Connect with us

ゲーミング

アップル公認サービスプロバイダ以外で純正パーツを使った修理がMacでも可能に | TechCrunch Japan

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — jp.techcrunch.com


Apple(アップル)は、独立した修理店に部品やリソース、教育訓練を提供するプログラムを拡大し、Macコンピューターのサポートもその対象となった。修理プログラムは2019年秋に発表され、消費者が保証期間が切れたiPhoneの修理を容易にすることを目的としている。今では中小企業を含むサードパーティのショップを利用して、正規の修理用パーツやその他のツールに入手することができる。

このプログラムは、Best Buyをはじめおよそ5000以上のアップル公認サービスプロバイダを補完するもので、保証期間内と期間外の両方の修理を受け付けてくれる。このプログラムは、消費者の要望に応えて生まれた面もある。これまで多くのiPhoneユーザーがショップが家から近い、修理が早い、安いといったさまざまな理由で非公認の修理ショップを利用してきた。しかしこのやり方では、ショップがアップルの正規部品を使えないため、結果にむらがあった。

米国でスタートして以来、このプログラムを利用する140社の企業に拡大し、700店以上が開設されている。今夏、アップルは、この事業を拡大してヨーロッパとカナダでも拡大すると発表している。

これまで修理プログラムはiPhoneの修理だけが対象で、Macは含まれなかった。しかしこれからは、これらの修理ショップと有資格店は、保証期間外のMacを修理するために必要なアップル正規のツールや修理マニュアル、診断技術、純正パーツなども入手することができるようになる。修理プログラムへの登録は無料であり、修理の教育訓練も無料、とアップルはいう。

このプログラムの拡大はロイターが最初に報じている。アップルはTechCrunchに対して安全で信頼の置ける修理は、教育訓練を経た技術者がアップルの正規の部品を使った場合に得ることができると語っている。また、正しく修理が行われていると消費者に確信して欲しいとも述べている。

先に行われた下院の反トラスト小委員会の調査では、消費者の「修理権」に対するアップルのスタンスが問題として取り上げられたため、プログラム拡大のニュースはタイムリーでもある。

小委員会で2020年7月に行われた公聴会(未訳記事)では、アップルのCEOであるTim Cook(ティム・クック)氏が、App Storeの手数料などさまざまな問題で質問攻めにあった。そのとき小委員会が調査の一環として集めたドキュメントには、それほど重視されなかったとはいえ、同社が何年もの間、反対運動を展開してきた修理プログラムと修理権に関する法案について、同社がどのように葛藤してきたのかを示す内部のメールが含まれていた。

あるメールの中でアップル幹部は、消費者に優しい修理ポリシーへの同社の取り組みを示すために当時まだ立ち上げ前の「正規部品による修理プログラム」について記者に説明したという。また幹部たちは承認を得ないまま修理マニュアルが公開された経緯についても触れており、アップルの修理ポリシーに対する一貫した戦略ができていなかったことを示唆している。

独立した事業者による修理にMacが加わったことで、正規部品の使用を拡大して顧客の評価を高めるだけでなく、今後の反トラストの調査を少なくともこの特定の話題からは逸らすことができるだろう。

関連記事:アップルが他社店舗での純正パーツ取り扱いを拡大

カテゴリー:ハードウェア

タグ:Apple / アップルMac / Macintosh

画像クレジット:Felix Besombes/Unsplash

原文へ
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa



著者: ” — jp.techcrunch.com

Continue Reading

ゲーミング

この秋からiOSアプリがmacOSで動くようになる | TechCrunch Japan

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — jp.techcrunch.com


Apple(アップル)は6月3日(日本時間6月4日)、WWDCの基調講演で、今秋公開されるmacOSの次期メジャーリリースであるmacOS Catalina(カタリナ)で、iOSアプリをmacOSで動かせるようになることを発表した。サードパーティーデベロッパーはこの秋からiOSアプリをMac向けにリリースできるようになる。

これは小さな変更に思えるかもしれないが、舞台裏では大きな変更が数多く行われたはずだ。昨年アップルは、ボイスメモ、Apple News、株価、およびホームの各アプリをmacOSに移植してこの機能を予告していた。

