Connect with us

ゲーム 評価 ランキング

「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう! –

Eiko Kato

Published

on


 miHoYoは,2020年にコンシューマおよびスマートフォン向けに配信する,オープンワールド型RPG「原神」PC / PS4 / Switch / iOS / Android)のクローズドβテストを,3月19日から実施している。

 日本では初となる今回のCBTでは,PCならびにスマートフォンでの参加が可能だった。本稿ではそのうち,スマホ端末(Android)で遊んでみた所感をお届けしていく。実際に遊んでみて分かった本作の魅力や,基本的なプレイサイクルをぜひともチェックしてほしい。

画像(001)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

吸い込まれそうなほど美しい世界

 雷や風など,7つの元素で満たされた幻想世界“テイワット”。プレイヤーはこの地を舞台に,自由な冒険を体験していく。基本は1人プレイで進めていくが,オンラインマルチプレイも備わっている。

 まず伝えたいのが,とても広大な世界のことだ。空がきれい,海がきれい,大地に根付いた木々もきれい。吸い込まれそうなほど生き生きとしたロケーションが,それだけで気持ちをワクワクさせてくれる。

 とにかく世界の作り込みがすさまじい。このひと言に尽きる。

画像(002)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!
画像(003)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

 フィールド内にはさまざまな果実や植物が生息している。昼夜や天気の移り変わりもあり,時間帯ごとにその趣きを変える。湿っぽい雨があがり,眩しい太陽が顔を出す,その瞬間の景色の輝きといったらない。

 そこで暮らす魔物たちも,さまざまな生態系に則っている。プレイヤーが縄張りを侵して近づけば当然のように襲いかかってくるが,時には休んでいたり,たき火を囲んでいたりと,生活模様も垣間見える。

 そしてテイワットでの移動は,なにも歩き回るだけでない。山を登り,海を泳ぎ,空を飛ぶ。あらゆる手段で“冒険”できるのだ。

山だって,崖だって,あらゆるところを登れてしまう。ただし体力が尽きると落下してしまい,高所であるほど着地時に大きなダメージを受けてしまう。山登りは体力勝負なのだ
画像(004)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

水中も泳いで移動できる。こちらも体力が尽きると沈んでしまうので注意
画像(005)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

空も飛べてしまう。とても気持ちいいし,移動手段としても優秀だ
画像(006)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

 筆者が言葉を失ったのは砂浜と海辺,その上に広がる青空が一体になったときの見事なコントラストを目にしたときだった。タイトル発表時から大きな注目を集めていた本作だが,実際に遊ぶことで,こちらもまんまと期待感が高まってしまった。

 CBTで冒険できる範囲はかなり広かったものの,それでも願ってしまった。「早く正式版でテイワットの歩き回らせてほしい!」と。

最初に目に飛び込んでくる景色がこれ。しばらくの間はスクショタイムになってしまった
画像(007)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

登場するキャラクターたちも,めちゃくちゃかわいい
画像(008)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!
画像(009)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

7つの元素が混じり合うアクション

 スマホ版の基本操作は,画面左側のバーチャルパッドで「移動」,画面右側のボタンで「攻撃」「スキル」「ダッシュ」「ジャンプ」といったものだ。ノンターゲティングアクションとしても定番の感触である。

 冒険のチームは旅人(オリジナル主人公)のほか,物語を彩るたくさんのキャラクターの中から,最大4人まで選んで編成する。プレイアブルキャラは1人だが,リアルタイムで進行するアクションバトル中,操作キャラは自由に切り替えられるので,臨機応変さが大切だ。

 なお,主人公は男女のいずれかから選択するが,選んだほうは主人公となり,選ばなかったほうは謎の存在にさらわれてしまう。物語の主軸も「生き別れの兄妹と再会すべく,貴方はこの世界を旅し,仲間と七柱の神を探す」といったもので,ドラマチックな雰囲気を感じさせる。

画像(010)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

 キャラクターには「炎」「水」「氷」「雷」「風」「草」「岩」という7つの元素タイプ(属性のようなもの)のうち,いずれかが固有で設定されている。そして元素スキルを使用したとき,なんらかの元素をかけ合わせることで“元素反応”が発生し,多彩な効果を生み出す。

