Connect with us

ゲーミング

【山田祥平のRe:config.sys】ASUSのROG PCが示すゲーム専用機の魅惑 –

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — pc.watch.impress.co.jp

 PCがExcelやWord専用機を謳うことはかつてなかった。「~向けPC」といった表現は、汎用機としてバリエーションに富みすぎて、選択が難しくなっていたPCを、エンドユーザーにとって、その選択のハードルを下げるための方便に過ぎなかった。だが、ゲーミングPCだけはどうも様子が違うようだ。

怒濤のスペックをどう活かすか

 ASUSのゲーミングブランド「ROG(Republic of Gamers)」シリーズは、一連のゲーミング向けノートPCをラインナップし、PCでゲームを楽しむ多くの熱烈なファンを獲得している。そのROGがゲーミングノートPCのラインナップを一新した。

 今回発表された9製品は、それはもう、めくるめくスペックだ。第10世代Core プロセッサーの搭載はもちろん、グラフィックスもGeForce RTXシリーズで固め、さらにリフレッシュレートが300Hzの超高速駆動のゲーミング液晶を搭載するなど、ゲーミングを極めるための最高峰のスペックを目指している(ASUS、300Hz液晶/BMW Designworks協業のゲーミングノートなど参照)。

 個人的な興味からも、トレンディなゲーミングPCをじっくりと体験してみたいと思っていたところ、同社から発表前の製品を試してみないかというオファーがあったので、渡りに船と貸し出しをお願いした。手元に届いたのは17.3型の300Hz非光沢液晶を搭載する製品で、「ROG Strix SCAR 17 G732LXS (G732LXS-I9R2080S)」と、「ROG Zephyrus S17 GX701LXS (GX701LXS-I78R2080S)」の2製品だ。

 両者ともにメモリはDDR4-3200の32GBだが、典型的な違いとして、前者がRTX 2080 SUPER、後者がRTX 2080 SUPER Max-Qを搭載する。また、SSD1TBの接続が前者はPCI Express 3.0 x2であるのに対して、後者はPCI Express 3.0 x4接続となっている。プロセッサについてはCore i9-10980HKか、Core i7-10875Hの違いがある。

 届いた実機を開梱して驚いたのは、同梱されていた電源アダプタだ。とくに、Strix SCARのものは、グラフィックスが食う電力を安定供給するためなのだろう、280Wの巨大なものだった。ノートPCのフォームファクタでの電源供給は、USB PD(Power Delivery)がトレンドだが、PDでの最大供給電力は100Wなのでそれでは高性能環境を維持するにはとてもではないが足りない。だからこその専用ACアダプタだ。

 両機ともにType-C端子は装備していて、ZephyrusはPDでも稼働するが、Strix SCARはPDをサポートしていない。Type-C端子については、Strix SCARがUSB 3.1のみでデータ転送と映像出力をサポート、Zephyrusはそれに加えてThunderbolt 3をサポートするポートが装備されている。贅沢な装備を期待すると、ちょっと拍子抜けする。ただ、両機ともに意外にもモダンスタンバイをサポートしているのはちょっと感心した。

 いずれにしても性能としては申し分ない。使って何のストレスも感じない。ただ、カジュアルなエンドユーザーが遊びにも仕事にも使うPCとしてこれらの製品を体験したときに、もっと廉価なノートPCに対する優位性を感じることができるかどうかは怪しい。ExcelやWordをカジュアルに使い、ブラウザでWebを楽しむような用途では明確な恩恵を得られないかもしれない。

 場合によっては、Windows Helloに使える顔認証や、ZoomやTeamsでのオンラインミーティングで使えるカメラが非搭載ということに不満を感じる可能性もある。ゲーミングにカメラは不要という考え方なのかどうかは知る由もないが、大は小を兼ねる的に、オールマイティな据置ノートとして選ぶと後悔することになるかもしれない。

専用機化するPC

 最新ゲーミングノートのフォームファクタの体験は、車で言えばスポーツカーのカテゴリを連想する。誰もがレースのためにサーキットで走らせるわけではないが、恒常的な人気のあるカテゴリだ。

