Connect with us

ゲーミング

リモートワーク・テレワークにオススメのMac5選を紹介 | CoRRiENTE.top

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — corriente.top

現在、世界的に猛威を振るっているCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で、リモートワークを導入する企業が徐々に増えている。中には、会社からの突然の通達でリモートワークに切り替えられ、十分な準備ができないままありあわせの機材でリモートワークを行なっている人もいるのではないだろうか。

この新型コロナウイルスの影響がここ1〜2週間程度で収まるのであればそれでなんとかやり過ごせるかもしれないが、実際は日に日に感染者が増していて、どうにも収束の気配が見えてこない。普段どおり出勤できるようになるのがいつになるのか分からない現状を踏まえて、思い切ってリモートワークに適したデバイスを購入するというのはどうだろうか。

筆者はApple製品が好きなので、普段からMacを利用している。しかも、記事の執筆など自宅で作業することも多いこともあり、当記事では(筆者のこれまでの経験をもとに)どのMacがリモートワークに適しているのかをオススメ順にご紹介したいと思う。

ちなみに下記でオススメするMacは、コロナウイルス収束後にも活用できるものをなるべく選んでみたつもりなので、ぜひ参考にして自身に最適なMacを見つけていただきたい。

1位 MacBook Air

まずは勿体ぶらず、筆者がリモートワークに最適だと思っているデバイスを紹介したい。第1位は先月末に発売したばかりの新型MacBook Air(2020)だ。

同モデルをオススメする理由は、価格と性能のバランスが良く、持ち運びしやすいこと。新プロセッサが搭載されたことで性能がMacBook Proに迫るレベルになったこともあり、表計算ソフトやビデオ通話などの軽い作業であれば以前にも増して快適にこなすことができるようになった。

ストレージ容量も最少で256GBとそれなりであるにもかかわらず、104,800円(税別)〜とApple製品らしからぬお手頃価格で、購入のハードルが低いのもグッド。ラップトップ型のMacの中でもっともコンパクト&軽量であるため、持ち運びにも優れているなどの利点もある。

MacBook Airは今回の新型コロナウイルス感染防止のためのリモートワークで使うことを前提とし、さらに収束後も自宅でちょっとした作業に使いたい、そんな方にオススメだ。

MacBook Air(2020)に関しては当サイトでレビュー記事を公開しているので、詳細について知りたい方はぜひこちらの記事を読んでいただきたい。

2位 MacBook Pro

次にオススメなのがMacBook ProMacBook ProはMacBook Airより性能が高く、画像・動画編集などの比較的ヘビーな作業もこなすことができるのが特徴。また、MacBook Airよりは重量が重くなってしまうが持ち運びできることから据え置き型のMacに比べてどこでも使える”自由さ”が利点だ。

価格が少し高めになってしまうため、MacBook Airよりはオススメ度は下がってしまうのだが、MacBook Airでは性能が足りないという方はこちらを購入すべき。特にデザイナーやイラストレーターの方などグラフィック性能を必要とする仕事をしている場合はMacBook Proの購入を強くオススメする。

MacBook Proは13インチモデル16インチモデルの2種類が存在し、両者の間には性能差が設けられているため、両モデルについて詳しく知りたい場合は以下のレビューや比較記事を参考にしていただきたい。

3位 Mac mini

ラップトップ端末のように持ち運ぶ必要性を感じないという方には据え置き型のMacがオススメだ。据え置き型のMacはiMaciMac ProMac miniMac Proの4種類が存在するが、そのうちライトな作業をメインとする場合はMac miniがオススメだ。

Mac miniは性能が抑えられていることもあり、比較的エントリーモデルという立ち位置の製品だが、カスタマイズの幅が意外と広いため、自分の使い方に合わせてスペックを自由に変更することができるという利点がある。

Mac miniを使うには映像を出力するためのディスプレイが必要になるものの、すでにディスプレイを持っている方や家のテレビをディスプレイ代わりに使える方は、Mac miniを購入することでMacBook AirやMacBook Proよりも導入コストを安く済ませることが可能だ。

今後も積極的に使っていくなら、それなりのスペックのものを購入しておけばしばらくは使い続けることができるはずだ。本体サイズも小さく作業用デスクを広く使うことができるため、リモートワークなど関係なしにはじめてのMacとしてもオススメだ。