 例えば,炎と草が接触すると“燃焼”が発生し,継続的な炎ダメージを与えられる。炎と雷が接触すると“オーバーロード”が発生し,広範囲に炎ダメージを与えられる。この世界ではキャラクターおよび元素の組み合わせによって,いろいろと特殊な反応を引き起こせるわけだ。

 さらに,炎上した魔物に氷ダメージを与える。凍結した魔物に雷ダメージを与えるなどで,ダメージも大幅に増加する。元素反応はそれ単体の効果以上に,どのように連鎖させるのかもカギとなっている。

画像(011)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!
画像(012)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

 属性相性が適用されるゲームでは,敵の弱点属性に対応した編成にするのが最適解になりがちだが,本作はそうでもない。元素反応の連鎖を鑑みて,どのキャラたちを編成し,どのタイミングで操作キャラを切り替えるかなど,各々の好みが編成に大いに関わっていくと思えた。

 また,元素反応はバトルのみならず「雷で装置を起動」「氷で火炎を停止」など,フィールドやダンジョンのギミック対処にも用いられる。こういった部分も踏まえ,元素反応とバトルスタイルを考慮して戦うのは「忙しいし難しい!」のだが,同時にものすごく楽しいのだ。

炎元素のギミックを“氷元素のスキル”で打ち消し
画像(013)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

CBT中に使用したチーム。炎&雷の元素を交互に使ってダメージを与える。この戦い方が個人的にしっくりきて重宝した
画像(014)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

基本的なプレイサイクル

 オープンワールドのこの世界は,プレイ開始直後から自由に行動できる。極論を言えば,素材採取や風景鑑賞に没頭していたっていい。

 筆者も「あそこで景色を眺めたい」「あの山に登りたい」「そこから空を飛びたい」と好奇心に身を任せた結果,4〜5時間ほどやっていながら物語的な進捗はなにもなく,それでいて楽しく過ごせてしまった。

画像(020)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

 もちろん“こういう流れで進めていくといいよ”という道しるべはしっかり用意されている。というわけで自由行動の術はひとまず置いておいて,どういうプレイサイクルで遊んでいくのかも紹介していこう。

【大まかな進めかた】
・メインストーリーを進行
・冒険ランクを上げる
・キャラクターを育成

【毎日やれること】
・デイリー任務の依頼
・秘境で強化素材集め

【キャラが育ってきたら】
・フィールドボスや高難度コンテンツに挑戦
・マルチプレイでほかのプレイヤーと遊ぶ

■任務をこなして“冒険ランク”を上げる

 プレイヤーは冒険者として,さまざまな任務をこなして“冒険経験”を獲得し,“冒険ランク”を上げていくのが目的となる。冒険ランクはプレイヤーレベルのようなもので,各キャラクターのレベルとは異なる。

 冒険ランクの上昇に伴い,できることはどんどん増えていく。とくに序盤はコンテンツ開放のためにも,優先的に上げていきたいものだ。

意識して上げていないと,冒険ランク不足でメインストーリーを進められないなんてことも
画像(015)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

 冒険ランクはメインストーリーを進めるほか,フィールドを探索して,任務を達成したり,宝箱を発見したり,ワープポイントを開放したり,依頼をこなしたりしていると上がっていく。ものすごく雑に説明したが,脱線しすぎずに遊んでいれば稼ぐ手段は多種多様である。

【“冒険経験”の主な獲得手段】
・七天の神像の奉納
・見聞や依頼の達成
・ワープポイントの開放
・宝箱の発見
・任務や秘境をクリア

画像(016)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

■“ワープポイント”を開放する

 フィールド内を歩いて移動するのは,時間も労力もかかってしまって大変だ。そんなときに重宝するのがワープ(転送)機能である。

画像(017)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

 特定の地点にある“ワープポイント”を開放しておくと,いつでもどこからでもその場所へワープできるようになる。どれだけ距離があろうとも,あっという間に移動できるので,なるべく見つけておきたい。

