Connect with us

ゲーミング

大人のためのゲーミングDIY講座 パートIV –

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — game.watch.impress.co.jp

 ここ数年、ファミコンを皮切りに、プレイステーションやメガドライブ、PCエンジンといった、いわゆるレトロゲーム機のミニチュア復刻版がブームとなっている。ファミコンやスーパーファミコンのミニ版がヒットしたことで、メガドライブ、プレイステーション、PCエンジンと、往年のゲーマーには懐かしいコンシューマーゲーム機のミニチュア復刻版が次々と登場した。

 これらの復刻版は、当時のゲームソフトが数十種類ずつ内蔵されており、当時を懐かしみながら遊べることが特徴だが、あくまでミニチュア版なので、当時のゲームカセットやゲームCDなどが遊べるわけではない。また、中身のハードウェアも当時の製品とは異なり、当時のハードウェアをソフトウェアによって再現し(エミュレータと呼ぶ)、当時のゲームソフトを当時のハードウェアで動かしているように見せているのだ。

 海外版などの派生製品を除けば、現在発売されているミニチュア復刻版は、ファミコン、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ、ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン、メガドライブミニ、プレイステーションクラシック(以下PSクラシック)、PCエンジン miniの5製品となるが、このうちコントローラーが本体から取り外せず、最初から2個付属しているのが、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータと、ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンの2製品である。

 そして残るメガドライブミニ、PSクラシック、PCエンジン miniの3製品は、すべてUSBポートにコントローラーを接続する仕様になっている。もちろん、コントローラーのデザインも、当時のものを復刻した形になっているのだが、当時のゲーム機とはコネクタ形状は異なり、すべて現行のUSB端子(Type-A)が採用されている。今回の企画は、「端子が同じUSBなら、これらのコントローラーに互換性はないのだろうか? また、市販のUSBコントローラーを各ミニチュア機で使うことはできないのだろうか?」ということを検証しようというものだ。

 ちなみに、PSクラシックは最初からコントローラーが2個付属しているので、2人同時プレイに対応したゲームを楽しむことができるのだが、メガドライブミニとPCエンジン miniは、コントローラーが1個しか付属していない。ただし、メガドライブミニには、コントローラが2つ付属するメガドライブミニ Wというモデルがあるほか、メガドライブミニ専用のコントローラーが単体販売されているので、それらを購入すれば2人同時プレイが可能になる。

 なお、PCエンジン mini用の追加コントローラーの発売は、新型コロナウイルスの影響により、2020年3月19日から2020年4月30日に延期された(参考記事。そのため、執筆時点では、PCエンジン miniに専用コントローラーを2つ繋いで2人同時プレイを楽しむことはできない。もちろん、本体を2台買うとか、買った友達からコントローラーを借りたりすれば可能となるが、この点についても解決策が見つかったので情報共有できればと思う。

ミニチュア復刻版のPCエンジン mini

ミニチュア復刻版のプレイステーションクラシック

ミニチュア復刻版のメガドライブミニ

PCエンジン miniではSwitch用のホリパッドが利用できる

 先述したようにPSクラシックと、メガドラミニは、ゲームコントローラーが最初から2つあるか、2つ付属しているモデルが用意されているため、手軽に2人プレイを実現することができる。この点、PCエンジン miniは、本体価格を抑えるためか、コントローラーが1つしか付属しておらず、別途コントローラーを単体で購入するしかない。しかし、発売そのものが1カ月以上先まで延期されてしまったため、「えーーーーーー」と残念がっているPCエンジンファンも多いはずだ。ただ、USB端子ならなんとかなるのではないかと思ったのが本企画の出発点だ。

 さっそく、他のUSB接続のコントローラーが付属しているミニチュア復刻版と、市販のUSBコントローラーを用意して、PCエンジン miniで使えるか検証してみた。用意したゲーム機は、PCエンジン mini、メガドライブミニ、プレイステーションクラシックの3機種で、別途Xbox One用の有線コントローラーとホリ製のSwitch用コントローラー「ホリパッド」(NSW-001)を用意した。

 数あるサードパーティー製ゲームコントローラーの中で、なぜホリ製のSwitch用コントローラーを用意したかというと、PCエンジン miniのコントローラーがホリ製だからだ。PCエンジン miniだけでなく、メガドライブミニとPSクラシックについても、それぞれ用意したコントローラーが使えるかどうか、クロスチェックを行なってみた。