4位 iMac

「ラップトップ型デバイスである必要がない」 もしくは 「デスクトップ端末の方が好き」 という方で、映像出力ができるディスプレイを持っていない場合はディスプレイ一体型のiMacの購入がオススメだ。

iMacは据え置き型Macの中で最も性能とコストのバランスに優れた製品のひとつ。プロセッサ・グラフィックの性能もそれなりに高いためオールラウンダーとして知られる。購入時のCTOオプションでプロセッサ・メモリ・グラフィックカードを強化することで美麗な3Dゲームなども遊べるほどのハイスペックに仕上げることもできるため、今回のリモートワークのためとしてだけではなく、プライベートでガッツリ使っていきたい方にオススメできる。

iMacには4Kモデルと5Kモデルの2種類が用意されており、ディスプレイの大きさは4Kモデルが21.5インチ、5Kモデルが27インチとなっている。本体サイズの違いはもちろん、購入後のメモリ増設が5Kモデルはできるが4Kモデルはできないなどいくらか違いがあるため、どちらを購入するかはぜひそれなりに悩んでいただきたい。もし4Kモデルを購入するのであれば、メモリ容量の選択は慎重に。

ちなみに、筆者がメイン機として使っているのはこのiMacの5Kモデル。筆者の完全なる好みでオススメするのであれば本当はiMacを1位に選びたかったのだが、コストや持ち運び性能を考慮した結果、残念ながら4位になってしまった。

当サイトではレビューやメモリの増設方法など複数の記事を公開しているので、購入を検討する方はぜひ参考にしていただきたい。

5位 iMac Pro

iMacではスペックが足りないという方は、上位のプロモデルにあたるiMac Proを購入するべきだろう。本体サイズはiMacの5Kモデルとほぼ同じだが、プロセッサやグラフィックなど中身は完全にプロ用のものが詰め込まれている。

価格もiMacとは比べものにならないほどで、最安でも558,800円(税別)からとなっている。購入ハードルはiMacよりはるかに高いが、超ヘビーな高負荷処理もラクラクこなすモンスター級スペックなので、基本的には何をやらせても困ることはないだろう。

ただしiMac Proは高度な映像制作ができるレベルの製品となっているため、購入する際には本当にこれほどのスペックが必要かどうかしっかり考えて購入するべき。筆者としては、一般ユーザーであればiMac 5Kモデルで十分こと足りると思っているので、悩んだ場合はまずこちらのiMac(5Kモデル)のレビュー記事をご覧いただき、同モデルでどんな作業ができるのかを確認していただきたい。

まとめ

今回はリモートワーク・テレワークでオススメなMac 5選を紹介した。本当は新型コロナウイルスの感染拡大がなければもっと違う形でこれらのMacを紹介できたのだが、先日リモートワークにオススメなMacに関する質問が筆者のもとに複数届いたため今回は急遽こういった記事をお届けした。もし参考になれば幸いだ。

ちなみにこれからリモートワーク・テレワークを始めようとしている方には、別途イヤホンやヘッドホンを購入することもオススメしたい。一人暮らしなど静かな環境で作業できる場合には無用なものかもしれないが、自宅にお子さんがいたり自宅近くを電車が通っていたりと周囲の雑音が気になる場合にはこういったデバイスがあると便利なはずだ。

特にオススメしたいのは雑音を強制的にシャットアウトできるノイズキャンセリング型のイヤホン・ヘッドホン。ヘッドホンで言えばBose Quiet Comfort 35 IINoise Cancelling Headphones 700Beats Studio3 WirelessBeats Solo Proがオススメ、イヤホンでいえばAirPods ProWF-1000XM3などが良いのではないだろうか。

Beats Solo ProAirPods Proについては当サイトでレビューをしているため、是非ご覧いただきたい。また、AirPods Proについてはこれまで品薄が継続していたが、最近になってようやく出荷が追いついてきたようで、注文から数日でゲットできるようになった。これまでAirPods Proの注文を躊躇っていた方、ぜひ注文してみてはどうだろうか。