 またワープポイントを開放すると冒険経験を得られて,冒険ランクの上昇にもつながる。“ワープポイント開放の旅”も有用な目標だ。

序盤でもかなりの広さを誇るフィールド。ゲームを進めていくとさらに広がっていくので,ワープポイントはなるべく気にかけておこう
画像(018)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

■強化素材は“秘境”で集める

 フィールド内では,キャラクターや武器などの強化素材を効率的に集められるダンジョン“秘境”を発見できることがある。

 秘境は“天然樹脂”を消費して挑戦する。天然樹脂は時間経過によって回復するリソースで,いわばスタミナ的なものだ。

キャラクターや武器の強化素材は“秘境”で集めるのが効率的
画像(019)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!
画像(021)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

 ついでに育成要素も列挙しておこう。名称に馴染みがないものも含まれているかもしれないが,機能自体はピンとくるものばかりのはずだ。

★レベルアップ
 キャラクターや武器のレベルは,強化素材を消費して上げる。必要な素材は魔物討伐やフィールドドロップなどでも採集できた。上限レベルまで上げると“突破”が可能になり,上限開放も行えるようになる。

画像(022)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

★武器
 元素と同様,剣や弓などの武器種もキャラクターごとに固有となる。武器を装備するとステータスが上がるほか,追加能力も付与される。

画像(023)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

★命ノ星座
 武器や元素の効果に関わるパッシブスキル。本作では祈願(ガチャ)でキャラクターや武器,強化素材を入手し,それらを使って強化する。ちなみにキャラクターはストーリー攻略でも入手可能だ。

画像(025)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

★天賦
 攻撃や元素のアクションに関わるアクティブスキル。こちらもプレイ中に入手できる素材を使用して,固有能力をさらに強化できる。

画像(026)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

★聖遺物
 アクセサリ的なもので,最大4枠まで装備できる。同系統のタイプで揃えると,2セット or 4セットボーナスが発生する。

画像(024)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

■育成の先に待つのは高難度ボス

 テイワットにはフィールドボスが存在し,冒険者を待ち構えている。フィールド探索をはじめ,ボス討伐や秘境攻略などはマルチプレイに対応しているので(一部制限あり),ほかの人と協力するのもありだ。

 なお,これからの仕様変更がどうなるか次第だが,少なくともCBT中は「深境螺旋(高難度コンテンツ)が難しくて心が折れそう」といった発言を聞いたり,実際に自分でフィールドボスに挑んだところ一瞬で返り討ちにされたりと,かなりの強敵感を味わえたことは追記しておく。

コンビニ感覚のお出かけの最中,出会ってしまったフィールドボス。通常の魔物に比べて格段に強い
画像(027)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

「マルチプレイモード」は冒険ランク16で開放される。自分の世界に来てもらったり,相手の世界に行ったりすることができる
画像(028)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

ソロでは攻略できない高難度コンテンツも,仲間たちの力があれば攻略できる! はずと予想
画像(029)「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!

正式版のリリースが楽しみすぎる!

 筆者はスマホで遊んでみたため,現時点ではスマホ側に軸足があるような状態だが,その上で所感を取りまとめるとこうなった。

・グラフィックスがすごくきれい! でも大画面でも見てみたい
・アニメ調のキャラクターたちがみんなかわいい!
・バトル操作はコントローラのほうが快適そう?
・スマホで遊ぶなら新しい機種のほうがよさげ?

 洗練されたグラフィックスや元素を絡めたバトルシステムは,コンシューマとスマートフォンで両立したサービスを提供するゲームとして,非常にバランスが優れているように思えた。コンシューマゲームっぽすぎず,スマホゲームっぽすぎず,その上で「ガチなゲーム!」感がある。

 オート機能がなく,バトルもコアな感じでと,ゲーム初心者が手を出すには勇気がいるタイトルなのかもしれない。それでも「原神をプレイしたい」と感じたのならやらない手はない。正式版がローンチされたら寝不足間違いなし。そう感じずにはいられない体験をさせてもらった。

著者: ” — www.4gamer.net

Continue Reading

ゲーム 評価 ランキング

【モンスト】属性別最強キャラランキング | AppBank

Eiko Kato

Published

on

モンスト(モンスターストライク)の属性別で最強キャラランキングをまとめました。
AppBankモンスト攻略班の裁量で、各属性の最強キャラをご紹介!
どのキャラを育てるのか参考にしてみてください。

汎用性の高さや普段使いで活躍するキャラをお探しの場合は最強キャラランキングをご覧ください。

※6/30 闇属性最強キャラランキングを更新&追加しました!

