されたニンテンドー3DS用ソフト「モンスターハンター ストーリーズ」の続編で,モンハンシリーズのRPG最新作となる。


[2020/09/17 23:30]

関連記事




スクウェア・エニックスの新作「バランワンダーワールド」のSwitch版発売日が2021年3月26日に決定。ミュージカルがモチーフとなった“ワンダーアクション”


 スクウェア・エニックスは,「バランワンダーワールド」のNintendo Switch版の発売日が,2021年3月26日に決定したと発表した。同社のアクションゲームブランド・BALAN COMPANY(バランカンパニー)が手掛ける,ミュージカルをモチーフとした“ワンダーアクションゲーム”だ。※2020年9月18日11:30
頃,プレスリリースを追加しました。


[2020/09/17 23:37]

関連記事




「魔界戦記ディスガイア6」がSwitch向けに2021年1月28日発売決定。「ディスガイア5」のいっせいトライアルも9月21日正午からスタート


 2020年9月17日に配信された「Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ2020.9」にて,「魔界戦記ディスガイア6」2021年1月28日に発売することが発表された。また,9月21日正午から9月27日17:00まで,いっせいトライアルに「魔界戦記ディスガイア5」が登場することもアナウンスされている。※2020年9月18日12:20頃,プレスリリースを追加しました。


[2020/09/17 23:43]

関連記事




Switch用ソフト「Fit Boxing 2 -リズム&エクササイズ-」が12月3日に発売。全66種のコースが登場し,新たに3人のインストラクターが追加に


 イマジニアはNintendo Switch用ソフト「Fit Boxing 2 -リズム&エクササイズ-」を2020年12月3日に発売すると発表した。これは任天堂が本日配信した「Nintendo Direct mini」で発表されたもの。本作では,一新された全66種のコースが登場し,ジャニス,ヒロ,カレンの3人のインストラクターが追加される。※2020年9月18日10:45頃,プレスリリースを追加しました。


[2020/09/17 23:49]

関連記事




「ルーンファクトリー5」が2021年春に発売決定。ファンタジーの世界を舞台に,町での生活と冒険が楽しめるシリーズ最新作


 Nintendo Switch用「ルーンファクトリー5」2021年春に発売されると,9月17日に配信された「Nintendo Direct mini」で明らかになった。本作は,ファンタジーの世界を舞台に,町での生活と冒険が楽しめる「ルーンファクトリー」シリーズの最新作。仲間との連携技など,新システムも登場するようだ。


[2020/09/18 00:00]

関連記事




Switch版「Hades(ハデス)」が2020年冬に配信。冥界の王・ハデスが支配する地下世界からの脱出を目指すローグライクアクション


 任天堂は,同社の配信番組「Nintendo Direct mini」にて,Nintendo Switch版「Hades(ハデス)」2020年冬に配信すると発表した。Supergiant Gamesが制作した,ギリシャ神話がテーマのローグライクアクションで,プレイヤーは死の神であるハデスの子・ザグレウスを操作し,父の支配する地下世界からの脱出を目指す。


[2020/09/18 00:10]

関連記事




Switch用ソフト「Ori and the Will of the Wisps」が発表。紹介トレイラーが公開


 任天堂は2020年9月17日に配信した「Nintendo Direct mini」にてSwitch用ソフト「Ori and the Will of the Wisps」を発表し,紹介トレイラーを公開した。本作は,2015年3月に発売された「Ori and the Blind Forest」の続編となるアクションADVだ。なお,本作はNintendo Direct終了後から配信されている。※2020年9月18日12:10頃,プレスリリースを追加しました。


[2020/09/18 00:26]

関連記事




「Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ2020.9」で紹介されたピックアップタイトル3本。「Into the Breach」は放送終了後に配信


 任天堂は,2020年9月17日に配信された「Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ2020.9」にて,今後配信予定のピックアップタイトルを紹介した。今回ピックアップされたのは「Into the Breach」「Unrailed!」「ハードコア・メカ」の3本だ。


[2020/09/18 00:30]

げへへ,旦那。スマホの「モンスターファーム2」って知ってっかい?

