Connect with us

ゲーミング

Razer、300Hz表示対応ゲーミングノート「Razer Blade 15」。第10世代Coreや2080 SUPER Max-Q搭載

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — pc.watch.impress.co.jp

Razer Blade 15

 米Razerは4月2日(米国時間)、第10世代CoreやGeForce RTX 2080 SUPERを搭載する15.6型ゲーミングノート「Razer Blade 15」の新モデルを発表した。価格は1,599.99ドルからで、5月よりアメリカやカナダで発売予定。追ってそのほかの地域にも展開予定としている。

 Razer Blade 15は最上位モデルで8コアのCore i7-10875H、Max-QデザインのGeForce RTX 2080 SUPERおよび同2070 SUPERを搭載することに加え、リフレッシュレート300HzのフルHD液晶または4K有機ELディスプレイを備えたハイエンド製品。ブラックで統一されたアルミウムの金属筐体を採用する。

 前モデルからキーボードが新しくなり、右Shiftキーの幅を拡張するとともに、上下カーソルキーの高さを半分にし、全カーソルキーを1段に収めた。Razer Chromaをサポートし、1,680万色のカラーセッティングを行なえる。

【表】Razer Blade 15のスペック
基本モデル 上位モデル
CPU Core i7-10750H(6コア/12スレッド、2.6~5GHz、UHD Graphics) Core i7-10875H(8コア/16スレッド、2.3~5.1GHz、UHD Graphics)
GPU GeForce GTX 1660 Ti(6GB)
GeForce RTX 2060 with Max-Q(6GB)
GeForce RTX 2070 with Max Q
GeForce RTX 2070 SUPER with Max Q
GeForce RTX 2080 SUPER with Max Q
メモリ DDR4-2933 16GB
ストレージ NVMe SSD 256GB(PCIe 3.0 x4)+M.2 PCIe 3.0 x4拡張スロット
NVMe SSD 512GB(PCIe 3.0 x4)+M.2 PCIe 3.0 x4拡張スロット
NVMe SSD 512GB(PCIe 3.0 x4)
NVMe SSD 1TB(PCIe 3.0 x4)
ディスプレイ 15.6型フルHD(1,920×1,080ドット)液晶、144Hz表示、sRGB 100%
15.6型4K(3,840×2,160ドット)有機EL、タッチ操作対応、応答速度1ms、DCI-P3 100%
15.6型フルHD(1,920×1,080ドット)液晶、300Hz表示、sRGB 100%
15.6型4K(3,840×2,160ドット)有機EL、タッチ操作対応、応答速度1ms、DCI-P3 100%、Gorilla Glass
OS Windows 10 Home
バッテリ リチウムイオンポリマー65Wh リチウムイオンポリマー80Wh
汎用ポート Thunderbolt 3、USB 3.1 Type-C×2、USB 3.0×2 Thunderbolt 3(USB PDでの20Vサポート)、USB 3.1 Type-C×2(同)、USB 3.1×2
カードリーダ
映像出力 HDMI 2.0b
無線機能 Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)、Bluetooth 5.0
Webカメラ 100万画素 100万画素、Windows Hello対応
セキュリティ 顔認証センサー
その他 ステレオスピーカー、ヘッドフォンジャック
本体サイズ(幅×奥行き×高さ) 355×235×19.9mm 355×235×17.8mm
重量 約2.1~2.2kg



著者: " -- pc.watch.impress.co.jp "

Continue Reading

ゲーミング

RGB LED搭載で部屋が華やかに!MSI最小クラスのゲーミングデスクトップ「Trident X Plus 9SD-831JP」発売

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — funglr.games

MSIの日本法人、エムエスアイコンピュータージャパン株式会社より、ゲーミングデスクトップPCの最新モデル「Trident X Plus 9SD-831JP」が日本国内で発売されることが決定しました!
ゲーミングデスクトップPCブランド「Trident X Plus」シリーズに、第9世代インテル® Core™ i7とグラフィックスボードGeForce® RTX 2070 Super™ 搭載モデルが新たに加わる形になります。