著者: ” — corriente.top

Continue Reading

ゲーミング

ASCII.jp:EPOS バーチャルイベント「The Power of Audio in Gaming」のご招待

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — ascii.jp

2021年01月18日 17時15分更新

文● EPOS Japan株式会社

EPOS Japan株式会社
業界のリーダーとEPOS開発チームは、2021年以降のゲーミングオーディオに関する洞察を共有します。

デンマーク、コペンハーゲン – 2021年1月18日 – プレミアムオーディオブランドEPOSは、メディアやゲームファンのための初のバーチャルイベント “The Power of Audio in Gaming” を開催いたします。こちらのイベントでは、オンラインにてEPOSをはじめとするビデオゲーム音響業界の主要な代表者が語るゲーミングオーディオの未来の舞台裏をお届けします。EPOSのイベント「The Power of Audio in Gaming」の開催日時は、日本時間1月27日(水)午後6時 / 1月28日(木)午前3時で、計2回の開催です。


イベントでは、EPOSファン、報道関係者様、ゲーマー、オーディオファンの皆様に、「ゲームにおける臨場感あふれるオーディオの重要性」や、それがオーディオ機器の開発にどのような影響を与えているかについて、ゲストスピーカーからのお話をお聞きいただけます。

また参加者は、脳がどのようにオーディオを解釈しているのか、そしてEPOSがどのようにこの知識を活用しているのかについて、115年以上の経験をもとにしたゲームのオーディオ体験をさらに向上させるためのEPOSの考えを知っていただけます。さらにゲーミングオーディオ業界の著名人によるパネルディスカッションでは、2021年以降の業界の未来についてライブで議論を展開する予定です。

当日アジェンダはこちら

ウェルカムスピーチ – Jeppe Dalberg-Larsen, EPOS プレジデント
15分間 Keynote “Brain Hearing – How the Brain Processes Sound”(脳はどのように音情報を処理しているのか?) – Jesper Kock – 研究開発長
専門家パネルディスカッション “What Does the Future Hold for Audio in Gaming?”(ゲーミング音響の未来について) – 5名の業界専門家が、ジャーナリストのDavid Guldagerと共にディスカッション
15分間 Keynote EPOS製品開発担当より “Unleashing the Power of Audio in Gaming”(ゲーミングオーディオの可能性を開放する為に) – Andreas Jessen – ゲーミング部門シニアディレクター
最後に – Maja Sand-Grimnitz ゲーミング部門グローバルマーケティング責任者

※イベント時のライブ通訳は、日本語、フランス語、ドイツ語で提供されます。

EPOSのゲーミング部門グローバルマーケティング責任者であるMaja Sand-Grimnitz氏は、次のように述べています。「EPOS in Gamingの初のイベントに、メディアやゲーム、オーディオの愛好家の皆様をお迎えできることを嬉しく思います。ゲーム業界をリードする専門家とゲームにおけるオーディオの未来について議論し、私たちの情熱、知識、エキサイティングな新作を、世界的に予断を許さない状況の中、ご自宅にいながらにして皆様と共有できることを楽しみにしています。」

イベントへの参加に興味のある報道関係者様や視聴希望者は、EPOSの公式ランディングページにアクセスし、イベントへの参加登録を行うことができます。イベントは、日本時間1月27日(水)午後6時 / 1月28日(木)午前3時の、計2回に渡り開催されます。

“The Power of Audio Gaming”に関する詳細は、EPOSオフィシャルサイト、もしくは公式ランディングページをご覧ください。

▶︎The Power of Audio Gaming
https://www.eposaudio.com/ja/jp/thefutureofaudioingaming

■ EPOS(イーポス)について
EPOSは、ビジネス・プロフェッショナルやゲーム・コミュニティ向けのデバイスを開発・販売するオーディオ/ビデオソリューション企業です。先進技術を基盤とし、デンマークを拠点としたEPOSは、設計、技術、性能を最も重要なパラメータとして、高性能なオーディオ、ビデオ・ソリューションを提供しています。

Sennheiser electronic GmbH & Co. KGとDemant A/S の合弁事業であるSennheiser Communicationsの事業部門展開で設立されたのがEPOSです。新しい自社ブランドの製品ラインの導入に加え、EPOSは「EPOS I SENNHEISER」として共同ブランド化された、現在のSennheiser Communicationsの製品ラインの設計、製造、販売も行っています。

EPOSは、世界をリードするオーディオ/聴覚技術グループであるDemant A/Sグループの一員であり、 イノベーションとサウンドにおいて115年以上の実績があります。

