Connect with us

ゲーム 評価 ランキング

Steamが2019年の売上トップ作品を発表―人気の新作や最もプレイされたタイトルなども明らかに |

Eiko Kato

Published

on


Valveは、ゲーム配信プラットフォームSteamにて2019年年間ベストのリストを公開しました。

公開されたリストは、「売上トップ」「人気の新作」「売上トップのバーチャルリアリティゲーム」「トップ早期アクセス卒業タイトル」「最もプレイされたゲーム」の5つ。売上トップのリストでは具体的な数字や順位は開示されませんが、大まかな位置づけがわかるように下記の4つのカテゴリーに分けられています。

  • プラチナ:1位から12位の売上上位作品
  • ゴールド:13位から24位の売上上位作品
  • シルバー:25位から40位の売上上位作品
  • ブロンズ:41位から100位の売上上位作品

売上トップ」リストのプラチナカテゴリーには、2019年GOTYを受賞した『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』や『モンスターハンター:ワールド』、『Total War: THREE KINGDOMS』などがランクイン。無料タイトルでは『Destiny 2』や、2018年12月より基本無料化された『Counter-Strike: Global Offensive』などがランクインしています。

人気の新作」年間トップリリースには、カプコンの『バイオハザード RE:2』『デビル メイ クライ 5』や、バンダイナムコエンターテインメントの『CODE VEIN』など国産タイトルがランクイン。そのほか『Halo: The Master Chief Collection』『レッド・デッド・リデンプション2』などの大作や、『Remnant: From the Ashes』『MORDHAU』といったタイトルも選ばれています。

売上トップのバーチャルリアリティゲーム」では『BONEWORKS』『Zero Caliber VR』などのガンシューティングがランクインしたほか、『Blade and Sorcery』『GORN』といったメレーアクションも登場しています。

トップ早期アクセス卒業タイトル」では、Game*Sparkでもたびたび取り上げている『PC Building Simulator』のほか、スペースコロニー運営シム『Oxygen Not Included』、PvP怪物狩りシューター『Hunt: Showdown』、宇宙サンドボックス『Space Engineers』など個性豊かなタイトルがランクインしました。

最もプレイされたゲーム」の同時プレイヤー数10万人以上タイトルには、『Warframe』『Dota Underlords』『Path of Exile』など基本無料タイトルが多数ランクイン。有料タイトルでは『レインボーシックス シージ』や『PUBG』のほか、シングルプレイ専用の『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』も選ばれています。

年間ベストの詳細はこちらからご確認ください。



著者: ” — www.gamebusiness.jp

Continue Reading

ゲーム 評価 ランキング

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』、8月3日17:00より、イベント『キモチ戦 悦ぶサファイアの唇』を開催!:時事ドットコム

Eiko Kato

Published

on

[株式会社アニプレックス]


蒼樹うめ描き下ろしのキャラクターが多数登場するスマートフォンゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』(iOS/Android/Windows向けアプリ 基本プレイ無料 ※一部アイテム課金あり)は、8月3日17:00より、イベント『キモチ戦 悦ぶサファイアの唇』を開催しております。

■イベント名
キモチ戦 悦ぶサファイアの唇

■開催予定
2020年8月3日17:00~8月8日15:59

■イベント概要
本イベントは、期間限定で登場するキモチ「悦ぶサファイアの唇」に挑戦するイベントです。
前半戦と後半戦の2部で構成されます。
前半戦では、個人でキモチに多くのダメージを与えて、より高位のグレード到達を目指します。
後半戦では、前半戦で到達したグレードに応じたグループへ振り分けられます。
同じグループ内の他のプレイヤーと協力して、キモチをより多く撃退することで、豪華報酬の獲得を目指します。


※本イベントに参加するためには、メインストーリー第2部序章をクリアしている必要があります。

■新規実装と前回からの変更点
本イベントでは、下記の新規実装と前回からの変更点があります。
各項目の詳細は、本お知らせの「遊び方」をご参照ください。

【新規実装】
・「キモチ戦 戦力」の実装
 キモチ戦において編成した魔法少女やメモリアによって算出される値です。
 キモチ「悦ぶサファイアの唇」に対して、有利な魔法少女やメモリアが編成されている場合に値がより高くなります。
・キモチの撃退回数を競う「グループランキング」の追加
・「グループ内ランキング」の追加
・「所属グループグレード報酬」の追加

