Connect with us

東京ゲームショウ

MSI,RTX 2060搭載で重量約1.86kgのゲームノートPC「GF65 Thin」を国内発売 –

Eiko Kato

-

日付:


 2020年3月25日,MSIの日本法人であるエムエスアイコンピュータージャパン(以下,MSI)は,新型ゲーマー向けノートPC「GF65 Thin」を3月27日に国内発売すると発表した。GPUにGeForce RTX 2060を搭載しつつ,公称本体重量約1.86kgという軽めのボディを実現したのが特徴だ。加えて,メーカー想定売価が税込16万円前後と,比較的手に取りやすい価格を実現しているも,見どころとなる。

GF65 Thin
画像(001)MSI,RTX 2060搭載で重量約1.86kgのゲームノートPC「GF65 Thin」を国内発売 画像(002)MSI,RTX 2060搭載で重量約1.86kgのゲームノートPC「GF65 Thin」を国内発売

 GF65 Thinは,MSIが2019年9月の東京ゲームショウ2019で参考展示した製品(関連記事)で,従来モデルの冷却機構と比べて排気用のファンを2基に増設したことで,より高い性能を備えたGPUを搭載できるようになったのポイントだ。このほかのスペックは,CPUには6コア12スレッド対応の「Core i7-9750H」を採用し,メインメモリ容量は8GB×2,内蔵ストレージはPCI Express(以下,PCIe)接続で容量512GBのM.2 SSDを搭載となっている。

●GF65 Thin(GF65-9SEXR-258JP)の主なスペック
CPU Core i7-9750H(6C12T,定格2.6GHz,最大4.5GHz,共有L3キャッシュ容量12MB,TDP 45W)
チップセット Intel HM370
メインメモリ DDR4 8GB×2
グラフィックス GeForce RTX 2060(グラフィックスメモリ容量6GB)
ストレージ SSD(容量512GB,M.2/PCI Express 3.0 x2接続)×1
液晶パネル 15.6インチ液晶(※駆動方式未公開),解像度1920×1080ドット,垂直最大リフレッシュレート120Hz,ノングレア(非光沢)
無線LAN IEEE 802.11ac
(Intel「Wireless-AC 9560」)
有線LAN 1000BASE-T(RJ45×1,Realtek RTL8111HS)
外部インタフェース USB 3.1 Gen.1 Type-C×2,USB 3.1 Gen.1 Type-A×2,HDMI Type A出力×1,3極3.5mmミニピン×2(ヘッドフォン出力およびマイク入力),RJ45(1000BASE-T対応)×1
キーボード 日本語10キーレス
スピーカー 内蔵2chステレオ
マイク 未公開
インカメラ 搭載
バッテリー容量 4500mAh
ACアダプター 定格出力未公開
公称本体サイズ 約359(W)×254(D)×21.7(H)mm
公称本体重量 約1.86kg
OS 64bit版Windows 10 Pro

関連記事




[TGS 2019]未発表新型ノートPC「GF65 Thin」の中身を世界初公開。MSIブースで見どころの新製品をチェック


 MSIは,東京ゲームショウ2019の自社ブースで,本邦初公開という新型ノートPC「GF65 Thin」の試作機を,内部を見せた状態で展示していた。中身の展示は恐らく世界初というGF65 Thinをはじめとする新型ノートPCなど,MSIブースの見どころを写真中心で紹介しよう。


[2019/09/12 22:32]

#### 以下,リリースより ####

デュアルファン冷却システムによりGeForce RTX 2060搭載
長時間にわたる安定した高パフォーマンスを実現し
FPSゲームやバトルロイヤルゲームを快適に楽しめる
薄型・軽量ハイスペックゲーミングノートPC「GF65 Thin」発売

 この度、エムエスアイコンピュータージャパン株式会社は2020年3月27日(金)より、薄型・軽量の本体にデュアルファン冷却システムを搭載することでGeForce RTX 2060の採用を可能にしたゲーミングノートPC「GF65 Thin」を発売いたします。
 GF65 Thinは大人気FPSゲームやバトルロイヤルゲームをフルHD解像度・高画質・高フレームレートで快適に楽しめるゲーミングパフォーマンスを実現し、薄型・軽量で持ち運べるゲーミングノートPCとして日本国内でも幅広いゲーマーに支持されてきたGF63 Thinの改良モデルとして誕生したハイスペックゲーミングノートPCです。
 エントリーモデルであるGF63 Thinのデザインをベースに、GPUにGeForce RTX 2060が搭載可能となりました。

