Connect with us

ゲーム業界ニュース

[GDC Summer]モバイルガチャシステムの進化を探る –

Mine Sasaki

Published

on

 GDC Summerで,モバイルゲームでのいわゆる「ガチャ」に関する講演が行われた。
 講師であるJakub Remiar氏は独立系のゲームデザイナで5年の経歴を持つという。博士号も持っており,専攻は心理学だ。

 冒頭,ガチャとはなにかという説明で,ガシャポンの写真が提示されていた。

[GDC Summer]モバイルガチャシステムの進化を探る

 写真のような形態のサービスをカプセルトイとしてバンダイが始めたのが「ガシャポン」であり,ガチャの起源としてこれを挙げるのは正しいことだ。
 ネットで検索すると「ガシャポンはバンダイの商標でガチャポンはタカラトミーアーツの商標」としているようなサイトもあるのだが,実際は「ガチャポン」や「ガチャガチャ」もバンダイが登録している商標だ。ただし「ガチャ」単体についてはタカラトミーアーツが所有している。出願自体はブレイマンという埼玉の会社によるものだが,名義人変更でタカラトミーアーツの所有となった。ほとんどはバンダイが押さえているわけだが,なぜか一番通りのよいガチャだけ取られてしまっているわけだ。本講演のタイトルも「Evolution of Gacha Systems in Mobile Free to Play Games」である。
 ガチャはFree to Playのモバイルゲームでは広く使われており,西洋では少し形を変えて「Loot Box」として扱われることが多い。

[GDC Summer]モバイルガチャシステムの進化を探る

 まず,氏はガチャを4つのサブシステムに分類した。最初はガチャの根幹をなすTokenシステムだ。これはカードやキャラクター,アイテムなどをコレクションしていくシステムのことである。さまざまなレベルを持った母集団からランダムに選ばれることが特徴となっている。通常,レベルごとにドロップ率は異なる。
 通常,プレイヤーがガチャをコンプするまで続けられるが,これは重要な意味を持つとRemiar氏は語る。
 プール内のトークンが少なすぎれば,プレイヤーはすぐにそれらを集め終わってしまうだろう。サービスを長く続けるにはトークンを増やし続ける必要がある。

 次に登場してくるのが,Duplicateシステムだ。トークンは通貨のようにゲームエコシステム内で永遠に流通しており,それらを回収するのがDuplicateシステムなのだという。キラキラと画面が輝いて最高レアの演出が始まったとしよう。しかし,出てきたのはすでに持っているカードだった。「それじゃない!」となったときに対応するシステムだと思えばいいだろう。意味的にはダブったときのシステムだ。元のキャラを強化するために使えるなど,プレイヤーに進化が感じられることが重要だという。

 3番めのシステムはデッキサイズだ。デッキ,つまりカード(など)を何枚まで持てるかといった問題だ。キャラクターなどのトークンがよく使われるわけだが,装備品やアイテムなどもあり,通常2,3倍の量になるという。デッキの大きさがどうして問題になるのか? デッキサイズが小さいと,特性に差を出せなくなるなど,戦略的に苦しくなる。

 最後に最も目立たないサブシステムとしてCollection Driverが挙げられた。これはトークンを集めよう(ガチャを回そう)という動機を誘発する要因となるものだ。多くのシステムではこれの実装に失敗していると氏は語っていた。
 ゲーム要素として属性などが取り入れられていると,特定のシナリオでは役に立たないカードが出てきたり,一定のデッキが最強にならないように対戦システムが変わり続けたりといった具合だ。ゲームシステム自体に根差したものが求められる。
 この誘因が弱いとガチャシステム自体が回らなくなる。さらに最悪なのはいくつかのトークンが強すぎて,どんなクエストも簡単にこなせるようになると,デッキを入れ替える需要は激減し,ゲームが崩壊する。

 続いてRemiar氏はガチャエンジンの種類について考察を述べ始めた。

Solid Token Gacha:ガチでハードなガチャ

 最初に出てきたのはSolid Token Gachaで,氏はHard Gachaと呼んでいた。これは集めるトークンが非常に多い,もしくは必要なトークンを入手するのが本当に大変なガチャのことだという。これは出るか出ないかだけで途中段階が存在せず,オールオアナッシングのシナリオになっている。星で格付けするシステムだと通常,★★★から★★★★★★くらいで使われるらしい。
 またこれは日本のガシャポンを祖とする発想のものであり,日本ではいまだにこれが主流である。パズドラは2012年にリリースされ,モバイルゲームで最初に10億ドルを超えた作品だが,氏はパズドラのゲームのデザインは世界中のモバイルゲームに最も大きな影響を与えているものであり,Solid Token Gachaの代表であるという。モンストなどのゲームも同様にSolid Token Gachaを採用して大きな成功を収めており,これらはすべてアジアのゲームとなっている。収益もほとんどがアジア市場でのものだ。西洋市場での成功は限定的だ。
 西洋市場では長い間大成功するモバイルゲームは出なかったのだが,Solid Token Gachaを採用して初めて西洋で成功したのが,Marvel Contest of ChampionsやLegendary: Game of Heroesだという。2017年にはEmpires & Puzzelsがこの方式で大きな成功を収めている。

[GDC Summer]モバイルガチャシステムの進化を探る

 Solid Token Gachaは,Tokenシステム的に見ると3つの実装形態がある。コレクション数を膨大にしてしまう方法,ガチャの中身を入れ替えたり期間限定にしてプレッシャーをかける方法,そして単に入手難度を大きく上げる方法だ。
 Duplicateシステム的に見ると,半端なカードがダブった場合には何も得られないような感覚になることがあるという。もっと強いモノをすでに持っている場合にはそうなる。しかし,トークンはほかのカードのステータスを上げることにも利用できる。最上位のカードを進化させたり,能力を解除する場合などだ。

[GDC Summer]モバイルガチャシステムの進化を探る

 またSolid Token Gachaでのデッキサイズは,複数のデッキ,複数の階層でだいたい5つのトークンであるという。
 Solid Token GachaのCollection Driverとなるのは,主にメインシナリオやサブシナリオのPvEの進行となる。強いカードを友達に貸し出せるみたいなシステムだとソーシャル要素も大いに利用できるという。また,大会専用のカードなどを作るところがないわけではないが,この手のシステムではPvPにはあまり力を入れられることはない。

[GDC Summer]モバイルガチャシステムの進化を探る

 Solid Token Gachaの利点はいくつかあるが,まず,サービスを長く続けることができる点だ。パズドラやモンストは6年以上経ってもいまだ根強い人気を誇る。またコンテンツが少しずつ追加されるため,その内容は非常に深くなっていく。モンストでは2500枚以上のカードがあるという。新コンテンツの追加では,ユーザー単価を跳ね上げることもできる。ドラゴンボールZ ドッカンバトルは,イベントがあるたびに全米の売り上げランキングトップに跳ね上がってくる。マネタイズは非常に強力だ。

 欠点としては,非常にコンテンツ駆動に偏ることが挙げられる。頻繁なコンテンツアップデートが必要であり,それが途切れればプレイヤーは離れてしまう。ほかにも初動からかなり多めのコンテンツが必要であり,トークン数でいくと最低300は必要になるという。最大の問題はトークンの入手にある。運任せの方式なので,有利に始めるためにリセマラを誘発したりしている。そのため,開始時にハイランクが保証されたトークンを配るようなキャンペーンもよく行われている。

[GDC Summer]モバイルガチャシステムの進化を探る

Shard Token Gacha:集めるのは簡単,ゲーム作成は困難

 続いてShard Token GachaないしFragment Gachaエンジンに話は移った。
 このシステムではトークンがシャード(欠片)に分解できるのが特徴だ。ほとんどのトークンを手に入れるのは非常に簡単だが,その強化は難しいといったシステムになっている。欠片として強化に使用できるのですべてのドロップが報酬となる。
 この手のシステムのGachaのビジュアル的な特徴は,トークンの絵の下に到達度を示すバーがついていることだ。

[GDC Summer]モバイルガチャシステムの進化を探る

 
 このシステムは2016年にSupercellからリリースされたCrash Royaleから始まっており,雑多なドロップと常に報酬がダブるような仕様は,日本式のSolid Token Gachaに対する回答であると氏は説明していた。これをマネたゲームも次々と登場しているが,Golf Crash以外で大きな成功を収めているものはないという。Golf Crashは,Crash Royaleとは戦わないという賢い戦略で独自のコアループを作り,独自のユーザー層を獲得している。最近では,Trailer Park BoysやAdventure Communist,Miner Tycoonといった放置ゲームでも使われている。