【前回からの変更点】
・前半戦と後半戦の開催
 【前半戦】
 1日3回のバトルを通じて与えた総ダメージやバトル評価に応じて「エンブレム」や「GP(グレードポイント)」を獲得できる個人戦です。「累計GP」が各グレードの基準を超えることでグレードが上昇します。
 前半戦では「GP」を多く獲得して、より高位のグレードを目指します。

 【後半戦】
 前半戦で到達したグレードに応じたグループに振り分けられ、同じグループのプレイヤーと協力し、1日3回のバトルを通じて、キモチをより多く撃退することに挑戦します。

・「お任せ編成」の改修
 「キモチ戦 戦力」が最大になるように、自動で編成が行われます。
・各種UIの改善
・バトルログの改修・機能追加
 グループ画面やランキング画面、キモチ戦のTOP画面から他プレイヤーのバトルログを確認できます。また、バトルログ画面から、他プレイヤーが編成していた魔法少女や陣形を自分の編成へとコピーできます。
 ※装備しているメモリアはコピーできません。
 ※プレイヤーが所持していない魔法少女や陣形があった場合、他プレイヤーの編成と同じ並びにはなりません。
・編成可能チーム数を4に変更
・バトル終了後のリザルト画面の改修
 バトルで与えた合計ダメージとは別に、以下の内容が確認できる画面を表示できます。

 確認可能項目
 ・ターン毎の選択したディスク
 ・ターン毎のスキル使用回数
 ・状態異常やカウンターなどを含めた、ターン毎の与えたダメージの合計

■キモチの特徴と対策
キモチ「悦ぶサファイアの唇」は水属性です。
特徴:状態異常の付与
スキルで「毒」や「スキル不可」といった状態異常を付与してくるため、敵のスキルを妨害する「スキル不可」や状態異常を無効化または解除できる、コネクトやマギアを持った木属性の魔法少女を編成、またはメモリアを装備することが有効です。

・有利な魔法少女
巴マミ 水着ver.
巴マミ
宮尾時雨
香春ゆうな

・有利なメモリア
自責に包まれて
彼方への憧れ
未来あるトモヘ
頼れるネゴシエーター

【遊び方】
本イベントは「悦ぶサファイアの唇」に挑戦し、1日3回のバトルを通じて与えた総ダメージやバトル評価に応じて「エンブレム」や「GP(グレードポイント)」を獲得できます。
獲得した「エンブレム」が高位になるほど豪華報酬が獲得でき、「GP」が高いほど「キモチメダル」を多く獲得できます。「キモチメダル」はイベント限定ショップで「感情の欠片++」や「レインボーオーブ」等の貴重なアイテムと交換できます。
また「累計GP」が各グレードの基準を超えることでグレードが上昇し、グレード報酬を獲得できます。

イベントの開催期間は、前半戦と後半戦の2部で構成されます。

【前半戦】
 1日3回のバトルを通じて「GP」を多く獲得して、より高位のグレードを目指す個人戦です。
 ※前半戦では、キモチを撃退してもLvが上昇しません。

【後半戦】
 同じグループのプレイヤーと協力し、1日3回のバトルを通じて、キモチをより多く撃退することに挑戦します。所属したグループのグレード、グループ内のプレイヤーランキング、グループ間のランキングに応じた「称号」が獲得できます。
 ※後半戦では、キモチを撃退するたびにLvが上昇します。
 ※グループ人数が不足した場合、繰り上がりで上のグループへと振り分けられる場合があります。