今までのゲーミングデスクトップの常識を覆す性能

最新世代のGPU(GeForce RTX™ 2070 Super™)搭載で新しいゲーム体験を

GeForce RTX™ 2070 Super™ を搭載し、リアルタイムレイトレーシング対応でリアルな光の反射、屈折、陰影の表現をリアルタイムで行い実写に近い描写が可能です。
GeForce RTX™シリーズは、転送速度がはやく高画質設定・高解像度でのスムーズな描写ができるというのが魅力です。

RGB LEDライティングでお部屋が華やかに

Trident X Plus 9SD-831JP「Trident X Plus 9SD-831JP」製品ページ

ケースの側面を付属のガラスパネルに交換することで、RGB LED のライティングがより一層際立ち、お部屋を華やかにしてくれます。
Mystic light搭載で、キーボード、マウスなどの周辺機器のRGB LEDライティング効果をコントロールできるだけでなく、他の製品のライティング効果と連携し、自分好みのゲーミング環境をつくることができます。
性能だけでなく、ビジュアルにもこだわりたい!という人にはぴったりの製品なのではないでしょうか。

 

熱源ごとに独立した冷却システム

Trident X Plus 9SD-831JP「Trident X Plus 9SD-831JP」製品ページ

MSI独自の冷却技術「Silent Storm Cooling 3」を搭載しており、CPU、グラフィックスカード、電源それぞれを個別の区画に分割し冷却します。
常に新しい空気が流れるので、効率的な冷却を実現でき、長時間のゲームプレイ時にも安定した動作ができます。
長時間ゲームプレイするヘビーゲーマーにとっても嬉しい性能となっています。

この他にも、高速動作するNVMe接続のSSDは容量が512GBと余裕のあるシステム構成となっています。
さらにWi-Fi 6に対応しており、LANケーブルの取り回しを気にすることなくオンラインゲームを楽しめます。

「Trident X Plus 9SD-831JP」スペック表

OS Windows 10 Pro 64bit
CPU インテル® Core™ i7-9700K
(3.6GHz / Turbo 4.9GHz / 8コア8スレッド)
チップセット インテル® Z390
メモリ 32GB(16GB ×2)DDR4-2666
グラフィックス NVIDIA® GeForce RTX™ 2070 Super™ 8GB GDDR6
解像度 DisplayPort 1.4 ×3(7,680 × 4,320 / 30Hz)
HDMI 2.0b ×1(3,840 × 2,160 / 60Hz)
ストレージ SSD:512GB(M.2 NVMe)
HDD:2TB(2.5インチ)
LAN (RJ45) Realtek RTL8111H(10 / 100 / 1000Mbps)
無線LAN インテル® Wi-Fi 6 AX200(2 × 2、11ax、Bluetooth 5)
I/O (前) USB 3.2 Gen1 Type-C ×1 ※1
USB 3.2 Gen1 Type-A ×1
USB 2.0 Type-A ×1
マイク入力 ×1
ヘッドホン出力 ×1
I/O (後) USB 3.2 Gen2 Type-A ×2
USB 3.2 Gen1 Type-A ×2
USB 2.0 Type-A ×2
有線LANポート ×1
HDMI ×1 ※2
DisplayPort ×1 ※2
ライン入力 ×1
ライン出力 ×1
マイクイン ×1
CS-Out ×1 ※3
RS-Out ×1 ※4
S/PDIF出力 ×1
冷却システム FANクーラー
電源 650W 80 PLUS Gold
本体寸法 幅×奥行き×高さ 383 × 130 × 396mm
重量(本体) 6.55Kg
部品 マウス ×1
電源ケーブル ×1
強化ガラスパネル ×1
クイックスタートガイド ×1
保証書 ×1
備考 ※1:Thunderbolt 3、USB PD、Alt Mode非対応
※2:CPU型番に「F」が付いている製品では使用不可
※3:5.1 / 7.1チャンネルモード時にセンター/サブウーファー端子を接続
※4:4 / 5.1 / 7.1チャンネルモード時にリアスピーカー端子を接続

発売日と価格

「Trident X Plus 9SD-831JP」の発売日は2020年4月9日(木)となっています。
価格は280,000円前後(税込)です。
世界を牽引するゲーミングブランドの1つであるMSIによる最新モデルのため、ゲーミングスピリットに基づいた設計となっています。
383(幅)×130(奥行)×396(高さ)mm のコンパクトなボディと実写に近いグラフィック映像で、ワンランク上の快適なゲーム生活を手に入れてみてはいかがでしょうか。

詳細は「Trident X Plus 9SD-831JP」製品ページにてご確認いただけます。

© 2020 Micro-Star INT’L CO.,LTD. All rights reserved.