【復刻ゲーム機のコントローラー】

PCエンジン miniに付属のコントローラー

プレイステーションクラシックに付属のコントローラー

メガドライブミニに付属のコントローラー

【用意したUSB接続のコントローラー】

Xboxの有線コントローラー

Switch用の「ホリパッド」

【ミニチュア復刻版のUSB端子】

PCエンジン miniのUSB端子部分

プレイステーションクラシックもUSB端子を2基備えている

メガドライブミニもUSB端子を2基備えている

 その結果をまとめたのが下の表だ。表で縦に並んでいるのが本体側、横に並んでいるのがコントローラーだ。この表を見れば分かるが、PCエンジン miniやメガドライブミニ、プレイステーションクラシックは、製品に付属するコントローラー以外のコントローラーは使用できなかった。

【復刻ゲーム機とゲームコントローラーの互換テスト】
ゲーム機本体\ゲームコントローラー PCエンジン mini メガドラミニ PSクラシック Xbox One ホリパッド
PCエンジン mini × × ×
メガドラミニ × × × ×
PSクラシック ×(十字キーしか使えない) ×(十字キーしか使えない) ×(コントローラーを認識できないというエラー表示が出る) ×(十字キーしか使えない)

 細かく見ていこう。PSクラシックに、PCエンジン miniやメガドライブミニのコントローラーを繋ぐと、認識自体はされ、十字キーは使えるのだが、それ以外のボタンが認識されず、ゲームをスタートすることもできない。一方、メガドライブミニは付属のコントローラー以外は全く認識されなかった。

 そして、注目していただきたいのが、PCエンジン miniでの結果だ。メガドライブミニやPSクラシック、Xbox Oneのコントローラーは一切利用できなかったが、ホリのSwitch用コントローラー「ホリパッド」は、問題なく利用できたのだ。ホリパッドをPCエンジン miniに繋いだ場合のボタンアサインは次のようになる。

PCエンジン miniコントローラー→ホリパッド
十字キー→十字キー
Iボタン→Aボタン
IIボタン→Bボタン
RUNボタン→+ボタン
SELECTボタン→-ボタン

 さらに、ホリパッドのホームボタンは、PCエンジン miniではRUNボタンとSELECTボタンの同時押しとなり、一発でセーブロード画面が出せるので便利だ。

【標準コントローラーとホリパッドで2Pプレイを楽しむ】

PCエンジン miniではなぜ付属のコントローラーとホリパッドしか使えないのか

 今回の検証では、全部で5種類のコントローラーを試してみたが、そのうち、PCエンジン miniで使えたのは、付属のコントローラー(当たり前だが)とホリパッドのみという結果になった。また、PCエンジン mini以外のミニチュア復刻版2製品についても、同様に付属のコントローラーしか基本的には使えないという結果になった。それはどうしてなのだろうか。

 その理由はUSBデバイスの認識の仕組みにある。USBデバイスには、その製造元と製品の種類を接続した機器に伝えるための仕組みがある。USBデバイスには、製造元を表すVender ID(VID)と製品の種類を表すProduct ID(PID)が必ず割り当てられている。PCやゲーム機などのUSB端子にUSBデバイスを接続すると、その2つのIDがPCに送られ、それを元に必要なデバイスドライバなどが組み込まれ、利用できるようになる。VIDは、そのデバイスを製造しているメーカーごとに決まっており、PIDは製品の種類ごとに異なる。PCにUSBデバイスを接続すると、ハードウェアの情報を見ることで、そのデバイスのVIDとPIDを知ることができる。今回テストした5種類のコントローラーのVIDとPIDをまとめたのが下記の表だ。

PCエンジン mini VID 0F0D、PID 0138
メガドライブミニ VID 0CA3、PID 0024
プレイステーションクラシック VID 054C、PID 0CDA
Xbox One VID 045E、PID 02FF
ホリパッド VID 0F0D、PID 00C1

 これを見ると、PCエンジン mini付属のコントローラーのVIDとホリパッドのVIDがどちらも同じ0F0Dであることがわかる。前述したように、PCエンジン mini付属のコントローラーもホリ製だからだ。OF0Dは、ホリに割り当てられたVIDであり、すべてのホリ製品が同じVIDを持つ。実はPCエンジン miniでは、特定のVIDとPIDの組み合わせしか認識しないようになっているのだ。

 調べて見た限りでは、VIDとして指定されているのは「0F0D」のみで、PIDは6種類のみ認識されるようになっているようだ。VIDが違えば、もうそれだけで認識されないので、ホリ製以外のコントローラーはすべてPCエンジン miniでは使用できないと考えてよい。ただし、ホリ製のUSB対応コントローラーなら何でも使用できるというわけではない。ホリ製のUSB対応コントローラーでも、あらかじめ指定されている6種類のPID以外のPIDを持つ製品はやはり使用できないことになる。

