Connect with us

ゲーミング

ASUS「ROG Zephyrus G14」レビュー 天板のLEDピクセルアートがクリエイティブに存在感を放つ14インチゲーミングノートPC|ニフティニュース

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — news.nifty.com

ASUS JAPANが5月27日に発表したゲーミングノートPC「ROG Zephyrus G14」。オンライン発表会の実施に合わせて実機をお借りして、じっくり触る機会を得られたのでレビューをお届けします。

ROG Zephyrus G14は、最上位機種にはCPUにAMD Ryzen 9 4900HS、グラフィックスにNVIDIA GeForce RTX 2060 Max-Qを搭載し、デスクトップを超えるパフォーマンスと、ゲーマーには“キルレート”が上がる高フレームレートを実現するゲーミングノートPC。

ASUSがLEDピクセルアート天板搭載の14インチゲーミングノートPC「ROG Zephyrus G14」を発表 ゲーミング製品で初のモダンPC
https://getnews.jp/archives/2556948

ゲーミングPCながら上質で高級感のあるデザイン

まずは外観をチェック。天板に細かい穴が開いているのが印象的ですが、こちらは6536個の細かい穴から、天板に内蔵する1215個のミニLEDでピクセルアートの表現ができる「AniMe Matrix」というもの。ひと目でROG Zephyrus G14だと分かる、外観上の個性を決定づける最重要機能です。

ゲーミングノートPCというと、パワーを誇示するド派手な色使いやLED、いかついデザインというイメージがありますが、ROG Zephyrus G14はこの記事で紹介する“ムーンライトホワイト”と“エクリプスグレー”という落ち着いたカラーで、天板のLEDも上品なホワイト。背面の排気口にはパワーを感じさせるデザインがさりげなくあしらわれていますが、ゲーミングPCながらも上質で高級感のあるデザインが大きな特徴です。

本体厚さは最薄部で約19.9mm、重量は約1.7kg。ゲーミングPCでは初めてモダンPCの認定を受けています。問題なく持ち運べるのはもちろん、スリムで洗練されたデザインは自宅に置く場合にも、スッキリと部屋の風景になじむ印象です。

美麗な大画面はゲームで活躍

最大WQHD(2560×1440) 60Hz(フルHD 120Hzも選択可)の14インチディスプレイはベゼル幅6.9mmで、画面占有率は85%。没入感が高い大画面は、まさにゲーム向きです。

4月からスタートしたマイクロソフトの定額制ゲームサービス「Xbox Game Pass for PC」との相性も抜群。Xboxアプリはプリインストールされており、30日間の無料体験が付属します。

Xbox Game Passで遊べる「Forza Horizon 4」のベンチマークでも、60fpsは余裕で超える結果に。滑らかな動作でストレスなくプレイできました。

「Gaers 5」をプレイ中、ゲームバーで確認できたフレームレートも60fps。もちろん快適にプレイできます。

CPUやGPUなどのパフォーマンス、冷却モードの設定や確認ができるツール「Armoury Crate」、ネットワークのパフォーマンスの確認や優先度の設定ができるツール「GameFirst IV」がプリインストール。設定を追い込んでパフォーマンスを発揮したいヘビーゲーマーのニーズに対応します。

ブラウザで文字を読むには、75%表示ぐらいが読みやすい印象。美しい大画面でウェブサイトの閲覧も捗ります。

YouTubeや映画の鑑賞にも最適。Dolby Atmos対応のスピーカーは底面から迫力あるサウンドを再生し、バーチャル5.1.2チャンネルサラウンドを実現しています。ゲームやメディアの種類に応じて設定を最適化する6種類のプリセットモードを切り替えたり、好みに合わせて手動で設定することも可能。

AniMe Matrixでは幅広いピクセルアートが表現可能

天板にピクセルアートを表示するAnime Matrixは、Armoury Crateから設定可能。「アニメーションモード」では、デフォルトで設定されたグラフィックパターンを選んだり、テキストを入力してテロップのように表示できます。

任意の画像を読み込んで表示できるので、ガジェット通信のロゴを表示したり、顔写真を表示することもできます。このように外観のカスタマイズの自由度が高く、クリエイティブに主張できるのがAniMe Matrixの最大の魅力です。