デンマークのコペンハーゲンに本社を置くEPOSは、30か国以上にオフィスとパートナーを抱え、グローバル市場で事業展開しています。

詳しい情報は https://www.eposaudio.com/ja/jp をご確認ください。

EPOS グローバルPR お問い合わせ先:
Poppy Byron
[email protected]

EPOS Gaming Japan 広報担当お問い合わせ先:
[email protected]



著者: ” — ascii.jp

Continue Reading

ゲーミング

リドリー・スコット監督、EpicのパロディCMを「映像は素晴らしいがメッセージが平凡」とコメント –

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — japanese.engadget.com

FREEFORTNITE

Epic Games

Epic Gamesが人気ゲーム「フォートナイト(Fortnite)」につきアプリ内購入ガイドライン違反のアップデートをしたことを受けて、アップルはApp Storeから削除。それを予期していたかのようにEpicはすぐさま「Nineteen Eighty-Fortnite」なる動画を公開しました。

この動画の元ネタであるアップルのテレビCM「1984」を手がけたリドリー・スコット監督が「メッセージが余りにも凡庸だ」とのコメントを発表しています。

元々の「1984」はアップルが初代Macintoshを発表する直前に、当時のコンピューター市場で支配的な立場にあったIBMをジョージ・オーウェルの小説「1984」の独裁者ビッグブラザーに見立て、自らを独裁からの解放者、自由の担い手と印象づけようとするCMでした。共同創業者スティーブ・ジョブズ氏が「素晴らしい」と激賞したとの証言も残されています

EpicのCMはこの構図を裏返し、アップルを独裁者、フォートナイトを自由をめざす解放者として描く内容。それとともに特設ページ「#FREEFORTNITE」を立ち上げ、SNSでのApp Storeに対する反対運動への参加を呼びかけています。

さて「エイリアン」や「ブレードランナー」で知られる巨匠リドリー・スコット監督は、米IGNのインタビューでEpicのパロディCMをどう思うかを語っています。

スコット監督はEpicのリメイク版を見たことがあるかと尋ねられ「確かに見ました」と回答。そればかりか自分のCMを1ショットごとにコピーしてくれたことを光栄だと感じたため、手紙を書いたことを明かしています。

その一方で「メッセージがあまりにも酷くて残念でした」と不満を表明。「彼らは民主主義やもっと力強いテーマを語ることができたはずなのに、メッセージがあまりにも凡庸なのは残念だ……」とも付け加えています。アニメーションやアイディアは素晴らしく、メッセージは「えっ」となったとのことです。

「#FREEFORTNITE」での主張は「Appleは皆さんの決済の30%を徴収するために、決済価格を高いまま保持しようとしています。そしてフォートナイトをブロックし、Epic ディレクトペイメントによる割引の恩恵を皆さんが受けられないようにしています!」ということでお金の話しかしていません。Epicが本当に求めていたサードパーティ製アプリストア開設の自由も、アップルが暴露するまでは明かされませんでした

とはいえ、Epicの動きに触発されて、ロシア議会でもApp Storeの手数料率を引き下げサードパーティ製ストアの許可を強制する法案が提出されました。メッセージが平凡だけに多くの人々に理解もしやすく、アップル包囲網は今後も広がっていくのかもしれません。

Source:IGN



著者: ” — japanese.engadget.com

Continue Reading

ゲーミング

【イベントレポート】Intel、次世代CPU「Alder Lake-S」をデモ。ノート向けで8コア/5GHz駆動のCore Hも投入 –

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — pc.watch.impress.co.jp

Alder Lake-Sの実働デモを行なうIntel上級副社長兼CCG(クライアントコンピューティング事業本部)事業本部長 グレゴリー・ブライアント氏

 米Intelは、CES 2021においてオンライン記者会見を開催し、9月に発表した第11世代Coreプロセッサ(開発コードネーム:Tiger Lake)のvPro版と、「Evo platform」のvPro版を発表した。

 また、第11世代Core H35シリーズも発表したほか、ゲーミングPC向けの第11世代Core HシリーズのCPU8コア製品の存在を明らかにし、次世代プロセッサの「Alder Lake」のデスクトップ向けとなる「Alder Lake-S」の動作デモを行なった。

vPro版の第11世代Core、vPro版Evoが正式発表、Ice Lakeな第3世代Xeon SPは大量出荷が開始される

10nmのXeon SPは既にボリューム出荷が開始されており、今後数カ月のうちに正式発表される(出典:Intel)