スクリーンタイムもMacにやってくるほか、iOS 13で加わる新機能のフォトギャラリー、メモのフォルダー、改訂されたリマインダーなどもmacOSで動作する。

想像されていたとおり、アップルはプロジェクトCatalyst(カタリスト)を使ってこれらのアプリを移植した。プロジェクトはアップルの内部コード名 Marzipan(マジパン)の名前で知られていた。

Catalystは今日からmacOS Catalinaの初期ベータ版とともにデベロッパーに公開される。今年の夏には多くのデベロッパーがこれを使って何かを作っているに違いない。

Gameloft、Twitter、Atlassianの各アプリは、すでにアプリをmacOSに移植している。つまり、次期バージョンのmacOSではTwitterのネイティブアプリをダウンロードできるということだ。デベロッパーは、この秋にユーザーがmacOS Catalinaにアップデートすれば、macOSユーザー向けにiOSアプリを提供できるようになる。

Catalinaは、iTunesの入っていない最初のmacOSになる。さようなら、iTunes。アップルはiTunesをApple Music、Apple TV、Apple Podcastsの3つに分割した。

Apple Musicは音楽のみに特化する。つまりiTunesよりずっと速くなるはずだ。Apple Podcastsは、ユーザーの所有する複数デバイス間で再生状態を同期できる。アップルはポッドキャストの音声コンテンツをインデックス化しているので、番組の検索が可能だ。

Apple TVアプリは、iOSデバイスやApple TVデバイス上のApple TVアプリ(ややこしくて申し訳ない)とよく似ている。ビデオのストリーミングは、4K HDR、Dolby AtmosおよびDolby Visionを備えて画質が向上した。

iOSデバイスをMacと同期したいときは、Finderの中にその機能がある。iTunesの同期画面とまったく同じ外見だ。

iPadをMacの外部ディスプレイとして使うことができる。サードパーティーアプリのDuet DisplayやLuna Displayと同様の機能だ。Apple Pencilをドロー機能や写真編集に使うこともできる。ケーブル接続でもワイヤレスでも利用可能。

アクセシビリティ機能では、ボイスコントロールがmacOSとiOSの両方にやってくる。例えば、アプリを開き、「scroll down」と言ってスクロールしたり、ボタンをクリックしたり、テキストや絵文字を音声入力したりできる。数多くのボタンやエリアに数字のラベルが付けらるので、音声でボタンなどのタップやクリックができる。

新しいmacOS(とiOS)アプリ(Find Myは」Find My iPhone(iPhoneを探す)とFind My Friends(友達を探す)を組み合わせたものだ。これに伴い、オフライン状態のデバイスも見つけられるようになった。オフラインのデバイスは同じエリア内のアップルのデバイスに暗号化された匿名の信号を送る。例えば、地下にあるバーにiPhoneを置き忘れたとき、近所の人が信号をキャッチしてFind Myアプリに位置情報を送ってくるかもしれない。

なんと言っても最大のニュースはCatalystだ。詳細はまだほとんどわかっていないが、アップルは本日午後に行われるセッション(Platforms State of the Union)で追加情報を発表する可能性が高い。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook



著者: ” — jp.techcrunch.com

Continue Reading

ゲーミング

ASCII.jp:カスタマイズで性能アップ! PCゲーム初心者におススメなLEVEL∞のGTX 1660 SUPER搭載の高コスパゲーミングPC

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — ascii.jp

パソコン工房で開催中のお得なキャンペーンも紹介

2020年11月27日 11時00分更新

文● 柴田尚 編集●市川/ASCII

「LEVEL-M046-iX7-RJSX」

 ユニットコムの「LEVEL-M046-iX7-RJSX」は、パソコン工房の創立30周年を記念して作られたゲーミングデスクトップパソコンだ。同社のミニタワーゲーミングブランド「M-Class」に連なるモデルで、価格は送料や消費税込みで11万2178円。

 基本構成状態であっても、ゲームだけでなくパソコンでできることならば幅広く活躍してくれるのだが、BTOパソコンであることを利用して多少のカスタマイズを行なったほうがより利便性が高まる。利便性と性能が高いことは、前回前々回の記事で紹介してきたが、今回はオススメのカスタマイズについて紹介しよう。