――9月17日掲載

画像(020)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 9月17日にコーエーテクモゲームスからリリースされた「モンスターファーム2」iOS / Android / Switch)のプレイレポートを,編集部の楽器が変なテンションで書いています。げへへ。PlayStation向けにリリースされた同名タイトルの移植作品で,オリジナル版にあった不具合などが50項目ほども改善されているという本作。モンスターのブリーダーとなったプレイヤーが,生まれたモンスターを育てて大会に挑んだりするゲームですが,ご存じですよね,げへへ。ゲームシステムなどが微妙に分かりづらいプレイレポートになっていますが,ゲームの雰囲気はつかめますので,ぜひつかんでください。げへへ。

Facebook,新型VR HMD「Oculus Quest 2」を正式発表。高性能化と軽量化で価格も安くなった

――9月17日掲載

画像(021)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 上にも書きましたが,北米時間の9月16日,Facebookはオンラインイベント「Facebook Connect 2020」を開催し,基調講演でスタンドアロン型VRヘッドマウントディスプレイ「Oculus Quest 2」を発表しました。名前のとおり,「Oculus Quest」の後継製品で,ディスプレイ解像度の向上と高リフレッシュレート化,搭載SoCやメインメモリ容量などの強化を行った高性能モデルとのこと。

 このほか,ARスマートグラスの開発プロジェクト「Project Aria」や,Ubisoft Entertainmentが「アサシン クリード」「スプリンターセル」をベースにしたVRゲームを開発すること,Crytekの新作VRゲーム「The Climb 2」などが「Facebook Connect 2020」で公開されました。主な記事を以下に並べましたので,VRの未来が気になる人はチェックしましょう。

画像(022)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日
関連記事




FacebookのARスマートグラス「Project Aria」発表。2021年の製品化に向けたテストを開始


 FacebookのAR対応スマートグラス開発プロジェクト「Project Aria」が,「Facebook Connect 2020」で発表された。2021年の製品化に向けて現在,開発が急ピッチで進められているようで,近日中に100人規模の内部テストがスタートする予定だ。


[2020/09/17 18:41]

関連記事




Ubisoft EntertainmentがVRゲーム版「アサシン クリード」と「スプリンターセル」の開発を発表


 Ubisoft Entertainmentは,デジタルイベント「Facebook Connect 2020」で,「アサシン クリード」「スプリンターセル」をベースにした複数のVRゲームを開発中だと発表した。現時点で詳細は不明ながら,開発にはUbisoft Red Stormほか複数のスタジオがコラボするという体制で臨むという。


[2020/09/17 13:53]

関連記事




「The Climb 2」の制作が発表。ロッククライミングを楽しむVRゲームの続編は,さらにエクストリームな環境でマルチプレイモードもサポート


 Crytekは,VRでロッククライミングを楽しむアクションゲーム「The Climb 2」を2020年内にリリースすると発表した。高層ビルや氷山,火山など,前作「The Climb」よりさらに過酷なルートが用意されており,登頂までの時間を競うといったマルチプレイモードもサポートされるという。


[2020/09/17 12:37]

関連記事




Oculus Quest専用VRアクションADV「Star Wars: Tales from the Galaxy's Edge」の最新トレイラーが公開


 2020年9月16日に開催されたFacebook Connect 2020において,ILMxLABがOculus Quest専用新作VRアクションADV「Star Wars: Tales from the Galaxy’s Edge」最新トレイラーを公開した。トレイラーでは,ゲームプレイの一部が断片的に紹介されており,C-3POやR2-D2などが登場することが分かる。


[2020/09/17 11:39]

関連記事




ゲーム史に燦然と名を残すパズルADV「Myst」のリメイク版がPCおよびVR向けにアナウンス


 2020年9月16日に開催されたFacebook Connect 2020において,Cyan WorldsがパズルADV「Myst」PCおよびVR向けに開発中であることを発表した。1993年にリリースされた同名タイトルのリメイク版で,サウンドやアート,そしてパズルもランダム化されるといったゲームシステムも作り直されるという。


[2020/09/17 10:54]

「スーパーマリオ 3Dコレクション」を紹介。マリオ64,サンシャイン,ギャラクシーが,Switchならではの遊びやすさで楽しめる

――9月18日掲載

画像(023)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 任天堂が9月18日にリリースしたSwitch向けソフト「スーパーマリオ 3Dコレクション」を紹介する記事です。期間限定で販売される本作は,「スーパーマリオ64」「スーパーマリオサンシャイン」,そして「スーパーマリオギャラクシー」という3本の作品を1本にまとめたもので,オリジナル版の雰囲気を損なわないようにしつつ,遊びやすいようにそれぞれ少しずつリニューアルされるという,さすが分かっていらっしゃるという作品になっているようです。35周年,おめでとうマリオ。あっ,なれなれしかったですか?

