Connect with us

ゲーミング

NVIDIA、ノート向けGeForce RTX 30シリーズ発表。デスクトップ版RTX 3060も –

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — pc.watch.impress.co.jp

ノートパソコン向けのGeForce RTX 3080

 NVIDIAは13日、「GEFORCE RTX: GAME ON」を題した配信イベントを開催し、ノートパソコン向けのGeForce RTX 30シリーズのほか、デスクトップ向けのGeForce RTX 3060などを発表した。

 ノートパソコン向けのGPUとして投入されるのは、GeForce RTX 3080/3070/3060の3種類。第2世代のRTXと第3世代のMax-Qを採用。第3世代のMax-QではAIを使った新しいシステムの最適化によってこれまで以上の性能を実現した。搭載製品の発売時期は1月26日。

 今回のRTX 30シリーズ搭載ノートでは市場に登場するその半数以上が240Hz以上のリフレッシュレートを備えているとのこと。また、デスクトップ版と同じく、レイテンシ(遅延)抑制機能の「NVIDIA Reflex」を利用可能で、マウスクリックが反映されるまでの遅延を最小で20ms未満に抑えられるとする。

 RTX 3080は1440p(2,560×1,440ドット)のウルトラ設定のゲームを100fps以上でプレイ可能とし、搭載機の価格は1,999ドルから。

 RTX 3070は1440pのウルトラ設定のゲームを90fpsでプレイ可能とし、RTX 2070の1.5倍以上の性能を備える。搭載機の価格は1,299ドルから。

GeForce RTX 3070

 RTX 3060は1080p(1,920×1,080ドット)のウルトラ設定のゲームを90fpsでプレイできる。搭載機の価格は999ドルから。

GeForce RTX 3060

【表1】ノートパソコン向けGeForce RTX 30/20シリーズのスペック
GeForce RTX 30シリーズ(ノートパソコン向け)
GeForce RTX 3080 GeForce RTX 3070 GeForce RTX 3060
CUDAコア 6,144 5,120 3,840
ブーストクロック(MHz) 1,245~1,710MHz 1,290~1,620MHz 1,283~1,703MHz
グラフィックスサブシステム電力 80~150W以上 80~125W 60~115W
標準メモリ構成 GDDR6 16GB GDDR6 8GB GDDR6 6GB
メモリバス幅 256bit 256bit 192bit
GeForce RTX 20シリーズ(ノートパソコン向け)
GeForce RTX 2080 GeForce RTX 2070 GeForce RTX 2060
CUDAコア 2,944 2,304 1,920
ブーストクロック(MHz) 1,095~1,590MHz 1,125~1,455MHz 1,185~1,560MHz
グラフィックスサブシステム電力 80~150+W 80~115W 65~115W
標準メモリ構成 GDDR6 8GB GDDR6 8GB GDDR6 6GB
メモリバス幅 256bit 256bit 192bit

1月26日から発売

 ノートパソコン向けのGeForce RTX 30シリーズでは、AIを駆使するDynamic Boost 2.0を搭載しており、CPU-GPU、そしてGPUメモリ間で電力をシフト可能。もっとも必要とする箇所にAIが電力を割くというフレーム単位の電力管理が可能になった。これにより、最大限性能を発揮できるほか、RTX 20シリーズに対して2倍の電力効率を実現した。

 また、ゲーミングノートの動作音を低減するWhisperMode 2.0も搭載。AIがCPUやGPUのシステム温度やファンの回転数を管理して、動作音を適切に管理する。

 さらに、PCI Expressを使って性能を上げるResizable BARも実装。従来CPUはGPU用メモリの一部にしかアクセスできず、メモリの頻繁なアップデートが必要だった。しかし、この新機能によりGPU用メモリ全体にアクセスできるようになり、複数の同時アクセスが可能になったことも含めて性能の向上が図れるとする。