 Shard GachaのTokenシステムでは,トークンシャードが頻繁かつ大量に配られることが特徴となっている。これは報酬感やトークンの成長を感じ取りやすいシステムだ。すべてのドロップに意味があり,無駄がない。
 ガチャのプールが追加されることは,単純にプレイヤー全体の資産が増えることを意味しており,ローテートや限定ガチャなどはないとされている。
 また,スタート時のガチャプールは小さめで,全体にSolid Token Gachaよりも規模は小さくなるという。プレイを続けることで報酬は得られるので,運任せの要素は少ないとRemiar氏は語っている。

 Duplicateシステムはこの方式では,強化のコアになる部分である。シャードに分解できるとはいっても,あるトークンの強化に使えるのは,そのトークン自身を分解したシャードだけであるという。どのゲームのどの部分のことかよく分からないのだが,そういうものらしい。そして,強化に必要なシャード量は,指数関数的に上昇していく。重要になるのはゲーム内通貨で,これが強化の調整役ともなっている。

[GDC Summer]モバイルガチャシステムの進化を探る

 デッキサイズは,オリジナルのCrash Royaleではトークン8個だった。Golf Crashでは7つだ。これらより少ないのは限定的であり,問題を起こすことが多いという。あるゲームでは3vs3の対戦をするのだが,うち2つはフレンドのトークンが使われるので,プレイヤーが選べるのは1つだけになる。Adventure Communistなどのゲームでは,最終的にすべてのカードをいつでも使えるようになるものもある。

 これらのゲームは,絶えず変化するPvPメタゲームによって駆動されている。新しく開放されたガチャプールのトークンで新たな戦略を生み出していくのだ。Golf Crashなどではシングルプレイヤー向けのコンテンツも用意されているが,そちらに対応するにはマルチプレイヤーとは異なるデッキ構成が必要になってくる。

[GDC Summer]モバイルガチャシステムの進化を探る

 Shard Token Gachaの利点は,多彩かつ頻繁なドロップがあり,運任せの要素は最小限となっていることだ。すべてのトークンは同じ強さであり,スタート時に巨大なトークンプールは必要ない。ゲームの運用が始まってもSolid Token Gachaと比べてはるかに少ないトークンをより少ない頻度で追加するだけでゲームを維持可能だ。これは裏を返せば,ゲームシステムを作るのが難しくなるという欠点にもつながっている。トークンがたくさんあるのなら,ほかのトークンでカバーすることも簡単だが,それぞれがユニークで特殊なトークンでは替えは利かない。これはバランス調整の難しさにもつながっている。
 ガチャによるコレクション要素は小さく,最終的には誰もがそれぞれのトークンを少なくとも1つは所有することになる。ゲームの主目的は,トークンを最大限に強化することにある。バランス上,限定トークンのようなものは作りにくく,それによるマネタイズは難しい。また手持ちのデッキやコレクションを一新させるようなCollection Driverの設定も難しい。とくにシングルプレイヤーでそういった動機付けをするのはさらに難しいという。

[GDC Summer]モバイルガチャシステムの進化を探る

Merge Token Gacha:運要素を緩和したガチャ

 最後に紹介されたのがMerge Token Gachaだ。氏によるとこれがガチャの最新の進化形態ということのようだ。代表作はAFK ArenaとArchroである。
 このシステムではトークンは通常,ダブったトークンと合成することでレアリティを上げていくのだという。全体のコレクションサイズはSolid Token Gachaよりは小さく,Shard Token Gachaよりは大きくなり,運要素はShard Token Gachaよりは大きいが,Solid Token Gachaほどではないのだそうだ。両者の中間的な位置付けのものだとされていた。

 ゲームの見た目からこのシステムかどうかを判断するヒントとしては,あるトークンのレアリティ違いのものがインベントリ内で隣に並んでいるかどうかがポイントであるという。

[GDC Summer]モバイルガチャシステムの進化を探る

 AFK Arenaでは,特定の属性のみのガチャを用意したり,違う属性やタイプのトークンでも合成素材にできるなど,ランダム性を緩和する措置が取られているのが特徴であるとのことだ。
 Archeroは多少厳しく,合成時には同じタイプ同じレアリティのものを3つまでしか使えない。

 Tokenシステム的に見ると,通常,2,3個の低レアトークンをレアリティの高いトークンに合成することで構成されている。これにより合成したトークンはレベルキャップが上昇する。
 Duplicateシステムは,ゲームでのランダム性の重要度を決定しているという。タイプとレア度を揃えた素材しか合成に使えないArcheroよりも,タイプやレアリティを問わず使えるAFK Arenaのほうが乱数の影響は低くなっている。このあたり,リテンションやマネタイズで取れる選択肢が多いと氏は説明していた。
 デッキサイズは,Solid Token Gachaに似ている。装備などのレイヤーでデッキサイズを拡大することもできる。

[GDC Summer]モバイルガチャシステムの進化を探る
[GDC Summer]モバイルガチャシステムの進化を探る

 Merge Token Gachaの利点は,運要素を調整できることだという。低レアのトークンを高レアの強化に使えるので,アンコモンレベルのトークンでも十分に報酬となり,インベントリの掃除にも役立つのだそうだ。
 一方で,インベントリ管理が重視されているので,ときにそれが面倒になることもあるという。AFK Arenaではあまりないのかもしれないが,合成に使えないトークンがインベントリの半分を占めてしまうこともあるとのことだ。

[GDC Summer]モバイルガチャシステムの進化を探る

 氏は最後にまとめとして,現状の傾向を説明した。これらにはアクセシビリティ(どちらかというとユーザビリティか)で明確な違いがあるという。
 ガチャが持つ根源的なランダム性は,西洋では受け入れられなかった。西洋市場が出した1つの回答が,Crash Royaleに代表されるShard Token Gachaだという。そして,現在,それらのミックスモデルとしてMerge Token Gachaが登場した。ただ,最近は西洋でもSolid Token Gachaに慣れた人が増えつつあり,そちらも非常に大きな市場を構成している。

 ガチャというのはなにもモバイルゲームで始まったものではないので,モバイル以前にもいろいろな形態のものは存在しており,モバイルゲームが普及した頃には,いわゆるSolid Token Gachaでもかなり複雑なシステムが構築されていた。そういったものを踏まえてみると,多少違和感がある講演でもあった(途中でパスドラのパワーアップ合成を調べなおしたりしてしまった)。
 ガチャが3つのタイプに分類されていたのだが,個人的には,実装の違いとうよりも単にメーカーの味付けや方針が違っただけではないかという風にも思えた。コンプガチャであるとか,提示されている確率がデタラメであるとか,賭博との関係とか,内在する可能性のある問題点をどう回避するのかとか,ガチャについて語るべきことはもっとあるような気はしないでもない。

 氏が問題視しているであろう「運」要素とその緩和で,いくつかのアプローチがまとめられており,そのあたりでガチャに不慣れな人には分かりやすいまとめ方だったかもしれない。



著者: “jp.gamesindustry.biz編集部 — jp.gamesindustry.biz

Continue Reading

ゲーム業界ニュース

4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

Mine Sasaki

Published

on

画像(001)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 新内閣が発足し,日本人を含む研究チームがヘリウムガスをワニに吸わせて鳴き声の変化を調べる研究でイグ・ノーベル賞の「音響賞」を受賞し,金星の大気から生命の痕跡かと思われるホスフィンが検出されたことが発表されたりした2020年9月13日〜9月19日,4Gamerに掲載された記事は788本でした。ワニの鳴き声って,聞いたことがないんですけど,鳴くんですね。日本人のイグ・ノーベル賞受賞は,14年連続だそうです。
 さて先週は,記事の本数もかなりのものでしたが,内容的に大きめのニュースが連発した週でもありました。9月17日5:00にはソニー・インタラクティブエンタテインメントがPS5の新情報を公開する「PlayStation 5ショーケース」を配信し,PS5の価格や発売日,ファーストパーティのローンチタイトルなど,さまざまな情報をドーンと公開しました。
 同じ9月17日23:00には任天堂が「Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.9」の配信を行い,こちらでも「モンスターハンターライズ」など,いろいろな新作情報が公開されています。
 また,北米時間の9月16日にはFacebookが,昨年まで「Oculus Connect」と呼ばれていた「Facebook Connect 2020」をデジタルで開催し,「Oculus Quest 2」を発表しています。詳しくは下のほうで書くんじゃないかと思いますが,こんな感じで,世の中の「いよいよ感」がいよいよ高まってきた雰囲気です。「東京ゲームショウ2020 オンライン」も今週いよいよ開催ですし,それが終われば次世代コンシューマ機がいよいよ市場投入されますしね。

