Connect with us

ゲーミング

【Hothotレビュー】実売1万5千円でCore i7と肩を並べるAMD「Ryzen 3 3300X」 –

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — pc.watch.impress.co.jp

 AMDは、第3世代Ryzenのエントリーモデルである「Ryzen 3 3100」および「Ryzen 3 3300X」と、製造プロセスを12nmに変更した6コア12スレッドCPU「Ryzen 5 1600(AF)」の3製品について、5月中の発売を予定している。

 今回、1万円前後の価格帯に投入されるこれら3製品について、発売に先立ってテストする機会が得られたので、ベンチマークテストを使ってその性能を確認してみた。

Zen 2ベースの4コア8スレッドCPUと、Zen+ベースの6コア12スレッドCPU

 今回テストする3種類のCPUのうち、Ryzen 3 3100とRyzen 3 3300Xは、Zen 2アーキテクチャを採用した第3世代Ryzenの4コア8スレッドCPUで、Ryzen 5 1600(AF)は12nmプロセスで製造されたZen+ベースの6コア12スレッドCPU。いずれもSocket AM4対応のCPUで、TDPは65W。

 販売価格は、Ryzen 3 3100が99ドル、Ryzen 3 3300Xが120ドル。Ryzen 5 1600(AF)の販売価格についての公式情報は得られていないが、Ryzen 3 3100およびRyzen 3 3300Xとともに、1万円前後のエントリークラスに投入されるようだ。

【表1】AMD Ryzen 3 3100/3300XとRyzen 5 1600(AF)のおもな仕様
モデルナンバー Ryzen 3 3100 Ryzen 3 3300X Ryzen 5 1600 (AF)
CPUアーキテクチャ Zen 2 Zen 2 Zen+
製造プロセス 7nm CPU + 12nm I/O 7nm CPU + 12nm I/O 12nm
コア数 4 4 6
スレッド数 8 8 12
L2キャッシュ 2MB 2MB 3MB
L3キャッシュ 16MB 16MB 16MB
ベースクロック 3.6GHz 3.8GHz 3.2GHz
ブーストクロック 3.9GHz 4.3GHz 3.6GHz
対応メモリ DDR4-3200 (2ch) DDR4-3200 (2ch) DDR4-2667 (2ch)
PCI Express PCIe 4.0 x24 PCIe 4.0 x24 PCIe 3.0 x24
TDP 65W 65W 65W
対応ソケット Socket AM4 Socket AM4 Socket AM4
付属CPUクーラー Wraith Stealth Wraith Stealth Wraith Stealth
価格 99ドル 120ドル 不明

製造プロセスが12nmに変更されたRyzen 5 1600(AF)

 Ryzen 5 1600(AF)は、第1世代Ryzenの6コア12スレッドCPUであった「Ryzen 5 1600」のマイナーチェンジモデルという位置付けの製品だ。製品名の(AF)は、マイナーチェンジに伴って変更されたOPN(YD1600BBAE → YD1600BBAF)の末尾2文字とリンクしている。

Ryzen 5 1600(AF)。

Ryzen 5 1600(AF)のCPU-Z実行画面

 Ryzen 5 1600(AF)で変更されたのは「製造プロセス」と「付属CPUクーラー」の2点。初代のRyzen 5 1600はZenアーキテクチャに基づいて14nmプロセスで製造されていたが、Ryzen 5 1600(AF)は12nmプロセスに変更されており、CPU-ZでもZen+を採用したPinnacle RidgeベースのCPUであると認識されている。

 付属のCPUクーラーは、Wraith SpireからWraith Stealthに変更された。Wraith StealthはWraith Spireをそのまま低背化したようなCPUクーラーで、おもにTDP 65WクラスのCPUに採用されている。

Wraith Stealth。TDP 65Wモデルの純正クーラーに採用されており、Ryzen 3 3100とRyzen 3 3300Xにも付属する

アルミニウム製のシンプルなヒートシンクを採用。ベース面にはサーマルグリスが塗布されている

 先に紹介したRyzen 3 3100やRyzen 3 3300Xよりコア数は多いRyzen 5 1600(AF)だが、旧世代のアーキテクチャを採用した製品であるため、クロック当たりの処理性能で劣り、第3世代Ryzenで新採用のPCI Express 4.0も利用できない。それらを考慮した上で、価値を見出せるだけのマルチスレッド性能と価格であるのかが、このCPUを選択する際のポイントとなるだろう。

テスト機材

 Ryzen 3 3100とRyzen 3 3300X、およびRyzen 5 1600(AF)の検証は、AMD X570搭載マザーボード「ASUS TUF GAMING X570-PLUS (WI-FI)」に搭載して実施した。CPUクーラーには筆者が用意したRyzen 5 3600付属の「Wraith Stealth」を利用。メモリクロックは各CPUの定格最大値に調整している。

 また、今回は比較用のCPUとしてSkylakeベースの4コア8スレッドCPU「Core i7-6700K」を用意した。これは、AMDが「Ryzen 3 3300XはCore i7-7700Kに勝利できる」とアピールしていることから用意したもので、本来は名指しされたCore i7-7700Kを用意したいところだが、都合がつかなかったため近い性能を持つCore i7-6700Kで代用した。