デスクトップ向けのGeForce RTX 3060

 デスクトップ版GeForce RTX 3060は、昨年(2020年)12月に発表された同3060 Tiの下位モデル。価格は329ドルからで、同3060 Tiよりも70ドル安く、提供時期は2月下旬となる。

【表2】GeForce RTX 3060のスペック
GeForce RTX 3060 GeForce RTX 3060 Ti
CUDAコア 3,584 4,864
ブーストクロック 1.78GHz 1.67GHz
ベースクロック 1.32GHz 1.41GHz
標準メモリ構成 GDDR6 12GB GDDR6 8GB
メモリバス幅 192bit 256bit
消費電力 170W 200W

GEFORCE RTX: GAME ON



著者: " -- pc.watch.impress.co.jp "

Continue Reading

ゲーミング

挫・人間 公式ブログ – 君と僕以外の人類滅亡したらきっときみもぼくを見直すだろう – Powered by LINE

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — lineblog.me

家最高!!出る気ゼロ!!

なんて言うまでもなく外出が推奨されていないのだった。南無三!

なんにせよ家でやることが大量にあるからな。今日もこんな時間になった。頭痛がしてきたので休もう。と思った瞬間にブログのことを思い出した。一体なんだこの作業は。バカなんじゃないか。

本当に、バカなんじゃなかろうか。

⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン

挫・人間の『ソモサン・セッパ』のライブ映像が公開されましたね。

意外とライブでも再現出来るもんです(こだわりの1人プレイで)。

しかも、今はこの頃よりもう少し上手くなっているよ。

ライブをがまんしている君へのギフトだ。大いに楽しんでくれ。

ZX8jMo5omc.jpg

ワロタ。おれもそう思う。

⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン

家最高!とか言いながら、散歩もしなければ新しい音楽を聴く時間も減ることに気付いて、つけっぱなしになっているps4のSpotifyを起動し、その気にならなければ永遠に聴くことがなかったであろう音楽を聴く。自分で弾いて、聴いて、を繰り返した。明日にはなんらかの成果を見せていきたい……。

作業中に甘いものが手元にあると太る。絶対に太る。何も考えずに食べてしまった気がする。コーヒーを飲んで胃も痛い。

⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン

ブログはオワコンの文化らしい。

それでもおれはブログが好きだ。というより、オワコンになるものが好きなのかもしれない。サービスの終了が近づいているオンラインゲームとか、かなり特殊な気持ちになる。

「地球最後の日になにする?」

という命題の答えは、おれの経験則的に言うと

「しんみり」だ。

おれは終わりゆくものに惹きつけられるところがある……好きだ……。

人のブログを読むのも好きだ。

最近豚乙女のランコの姉さん(公式の名前に「さん」をつけて呼んでいるだけなのだが、この時同時にランコさんへの呼び捨てが発生してしまい、戸惑ってしまう気持ち、おれ以外の人間も持っていてくれと思うことがある)がブログでウカのケンザンを使っていると書いていて、硬度は違うものの、全く自分と同じ用途で使用していることに感動してしまった。

自分の身体と向き合っていくことで生活を豊かにしたい。豊かな身体性、豊かな人間関係、豊かな感情、豊かな社会生活、豊かな……豊かな……

⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン

中学生下川プレイリストいきます。

昨日これ上げてなかった?って言われると、そうですと答えざるを得ないのが大いに不本意ではあるが、そうです。忘れてました。

テクノの話は散々昨日したような気がするのでそこそこで。

とはいえ、ものすごいアンセム感ですね。アンセムってこういう迫力がある曲のことを言うんでしょうな。

でも正直前身バンドのjoy divisionと迷ったね。

死ぬほど観た!!!!!!!!!!!