カスタマイズに一番のオススメはストレージ部分

 まず、基本構成のスペックを確認しておこう。主な構成は、CPUがCore i7-10700、チップセットがIntel B460 Express、メモリーが8GB(4GB×2)、ビデオカードがGeForce GTX 1660 SUPER 6GB、ストレージが500GB SSD(M.2接続/NVMe対応)。そのほか、光学式ドライブは非搭載、電源は500Wとなっている。

 このスペックならば、前回ご紹介したようにフルHDのゲームであれば3Dでも何でも快適に動いてくれる。だがストレージが500GBというのはシステムをインストールすることも考えると少し心許ないので、もう少しデータストレージがほしいところ。HDDを追加したい場合、容量は+6480円(税別)の2TBもあれば十分だが、コストパフォーマンスからすると+9480円(税別)の4TBという選択もアリだ。

個人的な主観になるが、現状ではHDDは4TBが一番コスパがいいと思う

 お財布に余裕があるのであれば、+6980円(税別)でメインストレージのM.2 SSDを500GBから1TBにアップさせるのもいい。システムドライブはあとから入れ替えるとなると手間がかかるので、最初から大きめにしておいたほうがラクなのだ。

メインドライブはあとから換装するのが大変なので、最初にアップグレードしておくといいかもしれない

 光学式ドライブが非搭載なのもLEVEL-M046-iX7-RJSXの特長ではある。いまどきはダウンロード販売が主流になってきているので、光学式ドライブが搭載されてなくてもなんとかなるのだが、やはりDVDスーパーマルチドライブくらいは搭載しておいたほうが安心だ。こちらは+2980円(税別)で追加可能となっている。またデータのバックアップや映画鑑賞のために、+7980~1万4980円(税別)のBlu-ray Discドライブに変更するのも選択肢の1つだ。

Blu-ray Discドライブが+7980~1万4980円(税別)というのはお得なお値段

 あとはメモリーも増量しておきたい。+3480円(税別)でデフォルトの8GBから8GB×2の16GBに変更しておけば、どれだけアプリケーションを立ち上げても快適に作業できるだろう。

メモリーは8GBでも問題はないが、16GBあるとやりくりしなければならない可能性がほぼなくなる

 基本的にはこのくらいカスタマイズすれば十二分に使えるようになるが、将来的にビデオカードを自力で換装するのであれば電源を500Wから700Wに変更しておくと後々悩む必要がなくなる。こちらは+4980円(税別)でカスタマイズできる。

将来的にビデオカードをアップグレードするなら、電源容量をアップしておくと安心

 ここまで紹介したなかで絶対オススメなのは、追加のHDDと光学式ドライブ、そしてメモリーだろう。HDDは4TB、光学式ドライブはDVDスーパーマルチドライブ、メモリーは16GBに変更すると送料と消費税込みで12万9712円となる。これでも十分お得な値段だ。

4TB HDDとDVDスーパーマルチドライブ、16GBメモリーにした状態でのお値段。合計金額は12万9712円となる

延長保証で割引orポイント還元のお得なキャンペーンも見逃せない

 パソコン工房では、2021年1月11日まで「学生・社会人・会社みんなまとめておッ得 iiyama PC 超得割 WEBキャンペーン」が開催中だ。

「学生・社会人・会社みんなまとめておッ得 iiyama PC 超得割 WEBキャンペーン」ページ

キャンペーン対象になるには「保証」の項目で3年か4年保証を選択する

 本キャンペーンは、BTOパソコンで無償保証期間の延長を選択すると、その場で割引が行なわれるクーポンがもらえるというものだ。本体代金の10%をプラスする3年保証では8000円オフ、15%をプラスする4年保証では1万円オフのクーポンがそれぞれ入手可能となる。割引金額で延長保証分の値段のほとんどがカバーできるため、安心のために絶対に使っておきたい。条件はパソコン工房WEB会員になることで、詳しくはこちらを確認してほしい。

「総額6億円分還元! 最大20% 超ポイント還元 第2弾」キャンペーンページ

 また、別のキャンペーンとなる「総額6億円分還元! 最大20% 超ポイント還元 第2弾」では、11月30日までに購入したパソコンの本体金額によってあとからポイントが還元される。こちらもパソコン工房WEB会員になる必要はあるが、本体金額5万円以上ならば最大1万ポイント、本体金額10万円以上ならば最大1万5000ポイントが付与される。還元のタイミングは商品出荷月の翌月10日までとのこと。詳しくはこちらをチェック。