属性別最強キャラランキング

目次

火属性最強キャラランキング

順位 キャラ ポイント
1位
エクスカリバー
・神化の友情が強力
・進化、神化共に適性が広い
ゲットできるガチャ:超・獣神祭(月末月初に開催)
※神化がオススメ
2位
アザトース
・高難易度クエストで大活躍(超究極など)
・超戦型でさらなる強化が可能
ゲットできるガチャ:通常ガチャ
3位
珊瑚
・火力が高い
・強力なSSが12Tから撃てる
ゲットできるガチャ:通常ガチャ

↑ページ上に戻る

水属性最強キャラランキング

順位 キャラ ポイント
1位
ミロク
・「友情コンボ×2」で強力な友情を2回発動可能
・高難易度クエスト適性が多い
ゲットできるガチャ:水の遊宴(属性限定ガチャ)
2位
冨岡義勇
・【轟絶】モラルで大活躍
・アビ、友情、SSどれも強力
ゲットできるガチャ:鬼滅の刃コラボガチャ
3位
風神雷神
・進化、神化共に適性が多い
・神化は超MS持ち
ゲットできるガチャ:激・獣神祭(月中に開催)

↑ページ上に戻る

木属性最強キャラランキング

順位 キャラ ポイント
1位
クラピカ
・ギミック対応◎
・適性の高難易度クエストが多い
ゲットできるガチャ:ハンター×ハンターコラボガチャ
2位
ガブリエル
・分岐獣神化で2つの性能を使用可能
・適性の高難易度クエストが多い
ゲットできるガチャ:モンコレDX
※どちらの性能もオススメ
3位
ロビンフッド
・超AGB+壁ドンSSが強力
・殲滅力の高い友情
ゲットできるガチャ:グリーンファンタジー(属性限定ガチャ)

↑ページ上に戻る

光属性最強キャラランキング

順位 キャラ ポイント
1位
緑谷出久
・適性の高難易度クエストが多い
・条件次第でSSによるワンパンが可能
ゲットできるガチャ:ヒロアカコラボガチャ
2位
ソロモン
・進化、神化共に強力な性能
・適性の高難易度クエストが多い
ゲットできるガチャ:超・獣神祭(月末月初に開催)
※どちらの性能もオススメ
3位
ゴン
・殴り火力が高い
・殲滅力の高い友情とSS
ゲットできるガチャ:ハンター×ハンターコラボガチャ

↑ページ上に戻る

闇属性最強キャラランキング  New!

順位 キャラ ポイント
1位
Two for all
・超強力な友情コンボ
・超戦型でさらなる強化が可能
ゲットできるガチャ:ミッドナイトパーティ(属性限定ガチャ)
2位
キルア
・【轟絶】イデアで大活躍
・超戦型でさらなる強化が可能
ゲットできるガチャ:ハンター×ハンターコラボガチャ
3位
グングニルα
・【轟絶】アンチテーゼでワンパンが可能
・適性の高難易度クエストが多い
ゲットできるガチャ:2019クリスマスガチャ

↑ページ上に戻る

最強キャラランキング

最強キャラランキングサムネ

最強キャラランキングはこちらでチェック!