 さて,お気づきの人もいるかもしれませんが,このタイミングで(どのタイミングなのか分かりませんが),タイトルバナーを切り替えました。先週も同じことを書いた気がするのですが,さすがに先週の新バナーは各方面の関係各位からお叱りを受けました。ですが安心してください,実はちゃんとしたタイトルバナーを用意してあったのです。自分で言うのもなんですが,抜かりありません。
 さらに,筆者には事情がよく分からないのですが,設定画設定資料もあるんです。

画像(002)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

性別:女性
年齢:24歳
身長:156cm
スリーサイズ:83cm / 57cm / 83cm
職業:エージェント(国家の秘密業務で働くほう)
性格:生真面目,ドジっ子

 エ,エージェントって何? という気もしますが,とっくにご存じのように,くぬぎちゃんはほとんど仕事を選びません。公序良俗に反さない限り,ファンアートでもコラボでもフィギュア化でもアニメ化でもドラマ化でも映画化でもなんでもこいと胸を叩いているようですが,今のところなんの仕事もないのでヒマしてるっぽいです。なお,この可愛いくぬぎちゃんのタイトルバナーと設定画を描いたのは,先々週までと同じく朝倉ブルーさんです。今後とも,新たなくぬぎちゃんをよろしくお願いします。

 そして,ここで1つお詫びを。9月13日に掲載するはずだった9月6日掲載分のプレゼントの当選者発表を,なんと筆者が掲載し忘れていました。今週のプレゼントコーナーでまとめて掲載していますので,ご確認いただければ幸いです。楽しみに待っていた人,本当にごめんなさい。

 というわけで,今回も4Gamerの世界のゲーム業界の1週間を振り返ってみましょう。

※以下,PlayStationはPS,Nintendo SwitchはSwitch,ニンテンドー3DSは3DS,スマートフォンはスマホと略記します

先週のランキング

【先週のランキング詳細】

 さて,先週のランキング第1位にぶっちぎりで輝いたのは,ソニー・インタラクティブエンタテインメントの次世代コンシューマ機PS5の価格発売日が発表されたというニュースでした。きっと1位になるだろうなあと思ったらそうなったので,筆者の勘もなかなか捨てたものではありません。ふふふ。
 発売は11月12日で,価格は標準モデルが4万9980円,Digital Editionが3万9980円(いずれも税別)とのこと。各販売店では9月18日10:00から周辺機器を含む予約受付がすでに始まってまして,各販売店舗の予約情報をまとめた記事が第3位に入っています。

 予約関連で書きますと,ソニーマーケティングが運営する直販サイト「ソニーストア」で,PS5の抽選販売手続きを9月23日から開始すると発表した,というニュースが第7位にランクインしました。抽選の第1弾に応募できるのは,9月17日までにソニーストアで「My Sony ID」を利用した購入履歴がある人に限られるとのことです。なるほど。

 順番が前後しますが,第4位にはPlayStation Plus加入者向けの新サービス「PlayStation Plusコレクション」が発表されたというニュースが入りました。このサービスは,厳選されたPS4向けタイトルをPS5でダウンロードしてプレイできるというもので,「バットマン:アーカム・ナイト」「Bloodborne」「Fallout 4」「ゴッド・オブ・ウォー」「MONSTER HUNTER: WORLD」「ペルソナ5」など,PS4世代を象徴するタイトルが楽しめるとのこと。

 そして第5位に,はPS5と同時発売されるファーストパーティのタイトルとして「Demon’s Souls」「Marvel’s Spider-Man: Miles Morales」「Destruction AllStars」「リビッツ!ビッグ・アドベンチャー」が発表された,というニュースが入りました。DualSenseのデモプレイで使われた「Astro’s Playroom」はプリインストールです。

画像(036)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 というわけで,PS5の配信関連の記事が都合5本もランク入りするという状況で,日本,いやグローバルでワールドワイドな全世界の注目度の高さがヒシヒシと感じられます。
 11月12日の発売ということは,えーと,残り2か月をきってます? こりゃまた忙しい年末になりそうで,筆者は逃亡したくなってきました。
 主だったものとしては,さらに以下のような関連記事を掲載していますので,未読の人はぜひどうぞ。さあどうぞ。

関連記事




「FINAL FANTASY XVI」がPlayStation 5で発表


 本日(2020年9月17日)行われたPlayStation 5の配信イベントにて,スクウェア・エニックスの「FINAL FANTASY」シリーズ最新作「FINAL FANTASY XVI」が発表された。※9月17日8:20頃追記,プレスリリースの情報を追加しました。


[2020/09/17 05:12]

関連記事




「Hogwarts Legacy」の2021年リリースが発表。1800年代のホグワーツ魔法魔術学校を舞台としたゲーム


 本日行われたPlayStation 5の配信イベントにて,小説「ハリー・ポッター」シリーズなどに登場する学校「ホグワーツ魔法魔術学校」を題材としたタイトル「Hogwarts Legacy」の2021年発売が発表され,トレイラーが公開された。※2020年9月17日19:00頃,日本語アナウンストレイラーとプレスリリースを追加しました。


[2020/09/17 05:49]

関連記事




「デビル メイ クライ 5」のPS5向け“Special Edition”が発表。バージルでのプレイが可能に


 カプコンは本日(2020年9月17日),PlayStation 5の配信イベントにて「Devil May Cry 5 Special Edition」を発表した。本作は,2019年3月に発売された「デビル メイ クライ 5」にプレイヤーキャラクターとしてのバージルなどを追加したものとなる。


[2020/09/17 05:51]

関連記事




「バイオハザード ヴィレッジ」の最新トレイラーが公開


 本日(2020年9月17日)配信されたPlayStation 5の配信イベントにて,カプコンが2021年内の発売を予定している新作「バイオハザード ヴィレッジ」(PS5 / Xbox Series X / PC)の最新トレイラーが公開された。2分半ほどの映像だが,ゲームの雰囲気を感じ取れるものになっているので,シリーズファンはお見逃しなく。


[2020/09/17 05:57]

関連記事




ホラーゲームシリーズ最新作「Five Nights at Freddy’s: Security Breach」のティザートレイラーがPS5の映像イベントで公開に


 PlayStation 5の映像イベントにて,「Five Nights at Freddy’s: Security Breach」ティザートレイラーが公開された。不気味な人形たちの襲撃をかわしながら恐怖の夜を生き延びるというホラーゲーム「Five Nights at Freddy’s」のシリーズ最新作のようだ。


[2020/09/17 06:07]

関連記事




「ゴッド・オブ・ウォー」の新作が発表。2021年にリリース


 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは本日(2020年9月17日),PlayStation 5の配信イベントにて,「ゴッド・オブ・ウォー」の新作となるティザートレイラーを公開した。PlayStation 5対応ソフトで,2021年のリリースが予定されているとのことだ。


[2020/09/17 06:09]

関連記事




「Oddworld: Soulstorm」,宿敵・Molluckにフォーカスした新たなトレイラーが公開。仲間が次々とミンチになるシーンも


 Oddworld Inhabitantsは本日(2020年9月17日),PlayStation 5の配信イベントにて「Oddworld: Soulstorm」の新たなトレイラーを公開した。今回のトレイラーは“Molluck Returns Trailer”と題されており,その名の通り敵のボス・Molluckにフォーカスしたものとなっている。※2020年9月17日8:30頃,画像とトレイラーを追加しました。


[2020/09/17 06:22]

 PS5ムード一色とはいえ,ソニーモバイルコミュニケーションズの新型ハイエンドスマホ「Xperia 5 II」のニュースがさり気なく第2位にランクインしていて,さすがソニー。国内価格や販路は現時点で明らかにされていませんが,日本を含む世界の国と地域で2020年秋以降の出荷が予定されているとのこと。最大リフレッシュレート120Hzにネイティブで対応した有機ELパネルを搭載するほか,タッチパネルのレポートレートが240Hzで,さらに「ゲームエンハンサー」が強化されるなど,どう考えてもゲーマー向け。だって,電話かけたり4Gamerを閲覧したりするのに,これほどの機能はいらないですもんね。そのあたりが,読者の関心を集めたと思われます。まさに「スマホ界のPS5」……なんて適当なことを言うと怒られるので,これでやめる。

