Connect with us

ゲーミング

Ryzen 7とGeForce RTX 2060搭載のゲーミングノートASUS「TUF GAMING A15」()

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — news.yahoo.co.jp

 ASUSは5月27日、高耐久でRyzen搭載のゲーミングノートPC「TUF GAMING A」シリーズの15.6型と17.3型の2種類発表した。構成によって数モデルあるのだが、15.6型でGeForce RTX 2060内蔵の量販店モデルが編集部より送られてきたので、試用レポートをお届けしたい。

【この記事に関する別の画像を見る】

■dGPUの仕様が異なる量販店モデル

 TUF GAMING A15は、プロセッサとdGPUでいくつかのパターンがある。具体的には、プロセッサがAMD Ryzen 7 4800HとRyzen 5 4600H。dGPUが、NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti(6GB)、GTX 1660 Ti(4GB)、GTX 1650(4GB)……と、この組み合わせだ。ほかの違いはメモリが8GBか16GBかだけで、SSDやOS、パネル、インターフフェイスなど主要な部分は同じ。上位モデルのAMD Ryzen 7 4800H/16GB/512GB/GTX 1660 Tiで126,182円。内容を考えると意外と安い。

 今回ご紹介するのはこれらとは違い量販店モデルとなる。基本的にダイレクトモデルの上位と同じなのだが、dGPUがGeForce RTX 2060(6GB)と、さらにパワーアップしている。おもな仕様は以下のとおり。

 プロセッサはAMD Ryzen 7 4800H。8コア16スレッドでクロックは2.9GHzから最大4.2GHz。キャッシュは8MB、TDPは45W。メモリはDDR4 3,200MHzの16GB(8GB×2)、ストレージは512GB SSD。OSは64bit版Windows 10 Homeを搭載する。

【9時55分訂正】記事初出時、CPUを4コア8スレッドとしておりましたが、これは誤りです。お詫びして訂正します。

 グラフィックスは先に書いたとおり、NVIDIA GeForce RTX 2060(6GB)。Turingアーキテクチャで、リアルタイムレイトレーシング対応、CUDAコア1,920、メモリ帯域幅336GB/sと非常に強力なdGPUだ。外部出力用にHDMI(2.0b)、Type-C(DisplayPort 1.4)を装備する。ディスプレイは非光沢15.6型フルHD(1,920×1,080ドット)。144Hz対応だ。

 ネットワークはGigabit Ethernet、IEEE 802.11ac対応、Bluetooth 5.0。そのほかのインターフェイスは、USB 3.1 Gen2/Type-C×1、USB 3.0×2、USB 2.0×1、92万画素Webカメラ、音声入出力。加えてRGBキーボードバックライトを搭載している。

 容量48Whのバッテリを内蔵し、駆動時間約6.2~6.6時間。サイズ約359.8×256×22.8~24.9mm(幅×奥行き×高さ)、重量約2.3kg。税込価格は169,800円(ビックカメラ調べ/10%ポイントあり)。ダイレクトモデルよりdGPUのランク分だけ高くなっている。

 筐体はつや消しのメタル調で加えてヘアライン仕上げ。重量は仕様上約2.3kg。この手のノートPCとしては少し重いが、その分、MIL-STD 810H準拠でガッチリしている。

 前面は、パネル中央上にWebカメラ。上左右のフチは狭いが、下はけっこうある。また、パネルの下は「Vカット」と呼ばれる構造で、後部への排熱を妨げない仕掛けだ。左側面は、電源入力、Gigabit Ethernet、HDMI、USB 3.0×2、USB 3.1 Type-C、音声入出力。右側面は、ロックポート、USB 2.0を配置。裏は、ハニカムグリップ加工が特徴的。手前左右のスリットにスピーカー。付属のACアダプタは、実測で約160×75×30mm、重量583g、出力19.5V/11.8Aと結構大きく重たい。

 キーボードは、RGBバックライト/テンキー付きの103キー日本語キーボード。W/A/S/Dキーが透明になっておりゲーミングノートPCらしい。主要キーのキーピッチは実測で約19mm。テンキー側のピッチを狭くしているぶん、主要キーのピッチは一定でかつ、いびつな並びもない。打鍵感はストロークは少し深めだが、しっかりしており心地よい。タッチパッドは2ボタン式だ。パームレストも含め、十分な面積が確保されており扱いやすい。

 15.6型のディスプレイは、コントラスト、視野角は良好。非光沢なので眼にも優しい。発色はおそらく色域がsRGBに近いのだろう。後述するArmoury Crate/GameVisualがDefaultの状態では赤など原色系が少し地味だ。