中学の頃従兄が、INUだったりを教えてくれたタイミングで、今度はトレインスポッティングとバッファロー66とタクシードライバーと一緒にこのバンドとBauhausとkilling jokeとベルベッツを教えてくれたんだよな。

ボーカルのイアンカーティスが好きで……暗い中学生にとっては自死するまで鬱とてんかんで悩まされたロックスターなんて……憧れるじゃないですか。

この目もパフォーマンスも、好きで……痙攣するような動きマネしてましたね……今も実はやってるんですが、ぼくがやるとひょうきんな動きになるんですよね……それに比べてイアンカーティスはもどかしいまま爆発してて……この穏やかな人間が急にキレる感じが……好きですね……。

愛犬の写真を持ち歩いているところとかも……。この暗く低い歌声に癒されてたな……。

new orderの話でなくイアンカーティスの話ばかりしていますが……。まあ、ブルーマンデーがイアンカーティスについての歌だということで、許してください。

いやーしかしイアンカーティスの歌詞とか、当時和訳頑張ったりしてたな。

服もめっちゃ真似したし、未だにマッキントッシュのコートが欲しいと思う。トレンチコート、イアンカーティスを意識して買ったのだよ。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3894.HEIC
ZuD8Nxaxoy.jpg

それがまあ、こんな感じで、全然イアンカーティス感なくてつらいです。

巷でよく見る「アンノウンプレジャーズもの」は持たないという、謎のこだわりを持ったままここまてまきたな。役に立たないこだわり。

ハブ・ア・ナイス・デイ

🎈今日の一曲

Bauhaus / The Passion Of Lovers

    糸冬                            ————— 

著者: ” — lineblog.me

Continue Reading

ゲーミング

ソファーで快適にPCゲームを楽しむ方法は? 安楽なプレイ環境を真剣に考えてみた結果 | WIRED.jp

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — wired.jp

PCゲームの環境づくりと聞いて、ソファーを思い浮かべる人はほとんどいないだろう。たいていの人は、しっかり座ってゲームをするために最適なゲーミングデスクとチェアからなる、派手な「バトルステーション」を想像するはずだ。

しかし、パンデミックで多くのオフィスワーカーが在宅勤務を続けているいま、仕事と「エーペックスレジェンズ」を同じデスクですることはあまりいいアイデアとは言えない。そこでソファーの登場だ。

ソファーでゲームといって最初に出てくるのが、テレビと向かい合ってワイヤレスで遊ぶ家庭用ゲーム機だろう。マイクロソフトとソニーはそれぞれ、プレイヤーがソファーからゲーム世界に没頭できるような魅力的なスペックを備えた新しいゲーム機を発売している。しかし、もしあなたがPCをもっているなら、“ソファーでゲーム”の選択肢はもっと広い。

次世代のゲーム機は驚くほど高性能だ。しかし、よく考えてみれば、これはソフトウェアの性能を最大限に引き出すことに特化した一種のミニPCである。実際のところ「Xbox」の責任者のフィル・スペンサーは『WIRED』US版との6月のインタヴューで、「キーボードやマウスを使ったり、メールを作成したりはしませんが、家庭用ゲーム機の使い方はPCと似てきています」と語っている。

関連記事次世代のXboxは、“単なるゲーム機”では終わらない:マイクロソフト幹部が語る新しい体験

確かに300〜500ドル(約31,000〜52,000円)もする次世代ゲーム機を買えば、ソファーで最高のゲーム体験を楽しめるだろう。でも、もしすでにゲーミングPCをもっているなら、とても長いHDMIケーブルを買うだけで同じ体験ができるかもしれない。

これはいたってまじめな提案だ。ソファーに座ってPCゲームを楽しむほうが、プレイできるゲームの種類は増え、プレイ環境も快適になり、よりパワフルな性能を楽しめる可能性がある。

PCとテレビをどうつなぐか

家庭用ゲーム機とは違い、ソファーでPCゲームを楽しむ際にお決まりの方法はない。2013年にはValveが「Steam Machine」というデヴァイスを発表し、家庭用ゲーム機をPCに置き換える壮大な戦略を開始した。このSteam Machineは、Valveが独自開発したLinuxベースのOS「SteamOS」で動作するゲーム機風のデヴァイスだった。