【表2】テスト機材一覧
CPU Ryzen 3 3100 Ryzen 3 3300X Ryzen 5 1600 (AF) Core i7-6700K
コア数/スレッド数 4/8 4/8 6/12 4/8
CPUパワーリミット PPT:88W、TDC:60A、EDC:90A PL1:95W、PL2:118.75W、Tau:8秒
CPUクーラー Wraith Stealth (ファンスピード=100%) Intel TS15A (ファンスピード=100%)
マザーボード ASUS TUF GAMING X570-PLUS (WI-FI) [UEFI:1407] ASUS Z170-A [UEFI: 3802]
メモリ DDR4-3200 16GB×2 (2ch、22-22-22-53、1.20V) DDR4-2666 16GB×2 (2ch、19-19-19-43、1.20V) DDR4-2133 16GB×2 (2ch、15-15-15-36、1.20V)
ビデオカード ASUS ROG-STRIX-RTX2080-O8G-GAMING (GeForce RTX 2080 8GB)
システム用SSD CORSAIR MP600 1TB (NVMe SSD/PCIe 4.0 x4) CORSAIR MP600 1TB (NVMe SSD/PCIe 3.0 x4)
アプリケーション用SSD SanDisk Ultra 3D SSD 1TB (SSD/6Gbps SATA)
電源 CORSAIR RM850 CP-9020196-JP (850W/80PLUS Gold)
グラフィックスドライバ GeForce Game Ready Driver 445.87 DCH (26.21.14.4587)
OS Windows 10 Pro 64bit (Ver 1909 / build 18363.815)
電源プラン AMD Ryzen Balanced 高パフォーマンス
室温 約25℃

Core i7-6700KのCPU-Z実行画面

ASUS ROG-STRIX-RTX2080-O8G-GAMINGのGPU-Z実行画面

ベンチマーク結果

 それでは、ベンチマークテストの結果を紹介しよう。

 今回実施したベンチマークテストは、「CINEBENCH R20(グラフ01)」、「CINEBENCH R15(グラフ02)」、「Blender Benchmark(グラフ03)」、「V-Ray Benchmark(グラフ04)」、「やねうら王(グラフ05)」、「HandBrake(グラフ06)」、「TMPGEnc Video Mastering Works 7(グラフ07~08)」、「PCMark 10(グラフ09)」、「SiSoftware Sandra(グラフ10~17)」、「3DMark(グラフ18~22)」、「VRMark(グラフ23~24)」、「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク(グラフ25)」、「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク(グラフ26)」、「Forza Horizon 4(グラフ27)」、「F1 2019(グラフ28)」、「フォートナイト(グラフ29)」、「レインボーシックス シージ(グラフ30)」、「モンスターハンターワールド : アイスボーン(グラフ31)」。

CINEBENCH

 CPUの3DCGレンダリング性能を測定するCINEBENCH。今回は最新版のCINEBENCH R20と、旧バージョンのCINEBENCH R15でテストを実行した。

 CINEBENCH R20において、全CPUコアを使ったマルチスレッドテスト(All Core)でトップに立ったのはRyzen 5 1600(AF)で、Ryzen 3 3300Xに約6%、Ryzen 3 3100に約16%、Core i7-6700Kには約25%の差をつけている。

 シングルスレッドテスト(Single Core)でトップに立ったのはRyzen 3 3300Xで、2番手のRyzen 3 3100に約12%、Core i7-6700Kに約14%の差をつけた。マルチスレッドテストではトップだったRyzen 5 1600(AF)は最下位に沈んでおり、Ryzen 3 3300Xとの間には約33%もの差がついている。

【グラフ01】CINEBENCH R20

 CINEBENCH R15では、シングルスレッドテストでRyzen 3 3100とCore i7-6700Kの順位が入れ替わったり、Zen+アーキテクチャが苦手とするAVX命令を使わないため、Ryzen 5 1600(AF)がマルチスレッドテストでの差を広げたりしているものの、CINEBENCH R20に近い結果となっている。

【グラフ02】CINEBENCH R15

Blender Benchmark

 続いて紹介するのは、3DCGソフト「Blender」のオフィシャルベンチマークソフト「Blender Benchmark」の結果だ。

 もっとも短時間で処理を完了しているのはRyzen 5 1600(AF)で、Ryzen 3 3300Xに約1~8%、Ryzen 3 3100に約14~19%、Core i7-6700Kに約20~25%の差をつけた。

 Ryzen 3 3300Xはコア数差の割にRyzen 5 1600(AF)に食い下がっており、Ryzen 3 3100はすべてのテストでCore i7-6700Kを上回っている。6コア12スレッドCPUであるRyzen 5 1600(AF)が、マルチスレッド性能の高さを示した結果ではあるが、第3世代Ryzenの4コア8スレッドCPUの能力の高さも目立っている。

【グラフ03】Blender Benchmark

V-Ray Benchmark

 レンダリングエンジンV-Rayのオフィシャルベンチマークソフト「V-Ray Benchmark」では、CPUを使用する「V-RAY」の実行結果を取得した。

 ここでもトップに立ったのはRyzen 5 1600(AF)で、2番手のRyzen 3 3300Xに約11%、Core i7-6700Kに約26%、Ryzen 3 3100には約26%の差をつけた。

【グラフ04】V-Ray Benchmark v4.10.07 「V-RAY (CPU)」

将棋ソフト「やねうら王」

 将棋ソフトの「やねうら王」では、KPPT型とNNUE型の評価関数でそれぞれベンチマークコマンドを実行した。ベンチマークコマンド中の「nT」は、各CPUのスレッド数を入力している。