↑ページ上に戻る

著者: ” — www.appbank.net

Continue Reading

ゲーム 評価 ランキング

【AFKアリーナ】孫悟空の評価とステータス |

Eiko Kato

Published

on

AFKアリーナの「孫悟空」の評価やステータス、スキルなどの性能情報を掲載しています。

最強キャラランキングはこちら

孫悟空の評価

総合評価・基本情報

総合評価 SSランク
▶︎最強ランキング
陣営 AFKアリーナ_セレスチアルセレスチアル
タイプ 力量型
職業 戦士
メインロール 継続アタッカー
最高ランク 神話

コンテンツ別評価

アリーナ ギルドハント その他*
SSランク Aランク SSランク

*ステージ・王座の塔などのPvEコンテンツ全般

簡易評価

強い点・長所
・必殺技やスキルで分身を召喚して火力を稼ぎやすい
└必殺技の分身がいる間は本体がダメージを受けなくなる
・Lv101以降、スキル“叩き込み”で回避を無視できる
・行動阻害効果に対して有効なパッシブ持ち
・専用装備スキルが優秀
└多層のシールドでダメージを軽減し、継戦能力が格段に上昇
弱い点・短所
・専用装備抜きでは打たれ強くない
ランクアップ(限凸)が大変
└強力な専用装備を獲得するまでが遠い

特に専用装備獲得後が優秀

必殺技で召喚される分身を用いた制圧能力の高さが特徴となります。

分身は本体よりも性能が低い代わりに、ほぼ3体分の手数でダメージを蓄積させること可能ですので、HP・SPの補助ができる編成出れば序盤からアタッカーとして活躍してくれます。

また、専用装備のシールド付与効果が非常に優秀なため、育成が進んでいない段階の課題となる必殺技発動までの隙と打たれ弱さも大幅に改善されます。

育成の難しさが課題

最終的なポテンシャルは非常に優秀な反面、ガチャなどから入手しづらいセレスチアル陣営のキャラなのでランクアップ(限凸要素)が大変になっています。

孫悟空に限った話ではありませんが、運良く手に入れ続けることができないと途中から戦力外になる可能性が高いでしょう。

ランクアップの仕組みはこちら

孫悟空の必殺技・スキル

スキル1(必殺技)







身外身の術
Lv1 【アンロック-キャラLv1】

自分の分身を3体召喚すると同時に本体は分身が全部消滅するまで戦場から消える。分身は通常攻撃と「叩き込み」を使うことができ、分身のステータスは本体の90%だが、220%のダメージを受ける。
Lv2 【アンロック-キャラLv81】

分身が受けるダメージが200%になる
Lv3 【アンロック-キャラLv161】

分身は180%のダメージを受ける

スキル2








叩き込み
Lv1 【アンロック-キャラLv11】

如意棒を敵に向かって思いっきり叩き込み、攻撃力×180%の範囲ダメージを与える。遠くの敵に使用する場合は筋斗雲に乗って素早く敵に近づき、追加で現在HPの8%のダメージを与える。
Lv2 【アンロック-キャラLv21】

ダメージが攻撃力×200%に増加
Lv3 【アンロック-キャラLv101】

このスキルは回避できない
Lv4 【アンロック-キャラLv181】

ダメージが攻撃力×220%に増加

スキル3







如意金箍棒
Lv1 【アンロック-キャラLv41】

如意金箍棒が天から敵が最も密集している所をめがけ落ち、攻撃力×270%の範囲ダメージを与え、8秒間速度が100減少する。
Lv2 【アンロック-キャラLv121】

ダメージが攻撃力×300%に増加
Lv3 【アンロック-キャラLv201】

ダメージが攻撃力×330%に増加

スキル4







火眼金睛(パッシブ)
Lv1 【アンロック-キャラLv61】

11秒に1回発動する。敵が自身に行動阻害をかけると、一瞬だけ姿を消して、その行動阻害を回避し、その場所に分身を1体召喚する。この分身は「身外身の術」で召喚した分身と同じ能力を持つ。
Lv2 【アンロック-キャラLv141】

発動間隔が10秒になる
Lv3 【アンロック-キャラLv221】

発動間隔が9秒になる

孫悟空の専用装備

専用装備スキル








不死の身
初期 戦闘開始時、2層のシールドを付与する。最大HPの10%を超えるダメージを受けると、バリアを1つ消費してダメージを無効化する。
+10 戦闘開始時に付与するシールドが4層になる
+20 自分が召喚した分身にも1層のシールドを付与する
+30 必殺技を使う度に、消費したシールドを3層回復する