 メガドライブミニとPSクラシックについても基本的に同じような仕組みで、認識されるコントローラーが限定されているのであろう。

 なお、USBデバイスには、そのデバイスがどういうジャンルであるかを示すデバイスクラスという概念があり、例えば、USBマスストレージクラスというデバイスクラスは、USBメモリーやUSB HDDなどのストレージを表している。VIDやPIDを参照せずに、デバイスクラスだけ分かれば、そのデバイスクラスに属するデバイスを動かすための共通のドライバであるクラスドライバを利用できる。Windows搭載PCでは、どこのメーカーのUSBコントローラーでも基本的に使えるが、これはVIDやPIDを決め打ちしているのではなく、デバイスクラスが分かれば、適合するクラスドライバを導入する仕組みになっているからだ。しかし、ミニチュア復刻版では、コントローラーに関してこうした仕組みは導入されていないようだ。

 また、PCエンジン miniは、本体に2つUSB端子があり、コントローラーを最大2個まで同時接続できるが、オプションの「マルチタップ for PCエンジン mini」(こちらも4月30日に発売延期)を使うことで、最大5個のコントローラーを接続できるようになる。

 であれば、汎用のUSBハブを利用できないかテストしてみたのだが、残念ながら利用できなかった。さらに、USBハブを介して接続すると、PCエンジン miniに付属しているコントローラーも使えなくなった。こちらも前述したVIDが違うため、認識されないのであろう。

 今回用意したSwitch用のホリパッドは、決め打ちで指定されているPIDの一つが割り当てられているため、PCエンジン miniでも利用できたが、他のホリ製コントローラーがPCエンジン miniで使えるのかどうかは分からない。使えない可能性も高いので、PCエンジン miniの追加コントローラーが今すぐ欲しいのなら、ここで検証したSwitch用のホリパッドを選ぶのが無難だ。

最新ゲーム機では、復刻ゲーム機のコントローラーは使えず。しかしPCではいずれも使用可

 今度は逆に現行のゲーム機で、復刻版のコントローラーは使えるのか、クロスチェックしてみた。用意したゲーム機は、Switch、PS4 Pro、Windows 10搭載ゲーミングPCである。

 その結果をまとめたのが下の表だ。表で縦に並んでいるのが本体側、横に並んでいるのがコントローラーだ。この表を見れば分かるが、こちらもほぼ全滅である。もともとSwitch用として販売されているホリパッドがSwitchで利用できるのは当然だが、SwitchとPS4 Proに、ミニチュア復刻版のコントローラーを接続したところ、すべて使えなかった(十字キーも含む)。その理由は、ミニチュア復刻版のところで説明したものと基本的には同じだと思われる。

【現行ゲーム機と復刻版コントローラーの互換テスト】
ゲーム機本体\ゲームコントローラー PCエンジン mini メガドラミニ PSクラシック Xbox One ホリパッド
Nintendo Switch × × × ×
PS4 Pro × × × × ×
ゲーミングPC △(十字キーがハットスイッチとして認識される)

 Windows 10搭載ゲーミングPCに関しては、一応すべてのコントローラーが認識された。ただし、PCエンジン miniのコントローラーは、十字キーがハットスイッチとして認識されるため(残りの4つのボタンも認識はされる)、事実上コントローラーとしては使えない。

【メガドラコントローラーでPCゲームを遊ぶ】

 メガドラミニのコントローラーは、十字キーがXY軸として認識され、残りの7個のボタンも認識された。また、プレイステーションクラシックのコントローラーは、十字キーがXY軸として認識され、残りの10個のボタンも認識されていた。Xboxのコントローラーは、XYZ軸とハットスイッチ、10個のボタンがすべて認識され、ホリパッドは、XYZ軸とハットスイッチ、12個のボタンが認識された。

 もっとも、復刻ゲーム機のコントローラーがPCで認識されたからといって、現行のPCゲームで利用できるわけではない。例えば、ミニチュア復刻版のコントローラーには、アナログ入力が可能なスティックやパッドはないため、アナログ操作が必要なるゲームはプレイできない。もともとのハードの性能以上の能力は発揮できない点は注意が必要だ。

汎用性よりも操作体験にこだわって設計されていることにゲーム機らしさを感じた

 筆者は、検証をおこなう前は、各復刻版のコントローラーが相互に使えたり、安価な汎用USBコントローラーが使えると便利だろうなと思っていたのだが、検証を進めるうちにその考えも変わってきた。

 例えば、メガドライブミニで、他の復刻版コントローラーや汎用USBコントローラーが使えないようになっているのは、その当時のコントローラーでの操作体験まで含めて復刻しているのだと考えれば、納得がいく。