著者: ” — funglr.games

Continue Reading

ゲーミング

ASCII.jp:Steamおすすめゲーム「Return of the Obra Dinn」異色の保険調査員ADV

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — ascii.jp

 耳に残る独特なBGMに、独裁国家で入国管理監としての日々を延々と送る独特なゲームデザインで話題をさらい、後に実写の短編ムービーまで制作された「Paper,Please」という作品がある。ただアイロニーだけに満ちた作品ではなく、独特なゲーム性を持たせることで一つの表現を生み出した傑作でもある。その作者であるLucas Pope氏の新作も、また奇妙ながらも独特なゲーム性を持ってゲーム業界の喜望峰へと航海に出た。

 第88回は謎の失踪を遂げたオブラ・ディン号の痕跡を辿るアドベンチャー「Return of the Obra Dinn」を紹介する。

 

 本作品は日本語字幕に対応している。詳しい操作などは後述するが、キーボードとゲームコントローラーどちらにも対応しているが、本記事中ではキーボード操作にて記述している。

 また、1980年時代のモノクロモニターを再現した環境を選ぶことができ、初期設定ではマッキントッシュになっているが、コモドール64や今のWindowsPCの原型とも言えるIBMPCといったマニアックな画面表示に切り替えることもできるので自分がすきな色目のモノクロディスプレイでプレイすると良いだろう。

遺体が残した痕跡を解き明かせ!

 1803年公開中に消息を絶ったオブラ・ディン号が4年の歳月を経てイングランド沖へと漂着した。喜望峰(アフリカ最南端)へ向かった船が何故イギリスへ戻ってきたのか、東インド会社の保険調査課の主任としてプレイヤーは保険金額の査定のため派遣されることになる。

 プレイヤーの手元にあるのはヘンリー・エバンズなる男から送られた手記と懐中時計のみである。手記には乗員全員の名前リストと船内地図、船内での様子を納めたイラストが付随している。この手記を元にして、乗員51人全員の行方と、船内で何があったかを全て事細かに調べていくことになる。



マップは“WASDキー”での移動、Eキー、もしくは右クリックを押すことでズームできる。またTABキーを押すことで手記を開くことが可能だ。

 船内には白骨化した遺体の他、出来事への残渣を懐中時計を使うことで読み取ることができる。その残渣を頼りに乗員の安否とリストを照合していくことになる。

 対象にカーソルを合わせて左クリックかスペースキーを押すことで何があったかを追体験でき、その出来事のあった瞬間をくまなく探索することが可能だ。乗員の声や音は分かっても、死因となった原因などに対して直接的なヒントがほぼ無いのが本作品の魅力の一つである。画像は一番最初に見ることになる船長と船員の何かの争いの一場面だが、画面上の誰が誰なのかは自分で当てはめていかない限りは一切明かされることはない。



場面中に人物にズームすることで船内イラストと紐付けはされるが、誰なのかは明確には分からない。

 場面の再生が終われば手記の出来事の該当部分に自動的に内容が記述される。場所やイラストから逆引きも可能なので何度も何度も見返すことになる。時には場面から他の残渣へと飛ぶことがあり、間接的、もしくは直接的な繋がりとなっている場合もある。

 安否も名前も全てリストから自分で指定する必要がある。組み合わせが正しかったとしても直ぐには確証が得られないが、手記内で三人の正確な情報を記すことで初めて正解が分かるようになっている。