■開催スケジュール
本イベントは、以下のスケジュールで開催いたします。

前半戦:8月3日17:00~8月5日15:59
※集計期間:8月5日16:00~17:00

後半戦:8月5日17:00~8月8日15:59
※集計期間:8月8日16:00~17:00

※各種報酬は上記集計期間後に配布予定です。

■「悦ぶサファイアの唇」のバトル
▼バトル
・挑戦回数とターン制限
 1日3回まで「悦ぶサファイアの唇」に挑戦できます。
 毎回のバトルは6ターンまでの制限があり、6ターンを過ぎるとバトルが終了します。
 ※挑戦回数は毎日16:00にリセットされます。
 ※バトルに挑戦した際、1回だけバトルの再開が可能です。2回目以降は再開できず、挑戦回数は消費されます。バトルを再開しなかった場合でも、挑戦回数は消費されます。
 ※バトルをリタイアした場合、挑戦回数は消費されます。

▼属性の相性
 属性の相性によって与えるダメージが通常のバトルとは異なり、被ダメージは通常のバトルと同じになります。
 有利な属性でのダメージは通常より多くなり、それ以外の属性でのダメージは少なくなります。
 属性の相性を意識したチーム編成で「悦ぶサファイアの唇」に挑戦しましょう。
 ※無属性でのダメージは等倍となります。

▼キモチLvの上昇
後半戦の「悦ぶサファイアの唇」は、撃退するたびにLvとHPが上昇します。
※「悦ぶサファイアの唇」はLvが上昇してもHP以外のステータスに変更はありません。
※前半戦では「悦ぶサファイアの唇」を撃退してもLvは上昇しません。

また、グループで到達した「悦ぶサファイアの唇」の撃退数に応じて、グループ内のすべてのプレイヤーが報酬を獲得できます。
※報酬はイベント終了後に獲得できます。
※イベント期間中に1回以上「悦ぶサファイアの唇」とのバトルに挑戦している必要があります。

▼チーム編成
チーム編成では、ほかのプレイヤーのサポートキャラを選択できません。
プレイヤー自身が所持している魔法少女を5体まで編成できます。

▼バトル間の引き継ぎ
・Chargeコンボ数
 バトル終了時にChargeコンボ数が残っている場合、次回のバトルに持ち越され、Chargeコンボ数が引き継がれた状態でバトルを開始します。
 ※Charge後ダメージUP等の効果は引き継がれません。
 ※バトル間の引き継ぎは毎日16:00にリセットされます。

・MP
 バトル終了時に魔法少女にMPが残っていた場合、参加した魔法少女のMPの合計値が 次のバトルに参加する魔法少女に均等に分配された状態で次のバトルを開始します。
 ※分配されるMPに小数点以下の値があった場合は、切り捨てとなります。
 ※分配されるMPが魔法少女のMP最大値を超えていた場合、超過分のMPは破棄されます。
 ※バトル間の引き継ぎは毎日16:00にリセットされます。

■キモチ戦 戦力
キモチ「悦ぶサファイアの唇」に対して、編成した魔法少女やメモリアによって算出される値です。有利な属性の魔法少女であることやマギアの効果が属性強化ダメージであることなど、キモチに対して有利な魔法少女が編成されている場合に値がより高くなります。
また、メモリアでは、与えるダメージやマギアのダメージが上昇したり、攻撃時に確率で「スキル不可」を付与する効果など、キモチに対して有利な効果を持つメモリアが編成されている場合に値がより高くなります。

■お任せ編成
「お任せ編成」では、以下の2つの設定で編成を行うことができます。

・おすすめ優先
「おすすめ優先」では、キモチ「悦ぶサファイアの唇」に対して、有利な魔法少女やメモリアを育成の状況に関わらず優先して編成が行われます。

・キモチ戦 戦力優先
「キモチ戦 戦力優先」では、「キモチ戦 戦力」が最大になるように自動で編成が行われます。

■模擬戦
模擬戦では、挑戦回数を消費することなく「悦ぶサファイアの唇」に挑戦できます。
挑戦回数を消費するバトルにて獲得したChargeコンボ数やMPを引き継いで挑戦できます。
※模擬戦で獲得したChargeコンボ数やMPは、挑戦回数を消費するバトルに引き継ぐことはできません。
※模擬戦ではクエスト再生速度「3倍」を選択できます。
※模擬戦では報酬を獲得できません。