 ちなみに、LEVEL-M046-iX7-RJSXの標準構成時の本体価格は11万2178円なので、カスタマイズしたほうがより多くのポイントが付与されることとなる。

Blu-ray Discドライブ「BH16NS58.AXJU1LB」の販売ページ

4TB HDD「WD40EZRZ-RT2」販売ページ

 注意点として、2つのキャンペーンはどちらか1つしか選べない。あとから周辺機器やパーツを買う予定があるのなら、後者のポイント還元を選んだほうがいいだろう。ポイントの場合、例えばメモリーを8GB×2の16GBにするといったカスタマイズを行なって本体価格を10万円以上にし、あとから付与される1万5000ポイントでLGの内蔵Blu-rayドライブ「BH16NS58.AXJU1LB」と、Western Digitalの4TB HDD「WD40EZRZ-RT2」を購入するというのも手だ。

 パーツを自力でセッティングする必要はあるが、かなりお得に光学ドライブとデータストレージを増設できるのだ。

ロジクールの耐久性に優れたゲーミングキーボード「G213 Prodigy RGB Gaming Keyboard」

2万DPIと高解像度なセンサーと11個のボタンを搭載した「Basilisk V2」

 もしパーツを自力装着することに抵抗があるならば、ロジクールのゲーミングキーボード「G213 Prodigy RGB Gaming Keyboard」と、Razerのゲーミングマウス「Basilisk V2」をセットで購入するのがオススメだ。

 これらの値段はポイント入手時には変動しているかもしれないが、その場合はちょうどいい値段の代替品を探してみてほしい。最終的にどういったパソコンにするのか、購入計画を立ててみるといい。

 これまで3回に渡って紹介してきたように、LEVEL-M046-iX7-RJSXは、フルHDクラスの3Dゲームなら快適に遊べる高コスパなゲーミングデスクトップだ。さすがは30周年記念モデルである。コンパクトなミニタワーでありながら、メンテナンスや拡張性も保証されているのもうれしいところ。欲張りたいなら、BTOで少しカスタマイズをすることでよりよいマシンになる。PCゲーム初心者にはうってつけの1台といえるだろう。
















機種名 LEVEL-M046-iX7-RJSX
CPU Core i7-10700
グラフィックス GeForce GTX 1660 SUPER(6GB GDDR6)
メモリー 8GB(4GB×2)
ストレージ 500GB SSD(M.2接続/NVMe対応)
チップセット インテル B460 Express
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)
ケース ミニタワー(microATX)
電源 500W ATX(80PLUS BRONZE認証)
サイズ およそ幅190×奥行410×高さ356mm
OS Windows 10 Home(64bit)



著者: ” — ascii.jp

Continue Reading

ゲーミング

JBLの光るゲーミングスピーカー!見た目も音も大満足な「JBL Quantum Duo」をレビュー! – funglr Games

Akane Yamazaki

Published

on

投稿者: ” — funglr.games

世界的なオーディオメーカー「JBL」が手掛ける、ブランド初のゲーミング製品「JBL Quantum」シリーズ。
フラッグシップモデルのゲーミングヘッドセット「JBL Quantum ONE」をはじめ、先日からはゲーミングイヤホンの「JBL Quantum 50」が発売開始となるなど、ラインナップも充実してきています。
どのモデルもオーディオ製品として十分な性能を誇るだけでなく、サラウンドサウンドだったり光ったりとゲーミング製品として最適化された機能が搭載されているなど、JBLの本気がうかがい知れますね。
そんなJBL Quantumシリーズは、これまでヘッドセットやイヤホンなど身につけるタイプの製品ばかりでした。
しかし先日、ゲーミングスピーカー「JBL Quantum Duo」が登場!2020年11月27日(金)より発売開始となっています!
今回レビューするのは、そんな発売されたばかりの「JBL Quantum Duo」です!

JBLのゲーミングスピーカー「JBL Quantum Duo」が11月27日から発売開始

ゲーミングスピーカー「JBL Quantum Duo」をレビュー!