このマシンが鳴かず飛ばずで終わると、Valveは、PCゲームをテレビにストリーミングできる「Steam Link」をリリースした。このときのハードウェアは汎用性と信頼性の高さが大いに称賛されたものの、結局18年に販売終了となっている(本体とソフトウェアのサポートはいまも続いている)。

だが、定番のシステムがない状況はチャンスとも考えられる。PCゲーマーたちが自分独自の使い慣れたシステムを構築すればいいからだ。

今回はゲーム環境をイスからソファーへと移すために、25フィート(約7.6m)もの長さがある価格16ドル(約1,670円)のHDMIケーブルを使うことにした。このケーブルを使うことで、仕事にも使っているゲーミングPCを壁掛けのソニー製テレビにつないだのである。

テレビの向かい側には、散らかってはいるが座り心地のいいソファーがある。ケーブルが見えてしまうのは不格好だが、これのおかげで遅延が問題になることはない。

お気に入りのテレビがHDMIケーブルの届かない場所にある場合は、ワイヤレスにする必要があるだろう。話を聞いてみたPCゲーマーたちのなかには、eBayで中古のSteam Linkを入手したり、そのソフトウェアを購入したりした人もいた。

また、NVIDIAの「GameStream」を買ったという人もいる。NVIDIAの「Shield TV」をもっていれば、PCからテレビにゲームをストリーミングできるからだ。どちらの方法を選んだとしても、やるべき設定はほぼ同じになる。ドングルをテレビに接続し、ソフトウェアをPCにダウンロードすればいい。

ワイヤレス接続では遅延が発生するが、これが大きな問題になるのは動きの速いシューティングゲームをプレイしているときくらいだろう。シミュレーションゲームやストラテジーゲームなら問題にはならない。ただし、インターネットにつないだPCでゲームをすることに慣れている人なら、わずかな遅延にも苛立ちを覚えるかもしれない。

マウスとキーボードはどうする?

PCの画面をテレビで再生することは、最初のステップにすぎない。ほかにも考えることは山積みだ。

そのひとつがマウスやキーボードの場所だろう。ソファーでPCゲームをするために新しいものを買うべきか。あるいは、大学時代の教科書を積み上げて、その上で安いワイヤレスマウスを動かすだけでよしとすべきだろうか。

38歳のスター・サルツマンは以前、マウスとキーボードを使うために幅8フィート(約2.4m)もある木製のセールボート用シートをソファーをまたぐかたちで置いて利用していたという。現在は、金属のトレイとワイヤレスのUSBドングルで、ワイヤレスマウスとキーボードの接続可能範囲を広くしているそうだ。

ロジクールの安いトラックパッド付きワイヤレスキーボードを使ってメニューを操作しているというゲーマーもいる。ただし、ゲームをプレイするときはUSBハブに接続した古い「Xbox One」や「Xbox 360」のコントローラーを使うという。

普段からゲーム専用マウスとキーボードを愛用していて遅延は耐えられないというゲーマーには、別のツールをおすすめしたい。キーボードとマウスパッドが組み込まれたクッション付きの大きなラップボードだ。

ラップボード「Corsair K63」を開発したCORSAIR(コルセア)に開発の狙いを尋ねたところ、「デスク上でマウスとキーボードを使うときの感触やパフォーマンスを備えた製品を、ソファーで利用できるかたちで実現することです」と答えてくれた。また、「素早い動きや複雑な動きをするPCゲームを居間でプレイするとなれば、デスクトップで標準とされるメカニカルキーボードやマウスを使うことのメリットは明らかです」とも話している。

ゲーミングラップボードは、いま入手が難しい状況だ。CORSAIRによると、K63は非常に人気があり、多くの国で在庫切れになっているという。ちなみに今回は、メカニカルキーボードと大きなプラスティック製マウスパッドを備えた分厚いラップボード「Roccat Sova」の中古品をなんとか手に入れることができた。これは素晴らしいデヴァイスで、人間工学に基づいて設計されているうえに、遅延が少なくて品質が高いなど、あらゆる条件を満たしている。