 明るさは、正面の写真を撮影する時、背景の白をRGB:240/240/240前後にするには、少し輝度を落として撮影しないと画面の白飛びが発生するのだが、今回は最大で丁度良かった。従って最大輝度は、最近のノートPCとしては少し低めとなる。しかし、ありがちな最大では眩し過ぎて結局下げて使う……といったことにはならず、ちょうど良い感じだ。

 パネルの特性はi1 Display Proとi1 Profilerで調べたところ、輝度は、基準値の120cd/平方mジャストにはならず最大から-4で105cd/平方m、-3で138cd/平方mだったので後者で測定(Armoury Crate/GameVisualはDefault)。

 白色点D65Kに対して6,494KなのでこれはOK。黒色輝度は0.106cd/平方m。黒は真っ暗にはならず気持ち浮く感じか。R・G・Bのリニアリティは、すべて直線的なのだが、各色重ならずズレている。また上に行くほど差が広がっているため、目視でわかる範囲かどうかは不明だが、明るい色ほど色ズレが生じることになる。

 振動やノイズは48dBのTurboモードでもあまり気にならないレベルだ。発熱はベンチマークテストなど負荷をかけると、後ろ側面のスリットから暖かい空気が出る。ここで処理されているぶん、パームレストなどは熱くならず良好だ。

 サウンドは、裏のスリットと側面のスリットの2カ所から音が出るため、間接音と直接音のミックスとなる。音質は何と言うかこもった感じで抜けが悪く、中低域中心のパワーバランスで高域不足。さらにパワーも足らない。DTS:X Ultraのモードをいろいろ変えても傾向は同じだった。ゲーミングノートPCだけに、少し残念な部分だ。

■Armoury Crateでゲーミング環境を演出しつつ高性能!

 初期起動時、スタート画面(タブレットモード)は1画面。ASUSグループがプリインストールとなる。デスクトップは壁紙の変更のみとシンプルだが、この斜めのラインは眼がチカチカしないだろうか。起動、作動速度などは、構成が構成なだけに申し分ない。

 ストレージはSSD 512GBの「KINGSTON OM8PCP3512F-AB」。C:ドライブのみの1パーティションで約457.90GBが割り当てられ空き418GB。Gigabit Ethernet、Wi-Fi、BluetoothすべてRealtek製だ。GeForce RTX 2060は、CUDAコア1,920、メモリ6GB/GDDR6なのがわかる。

 おもなプリインストールのソフトウェアは、「MyASUS」、「WPS Office」、「Armoury Crate」、「dts SOUND UNBOUND」、「DTS:X Ultra」など。

 Armoury Crateは、本機の作動モード(Silentモード、Performanceモード、Turboモード)、キーボードRGBバックライトコントロール、パネルの発色などを集中管理できるアプリで、ゲーミングPCならではといえる。

 ベンチマークテストは、PCMark 10、PCMark 8、3DMark、CINEBENCH R20、CrystalDiskMark、PCMark 10/BATTERY/Modern Office。結果は以下のとおり。なおArmoury Crateで35dBのSilentモード、45dBのPerformanceモード、48dBのTurboモードと、作動モードを切り替え可能なので、Sky Diverのみ3パターンを測定している(ほかはすべてPerformanceモード)。

 さすがにRyzen 7 4800H+GeForce RTX 2060だけあって、とくに3DMarkのスコアが圧巻だ。Fire Strikeの最後のシーンも30fpsを超えていた。Sky Diverで試した3つの作動モードは、32,257/33,731/34,139と、順にわずかにスコアが上がっている。ノイズに関してはTurboモードのとき、筐体に耳を近づけると気持ちファンの音が聴こえる程度だ。いずれにしても爆音にはならないので、静かな室内でもあまり気にならないと思われる。

 PCMark 10/BATTERY/Modern Officeは 6時間13分(キーボードバックライトオフ。明るさ、バッテリモードなどはシステム標準)。仕様上約6.2~6.6時間なので、ほぼそのとおりの結果となった。

 以上のようにASUS「TUF GAMING A15」は、AMD Ryzen 7 4800H、GeForce RTX 2060、メモリ16GB、SSD 512GBを搭載した15.6型のゲーミングノートPCだ。RGBキーボードバックライトやArmoury Crateを使った各種のコントロールなど、パワーだけでなく、ゲームを盛り上げる機能も充実。楽しめる内容になっている。