総当たりでは解けない。自分でメモや状況などを事細かに照合していこう。

類を見ない独特なゲーム性

 人種的な特徴や、しゃべり方の訛りといった、ゲーム外での知識も知っていれば更に本作品は楽しめる(必須ではない)。船上での知識は画像のように補足はあるが、人種的な特徴などはゲーム中には一切ヒントとしては出てこない。国籍や名前でピンとくることはあっても最終的に答えを導き出すのは自分の足とメモである。

 筆者が一番好きなジャンルはアドベンチャーゲームだというのは過去の記事でも何度か書いている気がするが、プレイ後に残る読後感や喪失感などが多種多様なジャンルの中でも非常に強く、考察や感想について色々考えるのがプレイ後の楽しみでもある。果たして、本作品のプレイ後に残った印象は、過去に感じた印象ともまた違う怪奇的な物であった。考え出せばキリが無いほどに本作品は筆者に対して大きな謎を残していった。

 タイムリープといわれる過去の出来事を辿って結末を見せるスタイルの作品であれば過去にも紹介した「Life is Strange」「STEINS;GATE」のような傑作もある。

 しかしオブラ・ディン号の中で懐中時計が見せる光景は前述の二作品とはまた別の物である。結果は結果であり、過去は変わらず、ただプレイヤーは調査員として淡々と結果と査定を行うのみで、作品内で起きたことに対して何を思うかは全てプレイヤーに委ねられている。それこそが本作品の独特なゲームデザインの一つでもあり、内容への想起というアドベンチャーゲーム最大の魅力にもつながっている。

 オブラ・ディン号が戻ったのは誰かの故郷への思いなのか、それともその思いへのアイロニーなのか。是非プレイヤーであるあなたがその査定へと赴いてほしい。

「Return of the Obra Dinn」の推奨動作環境は?

 最低動作環境の要件は、2GHz以上のCore i5 CPUと、専用GPUグラフィックス環境が必須となっている。スペック要件は高くないが、記述通りであればCPU内蔵GPUでは難しいだろう。アクション性が高いゲームではないが、最新でなくともミドルクラスのGPUを搭載した環境であれば安心してプレイできるだろう。

『Return of the Obra Dinn』
●3909
●2050円(2018年10月19日リリース) ※価格は記事掲載時点のものです
対応OS Windows,MAX OS X
ジャンル ミステリー、雰囲気、物語、独立系開発会社、アドベンチャー

© Copyright 2018, 3909 LLC. All rights reserved.



著者: ” — ascii.jp

Continue Reading

ゲーミング

ASCII.jp:快適にゲームしたいけどスペックわからないならドスパラ人気No.1ゲーミングデスクトップ「GALLERIA XF」

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — ascii.jp

総合性能の高さにも注目、ベンチマークで実力をチェック



「GALLERIA XF」

 デスクトップパソコン「GALLERIA XF」は、ドスパラが販売するゲーミングモデルでもナンバーワンの人気を誇るモデル。ゲームを快適にプレイできる性能と、18万1478円(1月7日現在)からと20万円以下で購入できる価格などが人気の理由として挙げられるだろう。前回は、使い勝手がよく拡張性が高いケースとその内部を紹介したが、今回はベンチマークにて実力をチェックする。

 まず、GALLERIA XFの基本構成時の仕様を紹介しよう。CPUがCore i7-9700K(3.60GHz)、メモリーが16GB(8GB×2)、GPUがGeForce RTX 2070 Super 8GB、ストレージが512GB NVMe接続SSD+2TB HDD、チップセットがIntel B365という構成だ。

 パソコン全体の総合力を計る「PCMark 10」の結果は、6985という高スコア。詳細をみると、ソフトウェア起動とブラウザーの描画速度を示す「Essentials」は9858、WordやExcelなどのアプリケーションの動作速度を示す「Productivity」は9235、動画編集機能や3Dグラフィックス性能を示す「Digital Content Creation」は10158と、軒並みハイスコアだった。これくらいのスコアであれば、ゲームだけでなく写真・動画編集などのクリエイティブな作業もこなせそうだ。



PCMark 10の結果

 CPUの性能を計測する「CINEBENCH R20」では、総合が3337ptsとなり、コア単体では479ptsという結果に。Core i7-9700KというハイエンドなCPUらしい高評価である。CPUのパワーもしっかりあるので、実況配信なども快適にできるだろう。