 第8位には,バンダイナムコアミューズメントのアーケード向け新作「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2 クロスブースト」の記事が入りました。タイトルの垣根を超えて多数のモビルスーツが集い,2on2のバトルが楽しめるというこのシリーズ。今のところ詳細は明らかになっていませんが,11月上旬にはクローズドβテストの実施が予定されているそうです。続報を楽しみにしましょう。

先週の注目記事

NVIDIA,Armをソフトバンクから買収。買収金額は約4兆2460億円

――9月14日掲載

画像(013)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 業界動向です。NVIDIAがソフトバンクグループの子会社であるArmを400億ドル(約4兆2460億円)で買収すると発表しました。
 NVIDIAはArmの保有する半導体IPのライセンス事業の中立性は今後も維持すると発表していますが,ArmのプロセッサはスマートフォンやIoT機器,サーバ,組み込み機器など広く使われていて,顧客も非常に多いため,半導体業界に与える影響は大きいと考えられているようです。

PC版「Fortnite」がリアルタイムレイトレーシングとDLSSに対応。パッチの提供予定は9月17日に

――9月15日掲載

画像(014)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 Epic Gamesのバトルロイヤルゲーム「Fortnite」のPC版が,GeForce RTXシリーズのリアルタイムレイトレーシングと,AIベースのアンチエイリアシング技術「DLSS」(Deep Learning Super Sampling)に最新パッチで対応することが明らかになりました。リアルタイムレイトレーシングへの対応は,NVIDIAが9月2日に開催したオンラインイベント(関連記事)で発表されていましたが,これにより,さらにハイグレードなグラフィックスでプレイが可能になるわけです。筆者のグラボはリアルタイムレイトレーシングに対応していないので,読んでいるうちに買い換えたくなってきました。次世代コンシューマ機向けの「Fortnite」も,リアルタイムレイトレーシングやDLSSに対応することになるんでしょうか。

西川善司の3DGE:GeForce RTX 30シリーズのアーキテクチャを探る。CUDA Coreの増量とRT Coreの高性能化に注目だ

――9月14日掲載

画像(015)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 NVIDIAの話題が続きますが,9月2日のオンラインイベントで発表された新世代GPU「GeForce RTX 30」シリーズのアーキテクチャについて,ライターの西川善司氏が詳しく解説しています。ここで簡単にサマライズできるほど筆者の能力は高くありませんので,詳しくは記事を読んでくださいとしか言えませんが,科学技術の進歩には目を見張るものがあります。
 GeForce RTX 3090は280億トランジスタを搭載しており,CUDA Core数は10496とのことですが,数えた人は偉いなあ。

カジュアルにド派手なアクションを楽しめる「WWE 2K バトルグラウンド」のインプレッションをお届け

――9月15日掲載

画像(016)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 2Kが9月18日にリリースしたWWEシリーズの新作,「WWE 2K バトルグラウンド」PC / PS4 / Xbox One / Switch)のプレイレポートを掲載しました。北米のプロレス団体WWEをテーマにした本作は,格闘技シミュレータである「WWE 2K」シリーズとは異なり,デフォルメされた実在のWWEスーパースター達が大乱闘を繰り広げるという,簡単操作のカジュアルな作品です。自動車を相手の頭上に落としたり,腹ペコのワニの口に相手を投げ入れたりなど,いくらデフォルメされてるからって,そこまでやるかといった雰囲気の,「なんでもあり」の戦いが楽しめるようです。

画像(040)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

スマホ版「ワールズエンドクラブ」のレビューをお届け。デスゲームはなくなった? どういうゲームになったの?

――9月16日掲載

画像(017)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 9月4日にイザナギゲームズがリリースしたスマホアプリ「World’s End Club -ワールズエンドクラブ-」(旧名:デスマーチクラブ)のプレイレポートをお届けしています。「ダンガンロンパ」シリーズの小高和剛氏がクリエイティブディレクターを,また,「Ever17」「極限脱出」シリーズなどの打越鋼太郎氏がシナリオ・ディレクションを務めるとあって,発表当初から注目されていた本作は,どんなゲームなのでしょうか。記事には少なからずネタバレが含まれるとのことなので,その点をご了承のうえガンガン読んでください。

シリーズ最新作「MONSTER HUNTER RISE」がNintendo Switchで発売決定。2021年3月26日に発売を予定

――9月17日掲載

画像(018)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 上にも書いたように,任天堂は9月17日,「Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ」を配信して,カプコンのSwitch向け新作タイトル「モンスターハンターライズ」を発表したりしました。ランキング入りした「こちら」の記事でお伝えしたように,「東京ゲームショウ2020 オンライン」で実機プレイの公開も予定されているモンハンシリーズの最新作です。今のところ発表されている情報は多くありませんが,発売は2021年3月26日とのことです。

画像(019)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日
関連記事




「モンスターハンターライズ」の実機プレイ世界初公開も予定。Web特別生番組・CAPCOM TGS LIVE 2020追加情報


 東京ゲームショウ2020 オンラインに合わせて配信されるWeb特別生番組・CAPCOM TGS LIVE 2020。カプコンは本日,同番組で「モンスターハンターライズ」「モンスターハンターストーリーズ2」「デビル メイ クライ 5 スペシャルエディション」を紹介すると発表した。前者2作は実機プレイも披露するという。


[2020/09/18 12:47]

 「Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ」では,ほかにもさまざまな情報が公開されています。主な記事へのリンクを以下に並べてみました。

関連記事




「モンスターハンターストーリーズ2 〜破滅の翼〜」が2021年夏に発売。モンハンシリーズのRPG最新作


 本日配信された「Nintendo Direct mini」で,Nintendo Switch用ソフト「モンスターハンターストーリーズ2 〜破滅の翼〜」が,2021年夏に発売になると発表された。本作は,2016年に発売されたニンテンドー3DS用ソフト「モンスターハンター ストーリーズ」の続編で,モンハンシリーズのRPG最新作となる。


[2020/09/17 23:30]

関連記事




スクウェア・エニックスの新作「バランワンダーワールド」のSwitch版発売日が2021年3月26日に決定。ミュージカルがモチーフとなった“ワンダーアクション”


 スクウェア・エニックスは,「バランワンダーワールド」のNintendo Switch版の発売日が,2021年3月26日に決定したと発表した。同社のアクションゲームブランド・BALAN COMPANY(バランカンパニー)が手掛ける,ミュージカルをモチーフとした“ワンダーアクションゲーム”だ。※2020年9月18日11:30
頃,プレスリリースを追加しました。


[2020/09/17 23:37]

関連記事




「魔界戦記ディスガイア6」がSwitch向けに2021年1月28日発売決定。「ディスガイア5」のいっせいトライアルも9月21日正午からスタート


 2020年9月17日に配信された「Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ2020.9」にて,「魔界戦記ディスガイア6」2021年1月28日に発売することが発表された。また,9月21日正午から9月27日17:00まで,いっせいトライアルに「魔界戦記ディスガイア5」が登場することもアナウンスされている。※2020年9月18日12:20頃,プレスリリースを追加しました。


[2020/09/17 23:43]

関連記事




Switch用ソフト「Fit Boxing 2 -リズム&エクササイズ-」が12月3日に発売。全66種のコースが登場し,新たに3人のインストラクターが追加に


 イマジニアはNintendo Switch用ソフト「Fit Boxing 2 -リズム&エクササイズ-」を2020年12月3日に発売すると発表した。これは任天堂が本日配信した「Nintendo Direct mini」で発表されたもの。本作では,一新された全66種のコースが登場し,ジャニス,ヒロ,カレンの3人のインストラクターが追加される。※2020年9月18日10:45頃,プレスリリースを追加しました。


[2020/09/17 23:49]

関連記事




「ルーンファクトリー5」が2021年春に発売決定。ファンタジーの世界を舞台に,町での生活と冒険が楽しめるシリーズ最新作


 Nintendo Switch用「ルーンファクトリー5」2021年春に発売されると,9月17日に配信された「Nintendo Direct mini」で明らかになった。本作は,ファンタジーの世界を舞台に,町での生活と冒険が楽しめる「ルーンファクトリー」シリーズの最新作。仲間との連携技など,新システムも登場するようだ。