 サウンドだけ少し気になるものの、概ね良好。Ryzen 7+GeForce RTX 2060の高性能を体験したいユーザーにお勧めしたい1台だ。

著者: ” — news.yahoo.co.jp

Continue Reading

ゲーミング

ドスパラ、新設計ケース採用のゲーミングPC 4シリーズの受注を開始 –

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — pc.watch.impress.co.jp

新デザインのSKシリーズケース(左がミドルタワー、右がミニタワー)

 ドスパラを運営する株式会社サードウェーブは、3日に発表した新デザイン採用のゲーミングPC「GALLERIA」4シリーズ30機種の受注を開始した。

 受注が開始されたのは、ミドルタワーのU/Z/XシリーズとミニタワーのRシリーズ。同社では好評につき、7日よりXシリーズの1モデル限定で、前倒しして受注を開始していた。全シリーズにおいて「BREAK THE NORMAL」をコンセプトとした新設計の独自ケース「SK」シリーズを採用する。

 SKシリーズケースでは、吸排気に最大140mmのファンを使用。あわせて両側面にエアインテーク、天板部分にも排気口を備え、設置場所の自由度を高めた。前面インターフェイス部分を斜め45度に傾けて配置し、電源ボタンなどをまとめることで使いやすさも向上させている。加えて、クリアサイドパネルを標準搭載するほか、RGB LED内蔵パネルも用意する。

 各シリーズの構成例はUシリーズ(UA9C-R80T)の場合、Core i9-10900K(10コア/3.7GHz)、32GBメモリ、GeForce RTX 2080 Ti、1TB M.2 NVMe SSD+2TB HDD、750W 80PLUS Gold電源、Windows 10 Homeなどを搭載。税別価格は359,980円。

 Zシリーズ(ZA9R-R70S)の場合、Ryzen 9 3900X(12コア/3.8GHz)、16GBメモリ、GeForce RTX 2070 SUPER、1TB M.2 NVMe SSD(PCIe 4.0 x4接続)、750W 80PLUS Gold電源、Windows 10 Homeなどを搭載。税別価格は209,980円。

 Xシリーズ(XA7C-G60S)の場合、Core i7-10700(8コア/2.9GHz)、16GBメモリ、GeForce GTX 1660 SUPER、512GB M.2 NVMe SSD、550W 80PLUS Bronze電源、Windows 10 Homeなどを搭載。税別価格は129,980円。

 Rシリーズ(RM5C-G60S)の場合、Core i5-10400(6コア/2.9GHz)、16GBメモリ、GeForce GTX 1660 SUPER、512GB M.2 NVMe SSD、550W 80PLUS Bronze電源、Windows 10 Homeなどを搭載。税別価格は119,980円。

 本体サイズは、U/Z/Xシリーズが220×440×480mm(幅×奥行き×高さ)、Rシリーズが220×440×425mm(同)。重量はともに約14kg。



著者: " -- pc.watch.impress.co.jp "

Continue Reading

ゲーミング

ハード開発で巨額赤字 「半歩先」見据える大切さ痛感|出世ナビ|NIKKEI STYLE

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — style.nikkei.com

■社運をかけたマルチメディア機の開発に参画した。

ソニーの「プレイステーション」などに続けと、バンダイもゲーム機に挑戦することになりました。1994年の終わり、新型機のソフトウエア開発を担当する課長を任されました。

ゲームを楽しむだけでなく、インターネットにも接続できるマルチメディア機で業界に先駆けるのが狙いです。構想段階から米アップルと共同開発することが決まっていました。

当時のアップルは今よりずっとベンチャー気質が強かった。本社があるカリフォルニアの雰囲気に、私も感化されたのでしょう。「新しいことをやろう」と意気込み、立ち上げメンバーの社内公募を社長に訴えて実現させました。意欲があるメンバーが集まったおかげで職場は毎日、学生時代の文化祭前日のような活気にあふれていました。

■しかしマルチメディア機は大失敗し、2年で撤退する。

「ピピン」の開発で米西海岸を飛び回った

96年に「ピピンアットマーク」として発売しました。アップルのパソコン「マッキントッシュ」と互換性を持たせ、付属のモデムでインターネットに接続できる機能もあります。マック用だけでなくピピン専用ゲームも遊べるようにしました。しかし、全く売れない。50万台の計画に対して4万台しか販売できず、98年に撤退しました。

気付けば、会社は巨額の赤字を出していました。98年3月期にピピン関連で270億円の損失を計上したのです。売れないハードをてこ入れしようとして、赤字額が膨らんでいきました。例えばパソコン用の年賀状作成ソフトを移植したところ、ピピンをつなげるテレビでは画面がぼやけてしまい、使いものになりません。はっきり言って迷走していました。

