Connect with us

ゲーミング

JBLの光るゲーミングスピーカー!見た目も音も大満足な「JBL Quantum Duo」をレビュー! – funglr Games

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — funglr.games

世界的なオーディオメーカー「JBL」が手掛ける、ブランド初のゲーミング製品「JBL Quantum」シリーズ。
フラッグシップモデルのゲーミングヘッドセット「JBL Quantum ONE」をはじめ、先日からはゲーミングイヤホンの「JBL Quantum 50」が発売開始となるなど、ラインナップも充実してきています。
どのモデルもオーディオ製品として十分な性能を誇るだけでなく、サラウンドサウンドだったり光ったりとゲーミング製品として最適化された機能が搭載されているなど、JBLの本気がうかがい知れますね。
そんなJBL Quantumシリーズは、これまでヘッドセットやイヤホンなど身につけるタイプの製品ばかりでした。
しかし先日、ゲーミングスピーカー「JBL Quantum Duo」が登場!2020年11月27日(金)より発売開始となっています!
今回レビューするのは、そんな発売されたばかりの「JBL Quantum Duo」です!

JBLのゲーミングスピーカー「JBL Quantum Duo」が11月27日から発売開始

ゲーミングスピーカー「JBL Quantum Duo」をレビュー!

JBL Quantum Duo
JBL Quantum Duo
funglr Games

以前funglr Gamesでもご紹介した通り、JBL Quantum DuoはJBL独自のバーチャルサラウンド技術を搭載したゲーミングスピーカーです。
3.5mmアナログ入力のほか、USBによるデジタル接続、さらにBluetoothによる無線接続も可能となっており、

Nintendo Switchに接続
Nintendo Switchに接続
funglr Games

Nintendo Switchならイヤホンジャック

PlayStation 4に接続
PlayStation 4に接続
funglr Games

PlayStation 4ならUSB

スマートフォンに接続
スマートフォンに接続
funglr Games

スマートフォンならBluetooth、といったように様々なデバイスでJBL Quantum Duoの音を楽しむことができます。

ボリュームダイヤル
ボリュームダイヤル
funglr Games

音量はダイアルで調整可能。音量調整はやっぱり直感的に操作できるダイアル式がやりやすいですよねぇ。

RGBライティング
RGBライティング
funglr Games

そして、ゲーミングスピーカーと名乗るなら忘れてはいけないRGBライティング機能
もちろん「JBL Quantum Duo」にも搭載されています!
本体側面に加え、ボタン部、そしてウーファー部も光るのでかなり華やか。

上部のボタンでライティングを変更可能
上部のボタンでライティングを変更可能
funglr Games

本体右下のボタンで明るさを4段階調整できるほか、本体上部のボタンでカラーや点灯パターンをカスタマイズできます。
「PCなどに接続して専用のソフトウェアを用意して本体設定を開いてファームウェアを最新バージョンにアップデートしたのを確認してからこのタブからこのメニューを選んで位置ごとのRGBを指定して設定を保存したあとに本体と同期してえーと次は・・・」
といった複雑で面倒な設定はいっさい必要なし

ボタンをポチポチ
ボタンをポチポチ
funglr Games

ボタンをポチポチするだけで切り替えてくれるので、その瞬間の気分に合わせて気軽にライティングを変更できます。
「設定なんてしてる時間があるならゲームするわい!」という筆者のようなせっかちさんには非常にありがたいですね!

さらにRGBライティングはサウンドと連動させることも可能です。
音に合わせてライティングの強弱がついたり色が滑らかに変わったりするので、見ていて楽しい!
真っ先にやられてしまい、他のプレイヤーたちの決着がつくまで待つしかない・・・という切ない状況でも、「JBL Quantum Duo」がRGBライティングで慰めてくれます。

スピーカーは2ウェイ構成
スピーカーは2ウェイ構成
funglr Games

気になる音質ですが、63mmのウーファー、19mmのソフトドームツイーターという2ウェイ構成となっていて、音量が小さくても低音から高音までクリアかつパワフルに聞くことができます。
このあたりは「さすがJBL!」といった感じで、音質の良さはもはや言うまでもないですよね。
でもJBL Quantum Duoのサウンドで特筆すべきなのは、サラウンド機能です!