 ただ、どんなに高性能なスポーツカーでも、公道での走行は高速道路でも時速100kmに制限される。これから最高速度は引き上げられるそうだが、それでもたかだか時速120kmだ。この速度は、何もスポーツカーでなくても実現できそうなレンジだ。エンジン音はうるさいかもしれないし、サスペンションや筐体の耐性は快適さを損なうかもしれないが、一般的なファミリーカーでもとりあえずこの速度は出る。

 ただ、近所のスーパーに買い物に行くのに、街中を数分走るためだけならコンパクトなファミリーカーのほうが使い勝手がいい。用途に応じて車を複数台使い分けられればいいが、なかなかそういうわけにはいかない。だから、もっともニーズを満たす車を選び、それですべてをまかなうしかない。まさに今のPCの使い方に似ている。

 PCの場合は、制限速度がない。ユーザーが望み、それに相応するコストを負担することで最高性能のPCが手に入り、それを最高性能で使うことができる。性能を最大限に発揮させられるかどうかはユーザーの使い方やソフトウェアに依存する。そしてそれはゲーミングPCにかぎったことではなく、ビジネスで使う何の変哲もないフォームファクタのPCでも同じだ。

 ゲーミングPCは、ある意味で、性能をまとったパッケージだ。本当は汎用機であり、用途は自由自在のPCを、ゲームという世界に特化したかのように見せかける演出がそこかしこにちりばめられている。性能はその1つの要素に過ぎない。

 ROGシリーズなどの外観を見てみると、ゲームで相手と戦うさいの高揚感や闘争心をあおるかのように感じる。すべての人がそう感じるかどうかは別にして、ROGのみならず、各社のゲーミングPCには同様の傾向を感じる。今後、ゲーミングPCの市場が今よりももっと拡がるようになれば、少し系統の異なる演出も試みられていくかもしれない。戦闘だけがゲーミングではないからだ。

働き方が変わればPCも変わる

 汎用機としてのPCに、ゲーミングというカテゴリを作って囲い込むというのは、汎用機を専用機に見せかける手法だと言える。

 翌日のミーティングのために、ブラウザを使って資料を集め、Excelでデータを開いて分析などしながらデータ、プレゼンテーションのためのPowerPointのスライドを作成するために、いざゲーミングPCに向かうと仕事のやる気が降ってくるかというと、そこは難しいのではないだろうか。

 それでもゲームというユースケースに特化しようとしているゲーミングPCのチャレンジは、その見かけに賛否両論はあるかもしれないが、ゲームのためだけにPCを手に入れようというモチベーションを生み出す。これはビジネスとして重要なチャレンジだ。

 コンビニのレジがフタを開ければPCで、Windowsアプリが動いているというのと同じように、これからのPCは専用機が1つのトレンドとなるかもしれない。特有のデバイスを組み合わせることでPCのようでPCではない新たなソリューションを創る。クリエイター向けとされるPCの世界では、その兆しが見えはじめてはいるし、GoogleのChromebookなどはPCのように見えて、じつはブラウザ専用機と言っていい。

 コロナ禍が拡がることで働き方も本気で変えなければならない。PCで稼働するWindowsデスクトップがVDIやDaaSに移行していくようなことがささやかれるなかで、いつでもどこでも安心安全に機密を含んだ情報を扱うためのハードウェアとしてのPCはどうあるべきなのか。そことは対極にあるのがゲーミングPCの世界観だ。

 車の世界のみならず、ママチャリからロードレーサー、マウンテンバイクと専用機が台頭する自転車の世界のような状況が、PCの世界でも生まれる可能性はある。ROGがその世界を目指しているのかどうかはわからないが、そこに見え隠れしている強い提案には、この先に起こるかもしれない変革の意志が感じられる。



著者: " -- pc.watch.impress.co.jp "

Continue Reading

ゲーミング

SwitchとPCの一台二役。7型ゲーミングPC「OneGX1」レビュー –

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — japanese.engadget.com

OneGX1

中国One-Netbookの最新UMPC「OneGX1」。日本国内でも正規代理店のテックワンが8月中旬に発売予定で、7月末現在、予約を受け付けています。

今回、そのOneGX1をテックワンから実機をお借りしたのでさっそくチェックしてみました。なお、借りたのはプロトタイプのため、細部が製品版とは異なる可能性があるとのこと。

