Connect with us

ゲーム 評価 ランキング

平均勤続年数”ワースト300社”ランキング2019 1位は0.8年のゲーム会社 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Eiko Kato

Published

on

▼関連記事

プレジデントオンラインは上場企業の「平均勤続年数ランキング(2019年版)」を作成した。調査対象2846社のうち、平均勤続年数が短い「ワースト300社」を集計したところ、300社の平均勤続年数は3.8年だった。ランキングの1位は0.8年のスマホゲームの開発・運営を行うマイネットだった――。


平均勤続年数4.5年→1.3年で2位に



プレジデントオンラインは、全上場企業の「平均勤続年数ランキング(2019年版)」を作成した。もとにしたデータは直近の年次決算期における有価証券報告書(2018年7月期~2019年6月期)。対象は従業員数100人以上の企業で、データ抽出では企業価値検索サービスの「Ullet(ユーレット)」の協力を得た。


このうち平均勤続年数が短い「ワースト300社」のランキングでは、マイネットが1位となった。従業員数376人で平均年齢は33.2歳、平均勤続年数は0.8年だった。設立は2006年で、「ファルキューレの紋章」などスマホゲームの開発・運営と、ゲーム事業者から買収や協業で取得したゲームを再生・運営するリビルド事業を展開する。


マイネットの財務戦略部の有岡尉行氏は、平均勤続年数が短い理由について「当社は、M&Aや他社運営タイトルの移管を推進し、運営を行うビジネスモデルだ。全体の7割を占めるM&Aで加入した従業員を、2018年4月に親会社のマイネットに転籍させたことにより、勤続年数が実態よりも低く算出されている」とコメントした。


2位はINESTで平均続年数1.3年。設立は1996年で、携帯端末販売やモバイルPOSを展開する。従業員数は119人で平均年齢は30.6歳だ。平均勤続年数は昨年の4.5年から1.3年と大幅に短くなっている。その理由について、同社管理本部の片野良太氏は「広告ソリューション事業を開始し、昨年から従業員数が102名増えたことによる」と話す。


3位はGA technologiesだ。設立は2013年で、AI活用した中古不動産サイト「リノシー」を運営する。従業員数は210人で平均年齢は29.6歳、平均勤続年数は1.4年だった。同社執行役員CAOの橋本健郎氏は「従業員数が前年度の109名から210名になった。長く勤めている社員もいるが、新しく入ってきた社員が急増すれば平均値は低くなる」と説明した。




著者: ” — president.jp

Continue Reading

ゲーム 評価 ランキング

【モンスト】属性別最強キャラランキング | AppBank

Eiko Kato

Published

on

モンスト(モンスターストライク)の属性別で最強キャラランキングをまとめました。
AppBankモンスト攻略班の裁量で、各属性の最強キャラをご紹介!
どのキャラを育てるのか参考にしてみてください。

汎用性の高さや普段使いで活躍するキャラをお探しの場合は最強キャラランキングをご覧ください。

※6/30 闇属性最強キャラランキングを更新&追加しました!

属性別最強キャラランキング

目次

火属性最強キャラランキング

順位 キャラ ポイント
1位
エクスカリバー
・神化の友情が強力
・進化、神化共に適性が広い
ゲットできるガチャ:超・獣神祭(月末月初に開催)
※神化がオススメ
2位
アザトース
・高難易度クエストで大活躍(超究極など)
・超戦型でさらなる強化が可能
ゲットできるガチャ:通常ガチャ
3位
珊瑚
・火力が高い
・強力なSSが12Tから撃てる
ゲットできるガチャ:通常ガチャ

↑ページ上に戻る

水属性最強キャラランキング

順位 キャラ ポイント
1位
ミロク
・「友情コンボ×2」で強力な友情を2回発動可能
・高難易度クエスト適性が多い
ゲットできるガチャ:水の遊宴(属性限定ガチャ)
2位
冨岡義勇
・【轟絶】モラルで大活躍
・アビ、友情、SSどれも強力
ゲットできるガチャ:鬼滅の刃コラボガチャ
3位
風神雷神
・進化、神化共に適性が多い
・神化は超MS持ち
ゲットできるガチャ:激・獣神祭(月中に開催)

↑ページ上に戻る

木属性最強キャラランキング

順位 キャラ ポイント
1位
クラピカ
・ギミック対応◎
・適性の高難易度クエストが多い
ゲットできるガチャ:ハンター×ハンターコラボガチャ
2位
ガブリエル
・分岐獣神化で2つの性能を使用可能
・適性の高難易度クエストが多い
ゲットできるガチャ:モンコレDX
※どちらの性能もオススメ
3位
ロビンフッド
・超AGB+壁ドンSSが強力
・殲滅力の高い友情
ゲットできるガチャ:グリーンファンタジー(属性限定ガチャ)