 マルチスレッドテストでは、KPPT型ではRyzen 5 1600(AF)がRyzen 3 3300Xに約8%の差をつけてトップに立っているが、NNUE型ではスコアを落としてRyzen 3 3300Xに逆転され、約1%差の2番手となっている。

 シングルスレッドテストでは、Core i7-6700KがKPPT型とNNUE型の両方でトップスコアを記録しており、Ryzen 3 3300Xに約6~12%、Ryzen 3 3100に約22~31%、Ryzen 5 1600(AF)に約48~51%の差をつけている。

【グラフ05】やねうら王 v4.89

動画エンコードソフト「HandBrake」

 オープンソースの動画エンコードソフト「HandBrake」では、フルHD(1080p)と4K(2160p)の動画ソースをYouTube向けプリセットでエンコードするのに掛かった時間を測定した。

 最速タイムを記録したのはRyzen 5 1600(AF)で、2番手のRyzen 3 3300Xに約10~12%、Ryzen 3 3100に約19~20%、Core i7-6700Kに約27~34%の差をつけている。

【グラフ06】HandBrake v1.3.1

動画エンコードソフト「TMPGEnc Video Mastering Works 7」

 動画エンコードソフトのTMPGEnc Video Mastering Works 7では、フルHDと4Kのソース動画をH.264形式とH.265形式に変換するのに掛かった時間を測定した。

 x264でのH.264形式への変換ではRyzen 5 1600(AF)が最速で、Ryzen 3 3300Xに約3~7%、Ryzen 3 3100に約9~13%、Core i7-6700Kに約26~28%の差をつけた。

 一方、x265でのH.265形式への変換ではRyzen 3 3300Xが最速タイムを記録しており、2番手に後退したRyzen 5 1600(AF)に約7~9%、Ryzen 3 3100に約7~9%、Core i7-6700Kに約12~14%の差をつけている。

 Ryzen 5 1600(AF)のH.265形式での失速は、エンコーダーのx265がAVX2命令を積極的に活用するため、同命令を苦手とするZen+アーキテクチャの弱点が露呈した結果だ。

【グラフ07】TMPGEnc Video Mastering Works 7 v7.0.15.17「H.264形式へのエンコード」

【グラフ08】TMPGEnc Video Mastering Works 7 v7.0.15.17「H.265形式へのエンコード」

PCMark 10

 PCMark 10では、もっともテスト項目が多い「PCMark 10 Extended」を実行した。

 総合スコアでトップに立ったのはRyzen 3 3300Xで、2番手のCore i7-6700Kに約5%、Ryzen 3 3100に約6%、Ryzen 5 1600(AF)に約12%の差をつけている。

 Ryzen 3 3300Xは、アプリの起動時間やウェブブラウザのパフォーマンスを測定する「Essential」と、オフィスアプリのパフォーマンスなどを測定する「Productivity」で高いスコアを発揮しており、これらのテストではRyzen 5 1600(AF)に約18%の差をつけている。クロック当たりの処理性能に優れるZen 2ベースの高クロックCPUであるRyzen 3 3300Xの魅力が光る結果だ。

【グラフ09】PCMark 10 Extended (v2.1.2177)

SiSoftware Sandra 20/20「CPUベンチマーク」

 SiSoftware Sandra 20/20のCPUテストから、「Arithmetic」、「Multi-Media」、「Image Processing」の実行結果を紹介する。

 CPUの演算性能を測定するArithmeticでは、全項目でRyzen 5 1600(AF)がトップのスコアを記録。整数演算性能を測定するDhrystoneでは、Ryzen 3 3300XとCore i7-6700Kが互角のパフォーマンスを発揮しているが、浮動小数点演算性能を測定するWhetstoneでは、Ryzen 3 3100がCore i7-6700Kを上回っている。

 CPUのマルチメディア性能を測定するMulti-Mediaでは、6項目中4項目でRyzen 3 3300Xがトップスコアを記録する一方、AVX2命令が苦手なRyzen 5 1600(AF)は5項目で最下位に沈んだ。

 画像処理性能を測定するImage Processingでは、実行する処理によって得手不得手が分かれている。ブラー(blur)やエッジ検出(Edge Detection)などではRyzen 3 3300Xが優勢な一方、ディフュージョン(Diffusion)やマーブリング(Marbling)ではCore i7-6700Kが突出した性能を示している。また、目立たないがノイズリダクションではRyzen 5 1600(AF)がトップスコアを記録している。

【グラフ10】SiSoftware Sandra v30.41 「Processor Arithmetic (プロセッサの性能)」

【グラフ11】SiSoftware Sandra v30.41 「Processor Multi-Media (マルチメディア処理)」

【グラフ12】SiSoftware Sandra v30.41 「Processor Image Processing (画像処理)」

SiSoftware Sandra 20/20「メモリベンチマーク」

 メモリ帯域幅を測定するMemory Bandwidthでは、DDR4-3200のデュアルチャネル動作に対応するRyzen 3 3100とRyzen 3 3300Xが37.5GB/s前後を記録。DDR4-2666メモリで32.3GB/sを記録したRyzen 5 1600(AF)を約16%、同じくDDR4-2666メモリで26.13GB/sだったCore i7-6700Kを約44%上回った。

 Cache & Memory Latencyで測定したメモリレイテンシは、30.9nsを記録したCore i7-6700Kが最小で、Ryzen 3 3100とRyzen 3 3300Xは約51%大きい47ns前後となっている。もっともレイテンシが大きかったRyzen 5 1600(AF)は69.1nsで、これはCore i7-6700Kの2倍以上の数値だ。