AFKアリーナ攻略関連リンク







著者: ” — appmedia.jp

Continue Reading

ゲーム 評価 ランキング

Galaxy S20+ 5G実機レビュー。処理性能・カメラ画質・本体発熱を検証 –

Eiko Kato

Published

on

Engadget

6月4日、auからサムスン製Androidスマートフォン「Galaxy S20+ 5G SCG02」が発売されました。ドコモも同端末を発売しますが、大きく遅れて6月18日にリリースされる予定です。ドコモは3月25日、auは3月26日、ソフトバンクは3月27日から5Gサービスを開始していますが、Galaxy S20+ 5Gはより高速に通信可能な「ミリ波」に対応したスマートフォンとして最初に発売された端末となります。

今回は社会情勢の都合上、5Gの通信速度テストは実施できませんが、製品発売とほぼ同時期にGalaxy S20+ 5G SCG02を借用できたので、主にハードウェアに焦点を当てて実機レビューをお届けします。

S20+はS20の大画面版……というより上位版的な位置づけ

Galaxy S20+ 5Gは3月25~26日にドコモ、auから発売された「Galaxy S20 5G」の大画面版……というより上位版的な位置づけのモデルです。SoCは「Qualcomm Snapdragon 865 5G Mobile Platform」(1×2.8GHz+3×2.4GHz+4×1.7GHz」、メモリー(RAM)は12GB、ストレージ(ROM)は128GBと基本スペックは同一。

しかし、Galaxy S20+ 5Gはミリ波対応、0.5インチ大きい約6.7インチディスプレイ、ToFカメラ(深度測位カメラ)、500mAh多い4500mAhバッテリーを搭載している点で、Galaxy S20 5Gのスペックを上回っています。このほかの細かなスペックについては下記の記事に詳しく掲載されているのでご参照ください。

Galaxy S20/S20+/S20 Ultraは何が違う?サイズ感や主要機能をチェック

Engadget

本体前面。ディスプレイは約6.7インチQuad HD+(3200×1440ドット)有機EL。インカメラはパンチホール仕様で、ディスプレイ下部に指紋認証センサーが内蔵されています

Engadget

本体背面。カラーはauがコスミックグレーとクラウドブルー、ドコモがコスミックグレーを用意しています

Engadget

本体上部にはSIMカードトレイ、本体下部にはUSB Type-C端子が用意されています

Engadget

本体右側面にはボリュームボタンと電源ボタンを配置。本体左側面にはなにもありません

Engadget

パッケージには本体以外に、クリアケース、保護フィルム(本体貼り付け済み)、高音質イヤホン(USB Type-C)、イヤピース、USBケーブル(C to C)、SIM取り出し用ピン、説明書(クイックスタートガイド、データ移行用試供品取扱説明書、ご利用にあたっての注意事項)が同梱されています

■AnTuTu Benchmarkのランキングで5位の座を獲得

まずは処理性能を見てみましょう。今回定番ベンチマークを実施したところ、「AnTuTu Benchmark」の総合スコアは563526、「Geekbench 5」のMulti-Core Scoreは3304、「3DMark」のSling Shot Extreme ? OpenGL ES 3.1は7185という結果になりました。6月4日時点のAnTuTu Benchmarkのランキングを見てみると、トップの「Mi 10 Pro」の総合スコアである590838には及ばないもの5位の座を獲得しています。

ちなみにサムスン製SoC「Exynos 990」を搭載している「Galaxy S20 Ultra 5G」のスコアが519975なので、Snapdragon 865を搭載するGalaxy S20+ 5Gはその約108%のパフォーマンスを備えていることになります。万の単位でスコアが大きく異なっているので、Exynos 990版よりSnapdragon 865版のほうがパフォーマンスは高いのは間違いなさそうです。

なお室温24.8度の部屋でAnTuTu Benchmarkを2回連続実行した直後の本体の表面温度をサーモグラフィーカメラで計測したところ、最大温度は37.1度に留まっていました。炎天下で8Kビデオを録画し続ければもっと表面温度が高くなるでしょうが、少なくとも室内なら高負荷な処理を実行しても不快なほど端末が熱くなることはなさそうです。