 メガドライブのコントローラーは6ボタンが特徴であり、ゲームソフトもそれを前提に作られている。もし、VIDやPIDで決め打ちせず、USBコントローラーならなんでも認識されるように設計されているのなら、2ボタンや4ボタンしかないUSBコントローラーを繋いでしまって満足にゲームが遊べないといったことも起こりうる。そのあたりは、汎用性を重視するPCの世界とは、全く異なるコンソールゲーム機ならではの設計思想なのであろう。

 そういう視点で見れば、PCエンジン miniもメガドライブミニもPSクラシックも、本体サイズは小型化されていても、コントローラのサイズやデザイン、質感などは当時のものをほぼそのまま再現しており、当時と同じ操作感覚に懐かしさを覚える。

 SwitchとPCエンジン miniを両方お持ちの方で、PCエンジン miniで一刻も早く2人同時プレイで遊びたいのなら、動作することが確実なホリパッドをおすすめする。PCエンジン mini用のコントローラーが発売されたら、ホリパッドをSwitch用コントローラーとして使い回せるからだ。Parsol Starsやボンバーマン’94などは、やはり複数人で同時にプレイするのが楽しい。

 なお、本記事の主旨とは異なる話だが、PCエンジンもメガドライブもプレイステーションも所有して遊んでいた筆者としては、これらのミニチュア復刻版が登場したことは素直に嬉しい。その3製品を比べると、やはり一番最後に発売された製品だけあり、搭載しているゲームの数やチョイス、動作の再現度や遊びやすさに関して、PCエンジン miniが頭一つ抜けていると感じた。当時、PCエンジンで遊んでいた人はもちろん、もっと若い読者の方にも、おすすめしたい。

2Pプレイにホリパッドはオススメ



著者: " -- game.watch.impress.co.jp "

Continue Reading

ゲーミング

RGB LED搭載で部屋が華やかに!MSI最小クラスのゲーミングデスクトップ「Trident X Plus 9SD-831JP」発売

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — funglr.games

MSIの日本法人、エムエスアイコンピュータージャパン株式会社より、ゲーミングデスクトップPCの最新モデル「Trident X Plus 9SD-831JP」が日本国内で発売されることが決定しました!
ゲーミングデスクトップPCブランド「Trident X Plus」シリーズに、第9世代インテル® Core™ i7とグラフィックスボードGeForce® RTX 2070 Super™ 搭載モデルが新たに加わる形になります。

今までのゲーミングデスクトップの常識を覆す性能

最新世代のGPU(GeForce RTX™ 2070 Super™)搭載で新しいゲーム体験を

GeForce RTX™ 2070 Super™ を搭載し、リアルタイムレイトレーシング対応でリアルな光の反射、屈折、陰影の表現をリアルタイムで行い実写に近い描写が可能です。
GeForce RTX™シリーズは、転送速度がはやく高画質設定・高解像度でのスムーズな描写ができるというのが魅力です。

RGB LEDライティングでお部屋が華やかに

Trident X Plus 9SD-831JP「Trident X Plus 9SD-831JP」製品ページ

ケースの側面を付属のガラスパネルに交換することで、RGB LED のライティングがより一層際立ち、お部屋を華やかにしてくれます。
Mystic light搭載で、キーボード、マウスなどの周辺機器のRGB LEDライティング効果をコントロールできるだけでなく、他の製品のライティング効果と連携し、自分好みのゲーミング環境をつくることができます。
性能だけでなく、ビジュアルにもこだわりたい!という人にはぴったりの製品なのではないでしょうか。

 

熱源ごとに独立した冷却システム

Trident X Plus 9SD-831JP「Trident X Plus 9SD-831JP」製品ページ

MSI独自の冷却技術「Silent Storm Cooling 3」を搭載しており、CPU、グラフィックスカード、電源それぞれを個別の区画に分割し冷却します。
常に新しい空気が流れるので、効率的な冷却を実現でき、長時間のゲームプレイ時にも安定した動作ができます。
長時間ゲームプレイするヘビーゲーマーにとっても嬉しい性能となっています。

この他にも、高速動作するNVMe接続のSSDは容量が512GBと余裕のあるシステム構成となっています。
さらにWi-Fi 6に対応しており、LANケーブルの取り回しを気にすることなくオンラインゲームを楽しめます。