[2020/09/18 00:00]

関連記事




Switch版「Hades(ハデス)」が2020年冬に配信。冥界の王・ハデスが支配する地下世界からの脱出を目指すローグライクアクション


 任天堂は,同社の配信番組「Nintendo Direct mini」にて,Nintendo Switch版「Hades(ハデス)」2020年冬に配信すると発表した。Supergiant Gamesが制作した,ギリシャ神話がテーマのローグライクアクションで,プレイヤーは死の神であるハデスの子・ザグレウスを操作し,父の支配する地下世界からの脱出を目指す。


[2020/09/18 00:10]

関連記事




Switch用ソフト「Ori and the Will of the Wisps」が発表。紹介トレイラーが公開


 任天堂は2020年9月17日に配信した「Nintendo Direct mini」にてSwitch用ソフト「Ori and the Will of the Wisps」を発表し,紹介トレイラーを公開した。本作は,2015年3月に発売された「Ori and the Blind Forest」の続編となるアクションADVだ。なお,本作はNintendo Direct終了後から配信されている。※2020年9月18日12:10頃,プレスリリースを追加しました。


[2020/09/18 00:26]

関連記事




「Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ2020.9」で紹介されたピックアップタイトル3本。「Into the Breach」は放送終了後に配信


 任天堂は,2020年9月17日に配信された「Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ2020.9」にて,今後配信予定のピックアップタイトルを紹介した。今回ピックアップされたのは「Into the Breach」「Unrailed!」「ハードコア・メカ」の3本だ。


[2020/09/18 00:30]

げへへ,旦那。スマホの「モンスターファーム2」って知ってっかい?

――9月17日掲載

画像(020)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 9月17日にコーエーテクモゲームスからリリースされた「モンスターファーム2」iOS / Android / Switch)のプレイレポートを,編集部の楽器が変なテンションで書いています。げへへ。PlayStation向けにリリースされた同名タイトルの移植作品で,オリジナル版にあった不具合などが50項目ほども改善されているという本作。モンスターのブリーダーとなったプレイヤーが,生まれたモンスターを育てて大会に挑んだりするゲームですが,ご存じですよね,げへへ。ゲームシステムなどが微妙に分かりづらいプレイレポートになっていますが,ゲームの雰囲気はつかめますので,ぜひつかんでください。げへへ。

Facebook,新型VR HMD「Oculus Quest 2」を正式発表。高性能化と軽量化で価格も安くなった

――9月17日掲載

画像(021)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 上にも書きましたが,北米時間の9月16日,Facebookはオンラインイベント「Facebook Connect 2020」を開催し,基調講演でスタンドアロン型VRヘッドマウントディスプレイ「Oculus Quest 2」を発表しました。名前のとおり,「Oculus Quest」の後継製品で,ディスプレイ解像度の向上と高リフレッシュレート化,搭載SoCやメインメモリ容量などの強化を行った高性能モデルとのこと。

 このほか,ARスマートグラスの開発プロジェクト「Project Aria」や,Ubisoft Entertainmentが「アサシン クリード」「スプリンターセル」をベースにしたVRゲームを開発すること,Crytekの新作VRゲーム「The Climb 2」などが「Facebook Connect 2020」で公開されました。主な記事を以下に並べましたので,VRの未来が気になる人はチェックしましょう。

画像(022)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日
関連記事




FacebookのARスマートグラス「Project Aria」発表。2021年の製品化に向けたテストを開始


 FacebookのAR対応スマートグラス開発プロジェクト「Project Aria」が,「Facebook Connect 2020」で発表された。2021年の製品化に向けて現在,開発が急ピッチで進められているようで,近日中に100人規模の内部テストがスタートする予定だ。


[2020/09/17 18:41]

関連記事




Ubisoft EntertainmentがVRゲーム版「アサシン クリード」と「スプリンターセル」の開発を発表


 Ubisoft Entertainmentは,デジタルイベント「Facebook Connect 2020」で,「アサシン クリード」「スプリンターセル」をベースにした複数のVRゲームを開発中だと発表した。現時点で詳細は不明ながら,開発にはUbisoft Red Stormほか複数のスタジオがコラボするという体制で臨むという。


[2020/09/17 13:53]

関連記事




「The Climb 2」の制作が発表。ロッククライミングを楽しむVRゲームの続編は,さらにエクストリームな環境でマルチプレイモードもサポート


 Crytekは,VRでロッククライミングを楽しむアクションゲーム「The Climb 2」を2020年内にリリースすると発表した。高層ビルや氷山,火山など,前作「The Climb」よりさらに過酷なルートが用意されており,登頂までの時間を競うといったマルチプレイモードもサポートされるという。


[2020/09/17 12:37]

関連記事




Oculus Quest専用VRアクションADV「Star Wars: Tales from the Galaxy's Edge」の最新トレイラーが公開


 2020年9月16日に開催されたFacebook Connect 2020において,ILMxLABがOculus Quest専用新作VRアクションADV「Star Wars: Tales from the Galaxy’s Edge」最新トレイラーを公開した。トレイラーでは,ゲームプレイの一部が断片的に紹介されており,C-3POやR2-D2などが登場することが分かる。


[2020/09/17 11:39]

関連記事




ゲーム史に燦然と名を残すパズルADV「Myst」のリメイク版がPCおよびVR向けにアナウンス


 2020年9月16日に開催されたFacebook Connect 2020において,Cyan WorldsがパズルADV「Myst」PCおよびVR向けに開発中であることを発表した。1993年にリリースされた同名タイトルのリメイク版で,サウンドやアート,そしてパズルもランダム化されるといったゲームシステムも作り直されるという。


[2020/09/17 10:54]

「スーパーマリオ 3Dコレクション」を紹介。マリオ64,サンシャイン,ギャラクシーが,Switchならではの遊びやすさで楽しめる

――9月18日掲載

画像(023)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 任天堂が9月18日にリリースしたSwitch向けソフト「スーパーマリオ 3Dコレクション」を紹介する記事です。期間限定で販売される本作は,「スーパーマリオ64」「スーパーマリオサンシャイン」,そして「スーパーマリオギャラクシー」という3本の作品を1本にまとめたもので,オリジナル版の雰囲気を損なわないようにしつつ,遊びやすいようにそれぞれ少しずつリニューアルされるという,さすが分かっていらっしゃるという作品になっているようです。35周年,おめでとうマリオ。あっ,なれなれしかったですか?

10周年を迎える「World of Tanks」,ウォーゲーミングのCEOビクター・キスリー氏インタビュー。「ここまでのヒット作になるとは全く予想していませんでした」

――9月18日掲載

画像(024)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 ロシアでのサービス開始から10周年を迎える「World of Tanks」について,WargamingのCEOを務めるビクター・キスリー(Victor Kislyi)氏に話を聞いたというインタビュー記事です。筆者が初めてキスリー氏に会ったのは,2010年にドイツで開催されたgamescomでのことでした。あのときWargamingはショーフロアにブースも出してなくて,ビジネスエリアを歩いていたら,「戦車のゲームなんだけど,話を聞いていかないか」と呼び止められたのがきっかけです。今ならアポなしでキスリー氏に会うことなんか考えられませんが,うーむ,もう10年か。歳とるわけだ。「ここまでのヒット作になるとはまったく考えていませんでした」と語るキスリー氏ですが,次の10年に向けての抱負や展開など,詳しく聞いています。

関連記事




「World of Tanks」,日本運営は何を目指しどこへ向かうのか。Wargaming Japan WoTチームインタビュー


 戦車での戦闘をテーマにしたWargaming.netのオンラインゲーム「World of Tanks」は,ロシアでのサービス開始から今年で10周年(日本では8周年)を迎えた。どのような思いを持って運営しているのか,日本運営チームに話を聞いてきたので,ぜひとも目を通してほしい。


[2020/09/19 12:00]