OneGX1は、7インチディスプレイ(1920 x 1200)のUMPC。その特徴は、Nintendo Switchのように分離できるコントローラーです。左右のコントローラーを1つのゲームコントローラーとしても使えますし、左右それぞれを別々に持って、2人でゲームをプレイすることも可能です。

OneGX1
▲コントローラーがないと、見た目は一般的なUMPC

コントローラーを装着していないと、一般的なUMPCのように見えますが、そこはゲーミングPCを名乗るだけあり、背面の排気口はUMPCとしてはかなり大型です。ファンの音も比例して大きく、静かな環境での利用には注意が必要です。

OneGX1
▲よくあるゲーミングPCっぽい背面
OneGX1
▲吸気口は底面に備える
OneGX1
▲インターフェースは、背面にPD対応のUSB Type-C(3.2 Gen2)とUSB-Type-C(3.0)、USB Type-A(3.0)、3.5mmイヤホンジャック

なお、製品には45WのPD対応アダプタが付属しますが、モバイルバッテリーからの充電も行えました。

OneGX1
▲5V/9V/12V/15V充電をサポートしている
OneGX1
▲右側面にmicroHDMI出力端子。フルサイズのHDMI端子がほしかったところですが、さすがに実装スペースが厳しかったのだろう

左側面にはmicroSD兼用のSIMスロットがありますが、SIMカードを搭載できるのはLTEモデルのみです。

OneGX1
▲トレイを見るとデュアルSIMのような記載があるが、利用できるのは片側のみ
OneGX1
▲前面はメッシュ風の加工ですが、1か所だけマイク穴(?)が紛れている。7インチと小型ながら厚みは21mm。
OneGX1
▲OneMix 3S(左)、OneGX1(右)。8.4インチのOneMix 3Sと並べてみると、一回り小さいのがよくわかる
OneGX1
▲重さは実測で645.4g。Wi-FiモデルはLTEモデルよりも約20g軽い

7インチということもあり、キーボードはかなり窮屈。アルファベットキーのキーピッチは14mmほどです。適度にクリック感もあり、キーボードそのものは悪くないのですが、ホームポジションに指を置くのも厳しいので、ブラインドタッチは難しいでしょう。また、左ShiftやEnterなど、両端のキーを押すとキーボードが若干たわむのが気になりました。

手前側には光学式のポインティングデバイスとマウスボタンがあります。上部中央で光っているのは電源ボタン。残念ながら指紋センサは非搭載です。

OneGX1

数字キーが小さいのも気になるところ。キーボードを利用するゲームでは、数字キーを多用するものもありますが、正直かなり打ちにくいと感じました。あくまでもキーボードはチャットなどの補助用で、ゲームはコントローラーを利用するという感じに割り切ったほうが良さそうです。

OneGx1
▲ブラインドタッチはかなり厳しい
OneGX1
▲キーボードが光る。ゲーミングPCらしい仕様だ

コントローラーはBluetooth接続

OneGX1の特徴は、なんといっても着脱可能なコントローラーです。

OneGX1

このコントローラー、「Nintendo Switch」のように本体に取り付けると充電し、取り外すとBluetooth接続に……というようにも見えますが、実際には本体には取り付けられるだけで、電気的な接点はありません。装着した状態でも常にBluetooth接続を行います。

これは試作機だからかもしれませんが、左右のコントローラーを別々にペアリングする必要がありました。PC上では、2つのコントローラーが同時に接続されている状態です。

OneGX1
▲接合部には電気的接点などはなく、単にはめられるというだけの状態
OneGX1
▲本体はアルミ削り出しなものの、コントローラーはプラスチック。少々安っぽさを感じる
OneGX1
▲市販時には、2つのコントローラーを繋げるマウントアダプタも用意される
OneGX1
▲底面のゴムカバーを外すと充電ポート(USB Type-C)がある