「システムモード」ではメールの受信や時計、バッテリーレベルが表示できるほか、「オーディオモード」では音源を検出してイコライザー効果を表示可能。オフィスワーク、プライベートとシーンに合わせた使い分けができそうです。

充実装備のハードウェアで様々なタスクに対応可能

ゲーミングPCという用途だけでなく、画像編集・動画編集などのクリエイティブワークやオフィスワークにも幅広く対応できる充実したハードウェア装備も魅力。

キーボードはキーストローク1.7mm、キーピッチ19.05mmと打ちやすく、打鍵感のある設計。ハニカム構造の本体は剛性が高く、長時間のタイピングでも疲れにくい印象です。

インタフェースの充実にも注目。本体左側には電源ポートの他、4K UHD対応のHDMIポート、DisplayPort 1.4とPower Deliveryの電源入力にも対応するUSB 3.1 Gen2 Type-Cポート、3.5mmオーディオジャックを装備。右側にはUSB 3.1 Gen2 Type-Cポート、USB 3.0 Type-Aポート2基、セキュリティスロットを装備します。モバイルバッテリーや65WのUSB急速充電器による充電が可能な他、HDMIだけでなくUSB Type-Cポートから外部ディスプレイへの出力が可能。バッテリー駆動時間は最大12時間。Wi-Fi 6に準拠し、高速なワイヤレス接続にも対応します。

リモートワークが定着しつつある昨今、自宅にデスクトップPCを設置するのは難しく、パワフルなノートPCを探しているという読者もいるのでは。ビジネスやクリエイティブの作業環境として、こうしたゲーミングノートPCを選択肢に検討してみるのもよさそうです。ROG Zephyrus G14なら、自宅でも外出先でもさりげなく個性を主張しつつ、高いパフォーマンスを発揮することが期待できるのでは。

レビューに使用したCPUにAMD Ryzen 9 4900HS、グラフィックスにNVIDIA GeForce RTX 2060 Max-Qを搭載、60Hz WQHDディスプレイ、16GB RAM、1TB SSDの構成で希望小売価格は26万3800円(税込み)。CPUにRyzen 7 4800HS、グラフィックスにGeForce GTX 1650 Ti、フルHD 120GHzディスプレイ、16G RAM、512GB SSDの構成で19万7800円(税込み)からラインアップしているほか、AniMe Matrix非搭載のモデルも用意しています。

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』



著者: ” — news.nifty.com

Continue Reading

ゲーミング

蒼穹を貫く天槍となれ!超音速ドックファイトバトル『Jet Lancer』 もぐらゲームス

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — www.moguragames.com

速度と重力の極限をせめぎ合いながら繰り広げられる戦闘機同士の空中戦「ドッグファイト」。それらは媒体を問わず様々なフィクションでも鮮烈に描かれ、大空という未知の領域や、戦闘機などのメカニック、あるいはそれを操るエース・パイロットと呼ばれる人々への憧憬を想起させてきた。筆者もそうしたドッグファイトの世界に魅了された人間のひとりであり、筆者の場合はとりわけ幼少のころに実兄の影響でプレイしたパソコン用のフライト・シミュレータの存在が大きかったように思う。

『Jet Lancer』はVladimir Fedyushkin氏、Nicolai Danielsen氏が共同で開発し、Armor Games Studiosが販売を担当するシューティングゲーム。2020年5月12日よりSTEAMにてPC版、ニンテンドーe shopにてNintendo Switch版がそれぞれ配信されている。架け橋ゲームズのサポートにより日本語にも対応している。

もっと高く、もっと速く。理屈無用の超音速バトル

過去に作戦の失敗によって愛機を失い借金漬けとなった傭兵Ash。借金返済のために新たに格安で入手した戦闘機は、幽霊が乗っていると噂されるいわく付きの機体。その機体の入手と呼応するかのように各地で見つかる古代兵器群を巡り、傭兵・連邦空軍・空賊の3つの勢力の思惑が交差する戦いが繰り広げられていく。