今回はRoccat SovaをつないだUSB延長ケーブルを壁沿いにはわせて、タワーPCの背面に接続した。コントローラーの利用が推奨されるゲームについては、Xbox Oneのコントローラーをつないで使っている。

pc-couch

PHOTOGRAPH BY JUTHARAT PINYODOONYACHET

PCを自作するのもいい

ソファーでPCゲームを楽しむ理由は、快適さだけではない。「リーグ・オブ・レジェンド」や「World of Warcraft(ワールド オブ ウォークラフト、WoW)」など、PCでしか遊べないさまざまなゲームを楽しめることや、マシン自体のパフォーマンスが高いことも理由だ。

小型のゲーミングPCなら、500~1,500ドル(約52,000~15万6,000円)も出せば自分で組み立てられる。コントローラーに使えるようBluetooth対応が理想的だ。家庭用ゲーム機の代わりになるシステムとしては、これが最も費用対効果が高い。

「Xbox Series X」2台分のお金を出せば、高性能な小型PCが余裕で手に入る。パーツの交換に慣れている人なら、ゲーム機より長く使い続けられるだろう。

小型のPCケースは、まさにそのために存在していると言っていい。小さなPCをテレビかプロジェクターにつなげば、「Crawl」や「Stick Fight: The Game」、「Overcooked 2」「TowerFall」といった最高のインディー系パーティゲームをプレイできる。画面を切り替えれば、お気に入りのK-POPグループの最新ミュージックヴィデオを見ることだって可能だ。

PCはソファーの後ろに置き、ごちゃごちゃになったケーブルが見えないようにして、コントローラー用のUSBハブをつないでおけばいい。ただし、ホコリはできるだけ払っておこう。

game

PHOTOGRAPH BY JUTHARAT PINYODOONYACHET

ただし欠点も

ごちゃごちゃのケーブルを管理するか、遅延を許容するか、どちらかを選ばなければならない。ワイヤレス機器を増やせば視界に入るケーブルの数は少なくなる。遅延をなくしたいなら、EthernetトケーブルやUSBケーブル、コントローラーのケーブル、HDMIケーブル、それに音声用のケーブルが必要だ。今回は遅延を少なくすることを選んだ結果が、リヴィングルームにあるソファーの背後を写した上の写真である。

それにゲーム中であっても、仕事用のPCを使っている気分になりがちになる。家庭用ゲーム機と違ってメールの通知が表示されるかもしれないし、Twitterのフィードをチェックしたいという気持ちに駆られるかもしれないからだ。日々の雑事から完全に離れる機会は失われてしまう。

だが、ゲーム環境をデスクからソファーに移せば、身体的には大いに快適になる。ソファーにゆったりと腰かけ、ドリンクを片手にしながら、あるいはお菓子を食べながら長時間にわたってゲームを楽しむのは、本当にリラックスできるひとときだろう。少なくとも試してみる価値はあるはずだ。

※『WIRED』によるゲームの関連記事はこちら

RELATED ARTICLES

著者: ” — wired.jp

Continue Reading

ゲーミング

GeForce RTX 3060 Laptop GPUを搭載したゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”がMSIより2月4日発売。持運びやすい薄型・軽量デザイン

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — www.famitsu.com

 エムエスアイコンピュータージャパンは、ゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”を2021年2月4日(木)に発売する。

 本商品は、高性能グラフィックスGeForce RTX 3060 Laptop GPUを搭載しており、薄型、軽量で持ち運びしやすいデザインとなっている。



『【NVIDIA最新RTX3080搭載・薄型】MSIゲーミングノートPC GS66』(機種名)の購入はこちら (Amazon.co.jp)