画像(004)MSI,RTX 2060搭載で重量約1.86kgのゲームノートPC「GF65 Thin」を国内発売

【GF65 Thinの主な特徴】
●3DゲームをフルHD解像度・高画質・高フレームレートで楽しみたいゲーマーへオススメ
 CPUは6コア12スレッドのCore i7-9750H、GPUは高性能グラフィックスのGeforce RTX 2060を搭載。従来のゲーミングデスクトップPC並みのゲーミング性能を実現し、大人気FPSゲームやバトルロイヤルゲームを快適に楽しむことができます。さらに、リフレッシュレート120Hzゲーミング液晶パネルを標準搭載し、動きの激しいゲームでも滑らかでスムーズな映像表示でゲームをプレイすることができます。

●デュアルファン冷却システムを採用し、冷却性能が大幅に向上
 従来製品のGF63 Thinでは薄さ・軽さ・静音動作・長時間バッテリー駆動を実現させるため、シングルファン冷却システムが採用されていました。GF65 Thinではゲーミング性能の向上と高パフォーマンス状態で長時間安定動作を実現させるため、冷却システムのデザインを大幅に改良。6本のヒートパイプと2基のファンを組合わせて構成された強力な冷却システム「Cooler Boost 5」を搭載しています。Core i7-9750HとGeForce RTX 2060の性能を最大限発揮させることにより、長時間のハードなゲーミングでもパフォーマンス低下を防ぎ、快適にプレイを楽しむことができます。

画像(005)MSI,RTX 2060搭載で重量約1.86kgのゲームノートPC「GF65 Thin」を国内発売

●パフォーマンス向上を実現しつつ、持ち運びやすい薄くて軽い本体デザインを維持
 冷却システムの改良と搭載可能なGPUのランクアップによりゲーミングパフォーマンスを向上させつつ、GF63 Thinの特徴のひとつである「持ち運びやすい薄さと軽さ」を継承。薄さ21.7mm・軽さ1.86Kgで室内の移動であれば簡単に持ち運ぶことができ、バックパックなどを活用すればLANパーティーイベント会場などに持ち運んでお気に入りのゲーミング環境でゲームをプレイすることができます。

画像(006)MSI,RTX 2060搭載で重量約1.86kgのゲームノートPC「GF65 Thin」を国内発売

【製品仕様】

画像(007)MSI,RTX 2060搭載で重量約1.86kgのゲームノートPC「GF65 Thin」を国内発売

著者: ” — www.4gamer.net

続きを読む

東京ゲームショウ

『龍が如く オンライン』第二部配信記念。横山チーフP&脚本/演出担当・竹内氏に聞く、若き日の郷田龍司の物語 –

Eiko Kato

-

日付:

投稿者:

 2020年3月27日にメインストーリー第二部の配信がスタートした、スマホゲームアプリ『龍が如く ONLINE』(以下、『龍オン』)。“黄龍放浪記”と題された第二部は、郷田龍司を主人公に新たな物語が展開していくことになる。

 そんな黄龍放浪記にどんな“ワクワク”が詰め込まれているのかは、『龍オン』ファン、そして龍司ファンにとっては気になるところ。そこで、今回は『龍オン』のストーリーを語るうえで欠かせない、以下のふたりのキーパーソンにインタビューを行い、第二部の魅力や今後の展開などについて語ってもらった!


『龍が如く ONLINE』iOS版のダウンロードはこちら『龍が如く ONLINE』Android版のダウンロードはこちら

横山昌義氏

『龍が如く』シリーズのチーフプロデューサー。ナンバリング作では脚本も手掛けているが、本作ではプロデュース業務がメイン。

竹内一信氏

『龍が如く』シリーズのシナリオチーム所属。『龍オン』では脚本と演出をすべて担当している。

黄龍放浪記の注目すべきポイントは……ズバリどこ?

――およそ半年前に黄龍放浪記の制作が発表され、ついに実装間近になりました。まずは、発表当時のユーザーのみなさんの反応から教えていただけますでしょうか。

竹内もともと郷田龍司は『龍が如く』シリーズの人気キャラクターなので、その知られざる物語に期待を寄せてくださる声は大きかったですね。また、第一弾PVでのタンクトップ姿の龍司に驚く声が多く見受けられました。制作発表時は既存作品のリメイクと受け止められてしまうのがいちばん避けたい事態だったのですが、新作であることが正しく伝わってホッとしたのを覚えています。

横山基本的には竹内と同じような感想になってしまいます。黄龍放浪記は東京ゲームショウでの発表だったので、私はなにより『龍が如く7』の仕事でかなりバタバタしていた記憶が強く残っていますね。とにかく『龍オン』と合わせて両タイトルで盛り上げることが出来てよかったな、という感覚です