10周年を迎える「World of Tanks」,ウォーゲーミングのCEOビクター・キスリー氏インタビュー。「ここまでのヒット作になるとは全く予想していませんでした」

――9月18日掲載

画像(024)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 ロシアでのサービス開始から10周年を迎える「World of Tanks」について,WargamingのCEOを務めるビクター・キスリー(Victor Kislyi)氏に話を聞いたというインタビュー記事です。筆者が初めてキスリー氏に会ったのは,2010年にドイツで開催されたgamescomでのことでした。あのときWargamingはショーフロアにブースも出してなくて,ビジネスエリアを歩いていたら,「戦車のゲームなんだけど,話を聞いていかないか」と呼び止められたのがきっかけです。今ならアポなしでキスリー氏に会うことなんか考えられませんが,うーむ,もう10年か。歳とるわけだ。「ここまでのヒット作になるとはまったく考えていませんでした」と語るキスリー氏ですが,次の10年に向けての抱負や展開など,詳しく聞いています。

関連記事




「World of Tanks」,日本運営は何を目指しどこへ向かうのか。Wargaming Japan WoTチームインタビュー


 戦車での戦闘をテーマにしたWargaming.netのオンラインゲーム「World of Tanks」は,ロシアでのサービス開始から今年で10周年(日本では8周年)を迎えた。どのような思いを持って運営しているのか,日本運営チームに話を聞いてきたので,ぜひとも目を通してほしい。


[2020/09/19 12:00]

ライザの成長した姿を描くのは,針に糸を通すような仕事。「ライザのアトリエ2」キャラクターデザインをイラストレーターのトリダモノ氏に聞く

――9月19日掲載

画像(025)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 コーエーテクモゲームスのガストブランドが発売を予定している「ライザのアトリエ2〜失われた伝承と秘密の妖精〜」PS4 / Switch / PC)は,前作「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」PS4 / Switch / PC)の主人公ライザ(ライザリン・シュタウト)が続投するという,「アトリエ」シリーズでは初の試みに挑戦したタイトル。というわけで,「こちら」に掲載したインタビューに引き続きイラストレーターのトリダモノ氏とプロデューサーの細井順三氏に,さらにハードルが上がったキャラクターデザインの試行錯誤やコンセプトなどを聞きました。前作のデザインの過程では,しばしば心が折れていたらしいトリダモノ氏ですが,今回はどうだったのでしょうか。

関連記事




ライザはこうして生まれた。「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」キャラクターデザインの変遷を,細井Pとトリダモノ氏が語る


 コーエーテクモゲームスが展開している「アトリエ」シリーズは,可愛らしい女性主人公が多いRPGだ。とくに最新作「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」のライザは,発表時から大きな反響を呼んでいる。そんなキャラクターが完成に至るまで,どのようなやり取りがあったのか。細井プロデューサーとキャラクターデザインのトリダモノ氏に語ってもらった。


[2019/08/10 00:00]

プレイ前に読みたい「サイバーパンク2077」前史・徹底解説。英雄ジョニー・シルヴァーハンドの足跡から“暗黒の未来”を振り返る

――9月19日掲載

画像(026)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 CD PROJEKT REDが11月19日に発売する予定のオープンワールドRPG,「サイバーパンク2077」PS4 / Xbox One / PC)は,リリースに向けてさまざまな情報が公開されつつも,まだまだ奥が見えないような気がしてならないヘビーな作品です。そんな本作のベースとなったのがテーブルトークRPG「Cyberpunk 2.0.2.0.」であることはよく知られていますが,そのテーブルトーク版って,どんなゲームだったの,ということを解説した記事を掲載しました。デジタル版ではキアヌ・リーブスさんが演じるジョニー・シルヴァーハンドとはどういう人物なのか,発売前に読んでおくとゲームの「サイバーパンク2077」が100倍楽しめる(当社比)こと間違いありません。

画像(027)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

ワニとヘリウムとおたより

 下の「今週のプレゼント」の応募フォームに「4Gamerへのコメント」という欄があるので,そこに4Gamerへのご意見ご要望などを気ままに書き込んでください。その中から面白いものを勝手に採用させてもらうというイケイケなシステムになっています。なお,プレゼント募集期間外でも,同フォームからコメントのみの送信が可能です。コメントの内容とプレゼントの当落はまったく無関係なので,安心してお書きんさい。


■もうじきTGSだから、色々な情報が楽しみ!(会社員 イクエバ)
■発売前ソフトの試遊ができないTGSは少し寂しいですね...(会社員 hamaneko)