CINEBENCH R20の結果

、ストレージ速度は「CrystalDiskMark 6.0.2」にて計測。メインストレージはNVMe接続SSDらしく、素晴らしい数値となった。これならファイルアクセスやアプリケーション起動もサクサクであろう。セカンドストレージはHDDなため、SSDと比べると遅いが、こちらは2TBの大容量がポイント。写真や動画などのデータを大量に保存しておけるのはうれしい。



NVMe接続SSDを「CrystalDiskMark 6.0.2」で計測した結果



HDDを「CrystalDiskMark 6.0.2」で計測した結果

 ここからは3D機能を見ていこう。「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク」は、グラフィックス設定を「最高品質」、解像度を「1920×1080」、表示モードを「フルスクリーン」にして計測。評価は「非常に快適」で、スコアは17240だった。FFXIV程度のゲームであれば、設定も何も気にすることなく快適に遊べる。



「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク」の結果

 さらにヘビーなゲーム系ベンチマークとして、「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク ver1.2」で計測してみた。設定は「高品質」「1920×1080」「フルスクリーンで、結果はスコアが10261で評価は「とても快適」。このままでは物足りないので、設定をカスタマイズして盛り盛り(具体的には下画像参照)なうえ解像度3840×2160で稼働させてみたところ、これでもスコア4369で評価は「普通」であった。タイトル次第ではあるものの、4Kでのゲームプレイも視野に入る性能だといっていいだろう。



「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク ver1.2」(高品質、フルHD、フルスクリーン)のスコア



項目はすべてオンもしくは最高にした状態で計測



スコア4369で評価は「普通」に

 最後に「3DMark」もチェック。「Time Spy」を計測してみたところ、9603というハイスコアだった。フルHDであれば、最新タイトルでも快適に遊べる。



「Time Spy」スコアは9603

 各種ベンチマークで、GALLERIA XFのハイパワーぶりがおわかりいただけただろうか。これで18万1478円(1月7日現在)からと20万円を切るので、コストパフォーマンスが高いといっていいだろう。最新ゲームもフルHDで設定を気にせず快適に遊びたいという人にはうってつけのモデルだ。また、BTOマシンなのでここからさらにパーツを変更することも可能だ。次回は、そうしたBTOによるオススメカスタマイズを紹介する予定だ。

CPU Core i7-9700K(8コア/8スレッド、3.60GHz)
グラフィックス GeForce RTX2070 SUPER 8GB
チップセット Intel B365 Express(ATX)
メモリー 16GB
ストレージ 512GB SSD+2TB HDD
光学ドライブ
インターフェース USB 2.0×2、USB 3.0×2、USB 3.1 Gen1×4、DisplayProt×3、HDMI出力×1、ライン出力×2、ライン入力×1、マイク入力×2、有線LAN端子、SD/microSDカードスロット、PS/2コネクターほか
電源 650W(80PLUS BRONZE)
サイズ/重量 およそ幅207×奥行き520.7×高さ450.2mm/約13.9kg
OS Windows 10 Home(64bit)



著者: ” — ascii.jp

Continue Reading
ゲーミング1時間 ago

RGB LED搭載で部屋が華やかに!MSI最小クラスのゲーミングデスクトップ「Trident X Plus 9SD-831JP」発売

実況じっきょうプレイ2時間 ago

Minecraft NOOB vs PRO vs HACKER : SUPER TANK BATTLE in minecraft / Animation

ゲーム業界ニュース2時間 ago

ボーナス:ゲーム業界が2番めに好むサプライズの仕組み –

ゲーム 評価 ランキング2時間 ago

「ゼルダの伝説 夢をみる島」レビュー –

ゲームのレビュー動画2時間 ago

【無料ソフト3本】遂にあのゲームが無料化! 新作ゲームの発表も! 4月フリープレイ PSプラス PS4 コールオブデューティモダンウォーフェア2リマスタード ニーアレプリカント