■「いいね」機能
グループTOP画面にて同じグループ内のほかのプレイヤーに「いいね」をすることができます。「いいね」をすることで、バトルで引き継ぐMPを50獲得できます。
また、「いいね」をされたプレイヤーは回数に応じてサポートPtを150獲得できます。
※「いいね」は1日1回することができます。
※「いいね」ができる回数は毎日16:00にリセットされます。

■エンブレム
「悦ぶサファイアの唇」とのバトルで与えた1日分の総ダメージに応じてSS~Cまでの「エンブレム」を獲得できます。イベント期間中に獲得した「エンブレム」のうち、最高位の「エンブレム」に応じて報酬を獲得できます。
※報酬はイベント終了後に獲得できます。
※イベント期間中に獲得した最高位の「エンブレム」は、イベント終了後の「キモチ戦 戦績」ページ、またはホーム画面の「その他」から「戦績」で確認できます。

■GP(グレードポイント)
「悦ぶサファイアの唇」とのバトル評価によって「GP」を獲得できます。
バトル評価はバトルで与えたダメージをはじめ、チーム編成人数、コネクトやスキル等の特定行動の回数、バトル終了時の生存人数などによって決まります。
バトル評価によって獲得した「GP」に応じて、イベント限定ショップで交換可能な「キモチメダル」を獲得できます。

■グレード
イベント期間中に獲得した「累計GP」に応じて、S3~D1までのグレードが決まります。
イベント終了時のグレードに応じて、マギアストーンや「感情の欠片」等の報酬を獲得できます。
また、前半戦で到達したグレードが後半戦のグループ分けの基準になります。
※報酬一覧より現在のグレードと各グレード報酬の内容を確認できます。
※到達したグレード以下のすべてのグレード報酬は「開催スケジュール」に記載されている集計期間後に獲得できます。

■グループ
後半戦では、プレイヤーは前半戦で到達したグレードに応じて、100人または200人のグループに振り分けられます。
同じグループ内のプレイヤーと協力して、キモチをより多く撃退することに挑戦します。
※所属しているグループのグレードがSの場合は100人まで、それ以外は200人までのグループとなります。
※グループ人数が不足した場合、繰り上がりで上のグループへと振り分けられる場合があります。

また「グループ内ランキング」で1位のプレイヤーは、グループの名称を変更できます。
※初期のグループ名は「グループ○○○○」と表記され、所属しているグループのグレードとグループの番号による名称となります。
※グループの名称を変更できるプレイヤーは、その日の16:00の時点で1位だったプレイヤーです。グループの名称は翌日の15:59まで変更できます。

【所属グループグレード報酬】
前半戦の結果で振り分けられたグループのグレードに応じた「称号」を獲得できます。
※グループのグレードに応じた報酬は「称号」以外ありません。

■グループランキング
グループ間でキモチの撃退回数を競うランキングで、上位10グループまで表示され順位に応じて「称号」を獲得できます。

※「グループランキング」の情報は毎日16:00以降に反映されます。
※「グループランキング」に応じた報酬は「称号」以外ありません。

■グループ内ランキング
振り分けられたグループ内のプレイヤーの「GP」によるランキングで、上位10人まで表示され、その日のデイリーダメージに応じて順位が変動し、順位に応じて「称号」を獲得できます。
※「グループ内ランキング」に応じた報酬は「称号」以外ありません。

■称号
「称号」は、所属したグループのグレードや「グループ内ランキング」「グループランキング」に応じて獲得できます。
※獲得した「称号」は今後実装予定の機能で使用できます。

■トータルダメージランキング
「悦ぶサファイアの唇」とのバトルでイベント期間中に与えた総ダメージのランキングです。プレイヤー自身の順位と、全参加プレイヤーのうち上位30名が表示されます。
※30位以降は100位、500位、1000位…と、区切りの順位が表示されます。

トータルダメージランキングは、毎日16:00に集計されます。
※トータルダメージランキングは8月4日16:00より表示されます。
※トータルダメージランキングによる報酬はありません。

■デイリーダメージランキング
「悦ぶサファイアの唇」とのバトルで1日に与えた総ダメージのランキングです。
日毎にプレイヤー自身の順位と、全参加プレイヤーのうち上位30名が表示されます。
※30位以降は100位、500位、1000位…と、区切りの順位が表示されます。