ライザの成長した姿を描くのは,針に糸を通すような仕事。「ライザのアトリエ2」キャラクターデザインをイラストレーターのトリダモノ氏に聞く

――9月19日掲載

画像(025)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 コーエーテクモゲームスのガストブランドが発売を予定している「ライザのアトリエ2〜失われた伝承と秘密の妖精〜」PS4 / Switch / PC)は,前作「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」PS4 / Switch / PC)の主人公ライザ(ライザリン・シュタウト)が続投するという,「アトリエ」シリーズでは初の試みに挑戦したタイトル。というわけで,「こちら」に掲載したインタビューに引き続きイラストレーターのトリダモノ氏とプロデューサーの細井順三氏に,さらにハードルが上がったキャラクターデザインの試行錯誤やコンセプトなどを聞きました。前作のデザインの過程では,しばしば心が折れていたらしいトリダモノ氏ですが,今回はどうだったのでしょうか。

関連記事




ライザはこうして生まれた。「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」キャラクターデザインの変遷を,細井Pとトリダモノ氏が語る


 コーエーテクモゲームスが展開している「アトリエ」シリーズは,可愛らしい女性主人公が多いRPGだ。とくに最新作「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」のライザは,発表時から大きな反響を呼んでいる。そんなキャラクターが完成に至るまで,どのようなやり取りがあったのか。細井プロデューサーとキャラクターデザインのトリダモノ氏に語ってもらった。


[2019/08/10 00:00]

プレイ前に読みたい「サイバーパンク2077」前史・徹底解説。英雄ジョニー・シルヴァーハンドの足跡から“暗黒の未来”を振り返る

――9月19日掲載

画像(026)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 CD PROJEKT REDが11月19日に発売する予定のオープンワールドRPG,「サイバーパンク2077」PS4 / Xbox One / PC)は,リリースに向けてさまざまな情報が公開されつつも,まだまだ奥が見えないような気がしてならないヘビーな作品です。そんな本作のベースとなったのがテーブルトークRPG「Cyberpunk 2.0.2.0.」であることはよく知られていますが,そのテーブルトーク版って,どんなゲームだったの,ということを解説した記事を掲載しました。デジタル版ではキアヌ・リーブスさんが演じるジョニー・シルヴァーハンドとはどういう人物なのか,発売前に読んでおくとゲームの「サイバーパンク2077」が100倍楽しめる(当社比)こと間違いありません。

画像(027)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

ワニとヘリウムとおたより

 下の「今週のプレゼント」の応募フォームに「4Gamerへのコメント」という欄があるので,そこに4Gamerへのご意見ご要望などを気ままに書き込んでください。その中から面白いものを勝手に採用させてもらうというイケイケなシステムになっています。なお,プレゼント募集期間外でも,同フォームからコメントのみの送信が可能です。コメントの内容とプレゼントの当落はまったく無関係なので,安心してお書きんさい。


■もうじきTGSだから、色々な情報が楽しみ!(会社員 イクエバ)
■発売前ソフトの試遊ができないTGSは少し寂しいですね...(会社員 hamaneko)

 来ますよ。来ちゃいますよ,「東京ゲームショウ2020 オンライン」。いつもなら今頃,取材班がメソメソしているはずなんですが,今年はちょっと勝手が違いますね。デジタルは便利な反面,試遊ができなかったり,「意外な拾いもの」が見つけにくかったりと,難しい面もあります。ともあれ,ご期待ください。(無難にまとめた編集者)


■職場で怒られれば怒られるほど、バトル系のゲームに強くなる気がします。(公務員 ぱんどん)

 超人ハルクみたいな人ですね。鬱屈したエネルギーをどんどんゲームにぶつけて平穏な社会生活を送りましょう。それもまた,ゲームの効用の1つなのです。なんてな。


■PC8801mkIIユーザーでした。裏RAMやG外しでメモリ拡張したり、セクタ並び替えたりツーハンドシェイクでフロッピーアクセス高速化したり、やっぱりワンハンドシェイクの方が早かったり、SR以降用ゲームを動くように改造したりして遊んでました。自作で一番よく使ったBASICコマンドはpeek/pokeです。(会社員 YUZO)

 おお,ご同輩だ。筆者の場合は,機械語モニタを呼び出す「MON」コマンドをよく使いましたね。ハンドアセンブルしたプログラムを1バイトずつ打ち込んで実行させるんですけど,ちゃんと動いたためしがありません。なんでそんなことしてたんだろう?


■風に吹かれて舞ってる落ち葉を見て、「秋だな〜」としんみりしちゃいました(パート・アルバイト ゆあん)

 夏の終わり,ローカル線を走る列車の車窓から農家の軒先にぶら下がっている干し柿を見て,秋を感じるのが筆者の年中行事でしたが,今年はどこへも行けてないので,感じ損なっています。


■全部の記事に目を通せるだけの自由な時間が欲しいです……。(会社員 かい)

 こんなページを担当しているせいで4Gamerの仕事の合間に4Gamerを読んでいる筆者ですが,1日の終わり頃にはツラくなってきます。


■リズムゲームを入れてみたものの、全くできない…リズムゲームのコツってなんなんでしょうか?(大学生 友努 勝)

 昔,アクションゲームのコツとして「敵の弾に当たらないようにして敵を弾を当てよう」と書いて,偉い人に渋い顔をされた経験を持つ筆者に聞きますか? えーと,リズムに乗ってゲームをしてみよう,かな。

今週のプレゼント

画像(028)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

「Tony Hawk’s Pro Skater 1+2」コレクターズエディション
……1名様(提供 Activision様)

 9月4日にActivisionからリリースされたスケートボードゲーム「Tony Hawk’s Pro Skater 1+2」PC / PS4 / Xbox One)の“コレクターズエディション”(Collector’s Edition)を1名様にプレゼント。本作は,プロスケーターボーダーのトニー・ホーク(Anthony Frank Hawk)さんをフィーチャーした「Tony Hawk’s Pro Skater」(1999年)と、その続編「Tony Hawk’s Pro Skater 2」(2000年)をリマスターした作品で,かつてのコースが現行ハードウェアに合わせた美麗グラフィックスになって帰ってくるという作品です。
 コレクターズエディションは,海外でしか発売されていないので,これはかなりレアなプレゼントですね。

画像(029)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 上にオフィシャルフォトを掲載していますが,パッケージのサイズは85cm×27cm×8cmというかなり大きなもので,長さ80cm以上のカッコイイ特製ボードがドカッと入っています。筆者はあまりスケボーに詳しくないので分からないのですが,車輪は付いていなくて,交換用ボードという感じですかね。もちろん,PS4版のゲーム本体が同梱されていますが,英語版になります。

 内容物のチェックのためパッケージを一度,開封したほか,長旅を経てやってきたせいか,箱にはちょっと傷も付いています。この点をご了承のうえ,どんどん応募してください。

画像(030)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日
関連記事




「Tony Hawk’s Pro Skater 1+2」が本日リリース。トニー・ホーク氏がWarehouseステージでトリックを決めるローンチトレイラーを公開


 Activisionは本日,スポーツアクションゲーム「Tony Hawk’s Pro Skater 1+2」を発売した。本作は,Vicarious Visionsが開発を手がける「Tony Hawk’s Pro Skater」シリーズの初代と第2作のリマスター作品だ。オリジナル版に登場したロケーションを美麗なグラフィックスで楽しめる。


[2020/09/04 11:30]

 プレゼントに応募するには,下記のリンクから応募フォームへ進み,すべての項目に記入して送信ボタンをクリックしてください。 重複応募は当選を無効とさせていただく場合がございます。締め切りは,9月23日(水曜)17:00です。
 当選者は,9月27日(予定)に応募フォームで登録した名前(ハンドルネーム可)と都道府県名で発表する予定です。
 プレゼント品は,応募時に入力された送付先に,1〜2週間以内にお送りします。なお,賞品によっては,発送に時間をいただく(約1か月)場合があります。
 発送日の確定や本人確認,当選の結果などについてのお問い合わせには一切お答えできませんので,ご了承ください

プライバシー・ポリシー(個人情報保護法に基づく公表事項)

個人情報の保護に関する法律(以下「法」といいます)では,個人情報取扱事業者が取得する個人情報について,利用目的その他の法により定められた事項を,公表または本人が容易に知り得る状態に置くよう定めています。
Aetas株式会社(以下「弊社」といいます)は,これらの事項につき,以下の通り掲載いたしますのでご覧ください。

1.弊社が取り扱う個人情報の利用目的(法18条1項)