ゲーミング7時間 ago

ASCII.jp:Steamおすすめゲーム「Return of the Obra Dinn」異色の保険調査員ADV

実況じっきょうプレイ8時間 ago

【4人実況】13日の金曜日おふざけバトル!日本TOP4 vs アメリカTOP4【Friday the 13th: The Game】

ゲーム業界ニュース8時間 ago

「コミケ、コミティア、文フリが開催中止」「遠隔授業阻む著作権法35条施行を前倒し?」など、出版業界気になるニュースまとめ(2020年3月23日~29日) | HON.jp News Blog

ゲーム 評価 ランキング8時間 ago

Sea of Solitude の海外レビュー評価 | メタスコア71点、独特のグラフィックと世界観が高評価 攻略大百科

ゲームのレビュー動画8時間 ago

AirPodsPro購入!良いとこばかりじゃない!?初めてのノイズキャンセリングはどうだった!?

ゲーミング2週間 ago

Acer、ゲーミングシリーズ「Predator」・「Nitro」よりノートPC、デスクトップとモニター2製品の計9製品が発売決定! –

ゲーミング2週間 ago

「週刊プロゲーマーファイル」File.032:Ramune選手【LoL】 –

ゲーミング2週間 ago

ASUS、“AIノイズキャンセリング”マイク搭載ゲーミングヘッドセット「ROG Theta 7.1」 – PHILE WEB

東京ゲームショウ2週間 ago

【東京ゲームショウ2019 SAMSUNG SSD×DETONATOR共同出展】|株式会社GamingDのプレスリリース

東京ゲームショウ2週間 ago

MSI,RTX 2060搭載で重量約1.86kgのゲームノートPC「GF65 Thin」を国内発売 –

ゲーミング2週間 ago

Macユーザー必見!Appleの歴史が網羅された非公式サイトが登場!懐かし映像の数々が蘇る!! | ガジェット通信 GetNews

ゲーミング2週間 ago

MSI、6コアCPU搭載の15.6型ゲーミングノートとクリエイター向けノート –

東京ゲームショウ2週間 ago

[TGS 2019]「サイバーパンク2077」の出展ブースにキアヌ・リーブスさんがサブライズ来場。インタビューが公開に –

ゲーム業界ニュース2週間 ago

DICE Awards 2020で「Untitled Goose Game」がGame of the Yearを受賞

ゲーミング2週間 ago

【最新】「MacBook Pro」と「MacBook Air」はどちらがおすすめ?選び方を徹底解説! | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト

実況じっきょうプレイ2時間 ago

Minecraft NOOB vs PRO vs HACKER : SUPER TANK BATTLE in minecraft / Animation

ゲームのレビュー動画2時間 ago

【無料ソフト3本】遂にあのゲームが無料化! 新作ゲームの発表も! 4月フリープレイ PSプラス PS4 コールオブデューティモダンウォーフェア2リマスタード ニーアレプリカント

実況じっきょうプレイ8時間 ago

【4人実況】13日の金曜日おふざけバトル!日本TOP4 vs アメリカTOP4【Friday the 13th: The Game】

ゲームのレビュー動画8時間 ago

AirPodsPro購入!良いとこばかりじゃない!?初めてのノイズキャンセリングはどうだった!?

実況じっきょうプレイ14時間 ago

テスト勉強法で絶対ダメなこと【ゆっくり茶番】

ゲームのレビュー動画14時間 ago

【アウター・ワールド】Fallout:NVの制作者が作る新作FPSが海外レビュー大絶賛の超神ゲーな件 (スイッチ/PS4新作)|The Outer Worlds【ゆっくり実況】

実況じっきょうプレイ20時間 ago

【フォートナイト】スナイパーで頭ブチ抜き神ショット炸裂!もはやゴルゴ13!(自称)【ヒカキンゲームズ】

ゲームのレビュー動画20時間 ago

【もうめちゃくちゃww】無料で遊べるタイトル多数発表! 過去最大割引セールも! PS4 PSN PSストア

実況じっきょうプレイ1日 ago

#10【FPS】弟者,兄者の「タルコフ(EFT)」【2BRO.】

ゲームのレビュー動画1日 ago

【デスストランディング】50時間プレイしてからの感想。【naotin】

人気