■大きな挫折を通じて、ものを開発する際の考え方が変わった。

ピピンからは多くの教訓が得られました。その一つが、分不相応な思い込みを捨てて客観的に物事を見ることの大切さです。ピピンは当時の社長が陣頭指揮をとっていて、引くに引けずに赤字が拡大しました。

振り返ると「新しいことをする」こと自体が目的になっていました。結果、消費者の理解を得られていない技術を盛り込み、供給者目線で夢物語を描いていました。黎明(れいめい)期にネット接続できるハードを開発したといえば、先見の明がありそうですが、10年先に普及する技術を先んじて出しても売れません。

商品企画では、売れることが何より大事です。3歩先ではなく、半歩先の未来を見据える必要があるでしょう。ピピンは私に、開発と経営を結びつけて考える機会も与えてくれました。

あのころ……

1994年にソニーの「プレイステーション」、セガの「セガサターン」が発売され、任天堂の牙城だったゲーム機業界に変化が訪れた。翌年にはウィンドウズ95が発売され、一般家庭にもインターネットが広がり始めた。

[日本経済新聞朝刊 2020年6月2日付]

<<(上)直談判でゲーム企画担当 上司説き伏せヒット作生む

会社役員・経営幹部の方を対象とした、企業価値を高める経営の実務に役立つビジネス講座を厳選


>> 講座一覧はこちら



著者: ” — style.nikkei.com

Continue Reading

ゲーミング

“あのゲーム機”を彷彿とさせる! 7インチのゲーミングUMPC「One-GX1」を触ってみた | GetNavi web ゲットナビ

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — getnavi.jp

テックワンは、ONE-NETBOOK Technology社の新製品記者発表会を開催。発表されたのは「OneMix1 S+」と「One-GX1」。One-GX1は第10世代Core i5プロセッサーを搭載した、7インチディスプレイ、重さ620gの“ゲーミング”UMPCです。

↑会見に出席した十束おとはさんと竹内佳菜子さん

 

日本販売モデルは、日本のファンと考案したという日本語配列キーボード(106/109配列)を採用しています。今夏発売予定で、価格は税抜8万9800円から。現在予約受付中で、予約特典として専用コントローラーが付いてきます。

↑OneMix1 S+とOne-GX1

 

One-GX1最大の特徴といえばやはり、“これぞゲーミング”といった、本体両脇のコントローラー! まるで某ゲーム機のような、ゲーミングPCとしては非常に面白い見た目ですね! (どことなく「ファンタシースターオンライン」用GCコントローラーも頭をよぎりました)

↑One-GX1

 

このコントローラーを両脇に装着したまま使う「携帯モード」、HDMI接続で本体をテレビにつなぎ、コントローラーは外して手に持つ「TVモード」、ひとつの画面でコントローラーをシェアして2人で遊べる「テーブルモード」、そしてコントローラーを使わず、通常のゲーミングノートのように“WASD移動”などを駆使する「デスクトップモード」と、4通りのプレイモードがあります。

↑One-GX1

 

発表会には、アイドルグループ「フィロソフィーのダンス」十束おとはさんが出席。実際にOne-GX1で、デスクトップモードで「League of Legends」、携帯モードで「Halo 2(Halo: The Master Chief Collection)」、テーブルモードで「ファイナルファイト(カプコン ベルトアクション コレクション)」をプレイしました。

 

 

ゲームや自作PCが趣味だという十束さん。携帯モードで遊んだHalo 2について、「FPSが小さい画面でこんなにスルスル動いてビックリ。こういうコントローラーがあると、普段キーボードとマウスでFPSをやり慣れてない人でも楽しめると思う」と興奮気味に語りました。テーブルモードについては、「ひとつのPCで2人で同じゲームをするっているのは新しい楽しみ方だと思った。2人で遊べるって本当に楽しい。これを手に入れたらメンバーと一緒に楽屋でプレイしたい」と語っています。

↑コントローラーを分離させた状態

 

個人的には、十束さん同様、PCゲームが家庭用ゲーム機のように2人で遊べるというのが珍しい光景に見えました。PCゲームといえば1人で遊ぶというようなイメージがあったので、ちょっと斬新な印象。とはいえ、やはり今回オンライン参加だった筆者としては、実際に使ってみたいところ。ゲーミングUMPCは家庭用ゲーム機を超えられるのか!?

 

ちなみに「ゲーミングPC」について、「ゲームしかできないPC」と誤解されていることが多いのですが、実際は「ゲームが快適にプレイできるほどハイスペックなPC」なので、普段使い用の“ハイスペックUMPC”という“選択肢”にも入ると思いますよ!

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】



著者: ” — getnavi.jp

Continue Reading

人気