サラウンドのON/OFF切り替え可能
サラウンドのON/OFF切り替え可能
funglr Games

本体左下のボタンでサラウンドのON/OFFが切り替えが可能となっています。
サラウンドをONにすると、どこにスピーカーがあるのか分からなくなるほど音に立体感が
右の音は右耳に、左の音は左耳に、正面の音は正面にと、モニターの中ではなく自分の周りでその音が発生しているかのようにリアルに聴こえます!
ONとOFFでかなり差があるのでこれは是非一度試してもらいたいですね!

ヘッドホン派の方にもオススメしたいゲーミングスピーカー

JBL Quantum Duo
JBL Quantum Duo
funglr Games

様々な機器と接続できることやサウンド同期のRGBライティング、さらに臨場感マシマシのサラウンドサウンドなど、ゲームがさらに楽しくなるスピーカー「JBL Quantum Duo」は、まさにJBLの本気とも言えるゲーミングスピーカーでした。
ゲームをするときはヘッドホンという方は多いと思いますが、「JBL Quantum Duo」はそんな方々でも満足できるゲーミングスピーカーになるのではないでしょうか?
製品について詳しくはJBL公式サイトの「JBL Quantum Duo」製品ページからご確認ください!

© 2020 Harman International Industries, Incorporated. All rights reserved.
© Nintendo
©2020 Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved.



著者: ” — funglr.games

Continue Reading

ゲーミング

ソファーで快適にPCゲームを楽しむ方法は? 安楽なプレイ環境を真剣に考えてみた結果 | WIRED.jp

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — wired.jp

PCゲームの環境づくりと聞いて、ソファーを思い浮かべる人はほとんどいないだろう。たいていの人は、しっかり座ってゲームをするために最適なゲーミングデスクとチェアからなる、派手な「バトルステーション」を想像するはずだ。

しかし、パンデミックで多くのオフィスワーカーが在宅勤務を続けているいま、仕事と「エーペックスレジェンズ」を同じデスクですることはあまりいいアイデアとは言えない。そこでソファーの登場だ。

ソファーでゲームといって最初に出てくるのが、テレビと向かい合ってワイヤレスで遊ぶ家庭用ゲーム機だろう。マイクロソフトとソニーはそれぞれ、プレイヤーがソファーからゲーム世界に没頭できるような魅力的なスペックを備えた新しいゲーム機を発売している。しかし、もしあなたがPCをもっているなら、“ソファーでゲーム”の選択肢はもっと広い。

次世代のゲーム機は驚くほど高性能だ。しかし、よく考えてみれば、これはソフトウェアの性能を最大限に引き出すことに特化した一種のミニPCである。実際のところ「Xbox」の責任者のフィル・スペンサーは『WIRED』US版との6月のインタヴューで、「キーボードやマウスを使ったり、メールを作成したりはしませんが、家庭用ゲーム機の使い方はPCと似てきています」と語っている。

関連記事次世代のXboxは、“単なるゲーム機”では終わらない:マイクロソフト幹部が語る新しい体験

確かに300〜500ドル(約31,000〜52,000円)もする次世代ゲーム機を買えば、ソファーで最高のゲーム体験を楽しめるだろう。でも、もしすでにゲーミングPCをもっているなら、とても長いHDMIケーブルを買うだけで同じ体験ができるかもしれない。

これはいたってまじめな提案だ。ソファーに座ってPCゲームを楽しむほうが、プレイできるゲームの種類は増え、プレイ環境も快適になり、よりパワフルな性能を楽しめる可能性がある。

PCとテレビをどうつなぐか

家庭用ゲーム機とは違い、ソファーでPCゲームを楽しむ際にお決まりの方法はない。2013年にはValveが「Steam Machine」というデヴァイスを発表し、家庭用ゲーム機をPCに置き換える壮大な戦略を開始した。このSteam Machineは、Valveが独自開発したLinuxベースのOS「SteamOS」で動作するゲーム機風のデヴァイスだった。

このマシンが鳴かず飛ばずで終わると、Valveは、PCゲームをテレビにストリーミングできる「Steam Link」をリリースした。このときのハードウェアは汎用性と信頼性の高さが大いに称賛されたものの、結局18年に販売終了となっている(本体とソフトウェアのサポートはいまも続いている)。