弊社が取得する個人情報の利用目的は以下のとおりです。

(1)本人からの問い合わせへの対応および弊社サービスの利用に関する手続きのご案内や情報の提供等のカスタマーサポートのため
(2)課金計算および料金請求のため
(3)マーケティング調査および分析のため
(4)弊社および他社の商品,サービスおよびキャンペーン等のご案内のため
(5)弊社に対するご意見やご感想(弊社サービスに対するご意見やご感想を含む)のご提供の依頼のため
(6)紛争および訴訟等の対応のため
(7)合併,分社化,営業譲渡等によって,弊社が事業を承継し個人情報を取得した場合,承継前に本人に同意を得ている利用目的の達成のため
(8)その他,弊社サービスの提供に必要な業務のため

なお,上記以外の目的で当該個人情報を利用する場合は,その都度,その利用目的を明確にし,本人から事前の同意をいただきます。

2.共同利用に関する事項(法23条4項3号)

法23条4項3号は,個人データを特定の者との間で共同して利用する場合であって,その旨および一定の事項を本人が容易に知り得る状態に置いているときは,あらかじめ本人の同意を得ないで,その共同利用者に個人データを提供できることを定めています。
この条項に関わらず,弊社は本人の同意を得ることなく,個人情報取得時に明示した共同利用者以外の第三者に個人情報を提供することはいたしません。

3.弊社が取り扱う保有個人データに関する事項(法24条1項)

(1)当該個人情報取扱事業者(弊社)の名称
Aetas株式会社

(2)すべての保有個人データの利用目的
「1.弊社が取り扱う個人情報の利用目的」に同じ。

(3)開示等の求めに応じる手続
弊社保有個人データに関する利用目的の通知(法24条2項関係),開示(法25条1項関係),訂正等(法26条1項関係),利用停止等(法27条1項関係),および第三者提供停止(法27条2項関係)に関するお問い合わせにつきましては,ご請求の内容をご確認のうえ,以下の電子メールアドレスまでご連絡ください。
電子メールアドレス:[email protected]

(4)保有個人データの取扱いに関し弊社が設置する苦情・相談のお申し出窓口
弊社保有個人データに関する苦情・相談につきましては,「(3) 開示等の求めに応じる手続」に記載の電子メールアドレスにて承ります。

4.備考

(1)規約等の優先
弊社が,本人への通知や利用規約の掲示等の方法により,別途,利用目的等を個別に示させていただいた場合等には,その個別の利用目的等の内容が,以上の記載に優先いたします。ご了承ください。

(2)リンク先個人情報の取り扱い
弊社が運営するWebサイトからリンクされている弊社以外が運営するWebサイト(以下「リンク先」といいます)における個人情報の取り扱いについては,弊社が責任を負うことはできません。リンク先における個人情報の取り扱いについては,リンク先の個人情報の取り扱い方針等をご確認ください。

(3)改定
弊社は,本プライバシー・ポリシーの全部または一部を改定する場合があります。改定した場合には,本Webサイトの掲載内容に反映すること等により公表します。


■9月6日掲載分のプレゼント当選者

「ニンジャラ」サイン入りオリジナルTシャツ……2名様
大阪府 イヨ さん
東京都 Norakc さん

「Marvel’s Avengers(アベンジャーズ)」非売品マウスパッド……10名様
神奈川県 さざんか さん
石川県 awaka さん
大阪府 レモン さん
兵庫県 yuba さん
千葉県 ジョリーン さん
埼玉県 チャッピー さん
千葉県 はん さん
新潟県 ポット さん
長野県 おび さん
広島県 いしつよ さん

■9月13日掲載分のプレゼント当選者

「ARGONAVIS from BanG Dream!」サイン色紙&チェキ……1名様
兵庫県 白米 さん

「PasocomMini PC-8001 PCGセット」……1名様
東京都 ケンタッキー さん

今週の4Gamer

 今週9月25日には,「マフィア コンプリート・エディション」PC / PS4 / Xbox One)が2Kからリリースされる予定です。2002年に発売された「マフィア」のフルリメイク版で,「マフィア」は,その後に続くシリーズの嚆矢となった作品ですが,「マフィア II」が発売されたのは「マフィア」の8年後となる2010年だったので,それまで筆者はすっかりオワコンだと思っていました。ですから,ドイツ・ライプツィヒで開催されたイベント「Games Convention 2007」会場の2K Gamesブースでの発表というか,詳細はまったく分からないけど名前だけが明らかになったときには,血中コレステロール値が跳ね上がったことを記憶しています。アドレナリンでしたっけ?
 えー,話が脱線しましたが,そんな「マフィア」が最新グラフィックスで帰ってくるわけで,これは楽しみ。何度やってもクリアできなくて泣きながら挑戦を続けたレースシーン(のちにパッチで難度変更が可能になりました)がどうなっているかなど,気になることがいっぱいです。

画像(031)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 さて,PS5の熱気もさめやらない今日この頃ですが,いよいよ「東京ゲームショウ2020 オンライン」がやってきます。じゃじゃーん。
 E3,gamescomと並ぶ,「世界三大ゲームショウ」(命名・筆者)の最後を飾るTGS 2020の会期は9月23日から27日までで(23日はオンライン商談会の),今年は新型コロナウイルスの感染拡大懸念から,デジタルイベントに変更されましたが,知ってますよね。

 おそらく今年はコンパニオンさん写真集は掲載されないと予想され,一抹の寂しさを禁じ得ない筆者ですが,最新の発表によれば,出展企業,団体数は402社で,内訳は国内204社,海外198社。メインコンテンツとなる配信は「公式出展社番組」が36番組,「主催者番組」が11番組,「e-Sports X」が4番組とのことです。ゲーム漬けの1週間って感じです。
 言うまでもなく,4Gamerでも全力を挙げて取材する予定で,会期中,多数の記事が掲載されることになるのは間違いありません。筆者も「ネコの手も借りたい」という理由で呼ばれまして,取材の先頭に立って大活躍したりしなかったりすると思います。お楽しみに。

画像(032)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

 そんなわけで,また来週お会いしましょう。


【次回予告】
 先週のとんでもないタイトルバナーから,ようやくちゃんとしたタイトルバナーに切り替えられて一安心のくぬぎちゃん。この勢いに乗っかって,マイナーアイドルからメジャーアイドルへの華麗な転身を図りたい所存で,ファンアートでもコラボでもなんでもこーいと胸を叩くものの,今のところとくにオファーもなく,「頼むよ!」と思いながらアパートの窓から隅田川を眺めて「もう秋ねー」としみじみするくぬぎちゃんだったが……。

画像(033)4Gamerの1週間を振り返る「Weekly 4Gamer」,2020年9月13日〜9月19日

著者: ” — www.4gamer.net

Continue Reading

ゲーム業界ニュース

Nintendo Switchだけじゃない…家電量販店の「意外なコロナ特需」(週刊SPA!) –

Mine Sasaki

Published

on

―[家電屋さんのトリセツ]―

 皆さん、こんにちは。関東の某家電量販店に、十数年間務めている店員のスズキです。黒物から白物まで、ジャンルを問わずさまざまな商品の販売に携わり、店長も務めたことがある私が、日々の生活に役立つ家電の情報をお届けしていきます。

 前回は「家電量販店が独自に行っている有料保証サービスは必要か?」をテーマにお伝えしましたが、今回はいつもと少し趣旨を変えて、「新型コロナによって家電量販店の現場はどう変化したか?」について、皆さんにお話したいと思います。

リモートワーク需要によりネット注目が急増

 ご存じの通り、長引くコロナの影響で、観光・宿泊や外食など、多くの業界が苦境に立たされています。家電量販店も店舗に足を運んでくれる方は大きく減りました。最近は少しずつ客足も回復してきましたが、声をかけられるのを嫌がる方は多いと感じています。

 お客さまの動向を様子見する機会が増えて、現場では歯がゆい思いをしていますが、ネットでの注文が増えていて、幸いにも売り上げは非常に好調です。ここ数か月は前年比150%ほどで推移しています。

 冷蔵庫や洗濯機といった搬入や設置をするときに人と接する大型家電は買い替えをしばらく待つ動きがあり、全体的に不調ですが、リモートワークの推進に伴い、新たな売れ筋が生まれてくれました。これまでは一部の人しか興味がなかったWebカメラやマイクといった商品の需要が多く伸びていて、いまだに品薄の状態が続いているようです。

たこ焼き機、かき氷機…巣ごもり需要が大幅拡大

 また、巣ごもり需要も売り上げに大きく貢献してくれました。普段は大きな売り上げにつながることのにないたこ焼き器やかき氷機、流しそうめん機が飛ぶように売れたのは今年の消費の象徴的な出来事だったかと思います。特にたこ焼き器は人気でしたね。私が販売員を始めて以降、こんなに売れることがなかったので驚きでした……。

 Nintendo Switchを中心にゲームの売り上げも上々です。3月に発売された『あつまれ どうぶつの森』は、ゲームはもちろん、関連商品の『どうぶつの森amiiboカード』もよく売れています。Nintendo Switch本体の品薄も続いていて、任天堂の人気の高さを改めて実感しました。フィットネス目的で購入されているお客さまで多いようで、これも今年の世相を反映したコロナ需要のひとつといえるのかもしれません。

 とはいえ、一刻も早くコロナが収束し、1人でも多くのお客さまが安心して店舗に足を運んでくれるようになる日を、いち販売員として心待ちにしています。

―[家電屋さんのトリセツ]―

【家電量販店のスズキ】
関東近郊の家電量販店で10年以上働く現役販売員。黒物から白物までジャンルを問わずさまざまな売り場を担当。実績が認められて大型店の店長を務めた経験もあるが、接客のほうが性に合うため、本部に直訴し現場復帰を果たす

日刊SPA!