【グラフ13】SiSoftware Sandra v30.41 「Memory Bandwidth」

【グラフ14】SiSoftware Sandra v30.41 「Cache & Memory Latency (メモリレイテンシ)」

SiSoftware Sandra 20/20「キャッシュベンチマーク」

 CPUが備えるキャッシュのパフォーマンスを測定できる「Cache & Memory Latency」と「Cache Bandwidth」の結果をグラフ化した。

 レイテンシを測定するCache & Memory Latencyの結果をみると、Ryzen 3 3300Xが16MBブロックで6.3nsを記録しているのに対し、Ryzen 3 3100は同ブロックでのレイテンシが42.4nsに大幅増加していることが確認できる。

 これは両CPUのCCX構成の違いによるもので、1つのCCX内で16MBのキャッシュを共有するRyzen 3 3300Xが低レイテンシでL3キャッシュにアクセスできる一方、8MBのキャッシュを共有するCCXを2個備えるRyzen 3 3100の場合、16MBブロックのテストではCCXを跨ぐ通信が必要となるためレイテンシが増大するというわけだ。

 一方、キャッシュの帯域幅については、L1~L2領域では動作クロックで勝るRyzen 3 3300Xが大きいものの、L3にアクセスする4MB~16MBブロックではRyzen 3 3100の方が大きくなっている。この結果はRyzen 3 3100が、CCX毎に独立したL3キャッシュを持っているためであると考えられる。

【グラフ15】SiSoftware Sandra v30.41 「Cache & Memory Latency (レイテンシ)」

【グラフ16】SiSoftware Sandra v30.35 「Cache & Memory Latency (クロック)」

【グラフ17】SiSoftware Sandra v30.41 「Cache Bandwidth」

3DMark

 3DMarkでは、「Time Spy」、「Fire Strike」、「Night Raid」、「Sky Diver」、「Port Royal」の5テストを実行した。

 DirectX 12テストのTime Spyでは、CPUコア数で勝るRyzen 5 1600(AF)がトップスコアを記録したが、Fire Strike、Night Raid、Sky DiverではRyzen 3 3300Xが総合スコアのトップに立っている。リアルタイムレイトレーシング性能を測定するPort Royalの結果は、全CPUがほぼ横並びとなっており有意な差はついていない。

VRMark

 VRMarkでは、「Orange Room」、「Cyan Room」、「Blue Room」の3テストを実行した。

 最もGPU負荷が軽く、CPUがボトルネックになりがちなOrange Roomでは、Ryzen 3 3300Xが2番手のRyzen 3 3100に約21%の大差をつけてトップに立った。以下、Core i7-6700Kに約33%、Ryzen 5 1600(AF)に約37%の差をつけている。

 DirectX 12を用いるCyan Roomでトップスコアを記録したのはCore i7-6700Kで、Ryzen 3 3300XとRyzen 3 3100の差は約2%、Ryzen 5 1600(AF)との差は約7%だった。

 GPU負荷が非常に高いBlue Roomについては、CPUを問わず80fps前後でほぼ横並びとなっており、スコア差も最大で約1%しかついていない。有意な差はついていないと言って良いだろう。

【グラフ23】VRMark v1.3.2020「スコア」

【グラフ24】VRMark v1.3.2020「平均フレームレート」

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク

 ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマークでは、描画品質を「最高品質」に設定し、フルHDから4Kまでの画面解像度でテストを実行した。

 4K解像度では全CPUのスコアがほぼ横並びとなっており、有意な差がついたのは画面解像度がフルHDとWQHDの時で、この時トップスコアを記録したのはRyzen 3 3300Xだった。Ryzen 3 3300Xは2番手のCore i7-6700Kに約9~10%、Ryzen 3 3100に約14~16%、Ryzen 5 1600(AF)に約17~18%の差をつけた。

【グラフ25】ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク

 FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマークでは、描画品質を「高品質」に設定し、フルHDから4Kまでの画面解像度でテストを実行した。

 フルHDとWQHDではファイナルファンタジーXIVベンチマーク同様、Ryzen 3 3300Xがトップスコアを記録しているが、各CPUの差は小さくなっており、2番手のCore i7-6700Kに対するRyzen 3 3300Xのリードは約1~4となっている。

【グラフ26】FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク v1.2

Forza Horizon 4

 DirectX 12専用のオープンワールドレーシング「Forza Horizon 4」ではベンチマークモードを利用して、描画設定「ウルトラ」でフルHDから4Kまでの画面解像度をテストしたほか、高fps設定としてフルHD解像度で描画設定「ミディアム」の結果も測定した。

 4K解像度の結果は全CPUで横並びとなっているが、それ以外の条件ではRyzen 3 3300Xが最高のフレームレートを記録している。とくに、CPUがボトルネックとなる高fps設定では、2番手のRyzen 3 3100に約19%、Core i7-6700Kにも約23%の差をつけている。

【グラフ27】Forza Horizon 4 (v1.410.986.2)

F1 2019

 F1 2019ではベンチマークモードを利用して、描画設定「超高」でフルHDから4Kまでの画面解像度をテストした他、高fps設定としてフルHD解像度で描画設定「ミディアム」の結果も測定した。なお、グラフィックスAPIはDirectX 12を利用している。