本作『Jet Lancer』はフィールド内を移動しつつ敵と戦う全方位型の2Dシューティングゲームとなっている。その特徴は圧倒的なスピード感とド派手な戦闘描写だ。四の五の理屈で語るよりもまずはムービーを見てもらった方が説明が早い。

広大に開けた空を自由に舞い、敵から放たれた尾を引く大量のミサイルを捻り込んだ軌道で掻い潜って機銃一閃、間髪入れずに地上の戦車へ目掛けて急降下爆撃…アニメ『超時空要塞マクロス』シリーズなどで見られるような激しい空中戦を自らの手で体感できるとあれば、興奮するなという方が無理筋というもの。導入部の切れ味も素晴らしく、男児の憧れを詰め込んだ作品と言えるだろう。

圧倒的機動力で制空権をもぎ取れ

本作では空戦エリア内を戦闘機で飛び回り、敵のせん滅やボスの撃破、施設のハッキングや味方の護衛といった作戦目標を達成すればステージクリアとなる。逆に敵からの攻撃を受けたり衝突などで3つあるライフが無くなって撃墜された場合や、作戦目標を達成しないままはエリア外に出た場合はゲームオーバーとなる。

操作はコントローラ操作の場合、スティックで旋回、Rトリガーで推進し、推進ボタンを放している間は重力にしたがって徐々に下降していく。ボタンを押していないと前に進まないという癖のある操作だが、推進力をカットしていても空中でその場での旋回が可能で、現代の戦闘機では一部の最新鋭機でしか成しえないクルビット機動を再現できるという空戦マニアを唸らせる高機動ぶり。また、Lトリガーで一定時間の間さらに加速できるアフターバーンを使用できる。

武装は機銃とロケット、ロケットの溜め撃ちで発動できるチャージウェポンの3種類。敵からの攻撃は一瞬だけ無敵になれる緊急回避アクション「ドッジロール」を駆使して回避していこう。敵ミサイルは引き付けてからドッジロールを行うことで追尾を切れるほか、被弾直後であってもドッジロールをタイミングよく行えていればダメージをリカバリーできる。ドッジロール・オア・ダイと言っても過言ではないくらい攻撃が激しいので、猛攻を耐え抜く為にもドッジロールの扱いはぜひ習熟しておこう。

ミッション攻略は的確なカスタマイズから

ミッションをクリアしていくことで機体のカスタマイズが解禁され、ロケットやチャージウェポン、機体に様々な機能を追加するモジュールの変更ができるようになる。戦闘機の装備の定番であるホーミングミサイルや無誘導爆弾の他、ドッジロールをエネルギーをまとった体当たり攻撃に変更する「Dash Module」など、ミッションに合わせて最適な装備を選択しよう。メカニック担当猫のLemの猫らしいイイ性格をしたコメントにも注目だ。

一方、演出の派手さやレーダー等で遠方が確認できないことからくる敵からの攻撃の視認のしにくさはストレスになりやすい。また、中盤から後半にかけて時間内に所定のスコアを稼ぐ必要があるミッションでは、ただでさえ攻撃が激しい事に加えて目標スコアがシビアに設定されており、筆者がプレイしていた際にはかなりのリトライ回数がかさんでしまった。ミッション攻略の上では攻撃方法ごとに得られる基礎点数の違いと、その説明がされていないことも行き詰まりやすくしている要因といえる。ただしスコア関係についてはパッチ等で難易度が緩和される傾向にもある。諦めずに様々な装備を試して挑戦してみて欲しい。

とにかく派手な空中戦が楽しめる本作。空に魅せられたバカ野郎どもに捧げたい一本だ。

[基本情報]
タイトル: Jet Lancer
制作者: Vladimir Fedyushkin & Nicolai Danielsen
クリア時間:  9時間~
対応OS: Windows , Macintosh , Nintendo Switch
価格: ¥1520

↓ダウンロードはこちらから
(STEAM)