だが、定番のシステムがない状況はチャンスとも考えられる。PCゲーマーたちが自分独自の使い慣れたシステムを構築すればいいからだ。

今回はゲーム環境をイスからソファーへと移すために、25フィート(約7.6m)もの長さがある価格16ドル(約1,670円)のHDMIケーブルを使うことにした。このケーブルを使うことで、仕事にも使っているゲーミングPCを壁掛けのソニー製テレビにつないだのである。

テレビの向かい側には、散らかってはいるが座り心地のいいソファーがある。ケーブルが見えてしまうのは不格好だが、これのおかげで遅延が問題になることはない。

お気に入りのテレビがHDMIケーブルの届かない場所にある場合は、ワイヤレスにする必要があるだろう。話を聞いてみたPCゲーマーたちのなかには、eBayで中古のSteam Linkを入手したり、そのソフトウェアを購入したりした人もいた。

また、NVIDIAの「GameStream」を買ったという人もいる。NVIDIAの「Shield TV」をもっていれば、PCからテレビにゲームをストリーミングできるからだ。どちらの方法を選んだとしても、やるべき設定はほぼ同じになる。ドングルをテレビに接続し、ソフトウェアをPCにダウンロードすればいい。

ワイヤレス接続では遅延が発生するが、これが大きな問題になるのは動きの速いシューティングゲームをプレイしているときくらいだろう。シミュレーションゲームやストラテジーゲームなら問題にはならない。ただし、インターネットにつないだPCでゲームをすることに慣れている人なら、わずかな遅延にも苛立ちを覚えるかもしれない。

マウスとキーボードはどうする?

PCの画面をテレビで再生することは、最初のステップにすぎない。ほかにも考えることは山積みだ。

そのひとつがマウスやキーボードの場所だろう。ソファーでPCゲームをするために新しいものを買うべきか。あるいは、大学時代の教科書を積み上げて、その上で安いワイヤレスマウスを動かすだけでよしとすべきだろうか。

38歳のスター・サルツマンは以前、マウスとキーボードを使うために幅8フィート(約2.4m)もある木製のセールボート用シートをソファーをまたぐかたちで置いて利用していたという。現在は、金属のトレイとワイヤレスのUSBドングルで、ワイヤレスマウスとキーボードの接続可能範囲を広くしているそうだ。

ロジクールの安いトラックパッド付きワイヤレスキーボードを使ってメニューを操作しているというゲーマーもいる。ただし、ゲームをプレイするときはUSBハブに接続した古い「Xbox One」や「Xbox 360」のコントローラーを使うという。

普段からゲーム専用マウスとキーボードを愛用していて遅延は耐えられないというゲーマーには、別のツールをおすすめしたい。キーボードとマウスパッドが組み込まれたクッション付きの大きなラップボードだ。

ラップボード「Corsair K63」を開発したCORSAIR(コルセア)に開発の狙いを尋ねたところ、「デスク上でマウスとキーボードを使うときの感触やパフォーマンスを備えた製品を、ソファーで利用できるかたちで実現することです」と答えてくれた。また、「素早い動きや複雑な動きをするPCゲームを居間でプレイするとなれば、デスクトップで標準とされるメカニカルキーボードやマウスを使うことのメリットは明らかです」とも話している。

ゲーミングラップボードは、いま入手が難しい状況だ。CORSAIRによると、K63は非常に人気があり、多くの国で在庫切れになっているという。ちなみに今回は、メカニカルキーボードと大きなプラスティック製マウスパッドを備えた分厚いラップボード「Roccat Sova」の中古品をなんとか手に入れることができた。これは素晴らしいデヴァイスで、人間工学に基づいて設計されているうえに、遅延が少なくて品質が高いなど、あらゆる条件を満たしている。

今回はRoccat SovaをつないだUSB延長ケーブルを壁沿いにはわせて、タワーPCの背面に接続した。コントローラーの利用が推奨されるゲームについては、Xbox Oneのコントローラーをつないで使っている。

pc-couch

PHOTOGRAPH BY JUTHARAT PINYODOONYACHET

PCを自作するのもいい

ソファーでPCゲームを楽しむ理由は、快適さだけではない。「リーグ・オブ・レジェンド」や「World of Warcraft(ワールド オブ ウォークラフト、WoW)」など、PCでしか遊べないさまざまなゲームを楽しめることや、マシン自体のパフォーマンスが高いことも理由だ。