デイリーダメージランキングは、毎日16:00に集計されます。
※デイリーダメージランキングは8月4日16:00より表示されます。
※デイリーダメージランキングによる報酬はありません。

■個人ミッション
「悦ぶサファイアの唇」とのバトルで特定のミッションを達成すると報酬を獲得できます。
※報酬はイベント内のミッション画面もしくはミッションページで獲得できます。

■注意事項
・イベントの仕様、日程については予告なく変更する場合があります。
・本イベントのバトルではAPは消費しません。
・本イベントは、再度開催する場合があります。
・本イベントは、未読イベントストーリーの解放対象となる場合があります。

【STAFF】
☆ 原作:Magica Quartet
☆ キャラクター原案:蒼樹うめ(『魔法少女まどか☆マギカ』キャラクター原案・『ひだま
りスケッチ』著)
☆ 魔女・ウワサ・手下監修/ドッペル原案・監修:劇団イヌカレー(泥犬)(『魔法少女まどか☆マギカ』異空間設計)
☆開発/魔女・ウワサ・手下原案:f4samurai(『オルタンシア・サーガ –蒼の騎士団-』ほか)
☆アニメーション:シャフト(『魔法少女まどか☆マギカ』・『〈物語〉シリーズ』アニメーション制作)

【『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』概要】
■タイトル名      :マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝
(読み:マギアレコード マホウショウジョマドカマギカガイデン)
■配信:App Store/Google Play/DMM GAMES
■対応OS:iOS / Android / Windows
■価格:基本無料(一部アプリ内課金あり)
■公式サイト:http://magireco.com
■公式Twitter:@magireco (https://twitter.com/magireco
■著作権表記:(C)Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partners

企業プレスリリース詳細へ
(2020/08/03-18:46)



著者: ” — www.jiji.com

Continue Reading

ゲーム 評価 ランキング

【パズドラ】大罪龍と鍵の勇者ガチャの当たりと評価【引くべきキャラは?】 |

Eiko Kato

Published

on

パズドラ_大罪龍と鍵の勇者

パズドラの大罪龍と鍵の勇者(たいざいりゅうとかぎのゆうしゃ/レアガチャ)の当たりキャラの性能や評価、最新情報を紹介しています。大罪龍と鍵の勇者ガチャは引くべきかや排出確率、いつ開催かなども記載していますので、引くか迷われている方はご参考下さい。

TOPへボタン_パズドラ

大罪龍と鍵の勇者とは

新たなレアガチャイベント

パズドラ_四獣と神翼の賢者
「大罪龍と鍵の勇者」は、魔法石5個のレアガチャで開催される新イベントです。

山本Pが久々にゼロから企画に携わっているということもあり、ガチャ以外もかなり気合の入った内容になっています。

▼イベント内容の詳細はこちら!

魔法石の数 1回:魔法石魔法石×5
開催期間 2020.8/3(月)10:00~8/31(月)9:59

※一定期間ごとにイベントキャラ以外のラインナップが切り替わります。

大罪龍と鍵の勇者の当たりランキング

評価基準はこちら

ランキング早見表

大罪龍と鍵の勇者のキャラ評価

大当たり

当たり

使える

大罪龍と鍵の勇者ガチャアンケート

大罪龍と鍵の勇者は引く?引かない?








大罪龍と鍵の勇者の予定は?

このアンケートは投票を締め切りました。

投票ありがとうございます!
24時間後に再度投票できます。

投票中です…そのままお待ちください。

実際のガチャを引く前に運試し!
大罪龍と鍵の勇者ガチャシミュレーター

大罪龍と鍵の勇者は引くべき?