 WQHD解像度以上では各CPUのフレームレート差は小さくなっているが、GPU負荷の軽いフルHD解像度や高fps設定ではRyzen 3 3300Xがフレームレートを伸ばしており、Ryzen 3 3100もCore i7-6700Kに匹敵する数値を記録している。

【グラフ28】F1 2019 (v1.22)

フォートナイト

 バトルロイヤルTPSの「フォートナイト」では、描画設定「最高」でフルHDから4Kまでの画面解像度をテストした他、高fps設定としてフルHD解像度で描画設定「中」の結果を測定した。なお、グラフィックスAPIはDirectX 11を利用し、3D解像度は常に100%に設定している。

 描画設定「最高」では各CPUのフレームレート差は小さいものにとどまっており、フルHD解像度でRyzen 3 3300XとCore i7-6700Kがやや抜け出した格好となっている。しかし、高fps設定ではRyzen 3 3300XがCore i7-6700Kに15%差をつけて突き放しており、高フレームレート動作への適性を示している。

【グラフ29】フォートナイト (v12.50)

レインボーシックス シージ

 レインボーシックス シージではベンチマークモードを使って、描画設定「最高」でフルHDから4Kまでの画面解像度をテストした他、高fps設定としてフルHD解像度で描画設定「中」の結果も取得した。なお、レンダリングのスケールは常に100%に設定している。

 描画設定「最高」ではCore i7-6700Kが最高のフレームレートを記録しており、フルHD解像度では第3世代Ryzenの4コア8スレッドCPUがそれに続く格好となっている。しかし、高fps設定ではRyzen 3 3300XがCore i7-6700Kに約6%の差をつけて逆転しており、Ryzen 3 3100もCore i7-6700Kの3%差に迫っている。

【グラフ30】レインボーシックス シージ (Build 4965462)

モンスターハンターワールド : アイスボーン

 モンスターハンターワールド : アイスボーンでは、描画設定「最高」でフルHDから4Kまでの画面解像度をテストした。なお、グラフィックスAPIはDirectX 12を利用している。

 最高のフレームレートを記録したのはCore i7-6700Kで、フルHD解像度ではRyzen 3 3300Xが同じ数値で並んでいる。比較的GPU負荷の高いゲームだけあって、他のゲームの高fps設定のような大差はついておらず、60fpsの維持を目標にプレイする分には、いずれのCPUも必要十分な性能を備えていると言える。

【グラフ31】モンスターハンターワールド : アイスボーン (v13.50.00)

消費電力とCPU温度

 システム全体の消費電力をワットチェッカーで測定した結果を紹介する。測定したのはベンチマーク中のピーク消費電力とアイドル時消費電力で、CPUベンチマークと3Dベンチマークの結果を分けてグラフ化している。

 アイドル時消費電力がもっとも低かったのはCore i7-6700Kの36Wで、次いでRyzen 5 1600(AF)の41W、Ryzen 3 3100とRyzen 3 3300Xは46Wで最大値となっている。IntelとAMD環境ではマザーボードが異なり、Ryzen 5 1600(AF)と第3世代Ryzenでは、PCI Express 4.0やメモリクロックなどに違いもあるが、総じて第3世代Ryzenの方がアイドル時消費電力は高くなりがちのようだ。

 すべてのCPUコアを活用するCPUベンチマークにおいて、ピーク消費電力がもっとも低いのはRyzen 3 3100の112~132Wで、次いでRyzen 3 3300Xの114~140W。Ryzen 5 1600(AF)とCore i7-6700Kはテストによって順位が入れ替わっているが、どちらも最大で150W前後となっている。

 3Dベンチマーク実行中のピーク消費電力は、いずれのCPUでも350Wを超えない程度で、各CPUの差も10W前後にとどまっている。唯一の例外として、VRMarkのOrage Room実行時にRyzen 3 3300Xが他のCPUより40W近く高い消費電力を記録しているが、同テストではRyzen 3 3300Xが突出して高い数値を記録していたことから、CPUボトルネックの緩和によるGPU消費電力の増加が原因であると考えられる。

【グラフ32】システムの消費電力 (CPUベンチマーク)

【グラフ33】システムの消費電力 (3Dベンチマーク)

 最後に、高負荷テスト実行中のCPU温度を測定した結果を紹介する。

 負荷テストに用いたのはTMPGEnc Video Mastering Works 7のx264エンコードで、2160p→2160p変換を約10分間連続で実行する。CPU温度を含むモニタリングデータは「HWiNFO v6.24」で取得した。テスト時の室温は約25℃。

 各CPUのモニタリングデータから、ファンコントロールに用いられるCPU温度(Tctl)について、最大値と最低値に加え、CPU使用率40%以上で動作中の平均CPU温度をまとめたものが以下のグラフだ。測定結果によれば、Ryzen 3 3100とRyzen 5 1600(AF)は75℃弱、Ryzen 3 3300Xが80℃弱で動作している。各CPUの最大温度は95℃なので、どのCPUも温度的には一定以上の余裕を確保できている。

【グラフ34】CPU温度 「HWiNFO v6.24 (CPU Tctl)」

 各CPUのモニタリングデータを元に、CPU温度や動作クロック、消費電力(CPU PPT)などの変化をCPU毎にまとめたものが以下のグラフだ。

 RyzenのTDP 65Wモデルでは、電力リミットであるPPTが88Wに設定されているため、Ryzen 5 1600(AF)はリミットに近い85W前後で動作している。一方、Ryzen 3 3100とRyzen 3 3300Xは、テスト開始直後を除けば65W前後で推移している。電力リミット枠を使い切らずともブースト動作を実現できるのは、Zen 2のワットパフォーマンスの高さゆえだろう。