↑ページ上に戻る

光属性最強キャラランキング

順位 キャラ ポイント
1位
緑谷出久
・適性の高難易度クエストが多い
・条件次第でSSによるワンパンが可能
ゲットできるガチャ:ヒロアカコラボガチャ
2位
ソロモン
・進化、神化共に強力な性能
・適性の高難易度クエストが多い
ゲットできるガチャ:超・獣神祭(月末月初に開催)
※どちらの性能もオススメ
3位
ゴン
・殴り火力が高い
・殲滅力の高い友情とSS
ゲットできるガチャ:ハンター×ハンターコラボガチャ

↑ページ上に戻る

闇属性最強キャラランキング  New!

順位 キャラ ポイント
1位
Two for all
・超強力な友情コンボ
・超戦型でさらなる強化が可能
ゲットできるガチャ:ミッドナイトパーティ(属性限定ガチャ)
2位
キルア
・【轟絶】イデアで大活躍
・超戦型でさらなる強化が可能
ゲットできるガチャ:ハンター×ハンターコラボガチャ
3位
グングニルα
・【轟絶】アンチテーゼでワンパンが可能
・適性の高難易度クエストが多い
ゲットできるガチャ:2019クリスマスガチャ

↑ページ上に戻る

最強キャラランキング

最強キャラランキングサムネ

最強キャラランキングはこちらでチェック!

↑ページ上に戻る

著者: ” — www.appbank.net

Continue Reading

ゲーム 評価 ランキング

【AFKアリーナ】孫悟空の評価とステータス |

Eiko Kato

Published

on

AFKアリーナの「孫悟空」の評価やステータス、スキルなどの性能情報を掲載しています。

最強キャラランキングはこちら

孫悟空の評価

総合評価・基本情報

総合評価 SSランク
▶︎最強ランキング
陣営 AFKアリーナ_セレスチアルセレスチアル
タイプ 力量型
職業 戦士
メインロール 継続アタッカー
最高ランク 神話

コンテンツ別評価

アリーナ ギルドハント その他*
SSランク Aランク SSランク

*ステージ・王座の塔などのPvEコンテンツ全般

簡易評価

強い点・長所
・必殺技やスキルで分身を召喚して火力を稼ぎやすい
└必殺技の分身がいる間は本体がダメージを受けなくなる
・Lv101以降、スキル“叩き込み”で回避を無視できる
・行動阻害効果に対して有効なパッシブ持ち
・専用装備スキルが優秀
└多層のシールドでダメージを軽減し、継戦能力が格段に上昇
弱い点・短所
・専用装備抜きでは打たれ強くない
ランクアップ(限凸)が大変
└強力な専用装備を獲得するまでが遠い

特に専用装備獲得後が優秀

必殺技で召喚される分身を用いた制圧能力の高さが特徴となります。

分身は本体よりも性能が低い代わりに、ほぼ3体分の手数でダメージを蓄積させること可能ですので、HP・SPの補助ができる編成出れば序盤からアタッカーとして活躍してくれます。

また、専用装備のシールド付与効果が非常に優秀なため、育成が進んでいない段階の課題となる必殺技発動までの隙と打たれ弱さも大幅に改善されます。

育成の難しさが課題

最終的なポテンシャルは非常に優秀な反面、ガチャなどから入手しづらいセレスチアル陣営のキャラなのでランクアップ(限凸要素)が大変になっています。

孫悟空に限った話ではありませんが、運良く手に入れ続けることができないと途中から戦力外になる可能性が高いでしょう。

ランクアップの仕組みはこちら

孫悟空の必殺技・スキル

スキル1(必殺技)







身外身の術
Lv1 【アンロック-キャラLv1】

自分の分身を3体召喚すると同時に本体は分身が全部消滅するまで戦場から消える。分身は通常攻撃と「叩き込み」を使うことができ、分身のステータスは本体の90%だが、220%のダメージを受ける。
Lv2 【アンロック-キャラLv81】

分身が受けるダメージが200%になる
Lv3 【アンロック-キャラLv161】

分身は180%のダメージを受ける

スキル2








叩き込み
Lv1 【アンロック-キャラLv11】

如意棒を敵に向かって思いっきり叩き込み、攻撃力×180%の範囲ダメージを与える。遠くの敵に使用する場合は筋斗雲に乗って素早く敵に近づき、追加で現在HPの8%のダメージを与える。
Lv2 【アンロック-キャラLv21】