――東京ゲームショウ2019の取材時にも伺いましたが、おふたりが郷田龍司という人物に対して思い描いているイメージはどのようなものでしょうか? また、『龍が如く2』制作時、人物設定を作る際に考えていたことなども併せて教えてください。

竹内龍司は傲慢であったり、乱暴であったりする人物なので、本来『龍が如く』シリーズにおける主人公像の枠にはハマりません。その一方で、自分の美学というものを明確に持ち合わせていいます。その点に関してだけは誰よりも実直……そんなところが魅力の人物だと思います。

横山1作目の『龍が如く』で最強の男となった桐生一馬という存在があって。続編を作ることになったとき、もっとも頭を悩ませたのが強敵の存在でした。権力、腕力、組織力すべてにおいてプレイヤーの皆さんに「勝てない」と思わせるような圧倒的なキャラクターを作りたいという想いから生まれたキャラクターが龍司なんですよ。そうなるとやはり『北斗の拳』の“あの男”に近づいてしまうんですね、イメージが(笑)。

――確かに、龍司の無敵感や傲慢さは“あの男”の雰囲気がありますね(笑)。黄龍放浪記はそんな龍司の若き日のエピソードになるわけですが、時系列としてシリーズのいつごろになるのでしょうか?

竹内『龍が如く2』が2006年の物語なのですが、以前に『龍オン』で開催したイベント“黄龍伝”が2005年の物語になります。そして今回の黄龍放浪記は1999年の物語となります。龍司は23歳ですね。

――なるほど。では、ストーリーの注目ポイントや見どころはどのような部分になるのでしょうか?

竹内黄龍放浪記は、これまで多くは語られてこなかった龍司の出生に関わる「ある事実」に龍司が向き合い、自身の生きかたを定めるまでの物語です。決して軽くはない命題を突きつけられた龍司がいかに彼らしく、傲慢に、ふてぶてしく自分の生きる道を選び取っていくか……その生き様を見届けていただければ幸いです。

横山『龍オン』全般そうではあるのですが、とくに今回の黄龍放浪記に関してはシリーズファンの方々が遊んだときに喜んでいただけるような要素が満載になると思います。楽しんでいただきたいですね。

――楽しみにしています! ところで、黄龍放浪記の物語を構成する際に、難しかったことや工夫したことがあれば教えていただけますか?

竹内今回の物語は、『龍が如く2』という「結末」がすでにあるうえでの追加エピソードなので、そこと矛盾しない形にしなければなりません。なおかつ黄龍放浪記単体で楽しめる構成にする……という部分には、苦労も工夫もしていますね。

――竹内さんの描かれたシナリオのプロットを見て、横山さんは率直にどのような感想を持たれましたか?

横山素直によかったですよ。シリーズ作品の中での整合性という意味では竹内がしっかりした仕事をしてくれているので、私から細かい指摘をすることはあまりありませんでしたし。ただ、今回はイベントのシナリオやキャラクタークエストではなく「第二部」という位置付けになっているものので、「龍が如くシリーズのメインシナリオ」らしいクオリティーやサプライズ感は欲しいとは思っていて。そのあたりについては、いろいろなリクエストを出したので竹内も大変だったと思います(笑)。ただ、竹内が苦労したぶんだけ「第二部」にふさわしいクオリティーに仕上がってきていると思うので、期待していただきたいですね。

――サプライズという意味では、PVの段階でもかなりありました。これは東京ゲームショウ2019時点でも公開されたものですが、郷田仁が立ち上がるシーンなんて……! もちろん、最新PVやキービジュアルで“ハン・ジュンギらしき男”が出て来たことも驚きでしたけれど。

竹内そう感じていただけたなら、狙い通りですね(笑)。

もっと知りたい! 具体的な黄龍放浪記のこの先の内容は!?

――ほかにも、黄龍放浪記では『龍が如く』のナンバリング作に登場した人物が出てくることがあるのでしょうか?

竹内あくまで龍司の物語ではありますが、久しぶりに見るあんな人物こんな人物も登場予定ですので、お楽しみに。いま言える範囲ですと、最初に龍司が辿り着く月見野で、『龍が如く5 夢、叶えし者』で登場した北方太蔵(編集部注:冴島大河のエピソードで登場した北方組の組長)と出会います。また、“ハン・ジュンギらしき男”に関しては、1999年のストーリーですので、彼の年齢が郷田龍司と近しければ、『龍が如く6 命の詩。』で登場した同一人物の可能性もあります。そのあたりも今後描いて行く予定です。