著者: ” — news.yahoo.co.jp

Continue Reading

ゲーム業界ニュース

【週間PVランキング】PS5ショウケースが上位を席巻。『FF16』発表が圧巻の注目度【9/11~9/17】 –

Mine Sasaki

Published

on

 ファミ通ドットコムで2020年9月11日~9月17日に掲載した記事の週間ページビュー(PV)ランキングTOP10をお届けしよう。

【1位】
【FF16】『ファイナルファンタジーXVI』が発表。プロデューサーは『FF14』の吉田直樹氏【PS5ショウケース】

【2位】
PS5映像イベント、発表まとめ。本体発売日&価格、『FF16』『ゴッド・オブ・ウォー』新作が発表!

【3位】
PS5、発売日は11月12日。価格は49980円、デジタル・エディションは39980円に決定【PS5ショウケース】

【4位】
PS5予約は9月18日(金)午前10時開始。デュアルセンスコントローラーなど周辺機器の価格も発表

【5位】
【バイオ8】『バイオハザード ヴィレッジ』最新映像が公開【PS5ショウケース】

【6位】
Appleイベント発表まとめ。フルスクリーンの新型iPad Air、血中酸素を計測できるApple Watch Series 6が発表。廉価版Apple Watch SEも

【7位】
龍が如く7』は進化を続け、自動バグ発見どころかほぼ全自動のバグ取りシステムを構築。これぞ無職から勇者に成り上がるデバッグだ!【CEDEC 2020】

【8位】
モンハンワールド:アイスボーン』“兵器置き場”を舞台にした新イベントクエストが本日(9/11)より3週連続開催。“封じられた珠”が集めやすい!

【9位】
PS5で『ハリー・ポッター』世界を冒険する『HOGWARTS LEGACY』2021年発売決定!【PS5ショウケース】

【10位】
ヨドバシドットコム、スイッチ本体の抽選販売をスタート。申し込み期限は9月15日10時59分

 時期柄……というのでしょうか、今週は怒涛の発表ラッシュに。9月16日Apple Event、9月17日 Facebook Connect、同日“PLAYSTATION 5 SHOWCASE”と立て続けに実施。本ランキングの集計期間間際のタイミングで“Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.9”が行われたりと(来週の週間PVランキングを賑わしそう)、編集部ではまさにうれしい悲鳴を上げながら、対応に追われたのでした。

 そんな中、ランキングを席巻したのは、やばりというべきか“PLAYSTATION 5 SHOWCASE”。先週、Xbox Series XとXbox Series Sの発売日と価格が発表されたばかりだったのですが、ついに、プレイステーション5も発売時期と価格の詳細が発表。Ultra HD Blu-rayディスクドライブを備えたモデルが49980円、デジタル・エディションが39980円で、11月12日に発売されることが明らかにされたのでした。これは、11月第2週はえらいことになりそうですなあ……。

 今週のランキングで、プレイステーション5の発売日と価格の発表を上回るPVとなったのが、スクウェア・エニックス『ファイナルファンタジーXVI』の発表。同作がプレイステーション5で開発中であるとのサプライズ発表が、ゲームファンを大いに沸かせた。さすが国民的RPGのナンバリングタイトルの最新作ということで、注目度は別格。『ファイナルファンタジーXVI』は吉田直樹プロデューサー、 髙井浩ディレクターにより開発中。2021年にはつぎなる大きな情報公開があるとのことで、楽しみに待ちたい。

 そのほか、プレイステーション5のタイトル関連では、『バイオハザード ヴィレッジ』や『ホグワーツ・レガシー』などに注目が集まった。さらに、いよいよ発売日と価格が明らかになったということで、プレイステーション5の予約情報に対する関心も高かった。

 記者がランキングの動向で気になったのが、並みいる強豪に負けじと7位に入ったCEDECでの『龍が如く7 光と闇の行方』の全自動バグ取りシステムを紹介する記事。バグはゲーム開発にとっても大きな課題であるようで、それが自動で取れるということで、大きな関心が集まったよう。こういう記事が読まれることも、やっぱりうれしいです。

Oculus Quest 2が発表。“オールインワンVRシステム”は快適

 記者がピックアップさせていただきたいのはこちらの記事。

 9月17日に行われたFacebook Connectで、Oculus VRの新デバイスOculus Quest 2が発表。国内含むワールドワイドで、10月13日に発売されることが明らかとなりました。2019年に発売されたOculus Questの後継機種となる本デバイス最大の魅力は、コードなどを必要としない、スタンドアローン型の“オールインワンVRシステム”であるということ。さくっと装着して楽しめるのは、とにかく快適。

 日本のユーザーにとってうれしいのは、Oculus Quest 2は日本市場に本格的に取り組むとのことで、日本向けのコンテンツも多数ローンチタイトルとして用意されていること。価格もOculus Questと比べると、相当戦略的な値付けになっており(64GBモデルが33800円[税抜]、256GBモデルが44800円[税抜])、この機会にVRの世界に飛び込んでみてもいいのでは?

5f622b9a50ec8

 というわけで、怒涛の新情報ラッシュに湧いた今週のゲーム業界。9月23日からはいよいよ東京ゲームショウ2020 オンラインが開幕する(23日はオンライン商談のみ)。史上初となるオンライン開催でどのようなニュースが飛び出してくるのか、ファミ通.comでは特設サイトを開設し、東京ゲームショウ2020 オンラインの模様をつぶさにリポートしていくのでお楽しみに。


ファミ通.com 東京ゲームショウ2020 オンライン特設サイト

過去の週間PVランキングはこちら

著者: ” — www.famitsu.com

Continue Reading
ゲームのレビュー動画22分 ago

メジャー級の面白さ!PS4でできるおすすめインディーゲーム 3選 Part1

実況じっきょうプレイ25分 ago

痩せるプランクはこうやる!正しいプランクと変化型プランクで効果的にお腹の脂肪を燃焼!

東京ゲームショウ26分 ago

「Orangeblood」がPS4/Switch/Xbox One向けに10月1日に配信。20世紀末の沖縄近郊にある人工島を舞台したターンベースコマンド型RPG

ゲームのレビュー動画6時間 ago

【ディスガイアRPG】 七つの大罪コラボ ガチャキャラレビュー&ディアンヌ狙い [200917]

実況じっきょうプレイ6時間 ago

#3【勝利を掴め!】弟者,兄者,おついちの「ハイパースケープ」【2BRO.】

東京ゲームショウ6時間 ago

メインステージの内容を紹介。今年は深夜までTGSを楽しもう!【TGS2020 オンライン Amazon特設会場見どころガイド】 –

ゲームのレビュー動画12時間 ago

ニンテンドースイッチ・PS4・PC向け2020年 おすすめ インディーゲーム5選【switch PC PS4おすすめゲームまとめ】

実況じっきょうプレイ12時間 ago

TESTEI os TIKTOKS mais VIRAIS do MINECRAFT (FUNCIONOU!) 😂😱 MINECRAFT TIKTOK

東京ゲームショウ12時間 ago

『二ノ国:Cross Worlds』の「TGS2020」公式番組の出演ゲストが発表! | Appliv Games

ゲーミング14時間 ago

ロジクール独自開発ゲーミングマウスセンサー“HERO”業界最高25KDPIに。ソフトウェア更新を提供開始 –

人気