Engadget

「AnTuTu Benchmark」の総合スコアは563526、「Geekbench 5」のMulti-Core Scoreは3304、「3DMark」のSling Shot Extreme – OpenGL ES 3.1は7185

Engadget

AnTuTu Benchmarkを2回連続実行した直後の本体の最大表面温度は37.1度

Galaxy S20+ 5Gは無線LANがWi-Fi 6(11ax)に対応しています。そこでWi-Fi 6対応無線LANルーターに接続したPCをサーバーにして、Galaxy S20+ 5GでWi-Fi 6接続時の実効通信速度を「Magic iPerf」で計測してみたところ、送信856Mbps、受信831Mbpsという好成績を記録しました。もはやこの領域になると、自宅の光回線の実効通信速度がボトルネックとなる可能性が高いですが、これから無線LANルーターの買い換えを予定しているのであれば、Wi-Fi 6対応製品を購入したほうがよさそうです

Engadget

Wi-Fi 6経由で接続時に「Magic iPerf」で送信856Mbps、受信831Mbpsを記録

■被写体を選べば30倍ズームも十分実用的

Galaxy S20+ 5Gには、64MP望遠カメラ(0.8μm、約76度、F2.0)、12MP広角カメラ(1.8μm、約70度、F1.8、スーパースピードデュアルピクセルAF、OIS)、12MP超広角カメラ(1.4μm、約120度、F2.2)、ToFカメラ(深度測位カメラ)が搭載されています。

最も高解像度なイメージセンサーは望遠カメラとして搭載されていますが、その解像感は圧倒的です。被写体によってはファイルサイズが30MB近くになりますが、そのぶん撮影後にトリミングの自由度が高いです。64MPモードは、構図をあまり気にせず、気軽に撮影するのに向いていると思います。

超解像ズームの30倍はさすがに塗り絵的な画像となってしまいますが、10倍まであればよほど大きなディスプレイでじっくり見ないかぎりは、超解像処理が組み合わされているとは気づかないレベルです。30倍モードも今回撮影した時計の文字盤のようにテクスチャーが細かくない被写体であれば、意外と粗が目立ちません。この特性を理解して被写体を選べば、30倍ズームも十分実用的だと考えます。

Engadget

左上が64MP望遠カメラ、中央上が12MP広角カメラ、右上が12MP超広角カメラ、中央下がToFカメラ(深度測位カメラ)

Engadget

左上から0.5倍、1倍、3倍、10倍で撮影。0.5倍は12MP超広角カメラ、1倍は12MP広角カメラ、3倍と10倍は64MP望遠カメラで撮影されています

Engadget

左は12MP広角カメラ、右は64MP望遠カメラの64MPモードで撮影した画像を拡大したもの。64MPモードで撮影した写真は「CITIZEN」の文字もくっきりと読めます

Engadget

左は64MP望遠カメラで30倍の超解像度ズーム、右は64MP望遠カメラの64MPモードで撮影した画像を拡大したもの。64MPモードの9248×6936ドットに対して、超解像ズームは4032×3024ドットと解像度は低いですが、トリミング耐性は超解像ズームのほうが高いですね

Engadget

強い色が入っても露出や色が大きくずれることはありません

Engadget

Galaxy端末ならではのメシウマカメラは健在です

Engadget

Galaxy S20+ 5Gの夜景モードは現行スマホのトップクラス。明るく、ノイズが少ないだけでなく、看板やライトなどの強い光源も白飛びしていません

5Gエリアは限定的だが処理性能、カメラ画質は着実にグレードアップ

ミリ波に対応したGalaxy S20+ 5Gですが、そもそも5Gをつかむことすら難しいというのが現状です。しかし処理性能、カメラ画質は着実にグレードアップしています。5Gの高速通信を享受できるのは気長に待つことにして、現時点で最高峰のAndroidスマホがほしい方にとってGalaxy S20+ 5Gは最有力選択肢と言えます。



著者: ” — japanese.engadget.com

Continue Reading

人気