 来ますよ。来ちゃいますよ,「東京ゲームショウ2020 オンライン」。いつもなら今頃,取材班がメソメソしているはずなんですが,今年はちょっと勝手が違いますね。デジタルは便利な反面,試遊ができなかったり,「意外な拾いもの」が見つけにくかったりと,難しい面もあります。ともあれ,ご期待ください。(無難にまとめた編集者)


■職場で怒られれば怒られるほど、バトル系のゲームに強くなる気がします。(公務員 ぱんどん)

 超人ハルクみたいな人ですね。鬱屈したエネルギーをどんどんゲームにぶつけて平穏な社会生活を送りましょう。それもまた,ゲームの効用の1つなのです。なんてな。


■PC8801mkIIユーザーでした。裏RAMやG外しでメモリ拡張したり、セクタ並び替えたりツーハンドシェイクでフロッピーアクセス高速化したり、やっぱりワンハンドシェイクの方が早かったり、SR以降用ゲームを動くように改造したりして遊んでました。自作で一番よく使ったBASICコマンドはpeek/pokeです。(会社員 YUZO)

 おお,ご同輩だ。筆者の場合は,機械語モニタを呼び出す「MON」コマンドをよく使いましたね。ハンドアセンブルしたプログラムを1バイトずつ打ち込んで実行させるんですけど,ちゃんと動いたためしがありません。なんでそんなことしてたんだろう?


■風に吹かれて舞ってる落ち葉を見て、「秋だな〜」としんみりしちゃいました(パート・アルバイト ゆあん)

 夏の終わり,ローカル線を走る列車の車窓から農家の軒先にぶら下がっている干し柿を見て,秋を感じるのが筆者の年中行事でしたが,今年はどこへも行けてないので,感じ損なっています。


■全部の記事に目を通せるだけの自由な時間が欲しいです……。(会社員 かい)

 こんなページを担当しているせいで4Gamerの仕事の合間に4Gamerを読んでいる筆者ですが,1日の終わり頃にはツラくなってきます。


■リズムゲームを入れてみたものの、全くできない…リズムゲームのコツってなんなんでしょうか?(大学生 友努 勝)

 昔,アクションゲームのコツとして「敵の弾に当たらないようにして敵を弾を当てよう」と書いて,偉い人に渋い顔をされた経験を持つ筆者に聞きますか? えーと,リズムに乗ってゲームをしてみよう,かな。

今週のプレゼント

画像(028)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

「Tony Hawk’s Pro Skater 1+2」コレクターズエディション
……1名様(提供 Activision様)

 9月4日にActivisionからリリースされたスケートボードゲーム「Tony Hawk’s Pro Skater 1+2」PC / PS4 / Xbox One)の“コレクターズエディション”(Collector’s Edition)を1名様にプレゼント。本作は,プロスケーターボーダーのトニー・ホーク(Anthony Frank Hawk)さんをフィーチャーした「Tony Hawk’s Pro Skater」(1999年)と、その続編「Tony Hawk’s Pro Skater 2」(2000年)をリマスターした作品で,かつてのコースが現行ハードウェアに合わせた美麗グラフィックスになって帰ってくるという作品です。
 コレクターズエディションは,海外でしか発売されていないので,これはかなりレアなプレゼントですね。

画像(029)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 上にオフィシャルフォトを掲載していますが,パッケージのサイズは85cm×27cm×8cmというかなり大きなもので,長さ80cm以上のカッコイイ特製ボードがドカッと入っています。筆者はあまりスケボーに詳しくないので分からないのですが,車輪は付いていなくて,交換用ボードという感じですかね。もちろん,PS4版のゲーム本体が同梱されていますが,英語版になります。

 内容物のチェックのためパッケージを一度,開封したほか,長旅を経てやってきたせいか,箱にはちょっと傷も付いています。この点をご了承のうえ,どんどん応募してください。

画像(030)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日
関連記事




「Tony Hawk’s Pro Skater 1+2」が本日リリース。トニー・ホーク氏がWarehouseステージでトリックを決めるローンチトレイラーを公開


 Activisionは本日,スポーツアクションゲーム「Tony Hawk’s Pro Skater 1+2」を発売した。本作は,Vicarious Visionsが開発を手がける「Tony Hawk’s Pro Skater」シリーズの初代と第2作のリマスター作品だ。オリジナル版に登場したロケーションを美麗なグラフィックスで楽しめる。


[2020/09/04 11:30]