小型のゲーミングPCなら、500~1,500ドル(約52,000~15万6,000円)も出せば自分で組み立てられる。コントローラーに使えるようBluetooth対応が理想的だ。家庭用ゲーム機の代わりになるシステムとしては、これが最も費用対効果が高い。

「Xbox Series X」2台分のお金を出せば、高性能な小型PCが余裕で手に入る。パーツの交換に慣れている人なら、ゲーム機より長く使い続けられるだろう。

小型のPCケースは、まさにそのために存在していると言っていい。小さなPCをテレビかプロジェクターにつなげば、「Crawl」や「Stick Fight: The Game」、「Overcooked 2」「TowerFall」といった最高のインディー系パーティゲームをプレイできる。画面を切り替えれば、お気に入りのK-POPグループの最新ミュージックヴィデオを見ることだって可能だ。

PCはソファーの後ろに置き、ごちゃごちゃになったケーブルが見えないようにして、コントローラー用のUSBハブをつないでおけばいい。ただし、ホコリはできるだけ払っておこう。

game

PHOTOGRAPH BY JUTHARAT PINYODOONYACHET

ただし欠点も

ごちゃごちゃのケーブルを管理するか、遅延を許容するか、どちらかを選ばなければならない。ワイヤレス機器を増やせば視界に入るケーブルの数は少なくなる。遅延をなくしたいなら、EthernetトケーブルやUSBケーブル、コントローラーのケーブル、HDMIケーブル、それに音声用のケーブルが必要だ。今回は遅延を少なくすることを選んだ結果が、リヴィングルームにあるソファーの背後を写した上の写真である。

それにゲーム中であっても、仕事用のPCを使っている気分になりがちになる。家庭用ゲーム機と違ってメールの通知が表示されるかもしれないし、Twitterのフィードをチェックしたいという気持ちに駆られるかもしれないからだ。日々の雑事から完全に離れる機会は失われてしまう。

だが、ゲーム環境をデスクからソファーに移せば、身体的には大いに快適になる。ソファーにゆったりと腰かけ、ドリンクを片手にしながら、あるいはお菓子を食べながら長時間にわたってゲームを楽しむのは、本当にリラックスできるひとときだろう。少なくとも試してみる価値はあるはずだ。

※『WIRED』によるゲームの関連記事はこちら

RELATED ARTICLES

著者: ” — wired.jp

Continue Reading

ゲーミング

GeForce RTX 3060 Laptop GPUを搭載したゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”がMSIより2月4日発売。持運びやすい薄型・軽量デザイン

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — www.famitsu.com

 エムエスアイコンピュータージャパンは、ゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”を2021年2月4日(木)に発売する。

 本商品は、高性能グラフィックスGeForce RTX 3060 Laptop GPUを搭載しており、薄型、軽量で持ち運びしやすいデザインとなっている。



『【NVIDIA最新RTX3080搭載・薄型】MSIゲーミングノートPC GS66』(機種名)の購入はこちら (Amazon.co.jp)



『【NVIDIA最新RTX3060搭載・薄型・軽量】MSIゲーミングノートPC GF65』の購入はこちら (Amazon.co.jp)



MSIストア(amazon.co.jp)

以下、リリースを引用

GeForce RTX 3060 Laptop GPU 搭載モデル誕生 持運びやすい薄型・軽量デザイン高性能ゲーミングノートPC「GF65 Thin」「GF75 Thin」シリーズより発売

~ハイエンドモデル「GS66-10UH-240JP」「GE76-10UG-002JP」も2021年2月4日(木)同時発売~

 エムエスアイコンピュータージャパン株式会社は2021年2月4日(木)より、薄型・軽量で持ち運びしやすいデザインの本体に高性能グラフィックスGeForce RTX 3060 Laptop GPUを搭載したゲーミングノートPC『GF65 Thin』『GF75 Thin』を発売いたします。

 さらに、薄型ハイエンドノートPC「GS66 Stealth」よりGeForce RTX 3080 Laptop GPUを搭載したバリエーションモデル『GS66-10UH-240JP』とGeForce RTX 3070 Laptop GPUを搭載した性能・機能重視のハイエンドモデル「GE76 Raider」より『GE76-10UG-002JP』を同時発売いたします。