尖ったキャラが多い

最高レアの勇者たちは変身までに30ターンを要するものの、リーダー性能に加えて単体性能もかなり高めですし、大罪龍たちも含めて尖ったキャラが多いです。

攻略面だけでなく、周回やランダンなどで使えるキャラもいるので、引く価値は高いガチャと言えるでしょう。

イベントキャラの排出率が高い

レアガチャイベントということで、ラインナップには大罪龍と鍵の勇者シリーズ以外のキャラ(神シリーズなど)も大量に含まれています。

とはいえ、大罪龍と鍵の勇者シリーズのキャラたちの合計排出確率が50%もあり、特に汰魔悟の排出確率がかなり高いので、そういった意味でもおすすめできるガチャです。

無料ガチャとガチャセット購入で撤退するのも手

パズドラ_パズドラ_大罪龍と鍵の勇者ガチャ_20回無料

期間中、2回に分けて無料ガチャが20回引けます。魔法石を消費して引くガチャよりも確率が絞られているとはいえ、対象のキャラが引ける可能性もゼロではありません。

加えて、「魔法石30個+★7確定ガチャ(3,680円)」と「魔法石2個+大罪龍と鍵の勇者ガチャ(250円)」が、それぞれ2回ずつ購入でき、大罪龍と鍵の勇者イベントキャラが確実に入手できます

★7確定ガチャはややお高いですが、250円のガチャセットはかなりお得です。

▼ガチャセットの詳細はこちら

他の限定ガチャも多数控えている

パズドラ_Fateコラボ_第2弾
8/10(月)まではペルソナコラボが並行して開催されていますし、8月中には夏休みガチャなども開催されるので、まだまだ続くであろうガチャラッシュに備えて魔法石を温存しておくのも選択肢の一つです。

ガチャ 概要
パズドラ_グレオン(変身前)_アイコン大罪龍と
鍵の勇者
・魔法石5個ガチャ
レアガチャイベント
・尖ったキャラが多い
・最レアの勇者はリーダー性能も強力
・イベントキャラの合計排出は50%
【おすすめ度】
★★★★☆


【開催期間】
2020.8/3(月)10:00~8/31(月)9:59

パズドラ_雨宮蓮_アイコンペルソナ ・魔法石5個ガチャ
・有用なサポートキャラが多め
・新キャラは全体的に優秀
【おすすめ度】
★★★☆☆


【開催期間】
2020.7/27(月)10:00~8/10(月)9:59

パズドラ_水着ヴェロア_アイコン
夏休み
・魔法石5個ガチャ
・7月の公式放送で新キャライラスト公開
・新たな★9枠はプレーナ?


【開催期間】
8月開催予定(8月上旬?)

パズドラ_DMCコラボ_デビルメイクライコラボ_当たりと引くべきキャラFate[HF] ・魔法石6個ガチャ
・Fate[HF]3章の公開に合わせて復刻?
・映画の公開日は8/15予定


【開催期間】
未発表(8月開催が濃厚?)