 会見にはIntel上級副社長兼CCG(クライアントコンピューティング事業本部)事業本部長であるグレゴリー・ブライアント氏が登壇。ブライアント氏は冒頭で、「Intelの事業は多岐にわたっており、PCからクラウドまでさまざまなアプリケーションをカバーしている」と述べ、まずクラウド側の話として、Xeonプロセッサに関する話題からはじめた。

 ブライアント氏によると、開発コードネームIce Lake世代の第3世代Xeon Scalable Processorsはすでに量産出荷を開始している。正式な発表は今後数カ月のうちに行なわれる。Intelは2020年に4ソケット以上用のCooper Lakeを発表しており、Ice Lakeはそれに次ぐ2ソケット対応の第3世代Xeon SPの製品で、10nmプロセスルールで製造される。

 クライアントPCでは、ビジネス向け、教育向け、ハイパフォーマンス4つの新しいプロセッサ製品が発表された。

 1つが昨年の9月にIntelが発表したTiger Lakeこと第11世代CoreプロセッサのvPro版となる第11世代Core vProプラットフォームだ。vProとはIntelのCPUで企業向けのセキュリティ機能や管理機能などを追加したバージョン。第10世代Coreプロセッサのうち、10nmで製造されるIce LakeではvPro版が提供されてこなかったので、企業ユーザーに取っては待ちに待った10nm版vProとなる。

 また、同CPUには、業界初となるハードウェアベースのランサムウェアおよび暗号マイニング攻撃を検知するAI機能も搭載される。

第11世代Core vProプラットフォームが正式に発表(出典:Intel)

 このvProのデモとして、AMDベースのノートパソコンと、第11世代Core vProを搭載したノートパソコンが比較された。制御フローを悪用したサイトに誤ってアクセスしてもvPro版の方はCET(コントロールフロー・エンフォースメント・テクノロジー)を利用してきちっと防御されたが、vProに対応していないAMDでは悪用されてしまうという様子が公開された。

vProのデモ。vProはCETというハードウェア・セキュリティを活用して制御フロー悪用を防ぐことができる(出典:Intel)

 また、その第11世代Coreプロセッサを搭載したシステムに対して、Intelが定義しているユーザー体験(性能やバッテリー駆動時間など)を満たしているという認証を与える仕組みであるIntel EvoプラットフォームにもvPro版が投入され、ロゴシールにも「vPro」が入ることもあわせて明らかにされた。

EvoプラットフォームのvPro版も発表(出典:Intel)



著者: " -- pc.watch.impress.co.jp "

Continue Reading
実況じっきょうプレイ4時間 ago

【荒野行動】界隈一汚い実況部屋紹介

ゲームのレビュー動画10時間 ago

PS4/Nintendo Switch「キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONS」第4弾トレーラー

実況じっきょうプレイ10時間 ago

元引きこもりがCODキャンペーンやる(縛り)

実況じっきょうプレイ16時間 ago

【ウマすぎ】松屋『ネギたっぷりプレミアム旨辛ネギたま牛めし』特盛つゆだくにしたらネギ消えた事件【UberEats】【ウーバーイーツ】【大食い】

ゲームのレビュー動画22時間 ago

【新作:FPS】PS4でも無料リリースした、バトロワが過疎り過ぎてサービスがヤバい件について…【ハイパースケープ:実況者ジャンヌ】

実況じっきょうプレイ22時間 ago

#38【LABO】弟者,兄者の「タルコフ(EFT)シーズン2」【2BRO.】

実況じっきょうプレイ1日 ago

MINECRAFT VUA HẢI TẶC – TẬP 10 | ĐỔI NGHỀ LÀM NGƯỜI CÁ VÀ MỞ RƯƠNG RA 2 TRÁI ÁC QUỶ MỚI LẠ

ゲームのレビュー動画1日 ago

スイッチとPS4に新登場した話題のR6S系爆破TPSが顔面崩壊レベルの面白さ!(クロスプレイ対応)|Rogue Company【ゆっくり実況】ローグカンパニー

実況じっきょうプレイ1日 ago

The Sims™ 4 【♯1】~はじめてのじっきょう~

実況じっきょうプレイ2日 ago

【ダークソウル3】洞窟の奥にいる謎の痴女がやばすぎる-PART7-【DARK SOULS 3】【実況・初見攻略・縛りプレイ】

人気