――“ハン・ジュンギらしき男”が、黄龍放浪記でどんな役割を担うのかは気になるところです。

竹内『龍が如く』シリーズに詳しい方であれば、龍司とハン・ジュンギにはある「共通点」があることに気づかれていらっしゃると思います。「黄龍放浪記」はその共通点が大きなテーマであり、“ハン・ジュンギらしき男”は、それを語るうえで欠かせない存在となります。

横山あまり言いすぎると『龍オン』プロデューサーのドラゴンマスクを困らせてしまうので、現段階ではそのくらいにしておきましょう。

――『龍が如く7 光と闇の行方』(以下、『龍7』)ではハン・ジュンギがかなり人気になりましたし、最初に驚きはあったものの、登場したこと自体に対しては、ある意味納得する部分もありました。

横山『龍7』でのハン・ジュンギは、礼儀正しくてカッコいいだけでなく、主人公といっしょに行動をともにしました。ユーザーの方にとって完全に「身内感覚」という存在なったからこそ、あれだけの人気になったのだと思います。私も大好きです。

竹内『龍7』での人気は、あくまであの作品性の中での役回りが影響しているものと思われます。

――ちなみに、月見野以外の街に龍司が行くということもあるのでしょうか?

竹内はい。なにしろタイトルに「放浪記」と冠しているくらいですからかなり放浪します。龍司の旅をゆるく楽しむ側面も本作の魅力のひとつかと思いますので、龍司がどんな旅路を歩むのか、ご期待いただければと思います。

――第二部のボリューム感としては、どのくらいを想定しているのでしょう?

竹内第一部よりはスピード感のある構成になるかと思います。全国の大都市を巡るロードムービー的な作りになっていて、配信ごとに舞台や登場人物が目まぐるしく入れ換わる内容の濃いものになると思います。

――全国のあちこちに行くということは……舞台が1999年ですから、春日一番も荒川組の若衆として活動していた時代ではありますよね? もしかしたら、彼と遭遇するということも……?

竹内可能性は……なくはないかもしれません。

横山竹内も困っているので、ノーコメントということで(笑)。

――『龍が如く7 光と闇の行方』の内容も相まって、春日一番は皆さんにかなり愛されたと思うので……本当に登場することを期待しています!

竹内そ、そうですね(笑)。ただ、『龍7』をきっかけに『龍オン』をプレイされた方も多くいらっしゃることは認識していますし、それについてはありがたく感じています。

横山『龍7』の発売で『龍オン』も盛り上がったのは確実ですね。ただ、春日一番というキャラクター性だけが『龍7』の評価に直結するわけでもありません。ゲームシステムを含めたパッケージとしての『龍7』の評価ですから。『龍オン』も特定の何かに依存するだけではなく、独自のコンテンツとしての魅力をもっと増やしていく必要があるでしょうね。

――『龍7』を契機に『龍オン』を始めた人にとっては、前回の黄龍伝の内容も気になるところだと思うのですが、今後何らかの形で黄龍伝の物語が見られることはあるのでしょうか?

竹内黄龍伝も含め、何らかの形でガチャ以外のイベントストーリーも復刻していこうとチーム内では話しておりますので、続報をお待ちいただければ幸いです。

――わかりました。いまもREBORNプロジェクトが進んでいる『龍オン』ですが、現状についてはどのように捉えていますか? また、プロジェクト全体の今後の展望について教えていただけますでしょうか。

竹内少しずつ改善を積み重ねてはいますが、まだまだ途上という認識です。シナリオ面で言うと、キャラクタークエストの有無がカードによってまちまちであったり、一部イベントのシナリオが形骸化しつつあることなど、改善すべき点はまだ多くあると認識しています。

――そういった部分の改善にも期待したいと思います、では最後に、ユーザーの皆さん、そして黄龍放浪記を遊んでみようと思っている方にメッセージをいただけますか。

竹内第一部で“新主人公・春日一番の物語”という挑戦をさせていただきましたが、第二部の黄龍放浪記でもまた別種の挑戦をしております。龍司という魅力に満ちた人物のさらなる魅力を引き出せるよう尽力していますので、最後までお付き合いいただければ幸いです。

横山ナンバリングのシリーズや、家庭用ゲーム機のタイトルではなかなか出来ないことをやれることが、『龍オン』ならではのシナリオだと思います。まだ『龍オン』をプレイしていないかたもぜひこの機会にプレイしてみてください。

著者: ” — www.famitsu.com

続きを読む

東京ゲームショウ

HUAWEIХ륵ӥॷ祦2019˽Ÿ –

Eiko Kato

-

日付:

投稿者:

ॷ祦2019Ÿ
ۿ Huawei Technologies ۿ 2019/08/28

ʲ᡼ȯɽʸƤ򤽤Τޤ޷ǺܤƤޤ

HUAWEIХ륵ӥ
ܤΥХ륲೫ȯԸĹٱ
ܤΥ೫ȯԤٱ礹
׿ŪŪʥ塼

Х륲桼Ū˵ǡHUAWEIХ륵ӥʡॷ祦2019TGS2019ˡפˤޤΥХ륲Ծ1ĤǤܤǤΥץ쥼󥹳ܻؤǤ٥Ȥϡ2019ǯ91215ޤĥådzŤޤHMSϥ٥桢ܤΥХ륲೫ȯԸΥӥ򤷡ѡȥʡȤΤʤϢȤӥͥ󥹤γޤޤ

170ʾ塢53000ͰʾΥХ桼˥ӥ󶡤ƤHMSϡHUAWEIθץۿץåȥեHUAWEIAppGalleryפ꡼Ƥޤफ饤ե롢ιԡ󥿥ᡢӥͥ¾¿Υƥǡ¿ͤʥץ󶡤Ƥޤ2018ǯ4˽Ծ˸ƸAppGalleryϸߡ񳰤1ʾΥץ󶡤Ƥޤ

2018ǯΥפȾʬʾϥХ륲फ줿ΤǡHUAWEI󥷥ޡӥͥ롼פΥ饦ɥӥôХץ쥸ǥȡJervisSuϡ֤ĹԾ쵬Ϥб뤿ˡץåȥեγ׿ŪŪʥ塼ǤHMSܤΥХ륲೫ȯԤ򥵥ݡȤޤפȽҤ٤Ƥޤ

ˡܤΥХ륲೫ȯԤȲ񤤡Υˡ򤹤뤿ΥץåȥեȤTGS2019˽ŸޤȯԤγޤȹ礤ץ곫ȯΥˡԾ쿴ˤĤƤ˳ؤӡӥͥ󥹤Ϻޤϥץ곫ȯԤĹ򤭤٤ݡȤޤפJervis³Ƥޤ

HMS֡󶡤뤵ޤޤʥӥ
HMS7ۡ7-C03˥֡Ÿޤ֡ǤϡȯԤʬΥॢץHUAWEIΥХü˺Ŭͥ뤿ˡؤ֤ȤǤޤˡHMSϢȤ뤳ȤǡҥץԾʵᤷ߸ܵҤ뤿Υޡƥ󥰻ٱ뤳ȤǽǤ

ޤȯԤHUAWEIAppGallery˴ؤHMS˼䤷ꡢHMSĴֱ˻äƾ뤳ȤǽǤĴֱϡĥåŸ3302漼913ʶˤθ230ʬ3ޤǤͽꤷƤޤHMSϢȤѤǤ뤵ޤޤʥݡȤʤɤˤĤƾҲ𤹤ͽǤ

HMSTGS2019ؤΡܤγȯԸ300̵ѥ褷ޤѥˤꡢHMS֡HMSɽԤͥŪ˥ǤޤHMSλٱˤäơܻԾϤŸ򸫿ȤγޤơܤäʹȤǤޤ̣Τ볫ȯԤϡҤ餫餴Ͽhttps://bit.ly/2TbFbTw

HUAWEIХ륵ӥˤĤơ
HUAWEIХ륵ӥϡHUAWEIHONORΥޡȥե桼ˡޡȥեΥƥ󶡤HuaweiХǤ桼ϡEMUIܤƤХ륯饦ɤAppGallery꡼ޥʤɤθӥ򤪳ڤߤޤHUAWEIХ륵ӥϡ170ʾ53000ͤΥ桼줾Υ桼ä褦ʡŪޡȥ饤դ󶡤ƤޤΤĤʤ褷ͥ줿桼ڥꥨ󥹤󶡤ϵïȤǤⵤڤˤĤʤˤƤȤǤ̤ᡢʲ³Ƥޤ

HUAWEIHONORΥǥХ򤪻Υ桼ӥκǿˤĤƤϡFacebookڡhttps://www.facebook.com/HuaweiMobileServicesAS/

HUAWEIХ륵ӥ˴ؤŪȯɽǿˤĤƤϡҤΰʲθڡեƤ
https://www.facebook.com/HuaweiMobileServicesAS/

著者: ” — www.4gamer.net

続きを読む

東京ゲームショウ

東京ゲームショウ2019で実施される4つの国際企画の概要が明らかに –

Eiko Kato

-

日付:

投稿者:


 2019年9月12日〜15日(一般日は14日〜15日),千葉県の幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2019。例年,さまざまな国際企画が実施されているが,イベントを主催するコンピュータエンターテインメント協会は本日(8月22日),現在決定している国際企画の概要を発表した。