JBL Quantum Duo
JBL Quantum Duo
funglr Games

以前funglr Gamesでもご紹介した通り、JBL Quantum DuoはJBL独自のバーチャルサラウンド技術を搭載したゲーミングスピーカーです。
3.5mmアナログ入力のほか、USBによるデジタル接続、さらにBluetoothによる無線接続も可能となっており、

Nintendo Switchに接続
Nintendo Switchに接続
funglr Games

Nintendo Switchならイヤホンジャック

PlayStation 4に接続
PlayStation 4に接続
funglr Games

PlayStation 4ならUSB

スマートフォンに接続
スマートフォンに接続
funglr Games

スマートフォンならBluetooth、といったように様々なデバイスでJBL Quantum Duoの音を楽しむことができます。

ボリュームダイヤル
ボリュームダイヤル
funglr Games

音量はダイアルで調整可能。音量調整はやっぱり直感的に操作できるダイアル式がやりやすいですよねぇ。

RGBライティング
RGBライティング
funglr Games

そして、ゲーミングスピーカーと名乗るなら忘れてはいけないRGBライティング機能
もちろん「JBL Quantum Duo」にも搭載されています!
本体側面に加え、ボタン部、そしてウーファー部も光るのでかなり華やか。

上部のボタンでライティングを変更可能
上部のボタンでライティングを変更可能
funglr Games

本体右下のボタンで明るさを4段階調整できるほか、本体上部のボタンでカラーや点灯パターンをカスタマイズできます。
「PCなどに接続して専用のソフトウェアを用意して本体設定を開いてファームウェアを最新バージョンにアップデートしたのを確認してからこのタブからこのメニューを選んで位置ごとのRGBを指定して設定を保存したあとに本体と同期してえーと次は・・・」
といった複雑で面倒な設定はいっさい必要なし

ボタンをポチポチ
ボタンをポチポチ
funglr Games

ボタンをポチポチするだけで切り替えてくれるので、その瞬間の気分に合わせて気軽にライティングを変更できます。
「設定なんてしてる時間があるならゲームするわい!」という筆者のようなせっかちさんには非常にありがたいですね!

さらにRGBライティングはサウンドと連動させることも可能です。
音に合わせてライティングの強弱がついたり色が滑らかに変わったりするので、見ていて楽しい!
真っ先にやられてしまい、他のプレイヤーたちの決着がつくまで待つしかない・・・という切ない状況でも、「JBL Quantum Duo」がRGBライティングで慰めてくれます。

スピーカーは2ウェイ構成
スピーカーは2ウェイ構成
funglr Games

気になる音質ですが、63mmのウーファー、19mmのソフトドームツイーターという2ウェイ構成となっていて、音量が小さくても低音から高音までクリアかつパワフルに聞くことができます。
このあたりは「さすがJBL!」といった感じで、音質の良さはもはや言うまでもないですよね。
でもJBL Quantum Duoのサウンドで特筆すべきなのは、サラウンド機能です!

サラウンドのON/OFF切り替え可能
サラウンドのON/OFF切り替え可能
funglr Games

本体左下のボタンでサラウンドのON/OFFが切り替えが可能となっています。
サラウンドをONにすると、どこにスピーカーがあるのか分からなくなるほど音に立体感が
右の音は右耳に、左の音は左耳に、正面の音は正面にと、モニターの中ではなく自分の周りでその音が発生しているかのようにリアルに聴こえます!
ONとOFFでかなり差があるのでこれは是非一度試してもらいたいですね!

ヘッドホン派の方にもオススメしたいゲーミングスピーカー

JBL Quantum Duo
JBL Quantum Duo
funglr Games

様々な機器と接続できることやサウンド同期のRGBライティング、さらに臨場感マシマシのサラウンドサウンドなど、ゲームがさらに楽しくなるスピーカー「JBL Quantum Duo」は、まさにJBLの本気とも言えるゲーミングスピーカーでした。
ゲームをするときはヘッドホンという方は多いと思いますが、「JBL Quantum Duo」はそんな方々でも満足できるゲーミングスピーカーになるのではないでしょうか?
製品について詳しくはJBL公式サイトの「JBL Quantum Duo」製品ページからご確認ください!

© 2020 Harman International Industries, Incorporated. All rights reserved.
© Nintendo
©2020 Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved.



著者: ” — funglr.games

Continue Reading

人気