【グラフ35】Ryzen 3 3100のモニタリングデータ

【グラフ36】Ryzen 3 3300Xのモニタリングデータ

【グラフ37】Ryzen 5 1600(AF)のモニタリングデータ

コストパフォーマンスが魅力のエントリークラスRyzen

 Core i7-6700Kと互角以上の性能を発揮したRyzen 3 3300Xや、CGレンダリング性能などではそのRyzen 3 3300Xを上回ってみせたRyzen 5 1600(AF)の性能は印象的だ。1万円前後の価格帯に投入されるCPUの性能としては相当に優秀なものであり、とくにRyzen 3 3300XはゲーミングPCのCPUとして十分通用する実力を備えている。

 今回の比較に用いたCore i7-6700Kは、2017年までIntelのデスクトップ向けCPUの頂点にあったCPUであり、それと同等以上の性能を持ったCPUが120ドルという価格で登場するのは衝撃的だ。6月16日発売予定のAMD B550チップセット搭載マザーボードとともに、コストパフォーマンスを重視するユーザーの注目を集めることになるだろう。



著者: " -- pc.watch.impress.co.jp "

Continue Reading

ゲーミング

ロジクール独自開発ゲーミングマウスセンサー“HERO”業界最高25KDPIに。ソフトウェア更新を提供開始 –

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — www.famitsu.com

 2020年9月16日、ロジクールは、独自開発ゲーミングマウスセンサー“HERO”のソフトウェア更新を提供開始した。

 ソフトウェア更新により、マウスに使われているHERO 16Kセンサーの解像度の上限を16000DPIから約1.5倍の25600DPIへ向上。ゲーミング業界最高峰のDPIであるHERO 25Kへアップデートする。HERO 25Kは最大解像度25600DPIで、世界初のサブミクロンレベルのマウスセンサーとなるという。

以下、リリースを引用

ロジクール独自開発ゲーミングマウスセンサー「HERO」は業界最高25.6K DPIへソフトウェア更新を提供開始

 ゲーミングブランド「ロジクールG」のゲーミングマウス搭載・独自開発センサー「HERO 16K」はソフトウェア「G HUB」の更新により、業界初のサブミクロンレベルの解像度へ引き上がります。

ロジクール独自開発ゲーミングマウスセンサー“HERO”業界最高25KDPIに。ソフトウェア更新を提供開始

 今回の専用ソフトウェア更新は、現在主流である「HERO 16K」センサーの解像度の上限を16,000DPIから約1.5倍の25,600DPIへ向上し、ゲーミング業界最高峰のDPIである「HERO 25K」へアップデートするものです。

 「HERO 25K」は最大解像度25,600DPIで、世界初のサブミクロンレベルのマウスセンサーです。100万分の1メートル(0.000001m)とサブミクロンレベルの動きまで精確に捉えることができます。

 さらにマウスの動きに応じてフレームレートを連続的に調整し、消費電力を最小限に抑えるスマートパワーマネジメントシステムにより、25,600DPIになっても変わらない省電力を実現しています。

 サブミクロンレベルというのはほとんどのプレーヤーにとって実用的ではありませんが、「HERO 25K」センサーは将来のより高度なゲームプレイを実現する可能性を秘めた性能と言えます。

 ロジクール独自開発のHEROセンサーは、2017年発売のマウス「G603」の登場とともに革新的なゲーミングマウス用の高性能センサーとして日本に上陸しました。トラッキングが精確なうえ、電力効率が従来比10倍*であることから様々なロジクール製ゲーミングマウスに採用されていきました。
※ロジクールGの上級ゲーミングマウスに搭載されていた前世代のセンサーとの比較

 「HERO 25K」センサーは「HERO 16K」センサーを搭載した、以下のゲーミングマウスで利用できます。ご利用の際は、専用ソフトウェア「Logicool G HUB」の最新バージョンをWebサイトよりダウンロードのうえ、設定してください。

「HERO 25K」アップデート対象製品型番

  • G903h
  • G502WL
  • G-PPD-002WL、G-PPD-002WLr
  • G703h
  • G604
  • G502RGBh、G502RGBhr
  • G403h
  • G-PPD-001r、G-PPD-001t

著者: ” — www.famitsu.com

Continue Reading

ゲーミング

アップル公認サービスプロバイダ以外で純正パーツを使った修理がMacでも可能に | TechCrunch Japan

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — jp.techcrunch.com


Apple(アップル)は、独立した修理店に部品やリソース、教育訓練を提供するプログラムを拡大し、Macコンピューターのサポートもその対象となった。修理プログラムは2019年秋に発表され、消費者が保証期間が切れたiPhoneの修理を容易にすることを目的としている。今では中小企業を含むサードパーティのショップを利用して、正規の修理用パーツやその他のツールに入手することができる。

このプログラムは、Best Buyをはじめおよそ5000以上のアップル公認サービスプロバイダを補完するもので、保証期間内と期間外の両方の修理を受け付けてくれる。このプログラムは、消費者の要望に応えて生まれた面もある。これまで多くのiPhoneユーザーがショップが家から近い、修理が早い、安いといったさまざまな理由で非公認の修理ショップを利用してきた。しかしこのやり方では、ショップがアップルの正規部品を使えないため、結果にむらがあった。