 実施が予定されているのは,「インディーゲームコーナー 選考ブース」「ニュースターズコーナー」「センス・オブ・ワンダーナイト2019」,そして 「International Party + Indie Night」の4つ。
 例えば,今回で7回めとなる「インディーゲームコーナー 選考ブース」は世界中の開発者のオリジナルタイトルを紹介する企画で,世界中から322件の応募があり,選考の結果,22の国と地域からの86タイトルを紹介するという。国際的な展示会としても東京ゲームショウの注目度は高いようだ。参加を予定している人は,国際企画にも足を運んでみよう。詳しくは,以下のリリース文を参照してほしい。

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


東京ゲームショウ2019 4つの国際企画を発表
「インディーゲームコーナー」
「センス・オブ・ワンダーナイト2019」
「3つのニュースターズコーナー」
「International Party+Indie Night」

 東京ゲームショウ2019(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会[略称:CESA、会長:早川 英樹]、共催:日経BP[代表取締役社長:吉田 直人]、会期:9月12日〜15日、会場:幕張メッセ/以下、TGS2019)では、今年も様々な国際企画を実施します。このほど、4つの企画概要が決定しましたのでお知らせします。

■「インディーゲームコーナー 選考ブース」[7回目]

プロ/アマ、法人/個人、国籍を問わず、世界のインディペンデントゲーム開発者のオリジナルタイトルを紹介する「インディーゲームコーナー 選考ブース」に、世界から322件の応募がありました。選考の結果、世界22カ国・地域から86のインディペンデントゲーム開発者を採択しました。インディーならではのオリジナルで新しい感覚にあふれたタイトルを紹介します。

■「ニュースターズコーナー」[アジアは8回目、ラテン・東欧は4回目]

ゲーム産業の新興地域で活躍する有望なゲームベンチャーや開発会社など業界新星(ニュースター)企業を紹介するコーナーです。今回は香港パビリオンが初出展し、合計で5カ国・地域から20社が出展します。

■「センス・オブ・ワンダーナイト2019(SOWN 2019)」[12回目]

“見た瞬間、コンセプトを聞いた瞬間に、誰もが「ハッ」と、自分の世界が何か変わるような感覚”=「センス・オブ・ワンダー」を引き起こすゲームのアイデアをプレゼンテーションするイベント。12回目となる今回は、「インディーゲームコーナー 選考ブース」出展社となった86作品の中から選ばれた、4カ国、8組の開発者がSOWNファイナリストとしてステージに登壇します。

■「International Party+Indie Night」[International Partyは13回目]

海外出展社を中心に例年実施しているInternational Partyは、インディーコーナー出展者やSOWNプレゼンターも参加できる企画として好評です。カジュアルな雰囲気の中で、海外から参加しているゲーム関係者との交流に貢献します。今年は9ホール特設エリアで、盛大に開催します。

このほかにも、海外のコスプレイヤーも参加するコスプレ企画「Cosplay Collection Night @TGS」、海外向け動画企画「Tokyo Otaku Mode Live Stream Hut」など英語による公式動画配信、「DOUYU TV」による中国向け動画配信など、様々な国際企画を予定しています。

今年も国際的な展示会として、東京ゲームショウに対する注目がますます高まっています。東京ゲームショウの国際企画に、どうぞご期待ください。

■「インディーゲームコーナー 選考ブース」開催概要/4日間開催

ゲームの流通形態が変化するなかで、世界的なムーブメントを巻き起こしているインディーゲーム。7回目の開催となる今年の「インディーゲームコーナー 選考ブース(出展無料枠)」の86ブースは、選考の結果、22カ国・地域のインディー開発者が採択されました。プロ/アマ、法人/個人を問わず、世界のインディペンデントゲーム開発者がオリジナルタイトルを出展します。

会場:展示ホール9-10
協力:国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)
スポンサー:任天堂

画像(001)東京ゲームショウ2019で実施される4つの国際企画の概要が明らかに
画像(002)東京ゲームショウ2019で実施される4つの国際企画の概要が明らかに
画像(003)東京ゲームショウ2019で実施される4つの国際企画の概要が明らかに

■「センス・オブ・ワンダーナイト2019」開催概要/9月13日(金)開催

センス・オブ・ワンダーナイト(SOWN)は、「インディーゲームコーナー 選考ブース」出展社の作品の中から“見た瞬間、コンセプトを聞いた瞬間、だれもがはっと、自分の世界が何か変わるような感覚”=「センス・オブ・ワンダー」を引き起こすゲームアイデアに対して、プレゼンテーションの機会を提供するイベントです。