今後の復刻が見込めるガチャ

コラボとは違い、定期的に復刻する可能性が高いガチャです。とはいえ、次回の復刻がいつになるかはわからないので、後悔のないようにしましょう。

大罪龍と鍵の勇者ガチャの排出確率とガチャセットの詳細

排出確率について

ログインで無料ガチャが合計20回引ける

パズドラ_パズドラ_大罪龍と鍵の勇者ガチャ_20回無料

期間① 2020.8/3(月)10:00~8/17(月)9:59
期間② 2020.8/17(月)10:00~8/31(月)9:59

期間中にログインすることで、合計20回無料ガチャをまわすことができます。ランクに関係なくまわせるので、リセマラで目的で使うことも可能です。

大罪龍と鍵の勇者ガチャのキャラで始めたい方は、チュートリアル終了後に配布される魔法石とゲーム内メールの無料ガチャを利用してリセマラを行いましょう。

リセマラのやり方はこちら
最新版リセマラランキング

スペダンのクリア報酬で無料ガチャが1回引ける

1人モード限定の「大罪龍と鍵の勇者」の中にある7フロアのダンジョンを全てクリアすることで、「クリア報酬!大罪龍と鍵の勇者ガチャ」1回が貰えます。

この無料ガチャからは大罪龍と鍵の勇者イベントキャラしか排出されないので、期間中にダンジョンをクリアして必ず無料ガチャをゲットしましょう。

大罪龍と鍵の勇者ダンジョンの攻略情報

お得な2種類のガチャセットが販売

確定ガチャの種類
パズドラ_★7確定大罪龍と鍵の勇者ガチャセット 【価格】
3,680円
【セット内容】
魔法石20個+★7確定大罪龍と鍵の勇者ガチャ
パズドラ_魔法石2個+大罪龍と鍵の勇者ガチャセット 【価格】
250円
【セット内容】
魔法石2個+大罪龍と鍵の勇者ガチャ
※大罪龍と鍵の勇者イベントキャラのみ排出のガチャ
販売期間① 2020.8/3(月)10:00~8/17(月)9:59
販売期間② 2020.8/17(月)10:00~8/31(月)9:59

期間中、魔法石ショップにて上記2種類の確定ガチャが販売されます。

どちらの確定ガチャも2回ずつ購入することができ、大罪龍と鍵の勇者イベントキャラのうちいずれかをゲットできるので、課金に抵抗がなければ購入することをおすすめします。

大罪龍と鍵の勇者イベントの詳細

ダンジョンで「かけら」を集めよう

パズドラ_大罪龍と鍵の勇者_かけら集め
まずは、スペシャルダンジョンの「大罪龍と鍵の勇者」「七つの大罪ラッシュ!」、3人でワイワイの「協力!大罪龍と鍵の勇者」のいずれかで「かけら」を集めましょう。

交換所で「結晶」と交換

パズドラ_大罪龍と鍵の勇者_かけら交換
かけらは、モンスター交換所にて「結晶」と交換することができ、この結晶が鍵を作成するための進化素材となります。

鍵ごとに必要な結晶の種類が異なるので、ダンジョンを周回して必要な結晶の元となる「かけら」をたくさん集めましょう。

聖なる鍵・呪いの鍵をアシスト進化

パズドラ_大罪龍と鍵の勇者_鍵アシスト進化

集めた各結晶を使用して「聖なる鍵」「呪いの鍵」を新たな鍵(アシスト装備)へ進化できます。

「聖なる鍵」と「呪いの鍵」は、ログイン報酬・ダンジョンの初クリア報酬・モンスター購入で入手可能です。

作成するべき鍵はどれ?

ダンジョンには「隠し要素」が潜んでいる!

パズドラ_大罪龍と鍵の勇者_ダンジョン隠し要素

大罪龍と鍵の勇者のダンジョンには隠し要素が用意されており、全ての隠し要素を最初に発見したユーザーは公式サイトとムラコのTwitterにて名前が発表され、ゲーム内クレジットにも掲載されるとのこと!

イベント初日で隠し要素が全て判明

イベント初日で早くも全ての隠し要素が探し当てられたようです。『イベント後半に新たな謎解き要素を追加するかも』とのことなので、楽しみに待ちましょう。

おすすめ記事一覧

大罪龍と鍵の勇者の登場キャラクター

TOPへボタン_パズドラ

最新イベント・新キャラ情報

新キャラクター

最新イベント

パズドラ攻略情報

各種ランキング

お役立ち情報

初心者向け

属性別キャラ一覧






おすすめゲームランキング



著者: ” — appmedia.jp

Continue Reading

ゲーム 評価 ランキング

LINEがCX創造をテーマに18講演を開催―OMO型販促は実行フェーズへ | Exchangewire Japan

Eiko Kato

Published

on

 

 

LINE株式会社は6月29日、新たな顧客体験の創造をテーマとしたオンラインイベントである「LINE CX DAY」を開催した。

 

 

 

OMO型販促は構想段階から実行フェーズへ

コロナウイルスの感染拡大抑止を目的とした外出自粛を受けてオフライン活動が制限された結果、様々なサービスのデジタルシフトが実現。

コロナ禍の終息後もオンラインサービスは引き続き積極的に活用されることが見込まれていることから、とりわけデジタル上での顧客体験(CX)は今後ますます重要になる。

そこでLINE社は、大手広告主や広告会社のCX関連施策担当者を登壇者として招聘し、総計18セッションに及ぶ講演をオンラインで実施。LINEを活用したCX構築及び改善の最新事例を紹介した。

 