 プレゼントに応募するには,下記のリンクから応募フォームへ進み,すべての項目に記入して送信ボタンをクリックしてください。 重複応募は当選を無効とさせていただく場合がございます。締め切りは,9月23日(水曜)17:00です。
 当選者は,9月27日(予定)に応募フォームで登録した名前(ハンドルネーム可)と都道府県名で発表する予定です。
 プレゼント品は,応募時に入力された送付先に,1〜2週間以内にお送りします。なお,賞品によっては,発送に時間をいただく(約1か月)場合があります。
 発送日の確定や本人確認,当選の結果などについてのお問い合わせには一切お答えできませんので,ご了承ください

プライバシー・ポリシー(個人情報保護法に基づく公表事項)

個人情報の保護に関する法律(以下「法」といいます)では,個人情報取扱事業者が取得する個人情報について,利用目的その他の法により定められた事項を,公表または本人が容易に知り得る状態に置くよう定めています。
Aetas株式会社(以下「弊社」といいます)は,これらの事項につき,以下の通り掲載いたしますのでご覧ください。

1.弊社が取り扱う個人情報の利用目的(法18条1項)

弊社が取得する個人情報の利用目的は以下のとおりです。

(1)本人からの問い合わせへの対応および弊社サービスの利用に関する手続きのご案内や情報の提供等のカスタマーサポートのため
(2)課金計算および料金請求のため
(3)マーケティング調査および分析のため
(4)弊社および他社の商品,サービスおよびキャンペーン等のご案内のため
(5)弊社に対するご意見やご感想(弊社サービスに対するご意見やご感想を含む)のご提供の依頼のため
(6)紛争および訴訟等の対応のため
(7)合併,分社化,営業譲渡等によって,弊社が事業を承継し個人情報を取得した場合,承継前に本人に同意を得ている利用目的の達成のため
(8)その他,弊社サービスの提供に必要な業務のため

なお,上記以外の目的で当該個人情報を利用する場合は,その都度,その利用目的を明確にし,本人から事前の同意をいただきます。

2.共同利用に関する事項(法23条4項3号)

法23条4項3号は,個人データを特定の者との間で共同して利用する場合であって,その旨および一定の事項を本人が容易に知り得る状態に置いているときは,あらかじめ本人の同意を得ないで,その共同利用者に個人データを提供できることを定めています。
この条項に関わらず,弊社は本人の同意を得ることなく,個人情報取得時に明示した共同利用者以外の第三者に個人情報を提供することはいたしません。

3.弊社が取り扱う保有個人データに関する事項(法24条1項)

(1)当該個人情報取扱事業者(弊社)の名称
Aetas株式会社

(2)すべての保有個人データの利用目的
「1.弊社が取り扱う個人情報の利用目的」に同じ。

(3)開示等の求めに応じる手続
弊社保有個人データに関する利用目的の通知(法24条2項関係),開示(法25条1項関係),訂正等(法26条1項関係),利用停止等(法27条1項関係),および第三者提供停止(法27条2項関係)に関するお問い合わせにつきましては,ご請求の内容をご確認のうえ,以下の電子メールアドレスまでご連絡ください。
電子メールアドレス:[email protected]

(4)保有個人データの取扱いに関し弊社が設置する苦情・相談のお申し出窓口
弊社保有個人データに関する苦情・相談につきましては,「(3) 開示等の求めに応じる手続」に記載の電子メールアドレスにて承ります。

4.備考

(1)規約等の優先
弊社が,本人への通知や利用規約の掲示等の方法により,別途,利用目的等を個別に示させていただいた場合等には,その個別の利用目的等の内容が,以上の記載に優先いたします。ご了承ください。

(2)リンク先個人情報の取り扱い
弊社が運営するWebサイトからリンクされている弊社以外が運営するWebサイト(以下「リンク先」といいます)における個人情報の取り扱いについては,弊社が責任を負うことはできません。リンク先における個人情報の取り扱いについては,リンク先の個人情報の取り扱い方針等をご確認ください。

(3)改定
弊社は,本プライバシー・ポリシーの全部または一部を改定する場合があります。改定した場合には,本Webサイトの掲載内容に反映すること等により公表します。


■9月6日掲載分のプレゼント当選者

「ニンジャラ」サイン入りオリジナルTシャツ……2名様
大阪府 イヨ さん
東京都 Norakc さん

「Marvel’s Avengers(アベンジャーズ)」非売品マウスパッド……10名様
神奈川県 さざんか さん
石川県 awaka さん
大阪府 レモン さん
兵庫県 yuba さん
千葉県 ジョリーン さん
埼玉県 チャッピー さん
千葉県 はん さん
新潟県 ポット さん
長野県 おび さん
広島県 いしつよ さん