下記の最大8作品(予定)をSOWNファイナリストとして審査員が選出しました。SOWN開催当日、各ファイナリストがステージ上でプレゼンテーションした内容を審査し、「Grand Audience Award」や「Best Game Design Award」などの各賞を決定します。なお今年から、SOWNの受賞者には、初めて賞金を授与することになりました。

ビジネスデイに参加されている方(ビジネスデイ来場者バッジを着用の方)なら、どなたでもプレゼンテーションを観覧することができます。新たな可能性を模索するゲーム開発者と、プレゼンテーションを見た業界関係者が本企画を通じて接点を持ち、新たなゲーム・ムーブメントを起こしていくことがSOWNの狙いです。

日時:9月13日(金)17:30〜19:30(予定)
会場:展示ホール9-10 e-Sports X BLUE STAGE Presented by PlayStation 4
※同会場に入場するには、ビジネスデイ来場者バッジ、プレスパスなどが必要です。
※プレスパス発行には事前登録が必要です。公式ウェブサイト[報道関係の方へ]をご覧ください。

協力:国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)
スポンサー:任天堂
公式サイト:https://tgs.cesa.or.jp/sown/
賞金
大賞(Grand Audience Award)3,000USドル
各賞(Best Game Design Award, 他)500USドル

◆SOWN2019プレゼンテーション作品一覧

画像(004)東京ゲームショウ2019で実施される4つの国際企画の概要が明らかに

■ニュースターズコーナー開催概要/4日間開催

今年で8年目を迎える「アジアニュースターズコーナー」は、アジア圏の有望なゲームベンチャーや開発会社などゲーム業界の新星企業を、日本のゲーム業界に紹介するコーナーです。今回は香港から香港パビリオンが、中東・バーレーンからバーレーン経済開発局が初出展します。さらに、「ラテンニュースターズコーナー」ではブラジルからBrazil Gamesが初出展します。「東欧ニュースターズコーナー」ではゲーム開発者イベント「Reboot?ADRIA GAMES INITIATIVE」がクロアチア、セルビアの優秀なゲーム開発会社を伴って出展します。

<香港>
香港デジタルエンターテイメント協会(Hong Kong Digital Entertainment Association)が中心となり、次々と新作ゲームをローンチする精鋭スタートアップ12社が出展します。コレクティブ・カード・ゲーム(CCG)を得意とするEmber Entertainment、西遊記ゲームを開発するPlaymap、中国Tencent Game Innovation Award 2018を受賞したTwitchy Fingerなどが出展します。

<ブラジル>
ブラジルからはブラジルゲーム開発者協会(ABRAGAMES)を中心に4社で構成、2Dパズルゲームを得意とするCafundo Creative Studioや、アクション・アドベンチャーRPGを専門とするBravery Softwareなどが出展します。

■International Party+Indie Night/9月14日(金)開催

TGS2019では国際企画の充実に合わせて、例年好評をいただいているインターナショナルパーティーを今年も開催します。海外出展社、国内出展社に加え、インディーゲームコーナー出展者と、センス・オブ・ワンダーナイト2019プレゼンターも参加し、「International Party+Indie Night」として開催。ビュッフェ形式でフリーフードとフリードリンクを提供するなか、カジュアルなムードで自由に交流を楽しんでいただけます。SOWNの関係者はイベント終了後の19:30以降に参加します。ビュッフェのサーブは開始時間の17:30と、SOWN参加者合流後の19:30の2回に分けて行います。ぜひパーティーの前にSOWNにもご参加ください。また、ビジネスデイ・ゴールドパスを購入された方も、その特典の一つとしてパーティーに参加できます。

日時:9月13日(金)17:30〜20:30予定
場所:展示ホール9 2F エスプラナード内特設エリア
※同会場に入場するには、出展社バッジ、プレスパス、ビジネスデイ・ゴールドパスなどが必要です。
※プレスパス発行には事前登録が必要です。公式ウェブサイト[報道関係の方へ]をご覧ください。

スポンサー:任天堂
参加対象:海外出展社、国内出展社、インディーゲームコーナー出展者、センス・オブ・ワンダーナイト2019プレゼンター、プレス、ゴールドパス購入者など
参加費:無料

著者: ” — www.4gamer.net

続きを読む
ゲーミング5時間 前に投稿,

「パソコンを長く使いたい人」のためのPC購入ガイド ~長期保証と「今風のPC」を解説~ Windows 7のPCを買い替えるなら…… – INTERNET Watch