ダメージが攻撃力×200%に増加
Lv3 【アンロック-キャラLv101】

このスキルは回避できない
Lv4 【アンロック-キャラLv181】

ダメージが攻撃力×220%に増加

スキル3







如意金箍棒
Lv1 【アンロック-キャラLv41】

如意金箍棒が天から敵が最も密集している所をめがけ落ち、攻撃力×270%の範囲ダメージを与え、8秒間速度が100減少する。
Lv2 【アンロック-キャラLv121】

ダメージが攻撃力×300%に増加
Lv3 【アンロック-キャラLv201】

ダメージが攻撃力×330%に増加

スキル4







火眼金睛(パッシブ)
Lv1 【アンロック-キャラLv61】

11秒に1回発動する。敵が自身に行動阻害をかけると、一瞬だけ姿を消して、その行動阻害を回避し、その場所に分身を1体召喚する。この分身は「身外身の術」で召喚した分身と同じ能力を持つ。
Lv2 【アンロック-キャラLv141】

発動間隔が10秒になる
Lv3 【アンロック-キャラLv221】

発動間隔が9秒になる

孫悟空の専用装備

専用装備スキル








不死の身
初期 戦闘開始時、2層のシールドを付与する。最大HPの10%を超えるダメージを受けると、バリアを1つ消費してダメージを無効化する。
+10 戦闘開始時に付与するシールドが4層になる
+20 自分が召喚した分身にも1層のシールドを付与する
+30 必殺技を使う度に、消費したシールドを3層回復する

AFKアリーナ攻略関連リンク







著者: ” — appmedia.jp

Continue Reading

ゲーム 評価 ランキング

Galaxy S20+ 5G実機レビュー。処理性能・カメラ画質・本体発熱を検証 –

Eiko Kato

Published

on

Engadget

6月4日、auからサムスン製Androidスマートフォン「Galaxy S20+ 5G SCG02」が発売されました。ドコモも同端末を発売しますが、大きく遅れて6月18日にリリースされる予定です。ドコモは3月25日、auは3月26日、ソフトバンクは3月27日から5Gサービスを開始していますが、Galaxy S20+ 5Gはより高速に通信可能な「ミリ波」に対応したスマートフォンとして最初に発売された端末となります。

今回は社会情勢の都合上、5Gの通信速度テストは実施できませんが、製品発売とほぼ同時期にGalaxy S20+ 5G SCG02を借用できたので、主にハードウェアに焦点を当てて実機レビューをお届けします。

S20+はS20の大画面版……というより上位版的な位置づけ

Galaxy S20+ 5Gは3月25~26日にドコモ、auから発売された「Galaxy S20 5G」の大画面版……というより上位版的な位置づけのモデルです。SoCは「Qualcomm Snapdragon 865 5G Mobile Platform」(1×2.8GHz+3×2.4GHz+4×1.7GHz」、メモリー(RAM)は12GB、ストレージ(ROM)は128GBと基本スペックは同一。

しかし、Galaxy S20+ 5Gはミリ波対応、0.5インチ大きい約6.7インチディスプレイ、ToFカメラ(深度測位カメラ)、500mAh多い4500mAhバッテリーを搭載している点で、Galaxy S20 5Gのスペックを上回っています。このほかの細かなスペックについては下記の記事に詳しく掲載されているのでご参照ください。

Galaxy S20/S20+/S20 Ultraは何が違う?サイズ感や主要機能をチェック

Engadget

本体前面。ディスプレイは約6.7インチQuad HD+(3200×1440ドット)有機EL。インカメラはパンチホール仕様で、ディスプレイ下部に指紋認証センサーが内蔵されています

Engadget

本体背面。カラーはauがコスミックグレーとクラウドブルー、ドコモがコスミックグレーを用意しています

Engadget

本体上部にはSIMカードトレイ、本体下部にはUSB Type-C端子が用意されています

Engadget

本体右側面にはボリュームボタンと電源ボタンを配置。本体左側面にはなにもありません

Engadget

パッケージには本体以外に、クリアケース、保護フィルム(本体貼り付け済み)、高音質イヤホン(USB Type-C)、イヤピース、USBケーブル(C to C)、SIM取り出し用ピン、説明書(クイックスタートガイド、データ移行用試供品取扱説明書、ご利用にあたっての注意事項)が同梱されています

■AnTuTu Benchmarkのランキングで5位の座を獲得

まずは処理性能を見てみましょう。今回定番ベンチマークを実施したところ、「AnTuTu Benchmark」の総合スコアは563526、「Geekbench 5」のMulti-Core Scoreは3304、「3DMark」のSling Shot Extreme ? OpenGL ES 3.1は7185という結果になりました。6月4日時点のAnTuTu Benchmarkのランキングを見てみると、トップの「Mi 10 Pro」の総合スコアである590838には及ばないもの5位の座を獲得しています。