米国でスタートして以来、このプログラムを利用する140社の企業に拡大し、700店以上が開設されている。今夏、アップルは、この事業を拡大してヨーロッパとカナダでも拡大すると発表している。

これまで修理プログラムはiPhoneの修理だけが対象で、Macは含まれなかった。しかしこれからは、これらの修理ショップと有資格店は、保証期間外のMacを修理するために必要なアップル正規のツールや修理マニュアル、診断技術、純正パーツなども入手することができるようになる。修理プログラムへの登録は無料であり、修理の教育訓練も無料、とアップルはいう。

このプログラムの拡大はロイターが最初に報じている。アップルはTechCrunchに対して安全で信頼の置ける修理は、教育訓練を経た技術者がアップルの正規の部品を使った場合に得ることができると語っている。また、正しく修理が行われていると消費者に確信して欲しいとも述べている。

先に行われた下院の反トラスト小委員会の調査では、消費者の「修理権」に対するアップルのスタンスが問題として取り上げられたため、プログラム拡大のニュースはタイムリーでもある。

小委員会で2020年7月に行われた公聴会(未訳記事)では、アップルのCEOであるTim Cook(ティム・クック)氏が、App Storeの手数料などさまざまな問題で質問攻めにあった。そのとき小委員会が調査の一環として集めたドキュメントには、それほど重視されなかったとはいえ、同社が何年もの間、反対運動を展開してきた修理プログラムと修理権に関する法案について、同社がどのように葛藤してきたのかを示す内部のメールが含まれていた。

あるメールの中でアップル幹部は、消費者に優しい修理ポリシーへの同社の取り組みを示すために当時まだ立ち上げ前の「正規部品による修理プログラム」について記者に説明したという。また幹部たちは承認を得ないまま修理マニュアルが公開された経緯についても触れており、アップルの修理ポリシーに対する一貫した戦略ができていなかったことを示唆している。

独立した事業者による修理にMacが加わったことで、正規部品の使用を拡大して顧客の評価を高めるだけでなく、今後の反トラストの調査を少なくともこの特定の話題からは逸らすことができるだろう。

関連記事:アップルが他社店舗での純正パーツ取り扱いを拡大

カテゴリー:ハードウェア

タグ:Apple / アップルMac / Macintosh

画像クレジット:Felix Besombes/Unsplash

原文へ
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa



著者: ” — jp.techcrunch.com

Continue Reading

ゲーミング

ASCII.jp:お手頃価格で性能も妥協したくないワガママに応える、高コスパ144Hz液晶15.6型ゲーミングノートPC「G-Tune E5-D」

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — ascii.jp

デスクトップ向けRyzen 5とGeForce RTX 2060搭載で、15万円以下で買える

2020年09月18日 09時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

「G-Tune E5-D」

 マウスコンピューターが販売するゲーミングパソコンブランド「G-Tune」の「G-Tune E5-D」は、デスクトップ向けのRyzen 5 3500とGeForce RTX 2060を搭載する15.6型ゲーミングノートパソコンだ。加えて、144Hzのリフレッシュレートに対応するディスプレーを採用しており、FPSなど高フレームレートでプレイタイトルでも存分に遊べる1台だ。

 さらに、この構成で14万6080円からと、15万円以下で購入できるというコスパの高さが最大の魅力となっている。前回は、G-Tune E5-Dの外観や使い勝手について紹介した。今回は、ベンチマークを使って性能をチェックしていく。

 G-Tune E5-Dの主なスペックは、6コア/6スレッドのRyzen 5 3500、GeForce RTX 2060、16GBメモリー(8GB×2)、512GB SSD(M.2接続/NVMe対応)という構成だ。

 まずは、パソコンの総合性能をチェックできるPCMark 10を計測。結果は、5559という結果になった。詳細をみていくと、細かく見ていくと、アプリケーションの起動時間やブラウザーの描画能力を表す「Essential」では8500、WordやExcelといったビジネス系アプリケーションの動作を見る「Productivity」が7352、3Dグラフィックス能力や画像・動画の編集能力を示す「Digital Content Creation」が7461という結果になった。

PCMark 10の結果

 ノートパソコンとしては総合的に高め。Digital Content Creationもしっかりとしたスコアが出ているので、写真・動画編集もかなり高負荷でなければ快適にこなせそうだ。

 CPUの能力を計測する「CINEBENCH R20」では、CPU総合が2547pts、CPUコア単体(Single core)が450ptsとなった。同じデスクトップ向けCPUをデスクトップとノートに搭載したときを比べると、ノートパソコンのほうがスコアは落ちがちだが、G-Tune E5-Dの場合はデスクトップとほぼ変わらない性能がでている。これは筐体内部からしっかり排熱できているからだと思われる。しっかりとデスクトップ向けCPUのパワーを活かせているのはうれしいポイントだ。

CINEBENCH R20の結果

 ちなみに今回、Control Center 3.0を使ってパフォーマンスモードにして計測している。ゲームをプレイする際などはパフォーマンス、普段作業をするときは省電力や静音といったモードに切り替えると、より快適に使いこなせる。

Control Center 3.0でモードを切り替えば、用途に合わせてパフォーマンスを調整できる

 ストレージの速度を計測するCrystalDiscMarkでは、シーケンシャルリードで2049.56MB/秒という結果になった。NVMe対応SSDというだけあって、高速だ。実際に使っていても、OSやアプリケーションの起動は高速。ただし、多くのゲームをインストールしたい場合は、最近のゲームタイトルは容量も大きいので、512GB SSDだと心もとないかもしれない。頻繁に遊んでいないタイトルを整理するのが面倒という人は、BTOで1TB SSDを選択したほうがいいだろう。