実況じっきょうプレイ5時間 前に投稿,

#12【EFT】兄者のタルコフLIVE with 弟者【2BRO.】

ゲーム業界ニュース5時間 前に投稿,

Phil Spencer氏:「AmazonとGoogleを主要な競争相手と考えています」 –

ゲーム 評価 ランキング5時間 前に投稿,

【モンスト】リルディ(3)の適正キャラと攻略 |

ゲームのレビュー動画6時間 前に投稿,

IGN JAPANのレビュースコアが改定!改めて考える良いレビューとは:#182 しゃべりすぎGAMER

東京ゲームショウ6時間 前に投稿,

『龍が如く オンライン』第二部配信記念。横山チーフP&脚本/演出担当・竹内氏に聞く、若き日の郷田龍司の物語 –

ゲーミング11時間 前に投稿,

【山田祥平のRe:config.sys】15.6型4Kノート「LAVIE VEGA」を使ってわかった“誰でもクリエイター” –

実況じっきょうプレイ11時間 前に投稿,

The Earth in Minecraft, 1:1 scale …for the first time.

ゲーム業界ニュース11時間 前に投稿,

ȥեȥѥ֥å϶ʿˤǤΤ –

ゲーム 評価 ランキング11時間 前に投稿,

マリオ&ソニック AT 東京2020のレビュー評価はメタスコア68点、豊富なミニゲームが詰まったパーティゲーム 攻略大百科

ゲーミング5日 前に投稿,

「週刊プロゲーマーファイル」File.032:Ramune選手【LoL】 –

ゲーミング5日 前に投稿,

Acer、ゲーミングシリーズ「Predator」・「Nitro」よりノートPC、デスクトップとモニター2製品の計9製品が発売決定! –

ゲーミング5日 前に投稿,

ASUS、“AIノイズキャンセリング”マイク搭載ゲーミングヘッドセット「ROG Theta 7.1」 – PHILE WEB

東京ゲームショウ5日 前に投稿,

【東京ゲームショウ2019 SAMSUNG SSD×DETONATOR共同出展】|株式会社GamingDのプレスリリース

ゲーム業界ニュース4日 前に投稿,

DICE Awards 2020で「Untitled Goose Game」がGame of the Yearを受賞

東京ゲームショウ3日 前に投稿,

MSI,RTX 2060搭載で重量約1.86kgのゲームノートPC「GF65 Thin」を国内発売 –

東京ゲームショウ5日 前に投稿,

[TGS 2019]「サイバーパンク2077」の出展ブースにキアヌ・リーブスさんがサブライズ来場。インタビューが公開に –

ゲーミング3日 前に投稿,

MSI、6コアCPU搭載の15.6型ゲーミングノートとクリエイター向けノート –

東京ゲームショウ5日 前に投稿,

プロチーム“DETONATOR”がTGS2019にブース出展。GALLERIAやAmazon、DXRACERが協賛の番組企画を発表 –

ゲーム業界ニュース5日 前に投稿,

高解像度ムービーで見る「BLUE PROTOCOL」クローズドαテスト版のプレイ風景 –

実況じっきょうプレイ5時間 前に投稿,

#12【EFT】兄者のタルコフLIVE with 弟者【2BRO.】

ゲームのレビュー動画6時間 前に投稿,

IGN JAPANのレビュースコアが改定!改めて考える良いレビューとは:#182 しゃべりすぎGAMER

実況じっきょうプレイ11時間 前に投稿,

The Earth in Minecraft, 1:1 scale …for the first time.

ゲームのレビュー動画12時間 前に投稿,

2020年のPS4おすすめ!?新作ゲーム 大人に提案[後編7作] オープンワールド アクションアドベンチャー RPG FPA

実況じっきょうプレイ17時間 前に投稿,

【検証】捕まえたポケモンの性格になっちゃうゲーム実況!?性格なりきり実況やってみた!

ゲームのレビュー動画18時間 前に投稿,

至って健全なPS4のおすすめシューティングゲーム 3選 Part1

実況じっきょうプレイ23時間 前に投稿,

【フォートナイト】ライトセーバーでついにビクトリーロイヤル!?【ヒカキンゲームズ】【スターウォーズ】

ゲームのレビュー動画24時間 前に投稿,

【レビュー】賛否両論!デスストは本当に神ゲーか?40時間プレイして分かったこと。ゲームプレイ感想のみ【デスストランディング】【DEATH STRANDING】

実況じっきょうプレイ1日 前に投稿,

#1【脱出】弟者の「Ministry of Broadcast」【2BRO.】

ゲームのレビュー動画1日 前に投稿,

PS4新作無料!初日に人口600万人を達成した話題の現代戦バトロワの宣伝方法が凄すぎた|Call of Duty: Warzone【ゆっくり実況】コール オブ デューティ ウォーゾーン

人気