「Trident X Plus 9SD-831JP」スペック表

OS Windows 10 Pro 64bit
CPU インテル® Core™ i7-9700K
(3.6GHz / Turbo 4.9GHz / 8コア8スレッド)
チップセット インテル® Z390
メモリ 32GB(16GB ×2)DDR4-2666
グラフィックス NVIDIA® GeForce RTX™ 2070 Super™ 8GB GDDR6
解像度 DisplayPort 1.4 ×3(7,680 × 4,320 / 30Hz)
HDMI 2.0b ×1(3,840 × 2,160 / 60Hz)
ストレージ SSD:512GB(M.2 NVMe)
HDD:2TB(2.5インチ)
LAN (RJ45) Realtek RTL8111H(10 / 100 / 1000Mbps)
無線LAN インテル® Wi-Fi 6 AX200(2 × 2、11ax、Bluetooth 5)
I/O (前) USB 3.2 Gen1 Type-C ×1 ※1
USB 3.2 Gen1 Type-A ×1
USB 2.0 Type-A ×1
マイク入力 ×1
ヘッドホン出力 ×1
I/O (後) USB 3.2 Gen2 Type-A ×2
USB 3.2 Gen1 Type-A ×2
USB 2.0 Type-A ×2
有線LANポート ×1
HDMI ×1 ※2
DisplayPort ×1 ※2
ライン入力 ×1
ライン出力 ×1
マイクイン ×1
CS-Out ×1 ※3
RS-Out ×1 ※4
S/PDIF出力 ×1
冷却システム FANクーラー
電源 650W 80 PLUS Gold
本体寸法 幅×奥行き×高さ 383 × 130 × 396mm
重量(本体) 6.55Kg
部品 マウス ×1
電源ケーブル ×1
強化ガラスパネル ×1
クイックスタートガイド ×1
保証書 ×1
備考 ※1:Thunderbolt 3、USB PD、Alt Mode非対応
※2:CPU型番に「F」が付いている製品では使用不可
※3:5.1 / 7.1チャンネルモード時にセンター/サブウーファー端子を接続
※4:4 / 5.1 / 7.1チャンネルモード時にリアスピーカー端子を接続

発売日と価格

「Trident X Plus 9SD-831JP」の発売日は2020年4月9日(木)となっています。
価格は280,000円前後(税込)です。
世界を牽引するゲーミングブランドの1つであるMSIによる最新モデルのため、ゲーミングスピリットに基づいた設計となっています。
383(幅)×130(奥行)×396(高さ)mm のコンパクトなボディと実写に近いグラフィック映像で、ワンランク上の快適なゲーム生活を手に入れてみてはいかがでしょうか。

詳細は「Trident X Plus 9SD-831JP」製品ページにてご確認いただけます。

© 2020 Micro-Star INT’L CO.,LTD. All rights reserved.



著者: ” — funglr.games

Continue Reading

ゲーミング

ASCII.jp:Steamおすすめゲーム「Return of the Obra Dinn」異色の保険調査員ADV

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — ascii.jp

 耳に残る独特なBGMに、独裁国家で入国管理監としての日々を延々と送る独特なゲームデザインで話題をさらい、後に実写の短編ムービーまで制作された「Paper,Please」という作品がある。ただアイロニーだけに満ちた作品ではなく、独特なゲーム性を持たせることで一つの表現を生み出した傑作でもある。その作者であるLucas Pope氏の新作も、また奇妙ながらも独特なゲーム性を持ってゲーム業界の喜望峰へと航海に出た。

 第88回は謎の失踪を遂げたオブラ・ディン号の痕跡を辿るアドベンチャー「Return of the Obra Dinn」を紹介する。

 

 本作品は日本語字幕に対応している。詳しい操作などは後述するが、キーボードとゲームコントローラーどちらにも対応しているが、本記事中ではキーボード操作にて記述している。

 また、1980年時代のモノクロモニターを再現した環境を選ぶことができ、初期設定ではマッキントッシュになっているが、コモドール64や今のWindowsPCの原型とも言えるIBMPCといったマニアックな画面表示に切り替えることもできるので自分がすきな色目のモノクロディスプレイでプレイすると良いだろう。

遺体が残した痕跡を解き明かせ!