 また、発売に先立ち、2021年1月20日(水)より各販売店にて順次予約を受付開始いたします。

MSI ゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”

 「GF65 Thin」と「GF75 Thin」は持運びに便利な薄型・軽量の本体デザインを採用した、カジュアルゲーマーに人気のモデルです。

 最新グラフィックスGeForce RTX 3060 Laptop GPUとリフレッシュレート144Hzゲーミング液晶パネルを搭載することにより、人気のFPSゲームやバトルロイヤルゲームをフルHD解像度の高画質・高フレームレートで快適にプレイできるモデルへとパワーアップいたしました。

 また、ハイエンドクラスには GeForce RTX 3080 Laptop GPUとリフレッシュレート240Hzゲーミング液晶を搭載した「GS66 Stealth」バリエーションモデル『GS66-10UH-240JP』、「GE76 Raider」よりGeForce RTX 3070 Laptop GPUとリフレッシュレート300Hz 対応17.3インチ液晶パネルを搭載した『GE76-10UG-002JP』が新たに登場。e スポーツの世界で活躍するプロゲーマーや毎日欠かさずゲームを楽しんでいる熱狂的なゲーマー、これから PC ゲームを始めたいと考えている初心者ゲーマーまで幅広いユーザーにお届けできる豊富なラインナップとなりました。

GeForce RTX 3060 Laptop GPU 搭載、薄型・軽量ゲーミングノート PC「GF Thin」シリーズ

持ち運びやすい本体に高性能 CPU・GPU とリフレッシュレート 144Hz 液晶パネル搭載

 「GF Thin」シリーズは持ち運びやすい薄型・軽量の本体に高性能CPU・GPUを搭載し、日本国内でカジュアルゲーマーを中心に高い人気を誇るゲーミングノートPCです。

 GPUに最新の「GeForce RTX 3060 Laptop GPU」を採用することにより、従来の同シリーズよりもGPU性能が大きく向上。人気のFPSゲームやバトルロイヤルゲームをフルHD解像度の高画質・高フレームレートで快適にプレイ可能となりました。「GF65 Thin」は薄さ21.7mm・軽さ1.86Kgで、バックパックに収納すれば簡単に持ち運ぶことが可能です。

 さらに、「GF75 Thin」は大画面液晶パネルを採用しながらも、GeForce RTXグラフィックスを搭載した17.3インチMSIゲーミングノートPCで最軽量クラスの軽さ2.3Kgを実現しています。

MSI ゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”
MSI ゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”
MSI ゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”
MSI ゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”
MSI ゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”
MSI ゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”
MSI ゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”
MSI ゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”
MSI ゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”
MSI ゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”

著者: ” — www.famitsu.com

Continue Reading

ゲーミング

高級オーディオ・メーカーのマッキントッシュから、”全部入り”のレコード・プレーヤーが登場 –

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — japanese.engadget.com

McIntosh MTI100

マッキントッシュと言ってもリンゴ・マークのコンピュータではありません(お約束。いや、今はもうMacintoshではなく単にMacでしたね)。米国の高級オーディオ・メーカー、Mcintoshが発表した新製品のレコード・プレーヤー「MTI100」は、まさに”全部入り”のレコード・プレーヤーです。一見すると昔ながらの、というか昔の高級レコード・プレーヤーと変わらないように見えますが、そのコンパクトのボディの中には以下の機能が全て搭載されています。

・ターンテーブル
・トーンアーム
・真空管式プリアンプ
・D級パワーアンプ
・フォノアンプ
・ヘッドフォンアンプ
・スピーカー出力端子
・サブウーハー出力端子
・アナログ入力端子
・同軸デジタル入力端子
・光デジタル入力端子
・Bluetoothレシーバー
・ヘッドフォン端子

つまり、これにお好みのスピーカーをつなぐだけで、レコードに針を落とせば音楽を楽しむことができるのです。さらにスマートフォンや携帯音楽プレーヤー、テレビ、CDプレーヤー、MDプレーヤーなども、アナログやデジタルや無線で接続すれば、スピーカーからその音声を再生することが可能です。