■9月13日掲載分のプレゼント当選者

「ARGONAVIS from BanG Dream!」サイン色紙&チェキ……1名様
兵庫県 白米 さん

「PasocomMini PC-8001 PCGセット」……1名様
東京都 ケンタッキー さん

今週の4Gamer

 今週9月25日には,「マフィア コンプリート・エディション」PC / PS4 / Xbox One)が2Kからリリースされる予定です。2002年に発売された「マフィア」のフルリメイク版で,「マフィア」は,その後に続くシリーズの嚆矢となった作品ですが,「マフィア II」が発売されたのは「マフィア」の8年後となる2010年だったので,それまで筆者はすっかりオワコンだと思っていました。ですから,ドイツ・ライプツィヒで開催されたイベント「Games Convention 2007」会場の2K Gamesブースでの発表というか,詳細はまったく分からないけど名前だけが明らかになったときには,血中コレステロール値が跳ね上がったことを記憶しています。アドレナリンでしたっけ?
 えー,話が脱線しましたが,そんな「マフィア」が最新グラフィックスで帰ってくるわけで,これは楽しみ。何度やってもクリアできなくて泣きながら挑戦を続けたレースシーン(のちにパッチで難度変更が可能になりました)がどうなっているかなど,気になることがいっぱいです。

画像(031)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 さて,PS5の熱気もさめやらない今日この頃ですが,いよいよ「東京ゲームショウ2020 オンライン」がやってきます。じゃじゃーん。
 E3,gamescomと並ぶ,「世界三大ゲームショウ」(命名・筆者)の最後を飾るTGS 2020の会期は9月23日から27日までで(23日はオンライン商談会の),今年は新型コロナウイルスの感染拡大懸念から,デジタルイベントに変更されましたが,知ってますよね。

 おそらく今年はコンパニオンさん写真集は掲載されないと予想され,一抹の寂しさを禁じ得ない筆者ですが,最新の発表によれば,出展企業,団体数は402社で,内訳は国内204社,海外198社。メインコンテンツとなる配信は「公式出展社番組」が36番組,「主催者番組」が11番組,「e-Sports X」が4番組とのことです。ゲーム漬けの1週間って感じです。
 言うまでもなく,4Gamerでも全力を挙げて取材する予定で,会期中,多数の記事が掲載されることになるのは間違いありません。筆者も「ネコの手も借りたい」という理由で呼ばれまして,取材の先頭に立って大活躍したりしなかったりすると思います。お楽しみに。

画像(032)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 そんなわけで,また来週お会いしましょう。


【次回予告】
 先週のとんでもないタイトルバナーから,ようやくちゃんとしたタイトルバナーに切り替えられて一安心のくぬぎちゃん。この勢いに乗っかって,マイナーアイドルからメジャーアイドルへの華麗な転身を図りたい所存で,ファンアートでもコラボでもなんでもこーいと胸を叩くものの,今のところとくにオファーもなく,「頼むよ!」と思いながらアパートの窓から隅田川を眺めて「もう秋ねー」としみじみするくぬぎちゃんだったが……。

画像(033)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

著者: ” — www.4gamer.net

Continue Reading

ゲーム業界ニュース

Nintendo Switchだけじゃない…家電量販店の「意外なコロナ特需」(週刊SPA!) –

Mine Sasaki

Published

on

―[家電屋さんのトリセツ]―

 皆さん、こんにちは。関東の某家電量販店に、十数年間務めている店員のスズキです。黒物から白物まで、ジャンルを問わずさまざまな商品の販売に携わり、店長も務めたことがある私が、日々の生活に役立つ家電の情報をお届けしていきます。

 前回は「家電量販店が独自に行っている有料保証サービスは必要か?」をテーマにお伝えしましたが、今回はいつもと少し趣旨を変えて、「新型コロナによって家電量販店の現場はどう変化したか?」について、皆さんにお話したいと思います。

リモートワーク需要によりネット注目が急増

 ご存じの通り、長引くコロナの影響で、観光・宿泊や外食など、多くの業界が苦境に立たされています。家電量販店も店舗に足を運んでくれる方は大きく減りました。最近は少しずつ客足も回復してきましたが、声をかけられるのを嫌がる方は多いと感じています。

 お客さまの動向を様子見する機会が増えて、現場では歯がゆい思いをしていますが、ネットでの注文が増えていて、幸いにも売り上げは非常に好調です。ここ数か月は前年比150%ほどで推移しています。