 1803年公開中に消息を絶ったオブラ・ディン号が4年の歳月を経てイングランド沖へと漂着した。喜望峰(アフリカ最南端)へ向かった船が何故イギリスへ戻ってきたのか、東インド会社の保険調査課の主任としてプレイヤーは保険金額の査定のため派遣されることになる。

 プレイヤーの手元にあるのはヘンリー・エバンズなる男から送られた手記と懐中時計のみである。手記には乗員全員の名前リストと船内地図、船内での様子を納めたイラストが付随している。この手記を元にして、乗員51人全員の行方と、船内で何があったかを全て事細かに調べていくことになる。



マップは“WASDキー”での移動、Eキー、もしくは右クリックを押すことでズームできる。またTABキーを押すことで手記を開くことが可能だ。

 船内には白骨化した遺体の他、出来事への残渣を懐中時計を使うことで読み取ることができる。その残渣を頼りに乗員の安否とリストを照合していくことになる。

 対象にカーソルを合わせて左クリックかスペースキーを押すことで何があったかを追体験でき、その出来事のあった瞬間をくまなく探索することが可能だ。乗員の声や音は分かっても、死因となった原因などに対して直接的なヒントがほぼ無いのが本作品の魅力の一つである。画像は一番最初に見ることになる船長と船員の何かの争いの一場面だが、画面上の誰が誰なのかは自分で当てはめていかない限りは一切明かされることはない。



場面中に人物にズームすることで船内イラストと紐付けはされるが、誰なのかは明確には分からない。

 場面の再生が終われば手記の出来事の該当部分に自動的に内容が記述される。場所やイラストから逆引きも可能なので何度も何度も見返すことになる。時には場面から他の残渣へと飛ぶことがあり、間接的、もしくは直接的な繋がりとなっている場合もある。

 安否も名前も全てリストから自分で指定する必要がある。組み合わせが正しかったとしても直ぐには確証が得られないが、手記内で三人の正確な情報を記すことで初めて正解が分かるようになっている。



総当たりでは解けない。自分でメモや状況などを事細かに照合していこう。

類を見ない独特なゲーム性

 人種的な特徴や、しゃべり方の訛りといった、ゲーム外での知識も知っていれば更に本作品は楽しめる(必須ではない)。船上での知識は画像のように補足はあるが、人種的な特徴などはゲーム中には一切ヒントとしては出てこない。国籍や名前でピンとくることはあっても最終的に答えを導き出すのは自分の足とメモである。

 筆者が一番好きなジャンルはアドベンチャーゲームだというのは過去の記事でも何度か書いている気がするが、プレイ後に残る読後感や喪失感などが多種多様なジャンルの中でも非常に強く、考察や感想について色々考えるのがプレイ後の楽しみでもある。果たして、本作品のプレイ後に残った印象は、過去に感じた印象ともまた違う怪奇的な物であった。考え出せばキリが無いほどに本作品は筆者に対して大きな謎を残していった。

 タイムリープといわれる過去の出来事を辿って結末を見せるスタイルの作品であれば過去にも紹介した「Life is Strange」「STEINS;GATE」のような傑作もある。

 しかしオブラ・ディン号の中で懐中時計が見せる光景は前述の二作品とはまた別の物である。結果は結果であり、過去は変わらず、ただプレイヤーは調査員として淡々と結果と査定を行うのみで、作品内で起きたことに対して何を思うかは全てプレイヤーに委ねられている。それこそが本作品の独特なゲームデザインの一つでもあり、内容への想起というアドベンチャーゲーム最大の魅力にもつながっている。

 オブラ・ディン号が戻ったのは誰かの故郷への思いなのか、それともその思いへのアイロニーなのか。是非プレイヤーであるあなたがその査定へと赴いてほしい。

「Return of the Obra Dinn」の推奨動作環境は?

 最低動作環境の要件は、2GHz以上のCore i5 CPUと、専用GPUグラフィックス環境が必須となっている。スペック要件は高くないが、記述通りであればCPU内蔵GPUでは難しいだろう。アクション性が高いゲームではないが、最新でなくともミドルクラスのGPUを搭載した環境であれば安心してプレイできるだろう。

『Return of the Obra Dinn』
●3909
●2050円(2018年10月19日リリース) ※価格は記事掲載時点のものです
対応OS Windows,MAX OS X
ジャンル ミステリー、雰囲気、物語、独立系開発会社、アドベンチャー

© Copyright 2018, 3909 LLC. All rights reserved.



著者: ” — ascii.jp

Continue Reading

ゲーミング

ASCII.jp:快適にゲームしたいけどスペックわからないならドスパラ人気No.1ゲーミングデスクトップ「GALLERIA XF」

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — ascii.jp

総合性能の高さにも注目、ベンチマークで実力をチェック



「GALLERIA XF」

 デスクトップパソコン「GALLERIA XF」は、ドスパラが販売するゲーミングモデルでもナンバーワンの人気を誇るモデル。ゲームを快適にプレイできる性能と、18万1478円(1月7日現在)からと20万円以下で購入できる価格などが人気の理由として挙げられるだろう。前回は、使い勝手がよく拡張性が高いケースとその内部を紹介したが、今回はベンチマークにて実力をチェックする。