McIntosh MTI100

1つずつ、その特徴を見ていきましょう。

レコード・プレーヤーは、工業グレードのACシンクロナス・モーターによるベルト・ドライブでターンテーブルを駆動します。LP盤の33 1/2回転と、EP盤やシングル・レコード用の45回転に対応し、回転数の精度は商用電源周波数によって正確に保たれます。重量3.18kgのプラッター(ターンテーブル)とトーンアームは、どちらもアルミニウムの削り出し。カートリッジ(トーンアームの先端部分に装着し、レコード盤の溝に刻まれた振幅を針で拾って電気信号に変換する)には米国SUMIKO社のMM型「Olymia」を採用しています。これはSUMIKO社のカートリッジでは比較的安価な製品ですが、自分でアップグレードする楽しみもあると言えるでしょう。

重量15.2kgの本体には、厚さ6.35mmの金属製パネルと9.5mmのガラスを組み合わせ、外部からの振動による影響を防ぎます。Mcintoshのロゴが浮かび上がるガラスのパネルは、同社のもっと大きなアンプにも使われているもの。フロント・パネルにはクラシックなアルミ・ダイキャスト製のバッジも付いています。ボディのサイズは幅48.9cm×奥行き35.6cm×高さ17.15cm。2つのダイヤルを回したり押したりすることで全ての操作を行います。写真のようなリモコンも付属しますが、レコード盤をA面からB面に裏返すためには、一度ソファから立ち上がる必要があります。

McIntosh
このコンパクトな本体に内蔵するために、小型で発熱が少ないことから採用されたと思われるD級(クラスD)のパワーアンプは、接続するスピーカーが4Ωなら80W+80W、8Ωなら50W+50Wで連続して鳴らせます。トーンアームの横でケージに囲まれたプリアンプ部の真空管は12AX7という一般的なもの。といっても、これもメーカーによって音が変わるとされています。少なくとも今どきアナログのレコードで音楽を楽しもうという人にとって、視覚的な満足度のアンプリファイア効果は絶大でしょう。

若い頃に買ったレコード・プレーヤーを持っていても、最近のオーディオ・アンプでは聞けずに困っている人も、ある年代以上の方には多いでしょう。レコード・プレーヤーはその性質上、専用のアンプで出力を上げ、信号を補正しなければ、アナログであってもアンプの一般的なライン入力端子にはつなげません。MTI100ではそのフォノアンプと呼ばれる装置を、ノイズから守るために専用のシールドボックスで覆って搭載しています。

McIntosh MTI100

既にお気づきのように、MTI100は部屋の中に大掛かりなオーディオ・システムを置かずに良い音でレコードの音を楽しみたいという人向けのシステムですが、これに合わせてスピーカーも小型のブックシェルフ型を組み合わせると、どうしても低音の迫力に物足りなさを覚えるでしょう。そのため、MTI100には低音専用スピーカーであるサブウーハー用の出力端子も備えています。さらにマッキントッシュの「High Drive」ヘッドフォン・アンプも内蔵されているので、ヘッドフォンでも良い音を楽しめそうです。

以上のようなアンプ部のみを使ってレコード以外の音楽ソースを聴く場合のために、MTI100にはテレビやチューナーをつなぐアナログのRCA端子(ピンジャック)のほか、同軸デジタルと光デジタルの入力端子を装備し、さらにBluetooth 4.2にも対応。スマートフォンから音楽を無線で送り、(真空管のプリアンプを介して)MTI100につないだスピーカーやヘッドフォンで聴くこともできます。あるいはレコード・プレーヤーの信号を取り出して他のアンプで鳴らすことも可能です。

McIntosh MTI100
米国における販売価格は6,500ドル(約71万円)と、やはり安くはありません。しかし、既にそれなりのスピーカーとレコード・コレクションをお持ちの方、つまり昭和の頃にオーディオ趣味に足を突っ込んだことがある方なら、これだけで完結する”あのMcintoshのシステム”と思えば納得できるかもしれません。今の時代にわざわざレコードで音楽を聴くのであれば、どうせならある程度の良い音質でと考える人も多いはずです。あまり場所を取らず、しかも現代の音響機器もつなぐことができるこのシステムは、案外日本の音楽ファン向けかもしれません。たまには「ながらリスニング」ではなく、真空管の灯とレコードジャケットによるアートワークを目でも楽しみながら、もはや死語となった”レコード鑑賞という趣味”に耽ってみたいものです。



著者: ” — japanese.engadget.com

Continue Reading

人気