 冷蔵庫や洗濯機といった搬入や設置をするときに人と接する大型家電は買い替えをしばらく待つ動きがあり、全体的に不調ですが、リモートワークの推進に伴い、新たな売れ筋が生まれてくれました。これまでは一部の人しか興味がなかったWebカメラやマイクといった商品の需要が多く伸びていて、いまだに品薄の状態が続いているようです。

たこ焼き機、かき氷機…巣ごもり需要が大幅拡大

 また、巣ごもり需要も売り上げに大きく貢献してくれました。普段は大きな売り上げにつながることのにないたこ焼き器やかき氷機、流しそうめん機が飛ぶように売れたのは今年の消費の象徴的な出来事だったかと思います。特にたこ焼き器は人気でしたね。私が販売員を始めて以降、こんなに売れることがなかったので驚きでした……。

 Nintendo Switchを中心にゲームの売り上げも上々です。3月に発売された『あつまれ どうぶつの森』は、ゲームはもちろん、関連商品の『どうぶつの森amiiboカード』もよく売れています。Nintendo Switch本体の品薄も続いていて、任天堂の人気の高さを改めて実感しました。フィットネス目的で購入されているお客さまで多いようで、これも今年の世相を反映したコロナ需要のひとつといえるのかもしれません。

 とはいえ、一刻も早くコロナが収束し、1人でも多くのお客さまが安心して店舗に足を運んでくれるようになる日を、いち販売員として心待ちにしています。

―[家電屋さんのトリセツ]―

【家電量販店のスズキ】
関東近郊の家電量販店で10年以上働く現役販売員。黒物から白物までジャンルを問わずさまざまな売り場を担当。実績が認められて大型店の店長を務めた経験もあるが、接客のほうが性に合うため、本部に直訴し現場復帰を果たす

日刊SPA!

著者: ” — news.yahoo.co.jp

Continue Reading

ゲーム業界ニュース

【週間PVランキング】PS5ショウケースが上位を席巻。『FF16』発表が圧巻の注目度【9/11~9/17】 –

Mine Sasaki

Published

on

 ファミ通ドットコムで2020年9月11日~9月17日に掲載した記事の週間ページビュー(PV)ランキングTOP10をお届けしよう。

【1位】
【FF16】『ファイナルファンタジーXVI』が発表。プロデューサーは『FF14』の吉田直樹氏【PS5ショウケース】

【2位】
PS5映像イベント、発表まとめ。本体発売日&価格、『FF16』『ゴッド・オブ・ウォー』新作が発表!

【3位】
PS5、発売日は11月12日。価格は49980円、デジタル・エディションは39980円に決定【PS5ショウケース】

【4位】
PS5予約は9月18日(金)午前10時開始。デュアルセンスコントローラーなど周辺機器の価格も発表

【5位】
【バイオ8】『バイオハザード ヴィレッジ』最新映像が公開【PS5ショウケース】

【6位】
Appleイベント発表まとめ。フルスクリーンの新型iPad Air、血中酸素を計測できるApple Watch Series 6が発表。廉価版Apple Watch SEも

【7位】
龍が如く7』は進化を続け、自動バグ発見どころかほぼ全自動のバグ取りシステムを構築。これぞ無職から勇者に成り上がるデバッグだ!【CEDEC 2020】

【8位】
モンハンワールド:アイスボーン』“兵器置き場”を舞台にした新イベントクエストが本日(9/11)より3週連続開催。“封じられた珠”が集めやすい!

【9位】
PS5で『ハリー・ポッター』世界を冒険する『HOGWARTS LEGACY』2021年発売決定!【PS5ショウケース】

【10位】
ヨドバシドットコム、スイッチ本体の抽選販売をスタート。申し込み期限は9月15日10時59分

 時期柄……というのでしょうか、今週は怒涛の発表ラッシュに。9月16日Apple Event、9月17日 Facebook Connect、同日“PLAYSTATION 5 SHOWCASE”と立て続けに実施。本ランキングの集計期間間際のタイミングで“Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.9”が行われたりと(来週の週間PVランキングを賑わしそう)、編集部ではまさにうれしい悲鳴を上げながら、対応に追われたのでした。

 そんな中、ランキングを席巻したのは、やばりというべきか“PLAYSTATION 5 SHOWCASE”。先週、Xbox Series XとXbox Series Sの発売日と価格が発表されたばかりだったのですが、ついに、プレイステーション5も発売時期と価格の詳細が発表。Ultra HD Blu-rayディスクドライブを備えたモデルが49980円、デジタル・エディションが39980円で、11月12日に発売されることが明らかにされたのでした。これは、11月第2週はえらいことになりそうですなあ……。