ちなみにサムスン製SoC「Exynos 990」を搭載している「Galaxy S20 Ultra 5G」のスコアが519975なので、Snapdragon 865を搭載するGalaxy S20+ 5Gはその約108%のパフォーマンスを備えていることになります。万の単位でスコアが大きく異なっているので、Exynos 990版よりSnapdragon 865版のほうがパフォーマンスは高いのは間違いなさそうです。

なお室温24.8度の部屋でAnTuTu Benchmarkを2回連続実行した直後の本体の表面温度をサーモグラフィーカメラで計測したところ、最大温度は37.1度に留まっていました。炎天下で8Kビデオを録画し続ければもっと表面温度が高くなるでしょうが、少なくとも室内なら高負荷な処理を実行しても不快なほど端末が熱くなることはなさそうです。

Engadget

「AnTuTu Benchmark」の総合スコアは563526、「Geekbench 5」のMulti-Core Scoreは3304、「3DMark」のSling Shot Extreme – OpenGL ES 3.1は7185

Engadget

AnTuTu Benchmarkを2回連続実行した直後の本体の最大表面温度は37.1度

Galaxy S20+ 5Gは無線LANがWi-Fi 6(11ax)に対応しています。そこでWi-Fi 6対応無線LANルーターに接続したPCをサーバーにして、Galaxy S20+ 5GでWi-Fi 6接続時の実効通信速度を「Magic iPerf」で計測してみたところ、送信856Mbps、受信831Mbpsという好成績を記録しました。もはやこの領域になると、自宅の光回線の実効通信速度がボトルネックとなる可能性が高いですが、これから無線LANルーターの買い換えを予定しているのであれば、Wi-Fi 6対応製品を購入したほうがよさそうです

Engadget

Wi-Fi 6経由で接続時に「Magic iPerf」で送信856Mbps、受信831Mbpsを記録

■被写体を選べば30倍ズームも十分実用的

Galaxy S20+ 5Gには、64MP望遠カメラ(0.8μm、約76度、F2.0)、12MP広角カメラ(1.8μm、約70度、F1.8、スーパースピードデュアルピクセルAF、OIS)、12MP超広角カメラ(1.4μm、約120度、F2.2)、ToFカメラ(深度測位カメラ)が搭載されています。

最も高解像度なイメージセンサーは望遠カメラとして搭載されていますが、その解像感は圧倒的です。被写体によってはファイルサイズが30MB近くになりますが、そのぶん撮影後にトリミングの自由度が高いです。64MPモードは、構図をあまり気にせず、気軽に撮影するのに向いていると思います。

超解像ズームの30倍はさすがに塗り絵的な画像となってしまいますが、10倍まであればよほど大きなディスプレイでじっくり見ないかぎりは、超解像処理が組み合わされているとは気づかないレベルです。30倍モードも今回撮影した時計の文字盤のようにテクスチャーが細かくない被写体であれば、意外と粗が目立ちません。この特性を理解して被写体を選べば、30倍ズームも十分実用的だと考えます。

Engadget

左上が64MP望遠カメラ、中央上が12MP広角カメラ、右上が12MP超広角カメラ、中央下がToFカメラ(深度測位カメラ)

Engadget

左上から0.5倍、1倍、3倍、10倍で撮影。0.5倍は12MP超広角カメラ、1倍は12MP広角カメラ、3倍と10倍は64MP望遠カメラで撮影されています

Engadget

左は12MP広角カメラ、右は64MP望遠カメラの64MPモードで撮影した画像を拡大したもの。64MPモードで撮影した写真は「CITIZEN」の文字もくっきりと読めます

Engadget

左は64MP望遠カメラで30倍の超解像度ズーム、右は64MP望遠カメラの64MPモードで撮影した画像を拡大したもの。64MPモードの9248×6936ドットに対して、超解像ズームは4032×3024ドットと解像度は低いですが、トリミング耐性は超解像ズームのほうが高いですね

Engadget

強い色が入っても露出や色が大きくずれることはありません

Engadget

Galaxy端末ならではのメシウマカメラは健在です

Engadget

Galaxy S20+ 5Gの夜景モードは現行スマホのトップクラス。明るく、ノイズが少ないだけでなく、看板やライトなどの強い光源も白飛びしていません

5Gエリアは限定的だが処理性能、カメラ画質は着実にグレードアップ

ミリ波に対応したGalaxy S20+ 5Gですが、そもそも5Gをつかむことすら難しいというのが現状です。しかし処理性能、カメラ画質は着実にグレードアップしています。5Gの高速通信を享受できるのは気長に待つことにして、現時点で最高峰のAndroidスマホがほしい方にとってGalaxy S20+ 5Gは最有力選択肢と言えます。



著者: ” — japanese.engadget.com

Continue Reading

人気