『【NVIDIA最新RTX3060搭載・薄型・軽量】MSIゲーミングノートPC GF65』の購入はこちら (Amazon.co.jp)



MSIストア(amazon.co.jp)

以下、リリースを引用

GeForce RTX 3060 Laptop GPU 搭載モデル誕生 持運びやすい薄型・軽量デザイン高性能ゲーミングノートPC「GF65 Thin」「GF75 Thin」シリーズより発売

~ハイエンドモデル「GS66-10UH-240JP」「GE76-10UG-002JP」も2021年2月4日(木)同時発売~

 エムエスアイコンピュータージャパン株式会社は2021年2月4日(木)より、薄型・軽量で持ち運びしやすいデザインの本体に高性能グラフィックスGeForce RTX 3060 Laptop GPUを搭載したゲーミングノートPC『GF65 Thin』『GF75 Thin』を発売いたします。

 さらに、薄型ハイエンドノートPC「GS66 Stealth」よりGeForce RTX 3080 Laptop GPUを搭載したバリエーションモデル『GS66-10UH-240JP』とGeForce RTX 3070 Laptop GPUを搭載した性能・機能重視のハイエンドモデル「GE76 Raider」より『GE76-10UG-002JP』を同時発売いたします。

 また、発売に先立ち、2021年1月20日(水)より各販売店にて順次予約を受付開始いたします。

MSI ゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”

 「GF65 Thin」と「GF75 Thin」は持運びに便利な薄型・軽量の本体デザインを採用した、カジュアルゲーマーに人気のモデルです。

 最新グラフィックスGeForce RTX 3060 Laptop GPUとリフレッシュレート144Hzゲーミング液晶パネルを搭載することにより、人気のFPSゲームやバトルロイヤルゲームをフルHD解像度の高画質・高フレームレートで快適にプレイできるモデルへとパワーアップいたしました。

 また、ハイエンドクラスには GeForce RTX 3080 Laptop GPUとリフレッシュレート240Hzゲーミング液晶を搭載した「GS66 Stealth」バリエーションモデル『GS66-10UH-240JP』、「GE76 Raider」よりGeForce RTX 3070 Laptop GPUとリフレッシュレート300Hz 対応17.3インチ液晶パネルを搭載した『GE76-10UG-002JP』が新たに登場。e スポーツの世界で活躍するプロゲーマーや毎日欠かさずゲームを楽しんでいる熱狂的なゲーマー、これから PC ゲームを始めたいと考えている初心者ゲーマーまで幅広いユーザーにお届けできる豊富なラインナップとなりました。

GeForce RTX 3060 Laptop GPU 搭載、薄型・軽量ゲーミングノート PC「GF Thin」シリーズ

持ち運びやすい本体に高性能 CPU・GPU とリフレッシュレート 144Hz 液晶パネル搭載

 「GF Thin」シリーズは持ち運びやすい薄型・軽量の本体に高性能CPU・GPUを搭載し、日本国内でカジュアルゲーマーを中心に高い人気を誇るゲーミングノートPCです。

 GPUに最新の「GeForce RTX 3060 Laptop GPU」を採用することにより、従来の同シリーズよりもGPU性能が大きく向上。人気のFPSゲームやバトルロイヤルゲームをフルHD解像度の高画質・高フレームレートで快適にプレイ可能となりました。「GF65 Thin」は薄さ21.7mm・軽さ1.86Kgで、バックパックに収納すれば簡単に持ち運ぶことが可能です。

 さらに、「GF75 Thin」は大画面液晶パネルを採用しながらも、GeForce RTXグラフィックスを搭載した17.3インチMSIゲーミングノートPCで最軽量クラスの軽さ2.3Kgを実現しています。

MSI ゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”
MSI ゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”
MSI ゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”
MSI ゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”
MSI ゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”
MSI ゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”
MSI ゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”
MSI ゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”
MSI ゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”
MSI ゲーミングノートPC“GF65 Thin”、“GF75 Thin”

著者: ” — www.famitsu.com

Continue Reading

人気