 今週のランキングで、プレイステーション5の発売日と価格の発表を上回るPVとなったのが、スクウェア・エニックス『ファイナルファンタジーXVI』の発表。同作がプレイステーション5で開発中であるとのサプライズ発表が、ゲームファンを大いに沸かせた。さすが国民的RPGのナンバリングタイトルの最新作ということで、注目度は別格。『ファイナルファンタジーXVI』は吉田直樹プロデューサー、 髙井浩ディレクターにより開発中。2021年にはつぎなる大きな情報公開があるとのことで、楽しみに待ちたい。

 そのほか、プレイステーション5のタイトル関連では、『バイオハザード ヴィレッジ』や『ホグワーツ・レガシー』などに注目が集まった。さらに、いよいよ発売日と価格が明らかになったということで、プレイステーション5の予約情報に対する関心も高かった。

 記者がランキングの動向で気になったのが、並みいる強豪に負けじと7位に入ったCEDECでの『龍が如く7 光と闇の行方』の全自動バグ取りシステムを紹介する記事。バグはゲーム開発にとっても大きな課題であるようで、それが自動で取れるということで、大きな関心が集まったよう。こういう記事が読まれることも、やっぱりうれしいです。

Oculus Quest 2が発表。“オールインワンVRシステム”は快適

 記者がピックアップさせていただきたいのはこちらの記事。

 9月17日に行われたFacebook Connectで、Oculus VRの新デバイスOculus Quest 2が発表。国内含むワールドワイドで、10月13日に発売されることが明らかとなりました。2019年に発売されたOculus Questの後継機種となる本デバイス最大の魅力は、コードなどを必要としない、スタンドアローン型の“オールインワンVRシステム”であるということ。さくっと装着して楽しめるのは、とにかく快適。

 日本のユーザーにとってうれしいのは、Oculus Quest 2は日本市場に本格的に取り組むとのことで、日本向けのコンテンツも多数ローンチタイトルとして用意されていること。価格もOculus Questと比べると、相当戦略的な値付けになっており(64GBモデルが33800円[税抜]、256GBモデルが44800円[税抜])、この機会にVRの世界に飛び込んでみてもいいのでは?

5f622b9a50ec8

 というわけで、怒涛の新情報ラッシュに湧いた今週のゲーム業界。9月23日からはいよいよ東京ゲームショウ2020 オンラインが開幕する(23日はオンライン商談のみ)。史上初となるオンライン開催でどのようなニュースが飛び出してくるのか、ファミ通.comでは特設サイトを開設し、東京ゲームショウ2020 オンラインの模様をつぶさにリポートしていくのでお楽しみに。


ファミ通.com 東京ゲームショウ2020 オンライン特設サイト

過去の週間PVランキングはこちら

著者: ” — www.famitsu.com

Continue Reading
ゲームのレビュー動画3時間 ago

メジャー級の面白さ!PS4でできるおすすめインディーゲーム 3選 Part1

実況じっきょうプレイ3時間 ago

痩せるプランクはこうやる!正しいプランクと変化型プランクで効果的にお腹の脂肪を燃焼!

東京ゲームショウ3時間 ago

「Orangeblood」がPS4/Switch/Xbox One向けに10月1日に配信。20世紀末の沖縄近郊にある人工島を舞台したターンベースコマンド型RPG

ゲームのレビュー動画9時間 ago

【ディスガイアRPG】 七つの大罪コラボ ガチャキャラレビュー&ディアンヌ狙い [200917]

実況じっきょうプレイ9時間 ago

#3【勝利を掴め!】弟者,兄者,おついちの「ハイパースケープ」【2BRO.】

東京ゲームショウ9時間 ago

メインステージの内容を紹介。今年は深夜までTGSを楽しもう!【TGS2020 オンライン Amazon特設会場見どころガイド】 –

ゲームのレビュー動画15時間 ago

ニンテンドースイッチ・PS4・PC向け2020年 おすすめ インディーゲーム5選【switch PC PS4おすすめゲームまとめ】

実況じっきょうプレイ15時間 ago

TESTEI os TIKTOKS mais VIRAIS do MINECRAFT (FUNCIONOU!) 😂😱 MINECRAFT TIKTOK

東京ゲームショウ15時間 ago

『二ノ国:Cross Worlds』の「TGS2020」公式番組の出演ゲストが発表! | Appliv Games

ゲーミング16時間 ago

ロジクール独自開発ゲーミングマウスセンサー“HERO”業界最高25KDPIに。ソフトウェア更新を提供開始 –

人気