LINEの執行役員として広告ビジネス事業を担当する池端由基氏は、基調講演を通じて、8400万人(2020年3月時点)のユーザーを基盤とするLINEのプラットフォームは、64社のテクノロジーパートナー企業と連携しながら、API、AI技術、LINE公式アカウントといったCX構築及び改善機能を装備していると説明。これらの仕組みを通じて「人々の生活を豊かにする感情的な価値や経験」を提供していきたいとの考えを述べた。

 

デジタルマーケティングにおけるCXはこれまでオンライン上の利便性や操作性を意味することが多かったが、あらゆる場所に持ち歩くことができるスマートフォンの普及により、近年ではオフライン行動にまで対象領域を拡張。日本国内で圧倒的な利用率を誇るLINEアプリを通じて、オフライン領域でデジタルマーケティング施策を展開する事例が出始めている。

これらLINE社による取り組みの中で、とりわけ注目されているのがOMO型販促。同社OMO販促事業推進室室長の江田達哉氏は既に「構想段階から実行フェーズに入っている」との表現を通じて、オンラインとオフラインを融合させたマーケティング手法が確立されつつあると示唆した。

 

 

 

カスタマイズを容易にするAPI機能の提供開始

LINE社が提供する包括的なOMO型販促機能の一つが「LINEセールスプロモーション」。一般的には、ユーザーが購入商品やそのレシートに記載されたQRコードをLINEアプリで読み込むことで、後に景品と交換できるポイントを取得できる仕組みなどを整備している。企業側は例えばウェブ上の広告閲覧から店舗での購買行動に至るまでのユーザー行動をつぶさに観察できるだけでなく、プッシュ通知などを通じて獲得ポイント数に応じたコミュニケーションをユーザーと取ることができる。

江田氏によると、LINEアプリを介することでCX創造に関わる新規システム構築作業をできる限り省略したこの仕組みは各企業から高く評価された一方で、十分にカスタマイズができないことが課題となっていたと説明。そこで容易にカスタマイズを実現できるAPI機能の提供に踏み切ったと発表した。

この「Sales Promotion API」を活用した斬新な事例が既に次々と生まれており、代表的なものとしては、商品の購入と引き換えに獲得できるポイント数をランキング表示する「ランキングマイレージ」や、人気アニメ「名探偵コナン」が出すクイズに正解するとポイント数が倍増されるキャンペーンなどを実施済み。これらマーケティングキャンペーンをゲーム化することでCXを向上させた実践例が紹介された。

 

 

 

販促市場の変革をもたらすか

LINEのプラットフォーム上にデジタル販促ソリューションを開発してメーカーに提供している株式会社博報堂DYメディアパートナーズの窪田充氏は、アプリマーケティングで先行する中国と日本の違いについて述べた。

同氏によると、中国では効率化を目的としてアプリマーケティングが実施されることが多く、「ワクワクする買い物体験」の提供方法においては日本独自の発展形態があり得ると発言。

 

また株式会社サイバーエージェントにLINE活用に特化したOMO革命本部を創設した高橋篤氏は、今後は店頭など買い場に近い場所におけるユーザーとのコミュニケーションが鍵になるとの考えを述べた。

高橋氏は現在、LINE社と共同で実証実験を実施中。LINE Beaconを活用することで、店舗を訪問したユーザーに限定して配布するクーポンを使ったキャンペーンの効果を検証している。

ただ「店頭でマーケティング目的にユーザーとのコミュニケーションを取る」という習慣が定着していない現段階においては課題も多い。例えば、店内では買い物に集中しているからか、スマートフォン上に表示されたメッセージに気付かないユーザーが多い。

そこで店内のポスターやデジタルサイネージを通じて店内限定のキャンペーンを実施中であることを伝えるなどの対応を合わせて取る必要があるという。

高橋氏は、広告の閲覧から購買という広告の最終的な成果に至るまでの一連の行動を一つのユーザーIDごとに把握することができるようになれば、巨大な規模を持つ販促市場が一気に変革し得ると指摘。LINEを通じたOMO施策の発展性に対して大きな期待を示した。

 

 

 

著者: ” — www.exchangewire.jp

Continue Reading

人気