(Nintendo eShop)
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000030913




著者: ” — www.moguragames.com

Continue Reading

ゲーミング

AMD Ryzen 4000シリーズ搭載! 薄型・軽量ゲーミングノートPC“Bravo”発売 – 電撃オンライン

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — dengekionline.com

 エムエスアイコンピュータージャパンは6月11日より、ゲーミングノートPC“Bravo”シリーズ(Bravo 17Bravo 15)を順次発売します。さらに6月18日より、ビジネス・クリエイターノートPC“Modern 14”を発売します。

Bravoシリーズ

 Bravoシリーズは、MSIゲーミングノートPCシリーズとして初の7nmプロセステクノロジーを採用し、増加したコア数により従来製品よりも処理性能が飛躍的に向上したAMD Ryzen 4000シリーズ モバイル・プロセッサーを搭載したゲーミングノートPCシリーズです。

 AMD Ryzen 4800Hモバイル・プロセッサーは従来のハイエンドゲーミングデスクトップPCなどに搭載されていた8コア16スレッドCPUに匹敵するほどの圧倒的な処理性能を持つゲーミングノートPC向けのモバイル・プロセッサーです。

 また、グラフィックス機能にはAMD Radeon RX 5000シリーズ・グラフィックスのメインストリームモデルとなるAMD Ryzen RX 5500Mグラフィックスを搭載し、数多くのPCゲームをフルHD解像度で快適に楽しめるパフォーマンスを提供します。

 Bravoシリーズは薄型・軽量デザインの本体にAMD製CPU・GPUを搭載して圧倒的な処理性能とAMDならではの高コストパフォーマンスを実現し、AMDファンだけでなく高コスパのゲーミングノートPCを求めるゲーマーや、高い処理性能と携帯性を備えたノートPCを必要とするクリエイターに対する新しい選択肢となるシリーズです。

Bravoシリーズの主な特徴

●驚くほどの圧倒的な処理性能を実現

 Bravoシリーズに搭載されるAMD Ryzen 4000シリーズ モバイル・プロセッサーは7nmプロセステクノロジーを採用した最新のCPUです。

 8コア16スレッドタイプのAMD Ryzen 4800Hモバイル・プロセッサーは、従来のハイエンドゲーミングデスクトップPCなどに搭載されていた8コア16スレッドCPUに匹敵するほどの圧倒的な処理性能を持ち、PCゲームだけでなくコンテンツ作成などクリエイティブ用途においてもパワーを発揮します。

 加えて、AMD Ryzen RX 5500Mグラフィックスは数多くのPCゲームをフルHD解像度で快適に楽しめるパフォーマンスを提供します。

●独自開発の強力冷却システムを搭載

 BravoシリーズにはAMD Ryzen 4000シリーズ モバイル・プロセッサーと、AMD Radeon RX 5000シリーズ・グラフィックスが持つ高い処理性能を、薄型ゲーミングノートPCでも最大限発揮できるようにするため、MSIが独自に開発した強力な冷却システム“Cooler Boost 5”を搭載。

 Bravoシリーズにはそれぞれの筐体に合わせてデザインをカスタマイズして冷却性能を向上させたCooler Boost 5が採用されています。

 長時間のハードなゲーミングや複数のクリエイティブソフトを同時に起動させるマルチタスクによる作業でも、高パフォーマンス状態を長時間・安定して維持することが可能となっています。

Bravo 17主な仕様

Bravo 15主な仕様

Modern 14

 Modern 14はMSIノートPCシリーズで初となるAMD Ryzen 5 4500Uを採用するビジネス・クリエイターノートPCです。

 Ryzen 5 4500UはTDP 15Wという低電圧ながら6コアタイプのCPUとなり、従来のデスクトップPC向けCPUに匹敵する処理性能を実現します。

 オフィスソフトやWebブラウザ、Web会議システムなど複数のソフトを同時に起動するマルチタスクでも高速動作を実現するだけでなく、動画・写真編集ソフトなどクリエイター向けソフトも薄さ16.9mm・軽さ1.3KgのノートPCで驚くほどの高速・快適動作が可能になっています。

 また、AMD Ryzen 5 4500Uにはグラフィックス機能としてAMD Radeon Graphicsが内蔵されており、テレワークの普及で注目が高まるビデオ会議システムを快適に動作させる際に求められる高いグラフィックス処理性能を提供します。