また、充電はコントローラー毎に行う必要があり、少しわずらわしさがあります。

操作感は悪くなく、ゲームも問題なくプレイできました。ただ、本体にコントローラーを装着すると重さが重さが760gを超えるので、両手で抱えてプレイするのは正直きついです。机に肘をついて操作するなら問題ないと思いますが、Nintendo Switch(約400g)のようにベッドにあお向けになってプレイするのは厳しいでしょう。

OneGX1
▲横方向のサイズ感はNintendo Switchとほぼ同じ

PC版のSwitch的な役割を果たす存在

OneGX1は第10世代のCore i5-10210Yを搭載。GPUはオンボードでIntel UHD Graphics 615。RAMは8GBと16GBの2モデルありますが、今回試用したのは16GBモデルです。

さすがにi5ともなると、アプリやブラウザの起動などでもたつきを感じることはなく、キーボードが小さい(そして画面が小さい)ことを除けばストレスなく利用できます。

ゲームに関しても非力なマシンですと、そこそこ動作が重いMinecraft Dungeonsも、多少カクツキが気になるものの、プレイ自体は問題なくできました。敵モブが少なければ50FPS前後、敵モブが集まると15FPS前後になるといった具合です。

ただこのゲームの場合、キーボード操作では、アイテムを使用するときに数字キーを使います。先にも書いた通り数字キーが小さいため、その部分はかなり操作がしづらいです。やはりゲームはコントローラーが必須でしょう。

OneGX1
▲Minecraft Dungeonsはプレイできるものの、キーボードでの操作は厳しい

試しにベンチマークをとってみたところ、CINEBENCH R20が「965pts」、PCMark 10が「2842」、3DMark(TimeSpy)が「358」という結果でした。

CINEBENCH
▲CINEBENCH R20
PCMARK 10
▲PCMark 10
3DMark
▲3DMark
OneGX1
▲ドラゴンクエストIX ベンチマークは「7127」でとても快適

ゲーミングUMPCをうたうものの、統合GPUしか搭載していないためグラフィック性能は低めです。ライバルとなるGPD Win MAXとは違い、外部GPUの利用もできないため、高いグラフィック性能を求められる最新AAAタイトルなどは厳しいでしょう。

その半面、さほどグラフィック性能を必要としない軽いゲームであればどこでも気軽にプレイは可能でしょう。LTE対応モデルなら自前で通信もできますし、専用コントローラーを併用すればPC版のSwitch的な役割を果たすのでゲームがはかどりそうです。

※訂正:初掲時、クラウドファンディングを実施中としていましたが、クラウドファンディングは実施しておらず、予約を受付中です。お詫びして訂正いたします。


関連リンク:OneGx1 | One-Netbookストア




著者: ” — japanese.engadget.com

Continue Reading

ゲーミング

懐かしのMac OS 8を再現するエミュレータ公開。macOSやWindows等のクロスプラットフォーム対応 –

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — japanese.engadget.com

Mac OS 8

アップルが1997年にリリースしたMac OS 8のクロスプラットフォーム向けエミュレータ「macintosh.js」が公開されました。本アプリを開発および公開したのは、かつてWindows 95を現代のマシン上に丸ごと再現したSlack所属の開発者Felix Rieseberg氏です。

本アプリはMacがPowerPCアーキテクチャに切り替えられる前のモトローラCPUを搭載したQuadra 900(1991年発売)ごと、Electronベースでエミュレートしたもの。Windows、macOSおよびLinux上でスタンドアローン動作します。

単体のOSだけあってもやれることは限られていますが、本アプリには1997年のMacWorldデモCDから、様々なソフトがプレインストールされています。「オレゴン・トレイル」や「シヴィライゼーション2」といったゲームのほか、Adobe Photoshop 3やPremiere 4, Illustrator 5.5, StuffIt Expander、Apple Web Pageといった実用アプリや試用版も同梱。またホスト側のマシンを介してファイルを直接転送したり、ディスクイメージをマウントして外部データの受け渡しもできます。

ただWebに関しては仕組みが約30年前とは全く異なっているため、今ではGoogleを開くことさえできないとのことです。一応はInternet ExplorerやNetscape(いずれも当時品)を「Web共有サーバー」とともにインストールが可能とされています。

アップルのOSをそのまま再現ということで、気になるのは権利関係でしょう。ライセンスは「教育目的でのみ」提供とされているものの、アップルの承認は受けていないと述べられています。