 まず、GALLERIA XFの基本構成時の仕様を紹介しよう。CPUがCore i7-9700K(3.60GHz)、メモリーが16GB(8GB×2)、GPUがGeForce RTX 2070 Super 8GB、ストレージが512GB NVMe接続SSD+2TB HDD、チップセットがIntel B365という構成だ。

 パソコン全体の総合力を計る「PCMark 10」の結果は、6985という高スコア。詳細をみると、ソフトウェア起動とブラウザーの描画速度を示す「Essentials」は9858、WordやExcelなどのアプリケーションの動作速度を示す「Productivity」は9235、動画編集機能や3Dグラフィックス性能を示す「Digital Content Creation」は10158と、軒並みハイスコアだった。これくらいのスコアであれば、ゲームだけでなく写真・動画編集などのクリエイティブな作業もこなせそうだ。



PCMark 10の結果

 CPUの性能を計測する「CINEBENCH R20」では、総合が3337ptsとなり、コア単体では479ptsという結果に。Core i7-9700KというハイエンドなCPUらしい高評価である。CPUのパワーもしっかりあるので、実況配信なども快適にできるだろう。



CINEBENCH R20の結果

、ストレージ速度は「CrystalDiskMark 6.0.2」にて計測。メインストレージはNVMe接続SSDらしく、素晴らしい数値となった。これならファイルアクセスやアプリケーション起動もサクサクであろう。セカンドストレージはHDDなため、SSDと比べると遅いが、こちらは2TBの大容量がポイント。写真や動画などのデータを大量に保存しておけるのはうれしい。



NVMe接続SSDを「CrystalDiskMark 6.0.2」で計測した結果



HDDを「CrystalDiskMark 6.0.2」で計測した結果

 ここからは3D機能を見ていこう。「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク」は、グラフィックス設定を「最高品質」、解像度を「1920×1080」、表示モードを「フルスクリーン」にして計測。評価は「非常に快適」で、スコアは17240だった。FFXIV程度のゲームであれば、設定も何も気にすることなく快適に遊べる。



「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク」の結果

 さらにヘビーなゲーム系ベンチマークとして、「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク ver1.2」で計測してみた。設定は「高品質」「1920×1080」「フルスクリーンで、結果はスコアが10261で評価は「とても快適」。このままでは物足りないので、設定をカスタマイズして盛り盛り(具体的には下画像参照)なうえ解像度3840×2160で稼働させてみたところ、これでもスコア4369で評価は「普通」であった。タイトル次第ではあるものの、4Kでのゲームプレイも視野に入る性能だといっていいだろう。



「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク ver1.2」(高品質、フルHD、フルスクリーン)のスコア



項目はすべてオンもしくは最高にした状態で計測



スコア4369で評価は「普通」に

 最後に「3DMark」もチェック。「Time Spy」を計測してみたところ、9603というハイスコアだった。フルHDであれば、最新タイトルでも快適に遊べる。



「Time Spy」スコアは9603

 各種ベンチマークで、GALLERIA XFのハイパワーぶりがおわかりいただけただろうか。これで18万1478円(1月7日現在)からと20万円を切るので、コストパフォーマンスが高いといっていいだろう。最新ゲームもフルHDで設定を気にせず快適に遊びたいという人にはうってつけのモデルだ。また、BTOマシンなのでここからさらにパーツを変更することも可能だ。次回は、そうしたBTOによるオススメカスタマイズを紹介する予定だ。

CPU Core i7-9700K(8コア/8スレッド、3.60GHz)
グラフィックス GeForce RTX2070 SUPER 8GB
チップセット Intel B365 Express(ATX)
メモリー 16GB
ストレージ 512GB SSD+2TB HDD
光学ドライブ
インターフェース USB 2.0×2、USB 3.0×2、USB 3.1 Gen1×4、DisplayProt×3、HDMI出力×1、ライン出力×2、ライン入力×1、マイク入力×2、有線LAN端子、SD/microSDカードスロット、PS/2コネクターほか
電源 650W(80PLUS BRONZE)
サイズ/重量 およそ幅207×奥行き520.7×高さ450.2mm/約13.9kg
OS Windows 10 Home(64bit)



著者: ” — ascii.jp

Continue Reading
ゲーミング4時間 ago

RGB LED搭載で部屋が華やかに!MSI最小クラスのゲーミングデスクトップ「Trident X Plus 9SD-831JP」発売

実況じっきょうプレイ4時間 ago

Minecraft NOOB vs PRO vs HACKER : SUPER TANK BATTLE in minecraft / Animation

ゲーム業界ニュース5時間 ago

ボーナス:ゲーム業界が2番めに好むサプライズの仕組み –

ゲーム 評価 ランキング5時間 ago

「ゼルダの伝説 夢をみる島」レビュー –

ゲームのレビュー動画5時間 ago

【無料ソフト3本】遂にあのゲームが無料化! 新作ゲームの発表も! 4月フリープレイ PSプラス PS4 コールオブデューティモダンウォーフェア2リマスタード ニーアレプリカント