CrystalDiscMarkの結果

 3Dグラフィックス性能を計測する3DMarkは、Time Spyが6320、Time Spy Extremeが2974、Fire Strikeが14470、Fire Strike Extremeが7389、Fire Strike Ultraが3856、Port Royalが3719という結果になった。

Time Spyの結果

Fire Strikeの結果

 Time SpyやFire Strikeのスコアは高めなので、本機に搭載するフルHDでのゲームプレイであれば、ほとんどのタイトルが快適にプレイ可能なほか、タイトルや設定にもよるが144Hzのディスプレーを存分に活かしたプレイもできそうだ。

 ゲーム系のベンチマークは、まず「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズ ベンチマーク」を計測。最高設定、1920×1080ドット、フルスクリーンという設定で12661(非常に快適)という結果になった。またレポートをみると、平均フレームレートが95くらいなので、かなり快適にプレイできるだろう。

「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズ ベンチマーク」の結果

 FFXIVより負荷が高い「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION BENCHMARK」は、1920×1080ドット、フルスクリーンにして、高品質と標準品質でチェックした。結果は、高品質が7125(快適)、標準品質が9177(とても快適)という結果になった。FFXVベンチをみても、最新タイトルでも問題なく快適にプレイできるほか、設定次第では高フレームレートの恩恵を受けることもできそうだ。

高品質で計測

標準品質で計測

 最後に、「レインボーシックス シージ」のゲーム内ベンチマークもチェックしてみた。総合品質を高、超高、最高に変更してチェック。結果は、最高でも平均278FPS。レインボーシックス シージであれば144Hzのディスプレーを存分に活かしてプレイできるだろう。

「レインボーシックス シージ」ゲーム内ベンチマークの結果

リーズナブルな価格でゲームプレイにも妥協したくない人にオススメ

価格は抑えたいけど性能もなるべく妥協したくないというワガママな要望に応えてくれる1台

 G-Tune E5-Dは、15万円以下で買えるゲーミングマシンとしてはお手頃な価格ながら、144Hzディスプレーを存分に活かして遊べる性能を持っているので、価格は抑えたいけど性能もなるべく妥協したくないというワガママな要望に応えてくれる1台だ。基本据え置いて使って、たまに屋内で持ち運んで使う程度であれば十分対応できるので、モバイル用途でなくてもいいのであれば、かなりオススメできる。144Hzで性能もしっかりした高コスパマシンがほしい人は、G-Tune E5-Dを検討してみてはいかがだろうか。
















機種名 G-Tune E5-D
CPU Ryzen 5 3500(3.6GHz~最大4.1GHz)、6コア/6スレッド
グラフィックス GeForce RTX 2060(6GB GDDR6)
メモリー 16GB(8GB×2)
ストレージ 512GB SSD(M.2接続/NVMe対応)
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット)、リフレッシュレート144Hz、ノングレア
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(Killer Wi-Fi 6 AX1650、IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n)、Bluetooth 5.0
インターフェース USB 3.1×2、USB 3.1(Type-C、DisplayPortと兼用)、HDMI、Mini DisplayPort、ヘッドフォン出力、マイク入力、有線LAN端子、microSDカードリーダー
内蔵カメラ 100万画素ウェブカメラ
サイズ/重量 およそ幅361×奥行258×高さ33mm/約2.71kg
OS Windows 10 Home(64bit)



著者: ” — ascii.jp

Continue Reading
ゲームのレビュー動画2時間 ago

メジャー級の面白さ!PS4でできるおすすめインディーゲーム 3選 Part1

実況じっきょうプレイ2時間 ago

痩せるプランクはこうやる!正しいプランクと変化型プランクで効果的にお腹の脂肪を燃焼!

東京ゲームショウ2時間 ago

「Orangeblood」がPS4/Switch/Xbox One向けに10月1日に配信。20世紀末の沖縄近郊にある人工島を舞台したターンベースコマンド型RPG

ゲームのレビュー動画8時間 ago

【ディスガイアRPG】 七つの大罪コラボ ガチャキャラレビュー&ディアンヌ狙い [200917]

実況じっきょうプレイ8時間 ago

#3【勝利を掴め!】弟者,兄者,おついちの「ハイパースケープ」【2BRO.】

東京ゲームショウ8時間 ago

メインステージの内容を紹介。今年は深夜までTGSを楽しもう!【TGS2020 オンライン Amazon特設会場見どころガイド】 –

ゲームのレビュー動画14時間 ago

ニンテンドースイッチ・PS4・PC向け2020年 おすすめ インディーゲーム5選【switch PC PS4おすすめゲームまとめ】

実況じっきょうプレイ14時間 ago

TESTEI os TIKTOKS mais VIRAIS do MINECRAFT (FUNCIONOU!) 😂😱 MINECRAFT TIKTOK

東京ゲームショウ14時間 ago

『二ノ国:Cross Worlds』の「TGS2020」公式番組の出演ゲストが発表! | Appliv Games

ゲーミング16時間 ago

ロジクール独自開発ゲーミングマウスセンサー“HERO”業界最高25KDPIに。ソフトウェア更新を提供開始 –

人気