とはいえ、動作環境の1つであるmacOS Catalina上では全てのアプリはアップルの公証が必要とされているため(2020年2月以降)、おそらく同社も黙認しているはず。もっとも表だって公認されているわけでもないので、欲しい人は早めにダウンロードしておく方がいいかもしれません。

Source:GitHub



著者: ” — japanese.engadget.com

Continue Reading

ゲーミング

Acer Predator Triton 500レビュー:素晴らしいゲーミングラップトップ。でも高すぎる。(ギズモード・ジャパン) –

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — news.yahoo.co.jp

良いんだけど、凄く惜しい

タワー型デスクトップの代用になるくらい高性能なゲーミングラップトップは数多くあり、Acerのシリーズも例にもれず優秀でした。ただ、他に比べてどうしても完璧というわけには行かず、それは今回のAcer Predator Triton 500にも言えるようです。米GizmodoのJoanna Nelius氏がレビューしています。

【全画像をみる】Acer Predator Triton 500レビュー:素晴らしいゲーミングラップトップ。でも高すぎる。

たとえ旅行用に必要でなくても、ゲーミングラップトップは非常に便利です。デスクのスペースをあまり取らないし、モニターの位置を気にしたり、周辺機器のコードの長さが足りるか気にしながら、タワー型デスクトップから溢れるRGB照明を一番自慢しやすい角度を考える必要もありません(私から言えるのは、L字型のデスクはデスクトップPCにとってベストとは限らないということです)。ただ、その利便性のために払う値段は安くありませんし、スペック次第ではゲーミングラップトップはかなり大きかったり、高熱を発したり、その両方だったりします。つまりスペックだけでなく、デザインや放熱などもブランドやモデルの差別化に影響します。これはAcerの最新のPredator Triton 500も例外ではありません。

AcerのPredatorシリーズの出来は過去数年、イマイチ完璧とは言えませんでしたが、ライバルと比べてもかなり優れた点はありました。今回のTriton 500は、一歩間違えれば「軽くてポータブル」から「巨大な電子レンガ」になるところでしたが、Max-Qデザインとテンキーレスのキーボードのおかげでスマートな見た目をキープしました。MSIのGS66 Stealthなどはより低価格ですが、Tritonを買うということは、優秀なデザインとハイエンドのデスクトップの代わりにもなれるスペックの、高さ0.7インチ(17.9mm)で4.9ポンド(2.2kg)のマシンが手に入るということなのです。

Acer Predator Triton 500 (2020)

これは何?:第10世代のIntelプロセッサとNvidia GeForce RTX Superグラフィックスカードを備えた、Acerの最新Predator Triton 500

価格:2,200ドル(約23万円。レビュー用のは2,500ドル、約27万円)

好きなところ:クールなボディ、良いパフォーマンス、クリーンで控えめなデザイン、DTSサウンド

好きじゃないところ:指紋がつきやすい、たまにCPU速度が制限される、キーボードライトのバグ

Triton 500は先代よりも僅かに控え目なデザインになっています。「Predator」ロゴはクラムシェルのトップから外されましたが、メタリックブルーの線で描かれたロゴだけが残りました。このロゴは起動する時に光ります。キーボードのライトの色は自由に変更でき、完全に切ることもできます。ブラックメタリックのボディは、Asus ROG Zephyrus G14のホワイトボディの美しさを忘れさせてくれます…手で触るまでは。Predator Triton 500は、とにかく指紋を集めてしまいます。しかも、普通の布で拭くだけではダメで、レンズクリーナーなどでしっかり拭き取る必要があります。

しかし、前述の通りもっと重要なのはパフォーマンスと放熱です。構成するデバイスの優秀さのおかげで、このゲーミングラップトップは素晴らしい性能です。より安いStealthの方がいくつかの分野で秀でることもありましたが(Triton 500は米Gizmodoの電池耐久力テストで3時間26分となりましたが、Stealthはそのほぼ倍持続しました)、パフォーマンスの点においてはTritonはガッカリさせません。

著者: ” — news.yahoo.co.jp

Continue Reading

人気