ゲーミング10時間 ago

ASCII.jp:Steamおすすめゲーム「Return of the Obra Dinn」異色の保険調査員ADV

実況じっきょうプレイ11時間 ago

【4人実況】13日の金曜日おふざけバトル!日本TOP4 vs アメリカTOP4【Friday the 13th: The Game】

ゲーム業界ニュース11時間 ago

「コミケ、コミティア、文フリが開催中止」「遠隔授業阻む著作権法35条施行を前倒し?」など、出版業界気になるニュースまとめ(2020年3月23日~29日) | HON.jp News Blog

ゲーム 評価 ランキング11時間 ago

Sea of Solitude の海外レビュー評価 | メタスコア71点、独特のグラフィックと世界観が高評価 攻略大百科

ゲームのレビュー動画11時間 ago

AirPodsPro購入!良いとこばかりじゃない!?初めてのノイズキャンセリングはどうだった!?

ゲーミング2週間 ago

Acer、ゲーミングシリーズ「Predator」・「Nitro」よりノートPC、デスクトップとモニター2製品の計9製品が発売決定! –

ゲーミング2週間 ago

「週刊プロゲーマーファイル」File.032:Ramune選手【LoL】 –

ゲーミング2週間 ago

ASUS、“AIノイズキャンセリング”マイク搭載ゲーミングヘッドセット「ROG Theta 7.1」 – PHILE WEB

東京ゲームショウ2週間 ago

【東京ゲームショウ2019 SAMSUNG SSD×DETONATOR共同出展】|株式会社GamingDのプレスリリース

東京ゲームショウ2週間 ago

MSI,RTX 2060搭載で重量約1.86kgのゲームノートPC「GF65 Thin」を国内発売 –

ゲーミング2週間 ago

Macユーザー必見!Appleの歴史が網羅された非公式サイトが登場!懐かし映像の数々が蘇る!! | ガジェット通信 GetNews

ゲーミング2週間 ago

MSI、6コアCPU搭載の15.6型ゲーミングノートとクリエイター向けノート –

東京ゲームショウ2週間 ago

[TGS 2019]「サイバーパンク2077」の出展ブースにキアヌ・リーブスさんがサブライズ来場。インタビューが公開に –

ゲーム業界ニュース2週間 ago

DICE Awards 2020で「Untitled Goose Game」がGame of the Yearを受賞

ゲーミング2週間 ago

【最新】「MacBook Pro」と「MacBook Air」はどちらがおすすめ?選び方を徹底解説! | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト

実況じっきょうプレイ4時間 ago

Minecraft NOOB vs PRO vs HACKER : SUPER TANK BATTLE in minecraft / Animation

ゲームのレビュー動画5時間 ago

【無料ソフト3本】遂にあのゲームが無料化! 新作ゲームの発表も! 4月フリープレイ PSプラス PS4 コールオブデューティモダンウォーフェア2リマスタード ニーアレプリカント

実況じっきょうプレイ11時間 ago

【4人実況】13日の金曜日おふざけバトル!日本TOP4 vs アメリカTOP4【Friday the 13th: The Game】

ゲームのレビュー動画11時間 ago

AirPodsPro購入!良いとこばかりじゃない!?初めてのノイズキャンセリングはどうだった!?

実況じっきょうプレイ17時間 ago

テスト勉強法で絶対ダメなこと【ゆっくり茶番】

ゲームのレビュー動画17時間 ago

【アウター・ワールド】Fallout:NVの制作者が作る新作FPSが海外レビュー大絶賛の超神ゲーな件 (スイッチ/PS4新作)|The Outer Worlds【ゆっくり実況】

実況じっきょうプレイ23時間 ago

【フォートナイト】スナイパーで頭ブチ抜き神ショット炸裂!もはやゴルゴ13!(自称)【ヒカキンゲームズ】

ゲームのレビュー動画23時間 ago

【もうめちゃくちゃww】無料で遊べるタイトル多数発表! 過去最大割引セールも! PS4 PSN PSストア

実況じっきょうプレイ1日 ago

#10【FPS】弟者,兄者の「タルコフ(EFT)」【2BRO.】

ゲームのレビュー動画1日 ago

【デスストランディング】50時間プレイしてからの感想。【naotin】

人気