 また、Modern 14にはWebカメラや無線LAN機能も内蔵されているため、テレワーク向けハイスペックPCとして活躍が期待できます。

Modern 14の主な特徴

●幅広い用途で高速処理性能を発揮

 従来のデスクトップPC向けCPUを超える処理性能を実現するAMD Ryzen 5 4500UとCPU内蔵GPU“AMD Radeon Graphics”がオフィスソフト・動画編集・画像編集など、ビジネスマンやクリエイターが使用するソフトが高速・快適動作します。

 テレワークの普及により利用機会が増加したテレビ会議システムをスムーズに動作させるためには高性能なCPUとGPUが求められており、Modern 14はビデオ会議システムの参加だけでなく、デスクトップ画面の共有やプレゼンテーション資料を使用したビデオ会議を開催することができる処理性能を有しています。

●テレワーク向けに便利な機能と付属品

 テレビ会議システムに参加するための必須機能となるWebカメラを標準搭載。加えて、無線LAN機能が内蔵されているため、わずらわしいLANケーブル配線不要のWi-Fi接続でネットワークにアクセスるすることができます。

 付属品としてUSB Type-Cポートを有線LAN・SDカードリーダー・USBハブに変換できるアダプタが付属。有線LANのより安定したネットワーク接続を必要とするシーンや撮影した動画や写真データを保存したSDカードのデータを取り込む際に別途変換アダプタをお求めいただくことなく機能を拡張することができます。

Modern 14主な仕様



著者: ” — dengekionline.com

Continue Reading

ゲーミング

「Xbox Game Pass」30日間トライアル付属ゲーミングPC、サードウェーブから – BCN+R

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — www.bcnretail.com

 サードウェーブは、「Xbox Game Pass for PC同梱パソコン」4機種をドスパラ各店舗とドスパラ通販サイトで6月2日に発売した。

Xbox Game Pass for PC同梱パソコン

 Xbox Game Pass for PC同梱パソコンは、マイクロソフトが提供する、Windows向けゲームのサブスクリプションサービス「Xbox Game Pass for PC(Beta)」の30日間トライアルコードが付属するゲーミングPC。

 Xbox Game Pass for PC(Beta)をアクティベートした日から30日間、全てのサービスを楽しめる。なお、トライアル期間終了後は、ユーザーがキャンセルしない限りサービス提供が継続され、通常のサブスクリプション料金が請求されるので注意が必要。

 ラインアップは、デスクトップPCが「GALLERIA ZZ ガレリア ZZ Xbox Game Pass for PC Bundle Edition」「GALLERIA XF ガレリア XF Xbox Game Pass for PC Bundle Edition」「GALLERIA XT ガレリア XT Xbox Game Pass for PC Bundle Edition」の3機種、ノートPCが「GCR2070RGF-QC ガンメタリックモデル Xbox Game Pass for PC Bundle Edition」の計4機種。

 GALLERIA ZZ ガレリア ZZ Xbox Game Pass for PC Bundle Editionは、CPUにインテルCore i9-9900K、グラフィックスにNVIDIA GeForce RTX 2080 Ti、メモリ16GB、1TBのSSDを搭載する。税別価格は27万9980円。

 GALLERIA XF ガレリア XF Xbox Game Pass for PC Bundle Editionは、CPUにインテルCore i7-9700F、グラフィックスにNVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER、メモリ16GB、512GBのM.2 SSDと2TBのHDDを搭載する。税別価格は16万4980円。

 GALLERIA XT ガレリア XT Xbox Game Pass for PC Bundle Editionは、CPUにインテルCore i7-9700、グラフィックスにNVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER、メモリ16GB、512GBのSSDと1TBのHDDを搭載する。税別価格は12万9980円。

 GCR2070RGF-QC ガンメタリックモデル Xbox Game Pass for PC Bundle Editionは、CPUにインテルCore i9-9750H、15.6インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)、グラフィックスにNVIDIA GeForce RTX 2070 MAX-Q、メモリ16GB、1TBのSSDを搭載する。税別価格は18万8280円。



著者: ” — www.bcnretail.com

Continue Reading

人気